Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【2022年】軽自動車おすすめ人気ランキング20選|価格比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、おすすめの軽自動車をランキング形式で紹介します。

さまざまなカテゴリーがある自動車のなかでも、トップクラスの人気を誇っているのが軽自動車です。デザインもカラーリングも豊富で、自分好みの1台を選びやすいし、低価格かつ維持費も安い。コンパクトで日本の道路事情にもマッチしています。

自分の愛車として軽自動車を選ぶときは、どういったところに気をつければいいのか、詳しく見ていきましょう。

※ランキングはモーターファンの独自アンケートデータに基づきます

軽自動車とは?

軽自動車とは、コンパクトな自動車のひとつ。全長3400mm以下、全幅1480mm以下、全高2000mm以下で、エンジンの排気量は660cc以下、定員4名までという決まりに収まった自動車です。

日本における自動車のなかではもっとも小さい自動車規格に適合するもので、自動車に慣れていない人でも運転がしやすいのがポイント。車庫入れや縦列駐車といった操作も比較的簡単です。

しかもミニバンタイプの軽自動車は1000ccクラスのコンパクトカークラスの車内空間があり、居住性も高いという特徴を持っています。

そのため日常の足として使うのに最適で、セカンドカーとしても人気が高く、日本中で重宝されています。

軽自動車が人気の理由【特徴・メリット】

以下では、軽自動車が人気の理由について紹介します。軽自動車が人気の理由は、主に以下の3つです。

軽自動車が人気の理由

  • 維持費が安い軽自動車は節約対策にもなる
  • 軽自動車は車両価格も安いので購入しやすい
  • 軽自動車は狭い路地でも小回りが利いて運転しやすい

維持費が安い軽自動車は節約対策にもなる

軽自動車の最大のメリットは、維持費が安いことです。まずは一年間の維持費を記したこちらのグラフをご覧ください。

項目
軽自動車
普通自動車(1000~1500cc)
軽自動車税・自動車税10,800円30,500円
車検代(2年分/2)25,000円~30,000円〜
整備費用(12ヶ月点検)10,000円10,000円
消耗品交換費用必要に応じて加算必要に応じて加算
任意保険料70,000円~75,000円~
ガソリン代80,000円~110,000円~
駐車場代120,000円~120,000円~
合計315,800円~375,500円~

まず税金が異なります。普通自動車の自動車税はエンジン排気量によって25,000円(1000cc以下)~110,000円(6000cc以上)となりますが、軽自動車の自動車税は一律で10,800円です。

車検時に必要な自動車重量税も、普通自動車は8,200円(0.5トン以下)~49,200円(3トン以上)ですが、軽自動車は6,600円です。

ガソリン代は、軽自動車よりも燃費のいいハイブリッド車と比較すると逆転してしまうのですが、一般的なエンジン搭載車と比較したならば、1年で3万円は差が出てきます。

駐車場は月1万円として計算しましたが、都心部などでは軽自動車専用駐車場として、普通自動車よりも安い金額で借りられることがあります。

結果として、軽自動車の維持費は普通自動車と比較して1年あたり6万円は安くなります。これは大きな節約対策となります。

軽自動車は車両価格も安いので購入しやすい

近年は高価格帯の軽自動車も増えました。スポーツカーのS660やコペン GR SPORTは別格として、ミニバンタイプで根強い人気を持つN-BOXは車両価格が142~202万円となっています。

しかし同時に、ミライース、アルトとそのOEMモデルといった、車両価格が80万円台のリーズナブルな車種も揃っています。

90万円台のグレードともなれば、衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報などの機能も搭載されており、安心です。

軽自動車は狭い路地でも小回りが利いて運転しやすい

車両が小さく、ホイールベースが短く、タイヤの切れ角も多めの軽自動車は、小回りがききやすい(最小回転半径が小さい)という特徴があります。

交差点での右左折はもちろん、Uターンもしやすいバックでの車庫入れも比較的お手軽です。住宅街の細い道路、それこそ対面通行が難しい道路であっても操作しやすいのです。

またコンパクトゆえに車幅感覚をつかみやすい。日常的なシチュエーションでの使い勝手を追求している軽自動車ならではのメリットです。

軽自動車の選び方|満足度を高める5つのポイント

以下では、軽自動車を選ぶ際に注目したい基準・ポイントについて紹介します。

軽自動車の選び方

  • 車内空間が広いモデルは収納スペースが多い
  • 用途や目的によって車両タイプを選んでいく
  • NAエンジン搭載車は燃費性能に優れている
  • エアバッグの場所と数で安全性能がわかる
  • 走りを楽しみたいなら走行性能を重視しよう

車内空間が広いモデルは収納スペースが多い

軽自動車は小さく、狭いと言われたのももう昔のこと。いま現在の軽自動車にはミニバンタイプが多く存在していますが、そのいずれもがコンパクトながらユーティリティ性に優れています

特に注目したいのが、収納の多さ。四角い500mLの紙パック飲料も置けるドリンクホルダーや、スマートフォンにタブレット、軽食を置けるインパネトレー、収納式のボックスなど、運転席・助手席にも多くの収納が備わり、後部座席側もコンビニフックやドリンクホルダーなどの収納が揃っています。折りたたみ傘を収納できる収納が備わったモデルもあります。

用途や目的によって車両タイプを選んでいく

ひとくくりに軽自動車といっても、様々なバリエーションのモデルがあります。

リーズナブルさで選ぶならハッチバックスタイルのセダンがベスト。車高が高すぎず、機械式駐車場にも停めやすいスタンダードタイプです。

スーパーハイトワゴンと呼ばれるミニバンタイプは、車高が高く、室内空間がゆったりとしており、多くの荷物が積めます。使い勝手に優れるため、ファミリカーとして最適です。

キャンプなどのアウトドアを楽しみたいなら、室内空間をギリギリまで広げたキャブワゴンタイプがいいでしょう。

他にもスポーツ走行が楽しめるスポーツカータイプ、未舗装道も難なく走れるオフロードタイプがあります。

NAエンジン搭載車は燃費性能に優れている

ガソリン代や、定期的な交換が必要になるエンジンオイル代を少しでも安く抑えたいのであれば、NAエンジンを搭載したモデルを選びましょう。

例えばN-BOXの場合、NAエンジン搭載車の燃費はWLTCモードで21.2km/Lで、ターボエンジン搭載車は20.2km/Lになります。わずかな差に見えますが、長く乗っていくとガソリン代の差が増えていきます。またターボエンジン搭載車はエンジンオイルの交換サイクルが早いのです。

エアバッグの場所と数で安全性能がわかる

軽量で、車両サイズの大きな普通自動車と比べて安全性が劣るといわれる軽自動車。確かにクラッシャブルゾーンが小さく、衝突時の衝撃も受けやすいところがあります。

しかし現代の軽自動車は、グレードによって多くのエアバッグを搭載するに至りました。安全性能を重視したモデルを選びたいのであれば、オプション装備も含めた上でエアバッグの搭載箇所・搭載数をチェックしましょう。

また先進予防安全装備を搭載したモデルも増えました。万が一の事故の可能性を減らしたいと考えるならば、先進予防安全装備のオプションが用意されているモデルにしましょう。

走りを楽しみたいなら走行性能を重視しよう

数は限られますが、軽自動車のスポーツカーもあります。軽量かつコンパクトなボディということもあり、市街地の道を走っているだけでもキビキビとしたハンドリングが楽しめます。

趣味性の高い車種となるため、エクステリア・インテリアともにデザインにもこだわり抜いたモデルばかり。オーナーだけが味わえる所有欲も満たしてくれます。

日常での使い勝手も求めたいなら、セダンタイプのアルトをファクトリーチューンしたアルトワークスという選択肢もあります。

軽自動車おすすめ人気ランキング20選

ドライバーに人気の軽自動車おすすめ20選をランキング形式で紹介します。

軽自動車おすすめ1位:ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX
軽自動車だけではなく、普通自動車を入れても、日本で一番売れているといって過言ではないのがN-BOXです。

軽乗用車で最大級の室内空間を持ち、シートアレンジも自由自在先進安全運転支援システムも採用し、燃費にも優れているといったように、極めて高い完成度をもつ1台です。

フラット状態となるようにリアシートを折りたためば、広大な荷室エリアに変身。車椅子を積載できるスロープ仕様も用意されます。

メーカーホンダ
車種N-BOX
モデル・グレードG
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1790mm
ホイールベース2520mm
車両重量890kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:車軸式
エンジン型式S07B
総排気量658cc
内径×行程60.0mm×77.6mm
圧縮比12.0
最高出力58ps(43kW)/7300rpm
最大トルク6.6kg・m(65N・m)/4800rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費21.2km/L
新車価格1,450,000円
中古価格11.9~174.8万円
カタログページホンダ N-BOX

軽自動車おすすめ2位:ダイハツ タント

ダイハツ タント
圧倒的な室内空間の広さや視界の良さを特徴とした“スーパーハイトワゴン”という新しいジャンルを最初に提案したのがタントです。

現行モデルは4代目となり、新開発されたダイハツのDNGAプラットフォームや、世界初となるスプリットギヤを使った新CVTを採用するなど、「走る・曲がる・止まる」といった自動車としての基本性能が大幅に改良されています。

子供からお年寄りまで乗り降りしやすいセンターピラーレスのミラクルオープンドアなど、他の軽自動車にはないタントだけの装備が大きな魅力です。

メーカーダイハツ
車種タント
モデル・グレードL
年式2022年10月
全長×全幅×全高3395×1475×1755mm
ホイールベース2460mm
車両重量880kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式KF
総排気量658cc
内径×行程63.0mm×70.4mm
圧縮比11.5
最高出力52ps(38kW)/6900rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量30L
WLTCモード燃費22.7km/L
新車価格1,390,000円
中古価格0.1~160万円
カタログページダイハツ タント

軽自動車おすすめ3位:スズキ スペーシア

スズキ スペーシア
「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに開発され、ファミリーカーとして人気の高いスーパーハイトワゴンです。

全グレードにマイルドハイブリッドシステムを搭載することで、WLTCモードで22.2km/Lとスーパーハイトワゴンの中では省燃費性にも優れています。

軽自動車としては初めて後退時の衝突被害軽減ブレーキを導入するなど、ファミリーカーとして利用するのに安心の安全装備が充実しています。

メーカースズキ
車種スペーシア
モデル・グレードハイブリッドG
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1785mm
ホイールベース2460mm
車両重量850kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比11.5
最高出力52ps(38kW)/6500rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/4000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費22.2km/L
新車価格1,390,000円
中古価格59.8~178.8万円
カタログページスズキ スペーシア

軽自動車おすすめ4位:日産 ルークス

日産 ルークス
ルークスは大人4人乗車でも快適に過ごせるクラストップレベルの広い室内空間に、「技術の日産」ならではの運転支援機能を採用したスーパーハイト系軽ワゴンです。

進化したプロパイロットが搭載され、渋滞中でもアクセル・ブレーキ・ハンドル操作を制御して適切な車間をキープしてくれます。また、軽自動車初となる前方衝突予測警報が搭載されています。

スーパーハイト系軽ワゴンながら、WLTCモードで20.9km/Lと省燃費性にも優れています。

メーカー日産
車種ルークス
モデル・グレードS
年式2022年9月
全長×全幅×全高3395×1475×1780mm
ホイールベース2495mm
車両重量950kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:トーションビーム式
エンジン型式BR06-SM21
総排気量659cc
内径×行程62.7mm×71.2mm
圧縮比12.0
最高出力52ps(38kW)/6400rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射装置
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費20.9km/L
新車価格1,463,000円
中古価格99.8~165万円
カタログページ日産 ルークス

軽自動車おすすめ5位:スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR
ワゴンRは、累計販売台数480万台とスズキを代表する軽トールワゴンです。

マイルドハイブリッドシステムに、新開発のR06D型エンジンとCVTを組み合わせることで、全高1,550mm以上の軽ワゴンでNo.1となるWLTCモードで25.2km/Lの省燃費性を実現しています。

衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能などを含む、スズキの予防安全技術「セーフティーサポート」が全グレードに標準装備され、老若男女問わず安心してドライブが楽しめます。

メーカースズキ
車種ワゴンR
モデル・グレードFX
年式2022年8月
全長×全幅×全高3395×1475×1650mm
ホイールベース2460mm
車両重量730kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式R06D
総排気量657cc
内径×行程61.5mm×73.8mm
圧縮比12.0
最高出力49ps(36kW)/6500rpm
最大トルク5.9kg・m(58N・m)/5000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費24.8km/L
新車価格1,220,000円
中古価格0.1~147万円
カタログページスズキ ワゴンR

軽自動車おすすめ6位:ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴ
ムーヴは、「マイベストスタンダード」を目指して開発されたダイハツを代表する軽ミニバンです。

大人4人が乗ってもゆとりのある室内空間で、フルフラットやリヤシート分割スライドなど多彩なシートアレンジが可能なため、ライフスタイルに合わせたいろいろな使い方ができます。

補助金が受けられるサポカーS<ワイド>に適合した「スマートアシストⅢ」が一部モデルには標準装備され、毎日の安全運転をスマートにサポートしてくれます。

メーカーダイハツ
車種ムーヴ
モデル・グレードL
年式2021年9月
全長×全幅×全高3395×1475×1630mm
ホイールベース2455mm
車両重量820kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式KF
総排気量658cc
内径×行程63.0mm×70.4mm
圧縮比11.3
最高出力52ps(38kW)/6800rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/5200rpm
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量30L
WLTCモード燃費20.7km/L
新車価格1,140,000円
中古価格0.1~129.9万円
カタログページダイハツ ムーヴ

軽自動車おすすめ7位:スズキ エブリイ

スズキ エブリイ
長尺物や高さのある物もしっかり積める抜群の積載性と軽快な足回りで働きやすさを大切にしたエブリイ。予防安全技術の「セーフティサポート」を全車に設定して安全運転をサポートします。

オプションには4人が同時に横になれる純正2段ベッドセットなどがあり、アウトドアや車中泊を楽しむアクティブなユーザーからも選ばれています。

メーカースズキ
車種エブリイ
モデル・グレードPA
年式2022年4月
全長×全幅×全高3395×1475×1895mm
ホイールベース2430mm
車両重量870kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比11.3
最高出力49ps(36kW)/6200rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/4000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量37L
WLTCモード燃費17.2km/L
新車価格990,000円
中古価格7.5~218万円
カタログページスズキ エブリイ

軽自動車おすすめ8位:ダイハツ タフト

ダイハツ タフト
タフトは、頭上に大きく広がる「スカイフィールトップ」で、軽自動車とは思えないほど開放感のある景色を楽しめる軽クロスオーバーです。

「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発されており、後席を倒すとラゲッジスペースから大きなフラットスペースが生まれます。

汚れにくいシートバック加工やマルチフックの標準装備に加えて、オプションでラゲッジネットやフレキシブルボードが用意され、ライフスタイルにあわせてカスタマイズする楽しみもある軽自動車です。

メーカーダイハツ
車種タフト
モデル・グレードX
年式2022年9月
全長×全幅×全高3395×1475×1630mm
ホイールベース2460mm
車両重量830kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式KF
総排気量658cc
内径×行程63.0mm×70.4mm
圧縮比11.5
最高出力52ps(38kW)/6900rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量30L
WLTCモード燃費21.4km/L
新車価格1,353,000円
中古価格109.8~189.8万円
カタログページダイハツ タフト

軽自動車おすすめ9位:スズキ ハスラー

スズキ ハスラー
軽クロスオーバーというジャンルを作り上げたハスラー。現行モデルはマイルドハイブリッドエンジンが選択可能で、燃費にもすぐれるモデルです。

車高が高く、樹脂素材を使った独立式のトランクもあり、気兼ねなく濡れたもの、汚れたものも入れられます。自由にカスタマイズできるユーティリティナットも便利な存在。キャンプによし、車中泊によし、スポーツの足によし。SUVとして見ると、コンパクトながらよくまとまっています。

メーカースズキ
車種ハスラー
モデル・グレードハイブリッドG
年式2022年5月
全長×全幅×全高3395×1475×1680mm
ホイールベース2460mm
車両重量810kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式R06D
総排気量657cc
内径×行程61.5mm×73.8mm
圧縮比12.0
最高出力49ps(36kW)/6500rpm
最大トルク5.9kg・m(58N・m)/5000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費25km/L
新車価格1,390,000円
中古価格79.8~225万円
カタログページスズキ ハスラー

軽自動車おすすめ10位:スズキ ジムニー

スズキ ジムニー
軽自動車枠で唯一のクロスカントリー車であり、世界的に見ても悪路の走破性に優れたモデルのジムニー。ライバル不在の現在、オフロード走行を楽しみたいならこのモデルを狙うしかありません。

過去モデルと比較すると、シートを倒したときのフラットエリアが際立ちます。シート+荷室の長さは約1800mmで、車中泊もできるもの。人気車種だけあってサードパーティのカスタムパーツも多く、自分だけの仕様のジムニーを作れます。

メーカースズキ
車種ジムニー
モデル・グレードXG
年式2022年7月
全長×全幅×全高3395×1475×1725mm
ホイールベース2250mm
車両重量1040kg
サスペンション形式前:3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング
後:3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比9.1
最高出力64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク9.8kg・m(96N・m)/3500rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量40L
WLTCモード燃費16.6km/L
新車価格1,560,000円
中古価格24.7~306万円
カタログページスズキ ジムニー

軽自動車おすすめ11位:スズキ アルト

スズキ アルト
スズキのアルトは、WLTCモードで27.7km/Lと軽No.1の低燃費性が魅力の軽自動車。マイルドハイブリッドを搭載したモデルで約109万円からとコストパフォーマンスも抜群です。

デュアルカメラブレーキサポートなどを組み合わせたスズキの予防安全技術「セーフティサポート」が全グレードに搭載され、安心のドライブをサポートしてくれます。

メーカースズキ
車種アルト
モデル・グレードA
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1525mm
ホイールベース2460mm
車両重量680kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比11.5
最高出力46ps(34kW)/6500rpm
最大トルク5.6kg・m(55N・m)/4000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費25.2km/L
新車価格940,000円
中古価格79.8~108万円
カタログページスズキ アルト

軽自動車おすすめ12位:ホンダ N-WGN

ホンダ N-WGN
ホンダのNシリーズの第4弾となるN-WGNは、安全性・使いやすさ・運転のしやすさを追求したハイト系ワゴンの軽自動車です。

標準装備されるHonda SENSINGには、ブレーキとアクセルの踏み間違えに備えた急アクセル抑制機能をホンダ車として初めて採用しています。

また、N-WGNは実用的な燃費性能にもこだわり、WLTCモード23.2km/LとNシリーズNo.1の省燃費性を誇ります。暮らしのパートナーとして気兼ねなく毎日使える燃費です。

メーカーホンダ
車種N-WGN
モデル・グレードG
年式2022年9月
全長×全幅×全高3395×1475×1675mm
ホイールベース2520mm
車両重量850kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:車軸式
エンジン型式S07B
総排気量658cc
内径×行程60.0mm×77.6mm
圧縮比12.0
最高出力58ps(43kW)/7300rpm
最大トルク6.6kg・m(65N・m)/4800rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費23.2km/L
新車価格1,298,000円
中古価格17.8~129.8万円
カタログページホンダ N-WGN

軽自動車おすすめ13位:ダイハツ キャスト スタイル

ダイハツ キャスト スタイル
キャストは、「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発された軽ハイトワゴンです。流行に左右されない長く愛される愛着の湧くデザインや質感が魅力です。

ディーラーオプションでカラーの組み合わせを自由に選択できるデザインフィルムトップなど、ワードローブのように自分だけの1台をカスタマイズして作り上げられます。

カメラの2種類のセンサーを使用したダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が全グレードに標準装備され、全車がサポカーSワイドの認定を受けているので毎日安心して利用できます。

メーカーダイハツ
車種キャスト スタイル
モデル・グレードスタイルX SAIII
年式2021年5月
全長×全幅×全高3395×1475×1600mm
ホイールベース2455mm
車両重量840kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式KF
総排気量658cc
内径×行程63.0mm×70.4mm
圧縮比11.3
最高出力52ps(38kW)/6800rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/5200rpm
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量30L
WLTCモード燃費21km/L
新車価格1,314,500円
中古価格65.8~159.5万円
カタログページダイハツ キャスト スタイル

軽自動車おすすめ14位:スズキ エブリイワゴン

スズキ エブリイワゴン
エブリイワゴンは、大人4人がゆったりと乗車しつつ、広い荷室空間も確保できる伝統的な軽1BOXタイプの軽自動車です。

広いスペースを多彩に使いこなせるシートアレンジが可能で、ベッドクッションや2段ベッドセットなどアクティブに楽しむためのオプションも充実しています。

大きな車体を快適に動かすために全グレードにターボエンジンを搭載し、長距離ドライブでもストレスなく楽しめます。スズキの予防安全技術「セーフティーサポート」を全グレードに標準装備しています。

メーカースズキ
車種エブリイワゴン
モデル・グレードJPターボ ハイルーフ
年式2022年4月
全長×全幅×全高3395×1475×1910mm
ホイールベース2430mm
車両重量950kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比9.1
最高出力64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク9.7kg・m(95N・m)/3000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量37L
WLTCモード燃費13.3km/L
新車価格1,569,700円
中古価格9.9~319万円
カタログページスズキ エブリイワゴン

軽自動車おすすめ15位:ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE
丸いライトが可愛らしい。N-ONEはどことなく懐かしく思えるエクステリアデザインを持つ1台です。ミニバンタイプに属するモデルですが、全高は1545mmで一般的な機械式駐車場が使えるサイズ。日本の車を取り巻く事情に合わせています。

燃料タンクを前席下に設置したため、後部座席を倒したときの荷室スペースは想像以上に広いもの。床下収納もあります。

愛らしくカジュアルなオリジナル、上質感のあるプレミアム/プレミアムツアラー、スポーティなRSのバリエーションから選べます。

メーカーホンダ
車種N-ONE
モデル・グレードオリジナル
年式2022年8月
全長×全幅×全高3395×1475×1545mm
ホイールベース2520mm
車両重量840kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:車軸式
エンジン型式S07B
総排気量658cc
内径×行程60.0mm×77.6mm
圧縮比12.0
最高出力58ps(43kW)/7300rpm
最大トルク6.6kg・m(65N・m)/4800rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費23km/L
新車価格1,600,000円
中古価格85.8~198万円
カタログページホンダ N-ONE

軽自動車おすすめ16位:マツダ フレアワゴン

マツダ フレアワゴン
フレアワゴンは、スズキからOEM供給を受けるスーパーハイト系ワゴンの軽自動車で、スペーシアの兄弟車にあたります。

モデルチェンジを経た現行モデルでは、全グレードでマイルドハイブリッドシステムを搭載し、WLTCモードで22.2km/Lの省燃費性を達成しています。

また、マツダとしては初めて軽自動車に後退時ブレーキサポートや誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーを搭載。毎日の運転をより安全にサポートしてくれる軽自動車です。

メーカーマツダ
車種フレアワゴン
モデル・グレードハイブリッドXG
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1785mm
ホイールベース2460mm
車両重量850kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比11.5
最高出力52ps(38kW)/6500rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/4000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費22.2km/L
新車価格1,394,800円
中古価格48~150.5万円
カタログページマツダ フレアワゴン

軽自動車おすすめ17位:マツダ フレアクロスオーバー

マツダ フレアクロスオーバー
フレアクロスオーバーは、スズキからOEM供給を受ける軽ワゴンの収納性とSUVの走破性を融合させた軽クロスオーバーで、ハスラーの兄弟車にあたります。

ラゲッジマットや、サイクルキャリア、リラックスクッション、プライバシーシェードなど、多彩なオプションが用意されており、ライフスタイルに合わせて自分らしくカスタマイズを楽しめます。

また、最上級グレードのXGでは、ハスラーではオプションであるディスチャージヘッドライトやリアヒーターダクトなどが標準装備されています。

メーカーマツダ
車種フレアクロスオーバー
モデル・グレードハイブリッドXG
年式2022年5月
全長×全幅×全高3395×1475×1680mm
ホイールベース2460mm
車両重量820kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式R06D
総排気量657cc
内径×行程61.5mm×73.8mm
圧縮比12.0
最高出力49ps(36kW)/6500rpm
最大トルク5.9kg・m(58N・m)/5000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費25km/L
新車価格1,442,100円
中古価格129~165.9万円
カタログページマツダ フレアクロスオーバー

軽自動車おすすめ18位:マツダ フレア

マツダ フレア
フレアは、スズキからOEM供給を受けるハイト系ワゴンで、ワゴンRの兄弟車にあたります。

全車にマイルドハイブリッドシステムが採用され、減速時のエネルギーを利用して走行時にエンジンをサポートすることで、軽ワゴンNo.1となるWLTCモード25.2km/Lの省燃費性を実現しています。

フレアは、基本的にワゴンRのエンブレム以外のデザイン面での違いはありません。一部、カラーやグレードがフレアでは選択できないため、ワゴンRとも比較しながら検討しましょう。

メーカーマツダ
車種フレア
モデル・グレードハイブリッドXG
年式2022年9月
全長×全幅×全高3395×1475×1650mm
ホイールベース2460mm
車両重量770kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式R06D
総排気量657cc
内径×行程61.5mm×73.8mm
圧縮比12.0
最高出力49ps(36kW)/6500rpm
最大トルク5.9kg・m(58N・m)/5000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費25.2km/L
新車価格1,386,000円
中古価格23.9~129.9万円
カタログページマツダ フレア

軽自動車おすすめ19位:日産 NV100クリッパー リオ

日産 NV100クリッパー リオ
NV100クリッパー リオは、スズキからOEM供給を受ける軽1BOXタイプの軽自動車で、エブリイワゴンの兄弟車にあたります。

インテリアは、室内長2240mm×室内幅1355mm×室内高1420mmと、軽自動車とは思えないような広く快適な室内空間を実現しています。

商用ユースはもちろん、純正オプションでタープやラゲッジネット、プライバシーシェードなど幅広いアイテムがラインナップしているため、ライフスタイルに合わせて自由にカスタマイズできます。

メーカー日産
車種NV100クリッパー リオ
モデル・グレードE ハイルーフ
年式2022年4月
全長×全幅×全高3395×1475×1910mm
ホイールベース2430mm
車両重量960kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比9.1
最高出力64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク9.7kg・m(95N・m)/3000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量37L
WLTCモード燃費13.3km/L
新車価格1,779,800円
中古価格43.5~198万円
カタログページ日産 NV100クリッパー リオ

軽自動車おすすめ20位:マツダ キャロル

マツダ キャロル
キャロルは、スズキからOEM供給を受ける小型ハッチバックタイプの軽自動車で、アルトの兄弟車にあたります。

100万円以下からとリーズナブルな車両価格ながら、全グレードに安全運転サポートを標準搭載し、全車サポカーS・ワイドに適合しています。

また、ハイブリッドモデルはWLTCモードで27.7km/Lと、軽No.1の優れた燃費性能と環境性能を実現しています。アルトとは、エンブレム以外のデザインや性能面での違いはありません。

メーカーマツダ
車種キャロル
モデル・グレードGL
年式2022年1月
全長×全幅×全高3395×1475×1525mm
ホイールベース2460mm
車両重量680kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比11.5
最高出力46ps(34kW)/6500rpm
最大トルク5.6kg・m(55N・m)/4000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費25.2km/L
新車価格998,800円
中古価格22~112万円
カタログページマツダ キャロル

軽自動車おすすめ車種の価格比較表

軽自動車
モデル・グレード
新車価格
ホンダ N-BOXG1,450,000円
ダイハツ タントL1,390,000円
スズキ スペーシアハイブリッドG1,390,000円
日産 ルークスS1,463,000円
スズキ ワゴンRFX1,220,000円
ダイハツ ムーヴL1,140,000円
スズキ エブリイPA990,000円
ダイハツ タフトX1,353,000円
スズキ ハスラーハイブリッドG1,390,000円
スズキ ジムニーXG1,560,000円
スズキ アルトA940,000円
ホンダ N-WGNG1,298,000円
ダイハツ キャスト スタイルスタイルX SAIII1,314,500円
スズキ エブリイワゴンJPターボ ハイルーフ1,569,700円
ホンダ N-ONEオリジナル1,600,000円
マツダ フレアワゴンハイブリッドXG1,394,800円
マツダ フレアクロスオーバーハイブリッドXG1,442,100円
マツダ フレアハイブリッドXG1,386,000円
日産 NV100クリッパー リオE ハイルーフ1,779,800円
マツダ キャロルGL998,800円

【Q&A】軽自動車について多い質問

以下では、ドライバーから多い軽自動車に関する質問・疑問に回答します。

軽自動車Q&A

  • 軽自動車でも白ナンバーがつけられるの?
  • なぜ軽自動車は車庫証明が不要なんでしょうか?
  • 軽自動車の車検費用の相場・目安は?

Q. 軽自動車でも白ナンバーがつけられるの?

軽自動車といえば黄色ナンバーをつけることが法律で定められていますが、実は白ナンバーをつけることが可能です。ただし申込みは期間限定。というのも、日本で行われる大きなイベントを記念しての特別仕様ナンバープレートとなるためです。

特別仕様ナンバープレートの申込期限は2021年9月30日までで、交付期限は2021年11月30日です。新車、中古車の購入時だけではなく、現在乗っている軽自動車のナンバーを交換することも可能です。

Q. なぜ軽自動車は車庫証明が不要なんでしょうか?

軽自動車は車庫証明が不要と言われることがありますが、実際には車庫証明が必要な地域と不要な地域があります

必要となる地域は都道府県庁所在地、人口10万人以上の区市町村、東京や大阪の中心から30Km圏内になる区市町村となります。都市部や人口の多い場所では普通自動車と同様に車庫証明が必要になると考えておきましょう。

Q. 軽自動車の車検費用の相場・目安は?

軽自動車の車検更新時に必要となるのは自動車重量税(5,000円・2年)、自賠責保険料(25,070円・24か月)、検査手数料(1,100円・指定工場経由)。加えてディーラーや整備工場に車検を依頼したときは、点検費用として1~5万円、事務手数料として2,000~1万円ほどの料金がかかります。

合計すると、安くて5万円ほどかかることになります。他にも交換部品などがあれば、部品代と交換費用がかかります。

軽自動車は口コミ・評判も参考にして購入しよう

現代のファミリーカーとして浸透している軽自動車。車両価格も維持費も安いことから、購入を検討している方も多いでしょう。

アウトドアブームにより人気の高まるキャンピングカーの分野においても軽自動車ベースのものに注目が集まるなど、軽自動車のポテンシャルの高さは間違いのないものです。

各メーカーから販売されているモデル数が多いため、自分にとってベストな1台を選ぶためには、オーナーの口コミや評判も参考にしてみましょう。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ