Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. TECHキャリア|自動車業界求人
  3. 検索結果一覧
  4. 車載インフォテインメントシステム開発<カーコネクティビティシステム領域>

車載インフォテインメントシステム開発<カーコネクティビティシステム領域>

求人企業名:マツダ株式会社

年収 400万円〜800万円
勤務地 広島県安芸郡府中町新地3-1
職務内容 ■車載インフォテインメントシステム(マツダコネクト)のシステム企画から量産化開発、および市場導入までの一連の業務を担当していただきます。

【具体的には】
配属予定のグループは車載インフォテイメントシステム(マツダコネクト)を含む、
コネクテッドサービスのシステム企画から量産化開発、市場導入までを担当しています。
※スキルに応じていずれかの担当をいただく予定です。
-車載ECUから構成されるシステム開発のプロジェクト管理
-車載ECUから構成されるシステム全体の設計(アーキテクト)
-社内外通信を制御するECU開発
-マツダコネクトのHMI/システムを制御するECU開発
-車載ECU・クラウドから構成されるコネクテッドサービスシステムの評価 など
(開発領域例)
・スマホ・クラウドとの連携機能・サービス検討・開発
・カーナビゲーション、オーディオ・ビジュアル機能、他システムと連携した
 カスタマイズ、車両状態表示機能の検討/開発 など

<ポジション特長>
・マツダでは「一括企画」「コモンアーキテクチャ」という形で、車種ごとではなく、「将来を見通し、マツダが目指すべきクルマは何か、技術は何か」を追求し、今後導入する全車種を見据えた構想立案・設計を行い開発を進めています。本ポジションについても同様の取り組みとなる為、一車種にとどまらず、マツダのクルマ全てに適応される技術開発を担当いただきます。
・また、先進運転支援システムなど、多くのシステムがマツダコネクトを通じて設定/調整ができるようになっている為、常に最先端の技術領域を裁量を持って幅広く担当することが可能です。
※決まった仕様ではなく、システムそのものの企画から量産化、市場導入までの一連のプロセスを担当いただく為、提供する顧客価値・設計への関与度が非常に高い点が特徴の一つです。
担当製品 完成車
必要な経験・資格 【必須要件】※以下のいずれかを満たす方
■車載機、モバイル・CE機器のソフトウェア、ハードウェア、もしくはシステムの設計・実装・評価
■オーディオ・ビジュアル・ナビゲーション機能、コネクティッドサービスの企画・開発

【歓迎要件】
■車載通信機、カーナビゲーション、車載インフォテインメントシステムの開発経験
■Linux, Android, QNX上の組み込みソフトウェア開発経験
■ARMやLinux/Androidなど汎用ハード・ソフトを用いた車載機器のシステムもしくはハードウェア設計・実装経験
■大規模システム開発のプロジェクト管理経験
■TOEIC600点相当の英語力をお持ちの方
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 9:00〜17:45
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 寮・社宅、退職金、財形貯蓄、保養所、受動喫煙対策:室内禁煙または喫煙専用室を設置
教育・研修制度 マツダ・ビジネスリーダーシップ開発(MBLD)、グローバルビジネスリーダープログラム、グローバル生産拠点人材育成プログラム、階層別研修、役割研修、等
企業情報 【概要・特徴】
東証一部上場の完成車メーカー。グループ全体で、国内外に連結子会社69社、持分法適用会社18社、5万人以上の従業員を擁しています。2018年にはトヨタと業務提携を行なっており、アメリカでの共同生産、EVの共同技術開発、コネクティビティ、製品補完などの領域で協力する方針を打ち出しています。2019年の世界販売台数は、163万台と6年連続で過去最高を更新しています。

【技術開発】
世界で初めて、独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」による、圧縮着火を実用化したエンジン「SKYACTIV-X」を開発。圧縮着火で可能となるスーパーリーン燃焼により、エンジン単体の燃費率は最大で20〜30%改善しています。また、国内で販売するほぼすべての新世代商品に対し、衝突被害軽減ブレーキ、AT誤発進抑制制御、後退時車両検知警報など、ドライバーへの認知支援・衝突回避のサポートや被害軽減を図る先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備。ユーザーの安全・安心をサポートしています。

【注力分野】
クリーンな発電で電力をまかなえる地域や、大気汚染抑制のため自動車に関する規制のある地域に対し、EV車も最適なソリューションとして導入する方針。2030年には電動化技術を搭載した内燃機関車が95%、EV車は5%の生産を予定しています。また、エネルギー源をカーボンニュートラルに近づけるよう、バイオ燃料など再生可能液体燃料の普及に向け、産学官や企業間との連携を加速していく考えです。
おすすめポイント 他とは異なる独自の価値を生み出す、日本を代表する完成車メーカーです。
開発拠点・製造拠点・テストコースが1ヶ所にまとまっており、クルマ作りの全工程に関わっていけることも同社の魅力の一つです。
こだわりを持ったクルマ作りが可能なため、自動車作りに関わりたい全ての方におすすめできる企業です。
お問い合わせ番号 244668

関連求人情報