Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【2022】コンパクトカーおすすめ人気ランキング15選を比較紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、ドライバーに人気のおすすめコンパクトカーをランキング形式で紹介します。

ボディサイズが小さめで、運転がしやすいのがコンパクトカー。免許を取り立てのビギナードライバーにも、シニア世代のドライバーにとってもおすすめのカテゴリです。

国産車だけではなく外車も多く、カラバリも豊富。そんなコンパクトカーの選び方を学んでいきましょう。

※ランキングはモーターファンの独自アンケートデータに基づきます

コンパクトカーとは?

コンパクトカーとは、軽自動車以上で、ミドルサイズ以下のボディサイズを持つ普通自動車のことです。

具体的なサイズの決まりはありませんが、軽自動車を除くAセグメント(全長3,750mm以下)とBセグメント(3,750~4,400mm)に含まれる車種が含まれます。エンジンの排気量は2000cc以下、主に1500cc以下であることが多いです。

軽自動車より車内が広く、全長4,000mm以下であれば車庫入れ・縦列駐車もしやすい。ミドルサイズより小回りが効くというメリットもあります。

以前までは5ナンバーサイズの車種を指すことが多かったのですが、近年は3ナンバー車でも小型のモデルを含めることが増えました。

コンパクトカーと軽自動車の違いは?

高速道路も走れる自動車のなかで、もっとも小さなカテゴリとなるのが軽自動車です。

その軽自動車と比較すると、やや大きめのサイズとなるのがコンパクトカー。見た感じは軽自動車より一回り大きいという印象です。

軽自動車は加速性能がいま一歩で、風に煽られやすいというデメリットがありますが、コンパクトカーは安定性が高め。レスポンスが高く加速性能に優れた車種もあります。

トヨタ・シエンタ、ホンダ・フリード、日産・NV200バネットといったミニバンタイプの車種もギリギリ含まれますが、これらはコンパクトミニバンと呼ばれることが多く、コンパクトカーは4~5人乗りの車種を指すことがほとんどです。

\ 新車を安く買える方法を限定公開 /


たった32秒の簡単手続で新車の値引き確定!
車に詳しくなくても新車を超安く買える裏技とは?

これから車の買い替えを検討中のあなたへ。車を買うなら、少しでも安く買いたいですよね?

車の購入費用を抑えるために、多くの人がやっているのが『値引き交渉』。しかし、車を安く買うために値引き交渉するのは間違い。むしろ、損します。

車に詳しくなくても簡単に、しかも確実に車を安く買える方法を限定公開中です。

\今すぐチェック/

詳細はこちらから

コンパクトカーが人気の理由

普通自動車の販売台数ランキングを見ると、いつも上位に入っているコンパクトカー。軽自動車を含めたランキングにおいても、トップ3に食い込む車種もあります。

人気のポイントはどこなのか。見ていきましょう。

  • 普通自動車の中では車両価格が安くて購入しやすい
  • 軽量コンパクトで自動車税が安く維持するのが楽
  • ハイブリッド仕様の車種も多く燃費が良い
  • 最小回転半径が小さく狭い道でも運転しやすい

普通自動車の中では車両価格が安くて購入しやすい

ハイブリッドエンジンを搭載するハイグレード、先進予防安全装備などの装備によって価格差はありますが、車両本体価格が139万円~のトヨタ・ヤリス、146万円~のマツダ・MAZDA2など、普通自動車の中では車両価格が安く、購入しやすい車種が多いです。

前述したハイブリッド車も199万円~(ホンダ・フィット ハイブリッド)から購入できる車種があります。国や自治体の補助金を使えば、リーズナブルに入手することが可能です。

軽量コンパクトで自動車税が安く維持するのが楽

自動車の税金には、エンジンの排気量で税額が変わる自動車税車両の重さで税額が変わる自動車重量税などがあります。

この2つの税金に関しても、コンパクトカーはかなりリーズナブルです。エコカー減免適用であれば、維持費はさらに安い値段となります。

▼ 自動車重量税

  • 排気量1000cc以下: 25,000円
  • 排気量1000cc超から1500cc以下:30,500円
  • 排気量1500cc超から2000cc以下:36,000円

▼ 重量税

  • 0.5トン以下:4,100円
  • 1トン以下:8,200円
  • 1.5トン以下:12,300円

ハイブリッド仕様の車種も多く燃費が良い

コンパクトカーにもハイブリッドエンジン搭載車両が増えています。ハイブリッドエンジンのメリットはやはり燃費の良さ。日産・ノート e-POWERのFグレードのように、29.5km/Lという極めてエコな性能を誇る車種もあります。

実は現代のハイブリッド技術は、一般道での移動が多いコンパクトカーにこそマッチします。時速80km以上となる高速巡航時はモーターの恩恵を受けにくいのですが、時速60km前後までであれば燃費が向上します。

最小回転半径が小さく狭い道でも運転しやすい

自動車のカタログスペックの1つに最小回転半径というものがあります。これはハンドルがロックするまで回した状態で曲がる際、外側の前輪が描く円の半径です。簡単にいえば、交差点で曲がる時やUターンするときの小回り性能です。

コンパクトカーはこの最小回転半径の数値が小さく、日本の住宅地のような狭い道が続く場所でも運転しやすいように作られています。幅6mもない1車線道路が交差する場所でも、一度バックして切り返しをしなくても曲がれることが多く、運転していて疲れにくいのです。

コンパクトカーの選び方|満足度を高める3つのポイント

以下では、コンパクトカーの選び方に関する基準・ポイントについて紹介します。

  • 安全性の高さは安全装備・機能の有無でチェック
  • 車内空間が広いモデルは車高の高さを調べる
  • 維持費を重視したいならハイブリッド車を選ぶ

安全性の高さは安全装備・機能の有無でチェック

事故を防ぎ、万が一の事故でも、ドライバーや同乗者を守ってくれる安全装備を備えるコンパクトカーも増えました。

周辺を監視しながら、低速取り回し時の衝突回避をサポートするソナー、上から見下ろしているような映像をモニターに表示し、狭い場所でも安全に駐車できるアラウンドビューモニタ-、夜間にも対応する歩行者検知式自動ブレーキなど、いずれも安全に運転できるようになる最新装備。

コンパクトカーを新車で購入するなら、こういった先進予防安全装備を備えた車種を選びたいものです。

車内空間が広いモデルは車高の高さを調べる

コンパクトカーは軽自動車より余裕のある車内スペースがありますが、縦方向はやや手狭に感じることがあります。これはミニバンタイプの軽自動車より、車高の低いコンパクトカーが多いためです。

コンパクトカーでできるだけ広い車内空間を求めるなら、コンパクトミニバンを選ぶのがポイント。一般的なハッチバックスタイルの車種であっても、あらかじめ車高の高さをチェックして、できるだけ天井が高く上方向に余裕のある車種を探しましょう。

維持費を重視したいならハイブリッド車を選ぶ

コンパクトカーと相性のいいハイブリッドエンジンのシステム。残念ながらバッテリー容量が多く、充電スタンドでの充電が可能なプラグインハイブリッドエンジン搭載車はまだありませんが、燃費に優れるハイブリッドコンパクトカーは増えています。

日産・ノート e-POWERのようなシリーズハイブリッドや、トヨタ・ヤリス、アクア、ホンダ・フィット ハイブリッド、スズキ・スイフトといったハイブリッドエンジン搭載車であれば、ガソリンの消費量を抑えることができるので、維持しやすくなります。

コンパクトカーおすすめ人気ランキング15選

ここからは、ドライバーに人気のコンパクトカーおすすめ15車種をランキング形式で紹介します。

コンパクトカーおすすめ1位:トヨタ アクア

トヨタ アクア
コンパクトハイブリッドの代表格であるアクア。走行性能にはさらに磨きがかけられ、WLTCモードで世界トップレベルの35.8km/Lという燃費と、HEVらしい軽快な走りを高い次元で両立しています。

現行モデルではトヨタのハイブリッド自動車としては初めて「快感ペダル」が採用され、アクセルペダルのみのワンペダル操作で加減速が可能。疲れにくく快適なロングドライブが楽しめます。

全グレードでディスプレイオーディオが標準装備となり、10.5インチの大型ディスプレイ上で使い慣れたスマホの地図アプリや音楽アプリを使用できます。

メーカートヨタ
車種アクア
モデル・グレードB
年式2021年7月
全長×全幅×全高4050×1695×1485mm
ホイールベース2600mm
車両重量1080kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット付コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン形式M15A-FXE
総排気量1490cc
内径×行程80.5mm×97.6mm
圧縮比
最高出力91ps(67kW)/5500rpm
最大トルク12.2kg・m(120N・m)/3800〜4800rpm
燃料供給装置電子制御式燃料噴射装置(EFI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量36L
WLTCモード燃費35.8km/L
新車価格1,980,000円
中古車価格帯159.8~198万円
カタログページトヨタ アクア

コンパクトカーおすすめ2位:日産 ノート

日産 ノート
カー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞した現行モデルのノート。第二世代e-POWERを搭載し、高速道路での発進や追い越しなどで、より力強い加速感が得られます。

世界初の機能として、ロードノイズの大きい路面を自動検知してエンジン音をノイズの中に隠し、なめらかな路面ではエンジンの作動頻度を低減する機能を搭載。車内ではワンランク上の静粛性を実現しています。

メーカーオプションのプロパイロットにはナビリンク機能が追加され、カーブやジャンクションを認識して車速を自動で調整してくれるので、より安全にドライブが楽しめます。

メーカー日産
車種ノート
モデル・グレードXエアリーグレーエディション
年式2021年11月
全長×全幅×全高4045×1695×1520mm
ホイールベース2580mm
車両重量1220kg
サスペンション形式前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン形式HR12DE
総排気量1198cc
内径×行程78.0mm×83.6mm
圧縮比12.0
最高出力82ps(60kW)/6000rpm
最大トルク10.5kg・m(103N・m)/4800rpm
燃料供給装置ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量36L
WLTCモード燃費28.4km/L
新車価格2,629,000円
中古車価格帯
カタログページ日産 ノート

コンパクトカーおすすめ3位:ホンダ フィット

ホンダ フィット
新型フィットは“心地良さ”をキーワードに開発され、親しみやすいエクステリアデザインから開放感あふれるウィンドウ周りまで、毎日の運転が気持ち良くなるような細かいこだわりが詰め込まれています。

特にフルモデルチェンジで現行モデルから静粛性が大幅に向上しました。市街地走行では基本的にエンジンで発電してモーター駆動とすることで、静かでパワフルな乗り心地を実現しています。

ハイブリッドモデルはWLTCモードで28.6km/Lと、どこかへ遠出したくなる省燃費性です。

メーカーホンダ
車種フィット
モデル・グレードベーシック
年式2021年6月
全長×全幅×全高3995×1695×1515mm
ホイールベース2530mm
車両重量1070kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:車軸式
エンジン形式L13B
総排気量1317cc
内径×行程73.0mm×78.7mm
圧縮比13.5
最高出力98ps(72kW)/6000rpm
最大トルク12.0kg・m(118N・m)/5000rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量40L
WLTCモード燃費20.4km/L
新車価格1,557,600円
中古車価格帯105~175.8万円
カタログページホンダ フィット

コンパクトカーおすすめ4位:ホンダ シビック

ホンダ シビック
シビックは、ホンダの世界戦略を担うグローバルカーです。熟成を深めた1.5直噴VTEC TURBOエンジンが搭載され、ドライバーの期待通りのレスポンスで加速する歓びを全身で体感できます。

フロントからリアまでを水平基調とすることで、爽快な走りを感じさせるスポーティなフォルムと開放感のある室内空間を両立させています。

Honda CONNECTに最適化されたナビゲーションシステムを標準装備し、スマホからエアコンをオンにしたり、ドアロックの解除やエンジン始動ができたりなど、カーライフをよりスマートにしてくれます。

メーカーホンダ
車種シビック
モデル・グレードLX
年式2021年9月
全長×全幅×全高4550×1800×1415mm
ホイールベース2735mm
車両重量1360kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:マルチリンク式
エンジン形式L15C
総排気量1496cc
内径×行程73.0mm×89.4mm
圧縮比10.3
最高出力182ps(134kW)/6000rpm
最大トルク24.5kg・m(240N・m)/1700〜4500rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量47L
WLTCモード燃費16.3km/L
新車価格3,190,000円
中古車価格帯239.8~322.9万円
カタログページホンダ シビック

コンパクトカーおすすめ5位:スズキ スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツ
日本だけでなく欧州でも走行実験を繰り返し、人馬一体の走りを追求した高性能ホットハッチです。

新プラットフォームHEARTECT採用により、剛性を高めながらさらに70kgの軽量化を達成。軽量な車体に140PSを発生させる1.4L直噴ターボエンジンを組み合わせ、力強く俊敏な走りを実現しています。

ドライバー目線で設計されたコクピットには、走行Gやブースト、油温をグラフィカルに表示するマルチインフォメーションディスプレイや、運転姿勢を支えるセミバケットシートなどの専用装備が搭載されています。

メーカースズキ
車種スイフトスポーツ
モデル・グレードベースグレード
年式2020年5月
全長×全幅×全高3890×1735×1500mm
ホイールベース2450mm
車両重量970kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン形式K14C
総排気量1371cc
内径×行程73.0mm×81.9mm
圧縮比9.9
最高出力140ps(103kW)/5500rpm
最大トルク23.4kg・m(230N・m)/2500〜3500rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量37L
WLTCモード燃費17.6km/L
新車価格2,017,400円
中古車価格帯39.5~448万円
カタログページスズキ スイフトスポーツ

コンパクトカーおすすめ6位:スズキ スイフト

スズキ スイフト
スイフトはコンパクトカーを得意とするスズキのグローバルカーです。扱いやすいコンパクトサイズのボディに、優れた燃費性能と力強い走りを両立した1.2Lエンジンを搭載し、軽やかな走りを楽しめます。

現行モデルでは、ハイブリッドとマイルドハイブリッド、ガソリンエンジンの3つのタイプが設定されています。

クルーズコントロールなど長距離ドライブを快適にしてくれる機能も含めた、スズキの予防安全技術「セーフティサポート」を全車に標準装備し、より安全・快適なドライブへとサポートしてくれます。

メーカースズキ
車種スイフト
モデル・グレードXG
年式2020年5月
全長×全幅×全高3845×1695×1500mm
ホイールベース2450mm
車両重量860kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン形式K12C
総排気量1242cc
内径×行程73.0mm×74.2mm
圧縮比12.5
最高出力91ps(67kW)/6000rpm
最大トルク12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量37L
WLTCモード燃費21.8km/L
新車価格1,535,600円
中古車価格帯6.2~165.5万円
カタログページスズキ スイフト

コンパクトカーおすすめ7位:マツダ MAZDA2

マツダ MAZDA2
MAZDA2は、「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をコンセプトに、エクステリアからインテリアまで高い質感を感じさせるコンパクトハッチバックです。

”魂動デザイン”の洗練されたフロントフェイスや、モダンな水平基調の造形は高級感があり、コンパクトカーながら落ち着いた大人も乗りたくなる魅力があります。

高速域での安定した車両挙動を実現する世界初の技術G-ベクタリングコントロールプラスや、レーダークルーズコントロールに全車速追従機能が搭載されるなど、ロングドライブも快適に楽しめます。

メーカーマツダ
車種MAZDA2
モデル・グレード15C
年式2021年12月
全長×全幅×全高4065×1695×1500mm
ホイールベース2570mm
車両重量1090kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン形式P5-VPS
総排気量1496cc
内径×行程74.5mm×85.8mm
圧縮比14.0
最高出力110ps(81kW)/6000rpm
最大トルク14.5kg・m(142N・m)/3500rpm
燃料供給装置筒内直接噴射(DI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量48L
WLTCモード燃費20.3km/L
新車価格1,508,650円
中古車価格帯114.9~148.8万円
カタログページマツダ MAZDA2

コンパクトカーおすすめ8位:フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ
8年ぶりにフルモデルチェンジを経て8代目となったゴルフは、デジタル化・電動化で大きく進化しています。

フォルクスワーゲンとしては初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用。パワーユニットはマイルドハイブリッドのeTSIと新開発クリーンディーゼルのTDIがラインナップされています。

コクピットには10インチ全面タッチスクリーンを搭載し、コネクテッド機能でスマホの使い慣れたアプリを大画面上で使用することができます。

メーカーフォルクスワーゲン
車種ゴルフ
モデル・グレードeTSIアクティブベーシック
年式2022年4月
全長×全幅×全高4295×1790×1475mm
ホイールベース2620mm
車両重量1310kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット(スタビライザー付)
後:トレーリングアーム
エンジン形式DLA
総排気量999cc
内径×行程74.5mm×76.4mm
圧縮比11.4
最高出力110ps(81kW)/5500rpm
最大トルク20.4kg・m(220N・m)/2000〜3000rpm
燃料供給装置電子制御式
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量47L
WLTCモード燃費18.6km/L
新車価格3,017,000円
中古車価格帯
カタログページフォルクスワーゲン ゴルフ

コンパクトカーおすすめ9位:日産 マーチ

日産 マーチ
マーチは、丸目のヘッドランプやアーチ形状のサイドウィンドウなど、曲線を基調とした親しみやすいエクステリアデザインのコンパクトカーです。シートカラーもスタイルや好みに合わせて4色から選択できます。

新開発の1.2L直列3気筒エンジンが搭載され、ガソリンエンジンモデルながらWLTCモードで18.6km/Lと省燃費性にも優れています。

インテリジェントエマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシストといった先進予防安全装備が全グレードに標準装備されています。

メーカー日産
車種マーチ
モデル・グレードS
年式2020年7月
全長×全幅×全高3825×1665×1515mm
ホイールベース2450mm
車両重量950kg
サスペンション形式前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン形式HR12DE
総排気量1198cc
内径×行程78.0mm×83.6mm
圧縮比10.2
最高出力79ps(58kW)/6000rpm
最大トルク10.8kg・m(106N・m)/4400rpm
燃料供給装置ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量41L
WLTCモード燃費17.6km/L
新車価格1,289,200円
中古車価格帯20~123.7万円
カタログページ日産 マーチ

コンパクトカーおすすめ10位:トヨタ パッソ

トヨタ パッソ
パッソは、トヨタの最小コンパクトカーです。ガソリンエンジンながら燃費性能を追求したVVT-iエンジンを採用し、WLTCモードは21.0km/Lとお出かけしたくなる低燃費です。

見た目以上に荷物が積めるラゲッジは大型スーツケースも収納可能。多彩なシートアレンジでリヤシートを倒せば、載せられるものの幅が広がります。

普段の運転をより安全にするために、衝突回避支援ブレーキ機能や誤発進抑制機能が搭載されています。

メーカートヨタ
車種パッソ
モデル・グレードX
年式2021年4月
全長×全幅×全高3650×1665×1525mm
ホイールベース2490mm
車両重量910kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン形式1KR-FE
総排気量996cc
内径×行程71.0mm×83.9mm
圧縮比
最高出力69ps(51kW)/6000rpm
最大トルク9.4kg・m(92N・m)/4400rpm
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量36L
WLTCモード燃費21.0km/L
新車価格1,265,000円
中古車価格帯5~150万円
カタログページトヨタ パッソ

コンパクトカーおすすめ11位:レクサス CT

レクサス CT
レクサス CTは、レクサスがプレミアムコンパクトクラスと位置づけるハイブリッド専用のハッチバックモデルです。

99PSを発生させる1.8Lアトキンソンサイクルエンジンに82PSを発生させるモーターを組み合わせたハイブリッドシステムで、シームレスで爽快な加速感を体感できます。

インテリアには華やかな室内空間を演出するツートンカラーを採用。落ち着いた雰囲気からスポーティな印象まで好みのスタイルに合わせてコーディネートできます。

メーカーレクサス
車種CT
モデル・グレードCT200h 特別仕様車 チェリッシュドツーリング
年式2022年3月
全長×全幅×全高4355×1765×1460mm
ホイールベース2600mm
車両重量1420kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット(スタビライザー付)
後:ダブルウィッシュボーン(スタビライザー付)
エンジン形式2ZR-FXE
総排気量1797cc
内径×行程80.5mm×88.3mm
圧縮比
最高出力99ps(73kW)/5200rpm
最大トルク14.5kg・m(142N・m)/4000rpm
燃料供給装置電子制御式燃料噴射装置
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量45L
WLTCモード燃費21.3km/L
新車価格4,223,000円
中古車価格帯
カタログページレクサス CT

コンパクトカーおすすめ12位:BMW 1シリーズ

BMW 1シリーズ
BMW 1シリーズは、BMWならではの優れた走行性能と機能性をコンパクトSUVに搭載した人気のモデルです。

BMW共通のキドニーグリルや、デュアルエキゾーストパイプなどが採用され、コンパクトカーとは思えないアグレッシブなエクステリアデザインにまとめられています。

現行モデルでは駆動方式がFRからFFへと変更になり、特にリア部分の室内空間や収納力が大幅に改善。ファミリーカーとしてより一層使いやすくなりました。

メーカーBMW
車種1シリーズ
モデル・グレード118i プレイ
年式2022年1月
全長×全幅×全高4335×1800×1465mm
ホイールベース2670mm
車両重量1390kg
サスペンション形式前:シングル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング
後:マルチリンク式、コイル・スプリング
エンジン形式B38A15A
総排気量1499cc
内径×行程
圧縮比
最高出力140ps(103kW)/4600〜6500rpm
最大トルク22.4kg・m(220N・m)/1480〜4200rpm
燃料供給装置デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量50L
WLTCモード燃費13.7km/L
新車価格4,120,000円
中古車価格帯208~368万円
カタログページBMW 1シリーズ

コンパクトカーおすすめ13位:トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス
世界トップレベルの省燃費性に先進の予防安全技術を備えたトヨタの次世代コンパクトカーです。

トヨタのコンパクトカー向けTNGAプラットフォームと新型1.5Lエンジンが初めて採用され、WLTCモードで36.0km/Lとハイブリッド世界トップレベルの燃費性能を実現しています。

インパネ中央部には8/7インチのディスプレイオーディオを標準装備し、スマホの使い慣れた地図アプリなどを画面上で操作できます。

メーカートヨタ
車種ヤリス
モデル・グレードX
年式2021年5月
全長×全幅×全高3940×1695×1500mm
ホイールベース2550mm
車両重量990kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン形式M15A-FKS
総排気量1490cc
内径×行程80.5mm×97.6mm
圧縮比
最高出力120ps(88kW)/6600rpm
最大トルク14.8kg・m(145N・m)/4800〜5200rpm
燃料供給装置電子制御式燃料噴射装置(EFI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量40L
WLTCモード燃費21.6km/L
新車価格1,598,000円
中古車価格帯103~199.8万円
カタログページトヨタ ヤリス

コンパクトカーおすすめ14位:スバル インプレッサスポーツ

スバル インプレッサスポーツ
次世代のスバルグローバルプラットフォームを採用する第1号車となったインプレッサスポーツ。ボディ剛性の向上でステアリング操作に対する反応性が飛躍的に改善し、走りの質感が高められています。

パワーユニットは優れた出力性能と環境性能を備えたBOXERエンジンと、電動技術を組み合わせたe-BOXERがあります。

ぶつからないためのプリクラッシュブレーキや、全車速域追従&車線維持するツーリングアシストといった機能を搭載する、運転支援システムアイサイトが全グレードに標準装備されています。

メーカースバル
車種インプレッサスポーツ
モデル・グレード1.6i-Lアイサイト
年式2021年12月
全長×全幅×全高4475×1775×1480mm
ホイールベース2670mm
車両重量1300kg
サスペンション形式前:ストラット式独立懸架
後:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
エンジン形式FB16
総排気量1599cc
内径×行程78.8mm×82.0mm
圧縮比10.9
最高出力115ps(85kW)/6200rpm
最大トルク15.1kg・m(148N・m)/3600rpm
燃料供給装置EGI(電子制御燃料噴射装置:マルチポイント・インジェクション)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量50L
WLTCモード燃費14.1km/L
新車価格2,002,000円
中古車価格帯69.9~218万円
カタログページスバル インプレッサスポーツ

コンパクトカーおすすめ15位:メルセデス・ベンツ Aクラス

メルセデス・ベンツ Aクラス
Cセグメントに属するスポーツコンパクトカー。メルセデス・ベンツの中では一番リーズナブルな価格設定で、手の届きやすいベンツと言えます。

モデルチェンジでベンツの最新の先進技術が搭載され、移動快適性が大きく向上しました。10.25インチの大型ディスプレイが2つ並ぶインストルメントパネルが標準装備され、スマホのように操作できます。

コネクテッド機能であるMercedes me connectは、音声認識で「ハイ、メルセデス」と話しかけるだけで起動。「カフェに行きたい」「ちょっと寒い」など、普通に会話するだけで車両設定やナビ設定が可能です。

メーカーメルセデス・ベンツ
車種Aクラス
モデル・グレードA180
年式2021年10月
全長×全幅×全高4420×1800×1420mm
ホイールベース2730mm
車両重量1380kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン形式M282
総排気量1331cc
内径×行程72.2mm×81.3mm
圧縮比10.6
最高出力136ps(100kW)/5500rpm
最大トルク20.4kg・m(200N・m)/1460〜4000rpm
燃料供給装置電子制御式燃料噴射(直噴)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量43L
WLTCモード燃費15.2km/L
新車価格4,270,000円
中古車価格帯22.2~406.5万円
カタログページメルセデス・ベンツ Aクラス

コンパクトカーおすすめ車種の価格比較表

コンパクトカー
タイプ・グレード
価格
トヨタ アクアB1,980,000円
日産 ノートXエアリーグレーエディション2,629,000円
ホンダ フィットベーシック1,557,600円
ホンダ シビックLX3,190,000円
スズキ スイフトスポーツベースグレード2,017,400円
スズキ スイフトXG1,535,600円
マツダ MAZDA215C1,508,650円
フォルクスワーゲン ゴルフeTSIアクティブベーシック3,017,000円
日産 マーチS1,289,200円
トヨタ パッソX1,265,000円
レクサス CTCT200h 特別仕様車 チェリッシュドツーリング4,223,000円
BMW 1シリーズ118i プレイ4,120,000円
トヨタ ヤリスX1,598,000円
スバル インプレッサスポーツ1.6i-Lアイサイト2,002,000円
メルセデス・ベンツ AクラスA1804,270,000円
※タイプ・グレードは一例です

【Q&A】コンパクトカーについて多い質問

以下では、ドライバーから多いコンパクトカーに関する質問・疑問について回答します。

  • コンパクトカーでも車中泊はできる?
  • コンパクトカーは乗り降りしにくい?
  • ファミリーカーの場合、軽自動車と比べてどっちがいいの?

Q. コンパクトカーでも車中泊はできる?

新車で購入できるコンパクトミニバンであれば、フルフラットな荷室スペースを作ることができるので、問題なく思う存分寝ることができます。

一般的なコンパクトカーだとやや難しいと言わざるをえません。シートを畳んでも隙間が生まれる車種が多いのです。

ネックとなるのは、前席と後席の間、そして荷室の部分の隙間。この隙間を毛布なり衣裳ケースで埋めれば、2人までの車中泊スペースを作れます。

Q. コンパクトカーは乗り降りしにくい?

軽自動車より大きいサイズとなるコンパクトカーですが、軽自動車より乗り降りがしにくいと感じるかもしれません。コンパクトカーの一部は車高がそこまで高くなく、ドアのサイズが小さかったり、開口部がやや狭いものがあるためです。

もし乗り降りのしやすさでコンパクトカーを選ぶのであれば、ミニバンスタイルの車種を選ぶのがポイントです。後席を後ろにスライドさせておけば、シートへのアクセスも楽になります。

Q. ファミリーカーの場合、軽自動車と比べてどっちがいいの?

家族で移動するための自動車。つまりファミリーカーとして使うのであれば、まず家族の人数で決めましょう。4人家族であれば軽自動車でもかまいませんが、5人家族であるなら、コンパクトカーを選ぶべきです。

また高速道路を多用するのであれば、これもまたコンパクトカーを選ぶ理由となります。高速走行時は車格が大きい方が安定するためです。

逆に街中の移動用として使うなら、軽自動車でも満足できるでしょう。

コンパクトカーは口コミ・評判も参考に購入しよう

普通自動車の中ではもっとも小型のコンパクトカー。セカンドカー用に購入する人も多いのですが、近年は走行性能の向上および安全装備の充実もあって、ファーストカーとしての価値が上がってきました。

人気カテゴリであるだけに、各メーカーから何台ものコンパクトカーが販売されています。皆さんがこれからコンパクトカーを買うのであれば、オーナーの口コミや評判も参考にして、自分の目的・用途に合ったモデルを選びましょう。


これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ