Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. イベント
  3. イベント
  4. 人とくるまのテクノロジー展 2021 オンライン

ボッシュが「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」の出展概要を発表! 日本初出展の燃料電池製品など、自動化、電動化、ネットワーク化ソリューションを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月25日、ボッシュは5月26日〜7月30日までオンラインで開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」の出展概要を発表。サステイナブルかつ安全で魅力的なモビリティに向けた幅広い製品・技術を紹介する。

電動化や自動運転、コネクテッド・サービスに対応する車両開発の効率化に寄与する「アドバンスド・ドライビング・モジュール」といったソリューションや、EV向けCVTなどを出展

日本初出展となるのが商用車向け燃料電池システムの「燃料電池パワーモジュール」。出力に応じて規模を変更できるこの燃料電池システムは、水素をもとに電気を発生させる。同製品は主に商用車、特に長距離車両向けとなる。このシステムは燃料電池スタック、スタックの稼働に必要な水素の供給や吸気を扱うサブモジュール、冷却回路、電流供給装置が一つのコンパクトなモジュールに収められている。商用車向けに、長寿命、高耐久かつ高いパフォーマンスを発揮できるように設計。また、約700もの部品からなる複雑なモジュールを一製品に収め、車両に組み込みやすいソリューションとなっている。

「CVT4EV」も日本初出展。ボッシュでは、1985年よりエンジンの出力をプッシュベルトで被駆動アクスルに伝達する無段自動変速機CVTを開発、市場に提供している。この技術を活用し、電動化ソリューションのひとつとして、EV向けに専用設計したプッシュベルト方式の無段変速機「CVT4EV」の開発を進めている。

CVT4EVはその専用設計によって、効率アップ、牽引モードでのトルクアップ、良好な加速や最高速度の向上などを可能にする。トルク段差のない無段変速により、EV走行特有の滑らかさを維持しながら、変速比に幅を持たせることで効率とパフォーマンスのベストバランスを実現する。CVTの採用により、EVの走行モードをフレキシブルに設定することができ、多様な市場ニーズに適したEVラインアップの設定が可能になる。

同システムは、常時、最も電動パワートレインの効率が良い点で動作するようCVTをコントロールするもので、より安価でコンパクトな電気モーターでこれまでと同等もしくはそれ以上の性能を発揮することができる。また、従来の電気モーターであれば、航続距離の延長が可能だ。これにより、電気自動車メーカーは、バッテリー容量と航続距離の最適なバランスを取ることができる。

CVT4EVは、単一のデザインで中型車、スポーツカーから小型商用車までの様々なアプリケーションに対応できるパワートレイン。このソリューションはCVT4EVモジュール、インバーター、電気モーター、車両に合わせて比率を設定したアクスルドライブで構成される。最終減速比とソフトウェアの適合によって、ハードウェアのバリエーションは各種セグメントや車両タイプに対しても、コンポーネントの共通化を可能にする。これにより、開発・製造コストが低減できる。

そして「アドバンスド・ドライビング・モジュール」も日本初出展される。電動化、パーソナライズド・モビリティ、自動運転、コネクテッド・サービスは車両開発をより複雑なものにし、自動車メーカーは数多くの新しい課題を克服する必要がある。また、電気自動車のマーケットにおいては新規自動車メーカーが参入してきており、これまでの様な個別の部品に対する要求ではなくシステムソリューションに対する要求が増えてきている。プレインテグレーテッド・モジュールを使用した拡張性のあるコンセプトを用いることで、自動車メーカーは新しい車両コンセプトを迅速に実装でき、また車両開発の効率を高める事が可能となる。

同展示会では、プレインテグレーテッド・コンセプトを最大限に拡張したローリング・シャシーに加え、eアクスル、コントロールユニット、ブレーキシステム、ステアリングシステムなどのコンポーネントを組み合わせた「アドバンスド・ドライビング・モジュール」が日本で初めて紹介される。これによりインターフェースが簡素化され、コンポーネント間の通信を最適化することが可能になる。また、車両安定とエネルギー回生など電気自動車での最適な制御を実現する。最先端のハードウェアとソフトウェアを組み合わせることで、自動車メーカーは開発効率を高め、電気自動車をより迅速に市場に投入することができる。

このほか、4G LTE通信回線を利用したテレメトリシステム「LTE 65-JP」も日本初出展される。このシステムは、車両における各種データのリアルタイムな送受信を実現する。データはシステムに含まれるクラウドサービス(RaceConnect)を通して送受信され、日本国内のサーキットやテストコースでの走行データをピットやオフィス、または自宅で受信するといった、様々なユーザーニーズに対応。通信には主に携帯電話で使用されている4G回線を利用するため、通信圏内であれば特別な設備・インフラは必要としない。LTE 65-JPは日本の技術認証である技術基準適合証明(技適)を取得し、暗号化技術を用いたRaceConnectと併せて、安心・安全な使用が可能だ。通信プロトコルはイーサネットとシリアルに対応しており、ボッシュが提供するディスプレイ、ECU、データロガーでの使用はもちろん、他社製の各種機器でも使用可能となっている。

●「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」ボッシュ 製品・技術を含む展示内容
【自動化ソリューション】
・自動運転の要素技術
・完全無人自動駐車システム
・センサーシミュレーションシステム/ iVESS(ボッシュ・グループのITKエンジニアリングジャパンによる出展)
【電動化ソリューション】
・E/Eアーキテクチャーおよびビークルコンピューター
・電気自動車(EV)およびハイブリッド車(HEV)向けコンポーネント
・電気自動車およびハイブリッド車向けサーマルマネジメントシステム
・充放電適合試験環境およびV2Xシミュレーター(ITKエンジニアリングジャパンによる出展)
【ネットワーク化ソリューション】
・インフォメーション ドメインコンピューター
・バッテリーインザクラウド
・コンビニエンスチャージング
【その他】
・車両システムエンジニアリング(ボッシュエンジニアリングによる出展)
・リモート車両アクセス(ボッシュエンジニアリングによる出展)
・テストベンチ(ITKエンジニアリングジャパンによる出展)
・CI/CDツールチェーン / DevOps(ITKエンジニアリングジャパンによる出展)

●「人とくるまのテクノロジー展」

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ