Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

Compressed Sensing=圧縮センシングとは? センシングの世界を変える「圧縮センシング」とは? ハードウェアの分解能をソフトウェアで引き上げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真は、2つの小さなピラミッド状の物体をミリ波レーダーで認識したもの。右が圧縮センシング、左が従来の認識結果だ。圧縮センシングではきちんとふたつのピラミッドがわかる。元の情報は同じだが、圧縮センシングを使うことで格段に正確に認識できるわけだ。

圧縮センシング(Compressed Sensing)という言葉をご存知だろうか? この圧縮センシングの技術が、これからのクルマを変えていくかもしれない。

現在のミリ波レーダーの分解能では、このような2つの連なった物体を正確にセンシングするのは難しい。

圧縮センシングという聞き慣れない言葉を聞いたのは、1月に米・ラスベガスで開催されたCESの会場、デンソーのブースだった。

圧縮センシングとは、数学の世界で最近話題の理論だ。理論を詳しく解説できないのが申し訳ないのだが、最近では、医学や天文学の世界で解像度の向上に使われている。この圧縮センシングを自動車の車載センサーの組み込んだのが、デンソー技術陣だ。CESの会場では、ミリ波レーダーの分解能を高めるデモを行なっていたが、ミリ波レーダーだけでなく、レーザーレーダー、LiDAR、超音波センサー(ソナー)、生体センサーなどにも応用できるという。
ハードウェアには一切手を加えずに分解能を大幅に向上できるのが圧縮センシングの画期的なところだ。
つまり同じセンサーを使ったら分解能を上げることができるし、同じ分解能でいいなら、もっと低コストなセンサーを使うこともできるというわけだ。

この圧縮センシングを車載センサーに組み込んだことは、「じつは、相当ぶっ飛んだこと」(説明してくれたエンジニア氏)だそうで、最先端の技術テーマゆえに、デンソーとしても実用化時期が未定で研究開発の段階にある。技術をどう使うとなにができるのか、アプリケーションを検討しているというから、CESでデモも行なったのは、開発をともに行なうパートナー探しの面もあったのだろう。
いずれにせよ、「圧縮センシング」というテクニカルタームを覚えておいたほうがよさそうだ。

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ