Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. CAR MONO図鑑

【2022年】スタッドレスタイヤおすすめ人気15選|選び方も解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、冬季の走行に欠かせないスタッドレスタイヤのおすすめ人気モデル15選を紹介!

厳しい寒さを迎える寒冷地でも安心の高性能モデルをはじめ、雪上走行機会が少ない人の備えとして手軽に装着できるモデルなど15モデルをピックアップしています。

これから迎える冬期シーズン。氷上や雪上といった路面は、とても滑りやすくノーマルタイヤでの走行は立ち往生や事故に繋がってしまう恐れがあります。

こういった悪条件下の路面を安全かつ快適に走行するためにも、スタッドレスタイヤを装着して本格的な冬期シーズンに備えましょう。

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは、氷上や雪上といった摩擦が少なく滑りやすい路面をしっかり捉え、安全に走るためのタイヤです。

ノーマルタイヤと比較すると、一般的にゴムが柔らかく、サイプと呼ばれる深い溝が多数刻まれた独特なトレッドパターンを採用している点が大きな特徴です。

それによって氷上や雪上で自動車が滑る原因となる水膜を除去し、氷や雪などをしっかり捉えることができるため、しっかり止まる・曲がるといった運転操作を行うことができるようになります。

近年は、各メーカーがゴムの品質やトレッドパターンに工夫を凝らしたことで性能の向上が著しく、降雪地帯で暮らす人も冬季はスタッドレスタイヤに換装するのが一般的。スタッドレスタイヤの性能が高くなったので、ほぼ、スタッドレスタイヤで走行が可能です。

ただし、大雪などで「チェーン規制」が出たらスタッドレスタイヤ装着車でもチェーンが必要になります。冬季はスタッドレスタイヤに換装+念のためのチェーンをトランクに積んでおくのがいいでしょう。

スタッドレスタイヤの必要性とメリット

スタッドレスタイヤの必要性・メリットは大きく3つ挙げられます。

  • 氷上・雪上は滑りやすく、ノーマルタイヤでは安全走行できない
  • 冬タイヤ規制時は、スタッドレスタイヤを装着していなければ通行不可
  • 都市部でも路面凍結は起こるので備えあれば憂いなし

スタッドレスタイヤを装着した場合に得られる最大のメリットは、氷上や雪上など滑りやすい路面を安全に走行できることです。

氷上や雪上といった滑りやすい路面状況下において、ノーマルタイヤでは発進と停止といったハンドル操作を必要としない運転すら困難となります。その点、スタッドレスタイヤを装着していれば、走って止まる。そして曲がるといった一連の運転操作を安全に行えます。

年に数回しか雪が降らない地域では、降雪時に立ち往生しているノーマルタイヤ装着車を見かけることもありますが、自分自身が困るだけでなく、他の交通を妨げてしまう原因ともなります。スタッドレスタイヤを装着することは “備え” としての効果に繋がります。

スタッドレスタイヤの選び方|5つの性能をチェック

以下では、スタッドレスタイヤの選び方のポイントを5つ紹介します。

  • 滑りやすい路面を走るから氷上・雪上性能を最重視
  • 一度買うと何シーズンも使うので耐摩耗性能と寿命も重要
  • 日常使いも考慮したドライ&ウェット性能にも注目しよう
  • スタッドレスの欠点「燃費の悪さ」を克服した低燃費モデルもある
  • 交換も簡単でお得に買えるホイールセットがおすすめ

滑りやすい路面を走るから氷上・雪上性能を最重視

スタッドレスタイヤの性能は年々進化しており、各社とも氷上や雪上でのグリップを高めるための工夫を凝らしています。

特に素材となるゴムの進化は著しく、微細な気泡や吸水ゲル、シリカなどを含ませることで滑りの元となる水膜を吸い込んで効率的に除去。さらに温度低下によるゴムの硬化や劣化を防ぐことで路面との密着性能を高めています。

その他にも溝の形状やトレッドパターンなどに独自性を持たせるなど、路面をしっかり“ひっかく”ための独自機能も搭載されています。

高性能なモデルほど値段は高くなりますので住んでいる地域や利用頻度、予算などを考慮して選ぶことが重要です。

一度買うと何シーズンも使うので耐摩耗性能と寿命も重要

スタッドレスタイヤはゴムが柔らかいことから摩耗が速いことに加え、新品時から50%磨耗するとプラットホームと呼ばれるサインが表示されます。この表示はスタッドレスタイヤとしての性能が保証されなくなることを意味しますので、冬季タイヤとして継続利用するのは危険です。

そのため、ノーマルタイヤよりも一般的に走行できる距離は短くなります。スタッドレスタイヤはシーズンごとに交換されるとはいえ、一度買うと少なくても3〜4シーズン使われるケースがほとんどです。

もちろん安全が最優先されますが、せっかく購入するのであれば少しでも長持ちする耐摩耗性が高く、経年劣化にも強いモデルを選ぶこともタイヤ選びの大切なポイントとなります。

日常使いも考慮したドライ&ウェット性能にも注目しよう

スタッドレスタイヤは、氷上や雪上でのグリップが重視され、柔らかいゴムとサイプと呼ばれる深い溝を持つためドライやウェットコンディション時における運動性能はノーマルタイヤと比べ低くなります。

特にウェットコンディション時は、高速走行を想定したノーマルタイヤと比べ、氷上や雪上の低速走行を想定したスタッドレスタイヤは排水量が少ないため滑りやすく、制動距離も伸びる傾向にあります。

たまに雪道を走るといった用途が主なら、こういったドライやウェットコンディション時の性能の高さをウリにしたスタッドレスタイヤを選ぶのがおすすめです。

スタッドレスの欠点「燃費の悪さ」を克服した低燃費モデルもある

スタッドレスタイヤは、一般的にノーマルタイヤよりもゴムそのものが柔らかいことに加え、接地面が広くなるよう設計されることが多いため「ころがり抵抗」が大きくなり、燃費が悪くなる傾向にあります。

そうした燃費の悪さがスタッドレスタイヤの弱点とされてきましたが、ころがり抵抗を抑えながら氷上・雪上のコントロール性能を両立した『省燃費タイヤ』も発売されています。

スタッドレスタイヤの目的は、あくまでも氷上・雪上を安全に走行することにありますが、こういった路面を走る機会が少ない場合は、燃費面も考慮したスタッドレスタイヤ選びを行うのもおすすめです。

交換も簡単でお得に買えるホイールセットがおすすめ

スタッドレスタイヤを単体で購入した場合、ノーマルタイヤからの交換時にホイールからのタイヤ脱着作業が必要になるため、時間も費用も余計に掛かってしまいます。

その点、タイヤが組み込まれた状態で販売されるホイールセットで購入しておけば、ホイールの脱着のみでタイヤが交換できるため、交換作業に要する時間も費用も大幅に軽減することができます。

また、タイヤやホイールをそれぞれ単体購入するよりも、ホイールセットを選んだ方が大幅に費用が抑えられるといったメリットもあります。

スタッドレスタイヤおすすめ人気15選

ここではスタッドレスタイヤおすすめ15選を紹介します。

先述しましたが、スタッドレスタイヤには、氷上・雪上での走行性能や耐摩耗性能、ドライ&ウェット性能、低燃費など様々な選択ポイントがあります。

今回は、降雪地帯から雪の少ない地域など幅広いニーズに応えられるよう、プレミアムモデルからお手軽モデルまでラインナップを揃えてみました。

おすすめ1. ブリヂストン ブリザックVRX2 スタッドレスタイヤ

ブリヂストン ブリザックVRX2 スタッドレスタイヤ

ブリヂストンのメジャーモデルに位置づけられるブリヂストン ブリザックVRX2は、アクティブ発泡ゴムに粒径の小さなシリカと摩擦力向上剤を配合することでさらにグリップ力を高めた「アクティブ発泡ゴム2」を採用しているのが特徴です。

サイプ間隔の適正化に加え、ブロックの剛性を向上。さらに横溝を増やすことで雪を的確に掴み、氷をひっかく機能も強化しているため力強いグリップ力を発揮し、摩耗の原因となるタイヤと路面の滑りを低減することでロングライフ性能を併せ持っているのも大きな特徴です。

後継モデルとなる「ブリヂストン ブリザックVRX3」の登場によって、1世代前のモデルとなりましたが、かつて最高峰モデルとして発売されていたモデルだけあって性能は折り紙付き。雪国でも安心して利用することができます。

メーカーブリヂストン(BRIDGESTONE)
製品名ブリザックVRX2 スタッドレスタイヤ
対応車種セダン/スポーツ/ミニバン/軽自動車/コンパクト
リム径12〜20inch
タイヤ幅133〜275mm
扁平率35〜80%
低燃費機能環境対応あり
SUV対応非対応
価格オープン
公式サイトブリヂストン(BRIDGESTONE)公式サイト

おすすめ2. ブリヂストン ブリザックVRX3 スタッドレスタイヤ

ブリヂストン ブリザックVRX3 スタッドレスタイヤ

ブリザックVRX3は、ブリジストンのスタッドレスシリーズの中でプレミアムモデルにあたる乗用車・SUV・4×4用タイヤです。

ブリザック史上最高性能を備えており、旧モデルにあたるVRX2比で氷上性能は20%向上しています。新トレッドパターンを採用し、雪道だけでなく氷上でもしっかりと止まる・曲がる安心感が魅力です。

また、ロングライフ性能に磨きがかけられ、旧モデルとの比較で摩耗ライフは17%向上。ロングステイブルポリマーを配合して、経年によるグリップ性能の低下も抑制するため、より長く安心して冬道で使用できます。

メーカーブリヂストン(BRIDGESTONE)
製品名ブリザックVRX3 スタッドレスタイヤ
対応車種セダン/スポーツ/ミニバン/軽自動車/コンパクト/SUV
リム径12〜21inch
タイヤ幅133〜285mm
扁平率30〜80%
低燃費機能環境対応あり
SUV対応対応
価格10,175〜125,180円
公式サイトブリヂストン(BRIDGESTONE)公式サイト

おすすめ3. ヨコハマタイヤ アイスガード6 iG60 スタッドレスタイヤ

ヨコハマタイヤ アイスガード6 iG60 スタッドレスタイヤ

アイスガード6 iG60は、氷上性能とロングライフ性能に加えて、燃費性能にもこだわったスタッドレスタイヤです。13インチから19インチまでとサイズ展開が幅広く、軽自動車からミニバンまで使用できます。

タイヤのイン側とアウト側で異なる非対称パターンを採用。特にイン側ではパワーコンタクトリブが凍結路面でもしっかりとエッジ効果を発揮することで、氷上性能は旧モデル比で約15%向上しています。

低燃費タイヤシリーズ「BluEarth」で培った省燃費技術が応用され、ころがり抵抗は2%低減。夏タイヤに匹敵する省燃費性を実現しています。

メーカーヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
製品名アイスガード6 iG60 スタッドレスタイヤ
対応車種軽自動車/ミニバン/セダン/クーペスポーツカー/コンパクトカー/SUV
リム径13〜19inch
タイヤ幅133〜290mm
扁平率40〜80%
低燃費機能低燃費性能あり
SUV対応対応
価格オープン
公式サイトヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)公式サイト

おすすめ4. ブリヂストン ブリザックDM-V3 スタッドレスタイヤ

ブリヂストン ブリザックDM-V3 スタッドレスタイヤ

ブリヂストンのブリザックDM-V3は、SUV専用タイヤの最上位に位置づけられるモデル。粒径の小さなシリカと摩擦力向上剤の配合によって雪国でも安心の氷上・雪上性能を持っているのが特徴です。

車高が高く重量も大きなSUVでもしっかり止まる、曲がるを実現する専用パターンの採用によって力強いグリップ力を発揮します。

縦に大きく走るストレート溝を4本用意することで高い排水性を確保し、氷上・雪上だけでなく雨の日でも安心の走行性能を実現しています。

メーカーブリヂストン(BRIDGESTONE)
製品名ブリザックDM-V3 スタッドレスタイヤ
対応車種SUV
リム径15〜20inch
タイヤ幅178〜292mm
扁平率40〜40%
低燃費機能環境対応あり
SUV対応対応
価格オープン
公式サイトブリヂストン(BRIDGESTONE)公式サイト

おすすめ5. ダンロップ ウインターマックス 02 スタッドレスタイヤ

ダンロップ ウインターマックス 02 スタッドレスタイヤ

「ダンロップ ウインターマックス 02 スタッドレスタイヤ」雪上・氷上での性能はもちろん、ドライやウェット性能、そしてライフ性能やコストパフォーマンスなど、トータルバランスに優れたスタッドレスタイヤです。

低温下でも柔らかさをキープする「液状ファルネセンゴム」を配合した「超密着ナノフィットゴム」を採用することで、凍結した路面への密着度をアップ。コーナリングや坂道発進など、滑りやすい路面も的確に捉えます。

また、空洞や混入物が少ない高密度ゴム構造によって約4年も使えるロングライフ性能も兼ね備えているのが大きな特徴です。

メーカーダンロップ(DUNLOP)
製品名ウインターマックス 02 スタッドレスタイヤ
対応車種セダン/ワゴン/ミニバン/コンパクト/軽自動車/SUV
リム径12~20inch
タイヤ幅133~295mm
扁平率35~80%
低燃費機能
SUV対応対応
価格オープン
公式サイトダンロップ(DUNLOP)公式サイト

おすすめ6. ヨコハマタイヤ アイスガード5 プラス スタッドレスタイヤ

ヨコハマタイヤ アイスガード5 プラス スタッドレスタイヤ

「アイスガード5 PLUS」は、ヨコハマタイヤの低燃費タイヤと同等のころがり抵抗を実現するなど、低燃費性能に優れたスタッドレスタイヤです。

同社が培ってきた水膜を効率的に吸い込み除去する「新マイクロバルーン」や「ブラックポリマーⅡ」技術をはじめ、より強力な吸水を行なう「スーパー吸水ゴム」の採用することで路面を的確に捉え、安定した操作性を実現しています。

氷上の走行性能を高めるインサイド、雪上の走行性能を高めるアウトサイドといった具合に左右非対称パターンを採用することで、あらゆる冬の路面に対応しています。

メーカーヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
製品名アイスガード5 プラス スタッドレスタイヤ
対応車種軽自動車/ミニバン/セダン・クーペ/スポーツカー/コンパクトカー/SUV
リム径12~17inch
タイヤ幅133~226mm
扁平率45~80%
低燃費機能低燃費性能あり
SUV対応対応
価格オープン
公式サイトヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)公式サイト

おすすめ7. グッドイヤー アイスナビ7 スタッドレスタイヤ

グッドイヤー アイスナビ7 スタッドレスタイヤ

アイスナビ7は、旧モデルで磨きがかけられたライフ性能はそのままに、さらに氷上・雪上性能が改良されたグッドイヤーのスタッドレスタイヤです。軽自動車からセダン、ミニバンまで幅広い車種で使用できます。

氷上ブレーキテストでは、制動性能が旧モデルとの比較で7%向上。より細分化された極小シリカによりタイヤ自体の柔軟性が増し、氷上の細かい凹凸にも高い密着性を発揮します。

また、新たなタイヤパターンであるバイティングスノーデザインにより雪柱せん断力が向上し、踏み固められたような雪道でもタイヤが確実に雪をつかむことで高いブレーキ・発進性能を実現しています。

メーカーグッドイヤー(GOODYEAR)
製品名アイスナビ7 スタッドレスタイヤ
対応車種セダン/ワゴン/ミニバン/コンパクト/軽自動車
リム径13〜19inch
タイヤ幅145〜260mm
扁平率35〜80%
低燃費機能低燃費性能あり
SUV対応非対応
価格オープン
公式サイトグッドイヤー(GOODYEAR)公式サイト

おすすめ8. ヨコハマタイヤ アイスガード SUV G075 スタッドレスタイヤ

ヨコハマタイヤ アイスガード SUV G075 スタッドレスタイヤ

アイスガード SUV G075は、SUV専用に開発されたスタッドレスタイヤ

「新マイクロ吸水バルーン」や「エボ吸水ホワイトゲル」といった技術を盛り込んだ「スーパー吸水ゴム」の採用によって優れた吸水効果、密着効果、エッジ効果を発揮し、氷上・雪上でのコントロール性能を発揮。

都市型SUVでの利用も考慮し、騒音エネルギーを抑えるようパターンノイズを改善。静粛性にも優れているのが特徴です。

メーカーヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
製品名アイスガード SUV G075 スタッドレスタイヤ
対応車種SUV
リム径15〜22inch
タイヤ幅177〜313mm
扁平率35〜80%
低燃費機能省燃費性能あり
SUV対応対応
価格オープン
公式サイトヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)公式サイト

おすすめ9. ミシュラン X-ICE SNOW スタッドレスタイヤ

ミシュラン X-ICE SNOW スタッドレスタイヤ

「ミシュラン X-ICE SNOW」は、ミシュランの最新モデルとしてラインナップされるスタッドレスタイヤです。カバーされるサイズが非常に豊富で、乗用車からスポーツ、ミニバン、SUVなど幅広いカテゴリの自動車に対応しています。

剛性の高いポリマーベースの材質をベースコンパウンドに配合することによって微小な凹凸を生成する新コンパウンド「EverWinterGrip」を採用することで高いエッジ効果と接地性能を実現。さらに摩耗しても凹凸が生成され続ける仕組みを持っているため、安定した操作性能が長続きするのも大きな魅力です。

効率的に雪や水を排出するV型トレッドパターンの採用しているため、雪上や氷上だけでなく、ウェットコンディションでも安定したグリップを実現しています。

メーカーミシュラン(MICHELIN)
製品名X-ICE SNOW スタッドレスタイヤ
対応車種スポーツ/セダン/ステーションワゴン/ミニバン/軽自動車/ハッチバック/ハイブリッド/SUV
リム径13~20inch
タイヤ幅155~315mm
扁平率35~70%
低燃費機能
SUV対応対応
価格オープン
公式サイトミシュラン(MICHELIN)公式サイト

おすすめ10. トーヨータイヤ オブザーブ・ガリットギズ スタッドレスタイヤ

トーヨータイヤ オブザーブ・ガリットギズ スタッドレスタイヤ

オブザーブ・ガリットギズは、氷上・雪上性能だけでなくドライやウェット性能などのバランスに優れたトーヨータイヤのメジャーモデルです。

サイプの内側にサイプを設けることでブロック全体を均一に接地させるため、氷上・雪上でも路面を的確に捉え、高い操作性を実現しています。

溝底にも補強が施されているため、接地面の動きを抑制。それによってドライやウェットコンディション時の安定した操作性を併せ持っているのも特徴です。

メーカートーヨータイヤ(TOYO TIRES)
製品名オブザーブ・ガリットギズ スタッドレスタイヤ
対応車種乗用車
リム径13〜18inch
タイヤ幅150〜253mm
扁平率45〜80%
低燃費機能
SUV対応
価格オープン
公式サイトトーヨータイヤ(TOYO TIRES)公式サイト

おすすめ11. トーヨータイヤ ウィンタートランパスTX スタッドレスタイヤ

トーヨータイヤ ウィンタートランパスTX スタッドレスタイヤ

ウィンタートランパスTXは、SUVやミニバンなど、ハイト系専用に設計されたトーヨータイヤのスタッドレスタイヤです。14インチからサイズ展開されているので、ハイト系軽自動車にも使用できます。

スーパーハイターンアップ構造を採用し、タイヤの横方向への高い剛性が確保されており、ミニバンなどハイト系特有のふらつきを抑制して、アイス性能と操縦安定性を高い次元で両立しています。

ブロック壁面に立体的な凹凸を付けた3Dダブルウェーブグリップサイプにより、氷上でのエッジ効果が生まれ、性能テストでは旧モデル比で制動性能が12%、コーナリング性能が8%向上しています。

メーカートーヨータイヤ(TOYO TIRES)
製品名ウィンタートランパスTX スタッドレスタイヤ
対応車種ハイト系
リム径14〜19inch
タイヤ幅157〜245mm
扁平率50〜80%
低燃費機能
SUV対応非対応
価格オープン
公式サイトトーヨータイヤ(TOYO TIRES)公式サイト

おすすめ12. ブリヂストン ブリザック VL10 スタッドレスタイヤ

ブリヂストン ブリザック VL10 スタッドレスタイヤ

ブリザック VL10は、商用車に求められるライフ性能と氷上性能を両立したバン専用スタッドレスタイヤ。軽バン・軽トラック用の12インチ、ハイエースなどのバン用の15インチの2サイズが用意されています。

特に「効き」と「長持ち」では、商用バン製品としてブリザック史上最高の性能を発揮。独自技術であるLT専用ブイエル発泡ゴムを新たに採用し、氷上ブレーキ性能は旧モデル比で15%向上しています。

また、バン専用パターンが開発され、接地面積アップとブロック剛性向上を両立。ブロックの変形を抑制することで、摩耗ライフは旧モデル比で20%向上しています。

メーカーブリヂストン(BRIDGESTONE)
製品名ブリザック VL10 スタッドレスタイヤ
対応車種商用バン
リム径12〜15inch
タイヤ幅146〜198mm
扁平率80%
低燃費機能
SUV対応非対応
価格オープン
公式サイトブリヂストン(BRIDGESTONE)公式サイト

おすすめ13. ブリヂストン ブリザックVRX スタッドレスタイヤ

ブリヂストン ブリザックVRX スタッドレスタイヤ

ブリヂストン ブリザックVRXは、微細な気泡によって積極的な水膜除去を行なってくれる「アクティブ発泡ゴム」を採用しているのが特徴です。

より細かなブロック構造に加え、トレッドの交差ポイントを増やす「マルチグルーブ」によって路面をより的確に捉えることが可能です。

直進安定性と応答性に優れる「非対称サイド形状」を採用することで車のふらつきを抑制して快適な乗り心地を実現。ころがり抵抗も抑えられているのでドライやウェットコンディションでも静かで燃費にも優しい走りを実現しています。

メーカーブリヂストン(BRIDGESTONE)
製品名ブリザックVRX スタッドレスタイヤ
対応車種セダン/スポーツ/ミニバン/軽自動車/コンパクト
リム径12〜18inch
タイヤ幅144〜243mm
扁平率45〜80%
低燃費機能環境対応あり
SUV対応非対応
価格オープン
公式サイトブリヂストン(BRIDGESTONE)公式サイト

おすすめ14. ダンロップ ウインターマックス SV01 スタッドレスタイヤ

ダンロップ ウインターマックス SV01 スタッドレスタイヤ

「ダンロップ ウインターマックス SV01 スタッドレスタイヤ」は、軽バンを含む商用バンに特化したスタッドレスタイヤです。

雪上や氷上といった凍結路を安全に走行するのはもちろん、一般的な乗用車と比べて走行距離が長くなりがちな商用車向けタイヤに求められるロングライフ性能も両立しています。

また、タイヤの接地面積を拡大することで操縦安定性を確保。大切な荷物を積載して走る商用バンならではのニーズに応えているのも大きな特徴です。

メーカーダンロップ(DUNLOP)
製品名ウインターマックス SV01 スタッドレスタイヤ
対応車種バン
リム径12~15inch、17inch
タイヤ幅144~240mm
扁平率60~80%
低燃費機能
SUV対応非対応
価格オープン
公式サイトダンロップ(DUNLOP)公式サイト

おすすめ15. ヨコハマタイヤ アイスガード7 iG70 スタッドレスタイヤ

ヨコハマタイヤ アイスガード7 iG70 スタッドレスタイヤ

アイスガード7 iG70は、氷上・雪上性能やロングライフ性能にこだわったヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤです。13インチから21インチまでラインナップされており、幅広い車種で使用できます。

アイスガード史上最大の接地面積とブロック剛性を実現しており、前モデル比で氷上加速性能は15%、氷上制動は14%、氷上旋回性能は7%向上。しっかりとタイヤが接地することで氷上でも安心して走行できます。

また、雪上性能の向上に貢献している新規素材のウルトラ吸水ゴムは、時間が経ってもゴムが硬くなりにくい特性を持ち、約4年後でも摩擦力の低下を抑制。安心が長持ちするのでロングライフで使えて経済的です。

メーカーヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)
製品名アイスガード7 iG70 スタッドレスタイヤ
対応車種軽自動車/ミニバン/セダン/クーペスポーツカー/コンパクトカー/SUV
リム径13〜21inch
タイヤ幅145〜271mm
扁平率35〜80%
低燃費機能
SUV対応対応
価格オープン
公式サイトヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)公式サイト

スタッドレスタイヤおすすめ商品の価格比較表

スタッドレスタイヤ
価格
ブリヂストン ブリザックVRX2 スタッドレスタイヤオープン
ブリヂストン ブリザックVRX3 スタッドレスタイヤ10,175〜125,180円
ヨコハマタイヤ アイスガード6 iG60 スタッドレスタイヤオープン
ブリヂストン ブリザックDM-V3 スタッドレスタイヤオープン
ダンロップ ウインターマックス 02 スタッドレスタイヤオープン
ヨコハマタイヤ アイスガード5 プラス スタッドレスタイヤオープン
グッドイヤー アイスナビ7 スタッドレスタイヤオープン
ヨコハマタイヤ アイスガード SUV G075 スタッドレスタイヤオープン
ミシュラン X-ICE SNOW スタッドレスタイヤオープン
トーヨータイヤ オブザーブ・ガリットギズ スタッドレスタイヤオープン
トーヨータイヤ ウィンタートランパスTX スタッドレスタイヤオープン
ブリヂストン ブリザック VL10 スタッドレスタイヤオープン
ブリヂストン ブリザックVRX スタッドレスタイヤオープン
ダンロップ ウインターマックス SV01 スタッドレスタイヤオープン
ヨコハマタイヤ アイスガード7 iG70 スタッドレスタイヤオープン

【Q&A】スタッドレスタイヤの多い質問

以下では、ドライバーから多いスタッドレスタイヤに関する質問に回答します。

Q. スタッドレスタイヤの保管方法は?

ゴムの性能が向上しているとはいえ、スタッドレスタイヤが活躍するのは、年間を通して約半分程度となります。逆にいえば、年間の約半分は保管されることになります。この保管期間こそ劣化の大敵。

スタッドレスタイヤは、「直射日光」や「寒暖差」によって劣化が早まるため、ガレージや屋内など冷暗所での保管が好ましいとされています。

ベランダや屋外での保管は極力避けたいですが、スペース上やむを得ずこういった場所で保管する場合は、できるだけ直射日光を避け、カバーを掛けておきましょう。

また、空気圧を適正値から半分程度にまで下げておくとより劣化を防ぐことができ、スタッドレスタイヤの寿命を延ばすことができます。

Q. スタッドレスタイヤの空気圧の適正値は?

スタッドレスタイヤの空気圧は、基本的にノーマルタイヤの適正値と同じと考えていて問題ありません。

空気圧の適正値は車種によって異なりますが、運転席のドアを開けて本体側に貼られているシールを見れば確認できるケースがほとんどです。

空気が足りなくても入れ過ぎてもスタッドレスタイヤの性能を発揮することができませんので適正値をキープするように心掛けましょう。

Q. 買ったタイヤの製造年度が古かったけど大丈夫?

タイヤには必ず製造年が刻印されているため、それを見れば、いつ製造されたタイヤか一目瞭然です。

1~2シーズン前に製造されたタイヤの購入することに抵抗を感じる人も少なくありませんが、タイヤ公正取引協議会の検証結果によると「適正な環境に保管されていたタイヤであれば、3シーズン前のタイヤでも同等の性能を保つことができる」とされています。

もし購入したタイヤが古いからといって新品時の性能が低いということはありませんのでご安心を!

スタッドレスタイヤは評価・評判も参考にして購入しよう

スタッドレスタイヤは、実際に試して買うことが難しい製品だからこそ、実際に使っているユーザーの口コミや評価・評判は大きな判断材料になります。

どうしても価格やスペックばかりに目を奪われがちですが、タイヤはドライバーだけでなく大切な家族や知人の命を預ける重要なパーツです。

所有している車種や走行する地域などが同じようなユーザーの口コミ・評判を参考にしながら、自分に合った製品を選びましょう。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ