Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【2022年】軽ワゴン人気ランキング15選|新車・中古車の価格比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、ドライバーから人気の軽ワゴンおすすめ車種をランキング形式で紹介!

手軽に乗りこなせるスタンダードモデルから、力強い走りが楽しめるターボ搭載や4WDをラインナップしているモデルなど、幅広く15車種をピックアップしています。

サイズに制約のある軽自動車ながら、技術の向上によって広い空間が確保された軽ワゴンは、いまやコンパクトな普通乗用車を凌ぐ居住空間を持つことも珍しくありません。

乗車人数や利用シーン、走行性能、安全性能などを考慮し、最適な1台を選んでみましょう。

軽ワゴンとはどんな車種?

ホンダ N-BOX
ホンダ N-BOX カスタム

軽ワゴンとは、人を乗せるための乗用車と荷物を運ぶワゴン車といった両方の性質を兼ね備えた軽自動車です。車体そのものが軽自動車に区分されるため、排気量は660cc以下、全長や全幅、全高は、それぞれ3.4m、1.48m、2.0mという規格に合った設計となっています。

現行の軽ワゴン車は、広く快適な空間を確保するため、室内高が高めに設計されることが多く、それに伴って全高も高くなるため、一般的に「軽トールワゴン」や「軽ハイトワゴン」と呼ばれます。

コンパクトな車体ならではの取り回しの良さと、少人数での移動なら必要十分以上の居住空間を持つことから、都市部でのチョイ乗りはもちろん、セカンドカーや車中泊を伴うアウトドアなど、幅広いニーズに応えてくれるクルマとして高い人気を誇っています。

軽ワゴンが人気の理由とおすすめポイント

以下では、ドライバーから軽ワゴンが人気を集めている理由や魅力・ポイントについて紹介します。

  • 車内空間が広いので車内泊だってラクラク
  • 燃費性能に優れるだけでなく税金などの維持費も抑えられる
  • カスタムがしやすく走破性に優れるリフトアップもしやすい
  • コンパクトサイズで取り回しやすいから狭い路地でも安心
  • 中古市場でも人気だから乗り換え時の下取りでも有利

車内空間が広いので車内泊だってラクラク

法令によってサイズが限られるというカテゴリでありながら、主にフレーム周りの設計を工夫することによって居住空間が最大限まで広げられているのが軽ワゴンの魅力

リアシートはもちろん、運転席や助手席を倒してフルフラットできる車種なら、アウトドアシーンなどでも足を伸ばして快適に車中泊を楽しむことができます。

燃費性能に優れるだけでなく税金などの維持費も抑えられる

排気量が660ccと小さいことに加え、省燃費性能の発達によってリッター20kmオーバーの高い燃費性能を持つ車種があるのも大きな魅力です。

さらに、自動車税や車検時に必要となる重量税が普通自動車と比べて半額程度に抑えられるほか、高速自動車道の通行料金などで優遇が受けられるなど、維持費のトータルコストが大きく抑えられるのも人気の理由です。

カスタムがしやすく走破性に優れるリフトアップもしやすい

軽ワゴンは、車両価格が手頃で販売台数も多いため、カスタムを楽しむオーナーも少なくありません。それに伴ってカスタムパーツが豊富に揃っているカテゴリともいえます。

とりわけ、車体を高くすることで悪路の走破性を向上させるリフトアップ、通称“ちょいアゲ”に関するパーツも豊富で、普通自動車のパーツよりも価格も手頃です。サスペンションのバネ部分だけ変えることで見た目も悪路での走行性能もアップできる手軽さから人気のカスタムとなっています。

コンパクトサイズで取り回しやすいから狭い路地でも安心

軽ワゴンは、車体の全長が短いため、それに伴って最小回転半径に直結するホイールベースも短く取り回ししやすいのが特徴です。

狭い路地が多い住宅街で運転しやすいのはもちろん、道無き道を切り返しながら進むといったアウトドアシーンでの悪路走行でもコンパクトさと切り返しがしやすいといった特性を活かした走行が楽しめます。

中古市場でも人気だから乗り換え時の下取りでも有利

軽ワゴンは、その使い勝手の良さから新車だけでなく中古市場でも人気が高く、取引価格の相場も高い水準を保っている傾向にあります。

そのため、乗り換えなどに伴って車体を手放す時の下取りや売却などの価格も比較的高め。普通自動車と比較すると、一般的に走行距離が伸びたり年式が古かったりしても売却価格がつくのでお得に乗りこなせます。

軽ワゴンの選び方や比較方法

以下では、軽ワゴンを選ぶ際の基準・ポイントについて紹介します。これから軽ワゴンの購入を検討されている方は、購入後の満足度を高めるためにもご参考ください。

  • 排気量の小ささをカバーする走行性能も軽自動車選びでは重要
  • 居住空間の広さとシートアレンジの自由度が快適に繋がる
  • 車体がコンパクトだからこそ安全性能や装備も欠かせない

排気量の小ささをカバーする走行性能も軽自動車選びでは重要

軽ワゴンは排気量が660ccに限られるため、普通自動車のエンジンと比べると出力は控えめとなり、さらに自主規制として最大出力は64馬力以内に収められています。

とはいえ、車体が非常に軽いことに加え、エンジン技術の向上によって小排気量でありながら軽快な加速感が得られるケースがほとんどです。より軽快かつ力強い走りを求めるのであれば、ターボ付きモデルや加速感に直結するトルクの太い(トルク値が高い)車種を選ぶことをおすすめします。

居住空間の広さとシートアレンジの自由度が快適に繋がる

軽自動車という枠組の中でサイズに制約のある軽ワゴンですが、その制約の中で最大限に居住空間を確保されている車種が多く、車種によっては普通自動車よりも広く感じることも珍しくありません。

さらにシートアレンジによって、広い居住空間を自由に活かせる工夫も行われており、車中泊やアウトドアで便利な全席フルフラット利用することができたり、運転席以外をすべて荷室にできたりするなど、利用シーンによって幅広い活用法を見出すことができます。

車体がコンパクトだからこそ安全性能や装備も欠かせない

軽ワゴンは、居住空間を広く確保するためのフレームやボディ設計が行われていることに加え車体が非常に軽いため、衝突時のダメージはどうしても大きくなりがちです。

もちろん、国が定める安全基準をクリアしたうえで販売されていますが、より強度の高さをアピールしている車種を選ぶほか、自動ブレーキや車線キープ機能などの予防安全装置を装着している車種を選ぶか否かも大切なポイントとなります。

軽ワゴンおすすめ人気ランキング15選

ドライバーから人気の軽ワゴンおすすめ車種をランキング形式で紹介します。スペックや特徴、価格などを比較していますので、軽ワゴンの購入を検討されている方はチェックしてみてください。

\ちょっと待った!/


ホンダN-BOX|これがオーナーの本音レビュー! 【PR】
「燃費は? 長所は? 短所は? N-BOXで幸せを感じる瞬間は?」

3年連続(2017〜2019年)で新車販売のトップに輝いているホンダN-BOX。なぜ、N-BOXはそんなに人気があるのか? それを解明すべく、Motor-Fan TECHの会員とMotor-Fan.jp読者の中から現行モデルのN-BOXのオーナーを対象にアンケートを実施。78名の回答者の中から抜粋して、本音レビューをご紹介する。これを読めば、N-BOXがナンバー1である秘密がきっとわかるはずだ。

その王者、N-BOXは、12月24日にマイナーチェンジモデルを発表、12月25日に発売する。

詳細はこちらから

軽ワゴン1位:ダイハツ タント

ダイハツ タント
ダイハツ タントは、大開口ドアの採用に加え低床のステップを備えることで人の乗り降りがしやすいスーパーハイト系のモデルです。

操縦性能や乗り心地の向上、高い静粛性、ストレスフリーで操作できる運転席のレイアウトなど、ダイハツが新たに開発したプラットフォーム「DNGA」採用で、ドライバーも同乗者も快適なドライブが楽しめます。

メーカーダイハツ
車種タント
モデル・グレードL
年式2022年10月
全長×全幅×全高3395×1475×1755mm
ホイールベース2460mm
車両重量880kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式KF
総排気量658cc
内径×行程63.0mm×70.4mm
圧縮比11.5
最高出力52ps(38kW)/6900rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量30L
WLTCモード燃費22.7km/L
新車価格1,390,000円
中古車価格帯1.7~154万円
カタログページダイハツ タント
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン2位:ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴ
ダイハツ ムーヴは、四半世紀以上の歴史を持つダイハツを代表する軽ワゴン車。現行モデルでは軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を採用することで、走る・曲がる・止まるといった基本性能が大幅に進化しています。

パワフルさとクリーンさを両立した先進の「TOPAZ NEO」の採用によって、
WLTCモードで20.7km/Lという低燃費を実現。
よりパワフルな走りを求める人に最適なターボエンジン搭載モデルも用意されています。

一部モデルに標準装備されるダイハツの運転支援機能「スマアシⅢ」には、衝突回避支援ブレーキ機能や誤発進抑制制御機能など、毎日の運転を安全にサポートしてくれる機能が搭載されています。

メーカーダイハツ
車種ムーヴ
モデル・グレードL
年式2021年9月
全長×全幅×全高3395×1475×1630mm
ホイールベース2455mm
車両重量820kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式KF
総排気量658cc
内径×行程63.0mm×70.4mm
圧縮比11.3
最高出力52ps(38kW)/6800rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/5200rpm
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量30L
WLTCモード燃費20.7km/L
新車価格1,135,200円
中古車価格帯1~132万円
カタログページダイハツ ムーヴ
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン3位:スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR
ワゴンRは、累計販売台数480万台とスズキを代表する軽トールワゴンです。

フロントシートはベンチシートを採用し、左右どちらからでも乗り降りしやすく、リヤシートは座席ごとに前後スライドやリクライニングの調整が可能。大人4人でも快適な室内空間を確保しています。

マイルドハイブリッドシステムに、新開発のR06D型エンジンとCVTを組み合わせることで、全高1,550mm以上の軽ワゴンでNo.1となるWLTCモードで25.2km/Lの省燃費性を実現しています。

メーカースズキ
車種ワゴンR
モデル・グレードFX
年式2022年8月
全長×全幅×全高3395×1475×1650mm
ホイールベース2460mm
車両重量730kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式R06D
総排気量657cc
内径×行程61.5mm×73.8mm
圧縮比12.0
最高出力49ps(36kW)/6500rpm
最大トルク5.9kg・m(58N・m)/5000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費24.4km/L
新車価格1,219,900円
中古車価格帯0.1~124.9万円
カタログページスズキ ワゴンR
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン4位:ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX
ホンダN-BOXは、日本国内における軽自動車の新車登録台数で6年連続トップを誇る大人気モデルです。

室内高が140㎝と非常に高く設計されているため、子供なら背を屈めることなく自由に乗り降りできるほど。さらに前後のシート感覚がミニバン並みに確保されているので背の高い大人がリアシートに乗っても足元やひざ周りに余裕が生まれます。

エンジンはNAとターボ付きから選ぶことができるため、走行性能もしくは燃費重視などバランスを考えて選ぶのがおすすめです。

メーカーホンダ
車種N-BOX
モデル・グレードG
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1790mm
ホイールベース2520mm
車両重量890kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:車軸式
エンジン型式S07B
総排気量658cc
内径×行程60.0mm×77.6mm
圧縮比12.0
最高出力58ps(43kW)/7300rpm
最大トルク6.6kg・m(65N・m)/4800rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費21.2km/L
新車価格1,450,000円
中古車価格帯12.8~170.2万円
カタログページホンダ N-BOX
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン5位:スバル ステラ

スバル ステラ
ステラは、ダイハツよりOEM供給を受けるスバルの軽ハイトワゴンです。

基本的な性能・デザインはOEM元であるダイハツのムーヴと同一ですが、カスタムモデルに関してはスバルならではのエクステリアデザインが採用されているのが特徴。

フロントマスクの3連ヘッドライトの下には、スバルのアイコンとなっているヘキサゴンデザインや、ブラック塗装のバンパーが採用され、押しの強い迫力のあるデザインに仕上げられています。

メーカースバル
車種ステラ
モデル・グレードL スマートアシスト
年式2021年9月
全長×全幅×全高3395×1475×1630mm
ホイールベース2455mm
車両重量820kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式KF
総排気量658cc
内径×行程63.0mm×70.4mm
圧縮比11.3
最高出力52ps(38kW)/6800rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/5200rpm
燃料供給装置EGI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量30L
WLTCモード燃費20.7km/L
新車価格1,201,200円
中古車価格帯20~121万円
カタログページスバル ステラ
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン6位:スズキ ハスラー

スズキ ハスラー
ハスラーは、軽クロスオーバーという新たなジャンル人気の火付け役となった軽自動車です。

たっぷりのラゲッジスペースに加えて、ライフスタイルに合わせたカスタマイズに便利なユーティリティナットや、純正のオプション装備が豊富に取り揃えられているので、車中泊からアウトドアまで対応できます。

現行モデルは全車にマイルドハイブリッドエンジンが搭載され、WLTCモードで25.0km/Lと省燃費性能にも磨きがかけられました。

メーカースズキ
車種ハスラー
モデル・グレードハイブリッドG
年式2022年5月
全長×全幅×全高3395×1475×1680mm
ホイールベース2460mm
車両重量860kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング
エンジン型式R06D
総排気量657cc
内径×行程61.5mm×73.8mm
圧縮比12.0
最高出力49ps(36kW)/6500rpm
最大トルク5.9kg・m(58N・m)/5000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費25.0km/L
新車価格1,387,100円
中古車価格帯99~228.8万円
カタログページスズキ ハスラー
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン7位:日産 デイズ

日産 デイズ
デイズは、日産と三菱が両社の強みを活かしながら共同開発して作られた軽トールワゴンです。

プロパイロットが軽自動車に初めて搭載され、高速道路上で車間距離はもちろん、車線中央をキープするためにアクセル・ブレーキ・ハンドルの操作を車がアシストしてくれます。

左右の隅々まで見渡せる広い視界に加え、最小回転半径は4.5mと狭い路地裏でも運転しやすく、ロングドライブからデイリーユースまでこなせる頼りになる軽自動車です。

メーカー日産
車種デイズ
モデル・グレードX
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1640mm
ホイールベース2495mm
車両重量840kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:トーションビーム式
エンジン型式BR06
総排気量659cc
内径×行程62.7mm×71.2mm
圧縮比12.0
最高出力52ps(38kW)/6400rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射装置
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費23.2km/L
新車価格1,384,900円
中古車価格帯9.8~169.8万円
カタログページ日産 デイズ
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン8位:ホンダ N-BOXカスタム

ホンダ N-BOXカスタム
N-BOXカスタムは、インテリアやエクステリア周りをエアロパーツでよりスタイリッシュに仕上げたカスタムモデルです。

特にフロントはアッパーグリルのメッキをより強く立体化させ、迫力のあるロー&ワイドなイメージを強調。リアには光り方にもこだわった専用フルLEDコンビネーションランプが採用されています。

渋滞追従機能付クルーズコントロールなどを含めたホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」は全グレードに標準装備され、より快適で安全なドライブをサポートします。

メーカーホンダ
車種N-BOXカスタム
モデル・グレードL
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1790mm
ホイールベース2520mm
車両重量910kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:車軸式
エンジン型式S07B
総排気量658cc
内径×行程60.0mm×77.6mm
圧縮比12.0
最高出力58ps(43kW)/7300rpm
最大トルク6.6kg・m(65N・m)/4800rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費21.2km/L
新車価格1,789,700円
中古車価格帯115.9~232.8万円
カタログページホンダ N-BOXカスタム
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン9位:スズキ ワゴンRスティングレー

スズキ ワゴンRスティングレー
ワゴンRスティングレーは、「ワゴンRに、さらなるゆとりと上質さを」をキーワードに、インテリア・エクステリアに特別装備が施されたワゴンRのカスタムモデルです。

アメ車のプレミアムカーを彷彿とさせる迫力あるフロントマスクに、足元から引き締まった印象にしてくれる専用15インチアルミホイールなど、軽自動車とは思えない高級感ある佇まいです。

現行モデルで新たにスズキコネクトにも対応し、スマホでドアロックやハザードランプ、エアコンのリモート操作が可能です。

メーカースズキ
車種ワゴンRスティングレー
モデル・グレードハイブリッドT
年式2022年8月
全長×全幅×全高3395×1475×1650mm
ホイールベース2460mm
車両重量800kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比9.1
最高出力64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク10.0kg・m(98N・m)/3000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費22.5km/L
新車価格1,688,500円
中古車価格帯69.8~180.2万円
カタログページスズキ ワゴンRスティングレー
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン10位:ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE
ホンダ N-ONEは、どことなく懐かしいフォルムが漂う新感覚軽ワゴンです。エクステリア周りのデザインだけでなく、インテリアデザインもモダンで他の軽ワゴンとは一線を画す独特な雰囲気を醸し出しています。

それでいて、時代の最先端をいくホンダの「Honda SENSING」を標準搭載するなど、安全運転のサポート体制も万全です。

CVTやAT、ハイブリットなどが主流になったいま、軽自動車初となるFFターボに6速のMT搭載モデルもラインナップ。クルマ本体の“操る楽しさ”や“スポーティーな走り”を楽しみたい、とことん追求したい人にこそおすすめしたい1台です。

メーカーホンダ
車種N-ONE
モデル・グレードオリジナル
年式2022年8月
全長×全幅×全高3395×1475×1545mm
ホイールベース2520mm
車両重量840kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:車軸式
エンジン型式S07B
総排気量658cc
内径×行程60.0mm×77.6mm
圧縮比12.0
最高出力58ps(43kW)/7300rpm
最大トルク6.6kg・m(65N・m)/4800rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費23.0km/L
新車価格1,600,000円
中古車価格帯93.8~198万円
カタログページホンダ N-ONE
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン11位:三菱 eKワゴン

三菱 eKワゴン
eKワゴンは、毎日の使いやすさにこだわったコンパクトボディの軽ワゴン車です。扱いやすいサイズはそのまま、ホイールベースを従来車より65mm延長し、大人4人が快適に過ごせる居住空間を実現しています。

日産と共同開発することで、三菱自動車としては初となる高速道路同一車線上運転支援技術「MI-PILOT」を搭載。WLTCモードで23.2km/Lと省燃費性にも優れ、少し遠くまで出かけたくなる軽自動車です。

標準装備にこだわった「M」と、IRカット/99%UVカットガラスやタッチパネル式フルオートエアコンなど快適装備がプラスされた「G」の2つのグレードが設定されています。

メーカー三菱
車種eKワゴン
モデル・グレードM
年式2020年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1640mm
ホイールベース2495mm
車両重量840kg
サスペンション形式前:ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式BR06
総排気量659cc
内径×行程62.7mm×71.2mm
圧縮比12.0
最高出力52ps(38kW)/6400rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置電子式
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費23.2km/L
新車価格1,325,500円
中古車価格帯0.1~149万円
カタログページ三菱 eKワゴン
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン12位:日産 ルークス

日産 ルークス
ルークスは大人4人が楽々過ごせるクラストップレベルの広い室内空間に、「技術の日産」ならではの先進技術を採用したスーパーハイト系軽ワゴンです。

より進化したプロパイロットが搭載され、渋滞のストップ&ゴーでもアクセル・ブレーキ・ハンドル操作を制御して適切な車間をキープ。軽自動車初となる前方衝突予測警報も搭載しています。

スーパーハイト系軽ワゴンながら、WLTCモードで20.9km/Lと省燃費性にも優れています。

メーカー日産
車種ルークス
モデル・グレードハイウェイスター X
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1780mm
ホイールベース2495mm
車両重量950kg
サスペンション形式前:マクファーソン式
後:トーションビーム式
エンジン型式BR06-SM21
総排気量659cc
内径×行程62.7mm×71.2mm
圧縮比12.0
最高出力52ps(38kW)/6400rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射装置
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費20.9km/L
新車価格1,760,000円
中古車価格帯115~209.8万円
カタログページ日産 ルークス
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン13位:スズキ ワゴンRカスタムZ

スズキ ワゴンRカスタムZ
ワゴンRカスタムZは、ワゴンRのマイナーチェンジで新たに追加されたグレードの軽トールワゴンです。

専用のヘッドライトやフロントグリルなどが採用され、ノーマルグレードと比べると精悍な印象に仕上げられています。新色のデニムブルーメタリックなど、カスタムZのみの専用カラーが用意されています。

走行性能についてはワゴンRと共通で、ノンターボ車で25.2km/L、ターボ車で22.5km/Lと、どちらも軽ワゴン/軽ワゴンターボ車でNo.1の燃費性能です。

メーカースズキ
車種ワゴンRカスタムZ
モデル・グレードハイブリッドZX
年式2022年8月
全長×全幅×全高3395×1475×1650mm
ホイールベース2460mm
車両重量790kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式R06D
総排気量657cc
内径×行程61.5mm×73.8mm
圧縮比12.0
最高出力49ps(36kW)/6500rpm
最大トルク5.9kg・m(58N・m)/5000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費25.2km/L
新車価格1,474,000円
中古車価格帯144.8~159万円
カタログページスズキ ワゴンRカスタムZ
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン14位:ダイハツ ムーヴ キャンバス

ダイハツ ムーヴ キャンバス
ダイハツ ムーヴ キャンバスは、丸みを帯びたかわいらしいデザインを採用し、同シリーズ初となるスライドドアの採用が特徴的です。

自動車の基本設計となるプラットフォームは、ダイハツ ムーヴと共通となっているため、走行性能や操作性もほぼ同じとなります。

フロアに直接置きたくないバッグを汚さず、さらに倒れにくく置ける置きラクボックスをリアシートに内蔵するなど、女性にうれしい機能も搭載されています。

メーカーダイハツ
車種ムーヴ キャンバス
モデル・グレードストライプスX
年式2022年7月
全長×全幅×全高3395×1475×1655mm
ホイールベース2460mm
車両重量870kg
サスペンション形式前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式KF
総排気量658cc
内径×行程63.0mm×70.4mm
圧縮比11.5
最高出力52ps(38kW)/6900rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量30L
WLTCモード燃費22.9km/L
新車価格1,500,000円
中古車価格帯149.8~151.8万円
カタログページダイハツ ムーヴ キャンバス
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴン15位:スズキ スペーシア ギア

スズキ スペーシア ギア
人気のスペーシアにアクティブスタイルなカスタムを施したスーパーハイト系軽ワゴンです。

積載に便利なルーフレールの標準装備や、バッグネットやタープ、プライバシーシェードといった充実した純正オプションでライフスタイルに合わせてカスタマイズできます。

ノンターボとターボ車どちらにもマイルドハイブリッドシステムを搭載することで、WLTCモードで21.2km/L(NA車)とスーパーハイト系ワゴンの中では省燃費性にも優れています。

メーカースズキ
車種スペーシア ギア
モデル・グレードハイブリッドXZ
年式2021年12月
全長×全幅×全高3395×1475×1800mm
ホイールベース2460mm
車両重量880kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
エンジン型式R06A
総排気量658cc
内径×行程64.0mm×68.2mm
圧縮比11.5
最高出力52ps(38kW)/6500rpm
最大トルク6.1kg・m(60N・m)/4000rpm
燃料供給装置EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量27L
WLTCモード燃費21.2km/L
新車価格1,725,900円
中古車価格帯109~209万円
カタログページスズキ スペーシア ギア
※タイプ・グレードは一例です

軽ワゴンおすすめ車種の価格比較表【新車・中古】

軽ワゴンを購入する際には、スペックとともに価格も気になるもの。以下では、ここまで紹介した各軽ワゴンの価格を一覧でまとめています。軽ワゴンの価格を比較しながら、購入をご検討ください

軽ワゴン
タイプ・グレード
新車価格
中古価格
ダイハツ タントL1,390,000円1.7~154万円
ダイハツ ムーヴL1,135,200円1~132万円
スズキ ワゴンRFX1,219,900円0.1~124.9万円
ホンダ N-BOXG1,450,000円12.8~170.2万円
スバル ステラL スマートアシスト1,201,200円20~121万円
スズキ ハスラーハイブリッドG1,387,100円99~228.8万円
日産 デイズX1,384,900円9.8~169.8万円
ホンダ N-BOXカスタムL1,789,700円115.9~232.8万円
スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッドT1,688,500円69.8~180.2万円
ホンダ N-ONEオリジナル1,600,000円93.8~198万円
三菱 eKワゴンM1,325,500円0.1~149万円
日産 ルークスハイウェイスター X1,760,000円115~209.8万円
スズキ ワゴンRカスタムZハイブリッドZX1,474,000円144.8~159万円
ダイハツ ムーヴ キャンバスストライプスX1,500,000円149.8~151.8万円
スズキ スペーシア ギアハイブリッドXZ1,725,900円109~209万円

【Q&A】軽ワゴンについて多い質問

ドライバーから多い軽ワゴンに関する不安・疑問に回答します。

  • 軽自動車の安全性能って結局どうなの?
  • そもそも軽自動車と普通自動車の違いは?
  • 軽自動車で4WDを選ぶ必要はある?

Q. 軽自動車の安全性能って結局どうなの?

車体が小さく、重量も軽い軽自動車ですが、国が定める安全性能基準を余裕で満たしていることに加え、安全装備なども充実しています。

ただし、スペースやコスト面の問題から普通乗用車で採用されることのサイドエアバックが未装着であったり、物理的重量が普通乗車やトラックなどと比べると大きく異なったりするため、まともにぶつかったとき不利になることもあります。また、サイズに対して車高が高いため、事故時の転倒リスクもセダン車などと比べて大きい傾向にあります。

Q. そもそも軽自動車と普通自動車の違いは?

軽自動車と普通自動車で一番わかりやすい違いは、エンジンの排気量が660cc以下に限られるという点にあります。

また、全長が3.4m、全幅1.48m、全高、2.0mというサイズのいづれかひとつが超えた場合は普通自動車として扱われることになります。さらに、乗車定員が4人以下、貨物積載量が350kg以下といった制約も設けられており、これをひとつでも超えてしまうと普通自動車区分となります。

Q. 軽自動車で4WDを選ぶ必要はある?

普通自動車と比べ、排気量が小さくパワーが出にくい軽自動車ですが、4WDを選ぶことで雪道や林道などといった悪路でもパワフルかつ安定した走行が行えるというメリットが得られます。

ただし、4WD車は2WDモデルと比べると車体本体価格が割高となることに加え、燃費も悪くなる傾向にあります。走行シーンと維持費のバランスが重要となりますが、特に雪道走行が多い人は4WDを選ぶのがおすすめです。

軽ワゴンはドライバーの口コミ・レビューも参考に購入しよう

軽ワゴン車は、人気が高く車種も多いため、すべてを試乗して選ぶのが難しいカテゴリです。だからこそ、実際に乗っているユーザーの口コミや評価・評判は大きな判断材料になります。

軽自動車は、購入すると長期間にわたって利用することになるため、価格やデザインだけにとらわれず、安全性能や利用シーンが変わってもシートアレンジなどで柔軟に対応できる“使い勝手のよい”ものを選ぶことが大切です。

家族構成や利用シーンや同じようなユーザーの口コミ・評判などを参考にしながら、自分に合った1台を選びましょう。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ