Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース
  4. 川崎重工

川崎重工:LPG焚き二元燃料舶用エンジン(ME‐LGIP)初号機が完成

  • 2020/12/17
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工は、坂出工場で建造中のシンガポール・Kumiai Navigation向け大型LPG運搬船に搭載される、LPG焚き二元燃料舶用エンジン「川崎‐MAN B&W 7S60ME‐C10.5‐LGIP」を完成させた。

 本エンジンは、LPGと重油の双方に対応する二元燃料式。また、燃料消費率の低減とNOx3次規制対応を同時に達成する「K-ECOS Lite*」を搭載している。LPG燃料使用時に、従来型の重油焚き2ストロークディーゼルエンジンと比べて、硫黄酸化物(SOx)の排出量を90%以上削減するだけでなく、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)の排出量も大きく抑えることが可能。

 海上輸送では、国際海事機関(IMO)により欧米をはじめ全世界的にSOx、NOx、CO2などに厳しい排出規制が適用されており、その中で、LPG燃料はLNG燃料と同様にクリーンな燃料として注目を集めている。川崎重工は、排出規制をクリアする次世代の舶用エンジンのひとつとして、「川崎‐MAN B&W ME-LGIP」型エンジンを積極的に販売、製造していく。なお、本件は、MAN B&W S60型LPG焚きエンジンとして世界初の新規生産。

【川崎‐MAN B&W 7S60ME‐C10.5‐LGIP】
出力:12,850 kW
回転数:84 rpm
シリンダ径:60 ㎝
シリンダ数:7

* K-ECOS(Kawasaki-ECO System)Lite:排気再循環(EGR)、過給機カットシステム、廃水処理システムを構成要素とし、IMO NOx 3次規制をクリアするとともに低燃費・低ランニングコストを実現する複合低環境負荷システム

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ