Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

広州モーターショー2017 ・CarStyling編集長の「ちょっと深い話」② これから中国でミニバンが流行る本当の理由@広州モーターショー2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
広州汽車から発表されたGM8。フルサイズミニバンとしての堂々たる存在感を示す。グリルには一連の広州汽車のアイデンティティを示しながら、より個人ユースのミニバンとしての乗用車らしい上質感を表現。

今回の広州モーターショーでは確かにEV(電気自動車)も多く登場したのだが、ちょっと注目されたのがミニバンの登場だ。ここには見逃せない大きな動きが関わっている。
REPORT◎松永大演(CarStyling編集長)

フィカメのキャラクターラインと、前後フェンダーを張りださせることによってサイドパネルに間延びした印象を抱かせない。スライドドアのレールをリヤウインドウ下に設置することで。ボディ面をすっきり見せている。

中国市場では高額収入者が増えることによって、高級車の販売が好調だ。その中には当然ながら高級クロスオーバーSUVも含まれるが、現在注目されているトレンドが小型のクロスオーバーSUVだ。ブランドや歴史が重要となる高級車部門では主役は欧州車となるが、小型のカテゴリーであれば、ブランドにこだわるユーザーばかりではない。そのため、中国のさまざまなブランドが個性的な小型SUVを提案しており、また注目を受けている。

今となれば、もはやコピー商品という傾向はかなりなくなり、それぞれがオリジナルデザインの構築に躍起になっている。

高速道路ですら陥没のある場所もあるほど道路事情の悪い中国にあっては、SUVのニーズは高く、こぞってハイエンドメーカーすらもSUVを開発しているのは、そのためだ。

ところで、今回の広州ショーではまた異なるモデルも登場していた。それがミニバン=多人数乗車モデルである。割とゴージャスで、煌びやかな方向に進みつつある中国が、なぜに生活感の強いモデルにも着目し始めたのか。

それは2015年の、ある規制の解除にさかのぼる。(次ページへ続く)

大きなグリルが印象的なJACのM6。ヘッドライト、グリルのコンビネーションにより、安定感を表現。
このモデルもスライドレールがリヤウインドウ下に設置されている。ウインドウをBピラーで明確に分けたデザイン。サイドウインドウラインが前傾することによって、前方の三角窓を低い位置に設置でき、側方視界確保を実現。
JAC M6の室内。2列目にセパレートシートを採用するモデル。3列目は左右スライドしてアームレストを持つものの、シートバックに戻せば3人乗りも可能。シートが不要な時には左右にはね上げ荷室を確保。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ