Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. Honda e(ホンダ・イー)

ホンダの電気自動車、Honda-eはファーストカーになり得るか? 何km走れる? 実際の電気代は?390km走って考えてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Honda e Advance 車両価格○495万円 ボディカラーはモダンスティールメタリック

ホンダの電気自動車、Honda eは、街中ベストを標榜するだけに、航続距離は控えめだ。それでも200kmは走るはず。それなら、ファーストカーとして使えるのではないか? 試してみた。

ホンダHonda-e ギリギリまで走ったらどうなる? ホンダ本社からどこまで、何km走れた?

ホンダの電気自動車(BEV)、Honda-eのWLTCモード一充電走行距離は259km。そのHonda-eでどこまで走れるか、実験がてら出かけ...

あわせて読みたい
自宅ガレージにたどり着いた時の表示。平均電費は7.0km/kWh。バッテリーの残りは5%であと10km走れると表示されていた。

Honda e AdvanceのWTLC交流電力量消費率は138Wh/kmである。この数字は、エンジン車におけるkm/ℓの逆(km/ℓは1ℓの燃料で何km走れるか)で、1km走るのに何Whの電気を使うか、を表している。だから、数字が小さい方が「電費がいい」ということになる。

Honda eの138Wh/kmは、現在日本で販売されている電気自動車のなかで非常に優秀な数字だ。Honda eより優れた数字を持つのは、
トヨタC+pod(54Wh/km)と三菱ミニキャブMiEV(127Wh/km)の2台のみ。

マツダMX-30EVは、145Wh/km
日産リーフSが155Wh/km
だ。

Honda eのバッテリー容量は35.5kWhだから、
35500Wh÷138Wh/km=257.39kmが一充電走行距離になる(のだが、カタログ上は259kmとなっている。きっと小数点以下の数字があるのだろう……)。

259km÷35.5kWh=7.296km/kWh

という数字が出てくる。
これは1kWhのバッテリーで何km走れるか、という意味だ。Honda eの電費計の数字が7.3km/kWhとどのくらい離れているか、を見ながらドライブしてみよう。

全長×全幅×全高:3895mm×1750mm×1510mm ホイールベース:2530mm 車両重量:1540kg 前軸軸重770kg 後軸軸重770kg

今回の試乗のテーマは、「Honda eはファーストカーになり得えるか?」である。モード電費は航続距離が259kmとなっているが、実際は200km程度と予想される。ガレージが2台分あってセカンドカーを所有できる場合はともかく、都会で暮らす多くの人にとって、1台所有が一般的だ。Honda e1台で、日々の暮らしは問題ないだろうか?

現在、ホンダのホームページを見ると、

「Honda eは生産台数が限られているため、複数期間にわたってご注文を受付けする方式を採用しております。
弊社といたしましては可能な限りお届けできるよう取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます」
オーダー受付期間:第三期2021年2月4日〜
納車時期目安:2021年5月〜
受付台数:数百台

とある。絶対的な販売台数は少ないけれど、人気は高いようだ。
その人気のモトになっているのは、まずはその愛らしいデザインだろう。愛らしいデザインと優れた走行性能、サイドビューカメラや一面液晶パネルのインパネなどの先進的なイメージが、思わず「Honda e欲しい!」と思わせるのだ。僕も欲しい。

とはいえ、ガレージは1台分。とりあえず、電動車の試乗をさせていただくことが増えてきたので、自宅に200V(15A)のEV用コンセントを設置はしている。でも、200kmで大丈夫か?

プラグを充電口に差して充電が始まると青く光る。
ほぼ空っぽで充電開始したのが18時。
翌早朝にはフル充電されている。

Honda eで自宅にたどり着いた時のバッテリー残量は「5%」航続可能距離は10kmとなっていた。182.3km走ったあとの数字だから、航続可能距離は192.3kmということになる。

平均電費:7.0km/kWh

と出ていたから、本来なら
7.0km/kWh × 35.5kWh =248.5km
248.5km走れる計算だが、理論上のバッテリー容量と実際に「使う(使える)容量=ユーザブルバッテリー容量)」は違うということだろう。もちろん、インパネの航続可能距離が「0」になった瞬間に止まるわけでもなかろう。海外のEV情報サイトには、Honda eの「Battery Useableが28.5kWh」とある。
7.0×28.5=199.5km
だから、まぁざっくりいってHonda eのユーザブルバッテリー容量は28kWhくらいと思っていればいい。

そんなわけで、ほぼ空のバッテリーに自宅EVコンセントから充電を開始したのは18:00だった。


翌朝、出勤のために自宅を出たのは8:30。このとき、もちろんバッテリーは100%にフル充電されていた。

バッテリー100%で193kmが航続可能距離だ。

ユーザブルバッテリー容量は28.5kWhだとして、その95%は約27kWh。200V/15A=3kWのEVコンセントによる充電だから、約9時間でフル充電ということになる。

航続距離は193kmと表示されていた。

日々の通勤だけなら往復30km、平日毎日編集部まで通勤したととしても150km。週末充電してあれば金曜日まで充電しなくて済む、という計算になる。

編集部のパレット式の駐車スペースに駐めてみる。コンパクトさが際立つ。このサイズ、非常に使いやすい。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ