Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース
  4. ブリヂストン

ブリヂストン:ファイアストンインダストリアルプロダクツの空気ばね工場を増強

このエントリーをはてなブックマークに追加
画像はイメージ(PHOTO:FIRESTONE)

ブリヂストンの米国グループ会社であるブリヂストンアメリカスインクは、その傘下のファイアストンインダストリアルプロダクツカンパニー・エルエルシー(FSIP)の米国ケンタッキー州ウイリアムズバーグにある空気ばね工場を増強することを発表した。中期事業計画(2021-2023)に基づきモビリティの進化を支え、EV向け需要拡大に対応する。

 総投資額は約5,100万ドル(約56億円※1)で、2021年第2四半期中に着工、2022年末までに増強を完了する予定。なお、本件が2021年12月期のブリヂストングループ連結業績に与える影響は軽微である。

 ブリヂストングループは、「2050年サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供する会社へ」をビジョンとして掲げ、中期事業計画(2021-2023)※2を推進している。自動車業界ではCASE化が進んでおり、その中でもカーボンニュートラル化へ向けグローバルでEV(電気自動車)化が加速している。中期事業計画(2021-2023)では、サステナビリティ・モビリティの進化を見据えた断トツ商品戦略の展開をおり込んでおり、EV化の加速に対応した高付加価値商品、技術の拡大・強化を進めている。

 空気ばねは、サスペンションとして機能する自動車部品である。FSIPは、米州多角化事業の一つとして、乗り心地や操安性といった基本性能に加え、近年は技術イノベーションを通じてEV向けに電費の向上やバッテリーの保護に貢献する製品を開発・製造している。今回、ウイリアムズバーグ工場では世界的なEVの需要拡大に対応し、主にEV向け空気バネの生産能力を増強する。

 また、中期事業計画(2021-2023)の中で、多角化事業については、ブリヂストングループのコアコンピタンス、シナジーが活きる事業にフォーカスすることを伝えた。FSIPが製造する空気ばねは、ブリヂストングループが目指す、SDGsの達成、持続可能な社会実現への貢献を前提とした「サステナビリティビジネス構想」、モビリティの進化を支えることにおいて、シナジーが最大化されると判断し、今回の増強に至った。

※1 1ドル=109円で換算
※2 中期事業計画(2021-2023)の詳細については、ブリヂストン企業サイトに掲載するプレゼンテーション資料を参照

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ