Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【2021年版】車買取・査定おすすめ10選|買取査定相場の調べ方も!

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、ドライバーから人気のおすすめ車買取会社をランキング形式で紹介します。

買い替えはもちろん、自動車に乗らなくなった場合など、自動車を手放さなければならなくなった際、少しでも高く売りたいと思うのがドライバー心理です。

ひとえに車買取・査定と言っても、車買取会社によって査定額が大きく異なるケースも決して珍しくありませんので、査定の基本をしっかり押さえもっともお得に売却できるサービスを探してみましょう!

ズバット 車買取比較「車買取業者 総合満足度ランキング」を参考

車買取・査定とは?

車買取・査定とは、売却もしくは売却予定のある自動車の価値を査定したり、その査定額に基づいて買い取りをしてくれたりするサービスです。

「下取り」と混同されがちですが、買取は買換えを伴わず単純に自動車を売却する際に利用されます。それに対して下取りは、自動車の買い替え時、購入する業者に自動車を売却することを表します。

買い替えを伴う下取りでは、購入する自動車の値引き額と下取り額が混同され、本当の車の価値が引き出せないケースも少なくありません。その半面、買取の場合は純粋に自動車の価値が評価されるため、一般的に下取りよりも買取の方が査定で有利になるケースが多い傾向にあります。

  • JAAI(日本自動車査定協会)の中古車査定基準について
  • 査定価格が高い車の特徴

JAAI(日本自動車査定協会)の中古車査定基準について

車買取会社によって査定額こそ異なるものの、査定基準そのものはJAAI(日本自動車査定協会)によって定められています。

主な査定内容は、内装や外装といった見た目で判断できるものからエンジンなどの機関に異常が無いか、年式や走行距離、事故歴といったものとなっており、JAAIが定めた査定シートに沿って細かくチェックが行われます。

各査定項目それぞれが点数化され、点数が高い車体ほど価値があり高額な買い取り額が期待でき、その逆に事故車や修復歴がある車体は大きな減点が避けられず不利を受けることが多くなります。

主な査定項目

■車両本体に関わる査定項目
・内装や外装の状態
・電装の状態
・エンジンや足回りの状態

■自動車の価値に関する査定項目
・タイヤの状態や残溝
・走行距離
・車検の残期間
・修復歴や災害などでの損傷歴など

査定価格が高い車の特徴

JAAIが定めた査定項目は、あくまでも自動車の状態チェックが主になり、それだけで買取価格が決まるということはありません。

もちろん自動車の状態が良いものほど査定額は高くなりますが、その他にもカラーリングや車種そのものの中古市場での需要などが加味され、査定額として掲示される仕組みとなっています。

一般的に低走行かつ高年式で状態の良い自動車ほど査定額は高くなり、その逆や修復歴があるものや過度な改造が施されている自動車は大きな不利を受けるケースが多くなります。

ただし、軽自動車のように中古市場でも人気の高い車種は、業者にとっても販売リスクが低くなるため全体的に査定額が高く、値下がりしにくい傾向にあります。いくら自動車本体の価格が高い高級車であっても、中古市場で人気が高くない車種だと、値下がり率が大きくなり思ったより査定額が低くなったりするといったケースも珍しくありません。

車買取・査定会社の選び方|満足度を高める5つのポイント

以下では、車買取・査定会社の選び方に関する基準・ポイントについて紹介します。車買取・査定会社を比較する際など、どんな点を比較したりチェックすればよいか参考にしてください。

  • 面倒な売却手続きを担ってくれる業者なら手間いらず
  • 迅速な査定はもちろん査定額の高い業者を選ぶのが鉄則
  • 売却時のサポート体制が満足度に直結
  • 基本の接客対応や査定に対するフォローも重要
  • 相見積もりを嫌い、結論を急かす業者は避けるのが無難

面倒な売却手続きを担ってくれる業者なら手間いらず

自動車を売却するには、名義変更はもちろんローンの残債処理や自動車の引き渡しなど、面倒な手続きが発生します。

これらの手続きは、専門用語が飛び交うことに加え、書面の作成などが伴うためオーナーにとって大きな負担となってしまいます。

こういった書類の作成やローン会社への残債確認や一括支払い手続きを担ってくれるのはもちろん、書類の受け渡しを担当者が行ってくれたり、送料負担でやり取りできたりするような業者を選ぶと手間も時間も大幅に省くことができます。

迅速な査定はもちろん査定額の高い業者を選ぶのが鉄則

自動車の査定は、一律の査定基準に沿って行われるため、自動車の状態についての評価はどの業者で見積もってもほぼ同じ結果となります。

しかし、自動車の査定額そのものは、中古市場の動向や人気のカラーリングなど付加的な要素、買い取り業者の販売網などの条件が絡むため、買取会社によって査定額が大きく開くこともあります

買い取った自動車を自社で再販する業者は、業販オークションへの出品を専門とする会社よりも一般的にコストが抑えられるため高く売れる可能性が高まります。ただし、オークションに特化した買取会社の場合は、逆に在庫コストが掛からないといったメリットも持ち合わせているため、相見積もりを行っておくのがおすすめ。その他にも、軽自動車やSUV、ミニバンなどカテゴリごとに得意分野を持っている会社も高く売れる可能性が高まります。

全国に販路を持つ買取会社をはじめ、売却する自動車のカテゴリを得意としている業者を中心に見積もりを行ってみるのが高く売るための近道と言えるでしょう。

売却時のサポート体制が満足度に直結

自動車を売却する場合、同一業者で買い替えない限り、売却後の移動手段がなくなってしまいます。公共交通機関が充実している都市部なら不便を感じることはありませんが、郊外だと自宅へ帰るのも一苦労……。というケースもあります。

そのため、自動車を業者まで持ち込んで引き渡す場合は最寄り駅もしくは自宅までの送迎があったり、担当者が自宅まで車両を引き取りに来てくれたりするなど、売却時のサポートが充実している業者を選ぶといったことも選定要素に加えておきましょう。

基本の接客対応や査定に対するフォローも重要

愛着のある自動車を手放すからこそ、買い取り業者の接客対応も重視したいポイントのひとつです。

基本的な接客対応はもちろんですが、査定に対する細かな説明やオーナーの疑問ひとつひとつに対して真摯に向き合ってくれるかも重要となります。

高額査定になるに越したことはありませんが、そうならなかった場合の理由の説明やより高く売るためのアドバイスなど、オーナー目線で接客してくれる業者を選びましょう。

相見積もりを嫌い、結論を急かす業者は避けるのが無難

相見積もりとは、ひとつの業者ではなく、複数の業者による査定を受けることです。

オーナーにとってみれば一番査定額の高い会社に売却できるというメリットがある反面、買取会社はできるだけ安く仕入れたいという思惑から、相見積もりを嫌うケースもあります

査定したその場で売却の決断を促したり、数日で査定額が大きく下がるなどと言って決断を急かしたりするような会社は、最大限に引き出せる査定額に届いていない可能性があるものと思っておくといいでしょう。自動車の相場は日々変動していますが、1週間程度で大幅に相場が変動することは滅多にありません。

複数の業者に見積もりを依頼し、もっとも高値を付けてくれた業者に販売するのがベストですが、何カ所も査定に持っていくのも面倒なもの。そういった場合は、出張査定を活用するのが便利です。可能なら同時に複数の業者を呼び、その場で一斉に見積してもらうと業者間の競争が行われるため高値で売れる可能性が高まります。

車買取・査定会社おすすめランキング

以下では、ドライバーから人気の自動車買取会社おすすめ10選を紹介します。

自動車買取や査定には、高額買取はもちろん、査定の丁寧さや売却サポートなど、様々な選択ポイントがあります。

今回は、査定に出しやすい全国展開の買取会社から販売流通網も充実位しているディーラー系までラインナップを揃えてみました。
ズバット 車買取比較「車買取業者 総合満足度ランキング」を参考にしています。

車買取・査定会社おすすめ1位:オートバックスカーズ

オートバックスカーズ
オートバックスカーズは、自動車用品版売店「オートバックス」チェーン店舗内のインショップ形態で約400店舗を持つ買い取り業者です。

見積りの作成から相場の案内まで、特許を取得した「査定Dr.」システムを活用し、適正な買取価格を掲示

査定価格を5日間補償してくれる制度が設けられているため、オーナーがじっくりと他業者と見比べて冷静に判断できるのも大きな特徴です。

サービス名オートバックスカーズ
運営会社株式会社オートバックスセブン
実店舗の有無
対応地域全国
ネット査定の有無
公式サイトオートバックスカーズ公式サイト

車買取・査定会社おすすめ2位:横浜ユーポス

横浜ユーポス
横浜ユーポスは、全国展開するユーポスグループのフランチャイズとして、主に神奈川を中心に仙台にも支店を持つ車買取チェーンです。

フットワークの軽さ・スピード感を持った対応にこだわりを持ち、査定に関する問い合わせに対するレスポンスの良さが大きな特徴。

地域に密着したチェーンであるものの、月間500台もの買い取り実績を持ち、大手フランチャイズチェーンでは査定額が出にくい車両の買い取り実績もあります。

サービス名横浜ユーポス
運営会社株式会社横浜ユーポス
実店舗の有無
対応地域
ネット査定の有無
公式サイト横浜ユーポス公式サイト

車買取・査定会社おすすめ3位:カーセブン

カーセブン
カーセブンは、日本全国に160店以上の店舗を持つ大手自動車買取・販売のフランチャイズチェーンです。

買取った自動車を業販オークションを通すことなくカーセブンの店舗で販売するため流通コストを抑えた高価買取を実現しています。

売却契約した自動車の引き渡しから7日以内ならキャンセルが行えるほか、契約金の一部を当日払いしてくれるなど、オーナーが安心して取引できる制度も充実しています。

サービス名カーセブン
運営会社株式会社カーセブンディベロプメント
実店舗の有無
対応地域全国
ネット査定の有無
公式サイトカーセブン公式サイト

車買取・査定会社おすすめ4位:ラビット

ラビット
ラビットは、日本全国に170店舗以上の店舗を持つ自動車買取・販売のフランチャイズチェーンです。

買取りした自動車は業販オークションへの出品を中心としながらも自社販売も手掛けることでコストカットと販売の効率化を実現し、高値買取を実現しています。

査定ではオークション相場に加え、細かなオプションやパーツも加算評価してくれるため、より高価な買取が期待できるのも嬉しいポイントです。

サービス名ラビット
運営会社株式会社ラビット・カーネットワーク
実店舗の有無
対応地域全国
ネット査定の有無
公式サイトラビット公式サイト

車買取・査定会社おすすめ5位:ネクステージ

ネクステージ
ネクステージは、全国140店舗を持つ大手自動車買取・販売会社です。

買取った自動車は、全国の店舗でダイレクト販売されるため、オークションの出品コストを抑え、自動車本来の価値を見据えた高額買取を実現しています。

査定額保証制度が設けられているため、万が一の査定ミスが発生しても査定額が減額されるといった心配も不要です。

サービス名ネクステージ
運営会社株式会社ネクステージ
実店舗の有無
対応地域全国
ネット査定の有無
公式サイトネクステージ公式サイト

車買取・査定会社おすすめ6位:カーチス

カーチス
カーチスは、全国で39店舗を持つ自動車買取・販売会社です。

査定を本部が一括して行うことで、全国の店舗から寄せられる求車情報やオークション会場の相場データを反映した高価買取を実現しています。

自動車の売却や購入時、制約金額によってJALやANAのマイルが貯まるなど、日頃からマイルを貯めている人に嬉しいサービスと言えるでしょう。

サービス名カーチス
運営会社株式会社カーチス
実店舗の有無
対応地域
ネット査定の有無
公式サイトカーチス公式サイト

車買取・査定会社おすすめ7位:シーボーイ

シーボーイ
中国・四国・関西地方を中心に店舗を展開するシーボーイは、西日本最大級の買い取り実績を持つ車買取・販売のフランチャイズチェーンです。

自社で3か所の自動車流通オークションを直営しており、出品コストを大きく低減することができるため買取価格に反映されるのが大きな特徴。

日本国内の相場だけでなく世界の中古車市場も考慮した査定システムが採用することによって最高値を探ってくれるのも嬉しいポイントです。

サービス名シーボーイ
運営会社株式会社シティライト シーボーイフランチャイズ事業本部
実店舗の有無
対応地域西日本
ネット査定の有無
公式サイトシーボーイ公式サイト

車買取・査定会社おすすめ8位:車買取タイガー

車買取タイガー
埼玉と茨城に拠点を持つ車買取タイガーは、年間3000台の取り扱い実績を持つ自動車買取・販売会社です。

店頭での買取はもちろん、無料の出張査定も実施。査定額の根拠をはじめ、中古市場の仕組みなども細かく説明してくれるので納得したうえで愛車を手放すことができます。

自動車の販売やドライバーの希望に沿った自動車を探し出してくれるオークション代行も行なっているため、乗り換えを検討している人にもおすすめです。

サービス名車買取タイガー
運営会社株式会社タイガー
実店舗の有無
対応地域全国
ネット査定の有無
公式サイト車買取タイガー公式サイト

車買取・査定会社おすすめ9位:アップル

アップル
アップルは、日本全国に230店以上の店舗を持つ大手自動車買取・販売のフランチャイズチェーンです。

全国のオークション相場をリアルタイムにキャッチするほか、海外への流通ルートを持つことで、どこで一番高く売れるかを把握することで高値での買取を実現しています。

中間業者を通さないダイレクト販売網も充実しているため、余計なコストをカットした高額買取を実現しているのも特徴です。

サービス名アップル
運営会社アップルオートネットワーク株式会社
実店舗の有無
対応地域全国
ネット査定の有無
公式サイトアップル公式サイト

車買取・査定会社おすすめ10位:ビッグモーター

ビッグモーター
全国300店舗以上の拠点を構えるビックモーターは、日本一となる年間5万台もの買取実績を持つ車買取・販売チェーンです。

買い取った自動車は、オークションを通すことなく自社の販売網で直接販売するため余分なコストをカット。そのため、高価な買い取りはもちろん低価格での販売を実現しています。

自動車の査定や買取をはじめ、自動車販売や整備、修理、保険販売など、カーライフに関する窓口が一本化されているため、乗り換えもスムーズに行えるのも大きな特徴です。

サービス名ビックモーター
運営会社株式会社ビックモーター
実店舗の有無
対応地域全国
ネット査定の有無
公式サイトビックモーター公式サイト

車買取・査定相場の調べ方|グーネットなら無料&簡単!

買い替えを検討しているけど、具体的に時期を決めていない場合や、売却額によって乗り換えを検討したい場合など、自動車の相場を知ったうえで売却や乗り換えを検討したいというケースも少なくありません。

とはいえ、いきなり買取会社で査定をしてもらうのは気が引けてしまう……
といった人におすすめなのがネットで自動車の相場が調べられる「グーネット買取」です。

メーカーや車種、年式、レード、走行距離などを選ぶだけで大まかな相場を調べられるのが大きな特徴です。営業電話がかかってくることもなく、一括比較サイトのように営業電話が何社から鳴り響くといった煩わしさもありません。

グーネットの査定方法と手順

1. メーカーと車種、年式とグレードを選んで「無料買取相場検索を開始」をクリックします。

2. 車体色や走行距離、次の車検や連絡先を記入して「今の愛車の価格を調べる」をクリックします。なお、連絡先を記入しても営業電話が来ることはありません。

3. 現在の相場が表示されます。今後の値動きに対する予測も表示されるので売却計画の参考にしてみましょう。

愛車のグレードは、購入時の記録などで調べる必要がありますが、その他の項目は手元に車検証さえあれば、すべて調べられます。記入に必要な時間も長くて数分で相場が調べられる手軽さが大きな魅力です。

●グーネット買取
https://www.goo-net.com/kaitori/

【Q&A】車買取・査定について多い質問

以下では、車の買取・査定に関して多い質問・疑問について回答します。

  • 車の買取・査定に必要な手続きや書類は?
  • ローン残債がある車も買取・査定してもらえる?
  • 車を売却後のお金の受け取り方法は?

Q. 車の買取・査定に必要な手続きや書類は?

査定だけであれば、車検証や自賠責保険相のみあれば受けることが可能ですが、自動車を売却する場合には、名義変更や税金の取り扱い、ローンの残債処理など、様々な手続きがあるため揃えておかなければならない書類も多くあります

これらの手続きに必要な書類は、普通自動車と軽自動車で異なるため、自動車に合った書類があることを確認し、準備を行ってから査定を行いましょう。

査定に必要なもの・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証
売却時に必要なもの・自動車検査証(車検証)
・自動車税納税証明書 (普通乗用車のみ)
・軽自動車税納税証明書(軽自動車のみ)
・自賠責保険証
・実印(普通乗用車のみ)
・認印(軽自動車のみ)
・印鑑登録証明書(普通乗用車のみ)
・住民票の写し
・委任状
・譲渡証明書

Q. ローン残債がある車も買取・査定してもらえる?

ローン残債がある自動車でも売却することが可能です。

しかし、ローン購入した自動車で「所有権」がローン会社にある場合は、所有権をドライバー自身に変更してから売却する必要があります。また、所有権がローン会社とドライバーのどちらにあるかに関わらず、ローンの残債を一括返済してから売却する必要もあります。

これらの一連の手続きは買取会社が代行して行ってくれますが、自動車の売却額でローンの残債が一括返済できない場合は、売却額に不足分の金額を支払うか新たにローンを組む必要があります。

買取会社によっては、自社で販売している自動車に乗り換えるとその自動車の購入で組んだローンに前の自動車の残債を組み込めるケースもあります。ローンの残債が大きく売却しても一括返済できるか不安がある場合は、あらかじめ買取会社へ相談しておくとよいでしょう。

Q. 車を売却後のお金の受け取り方法は?

売却後の代金受け取りは、自動車引き渡し後の口座振り込みが主流となっています。

これは、買い取り業者の本部などに設置されている支払い専門の部署を通して代金を支払うといったケースや防犯の都合上で買い取り業者の事務所に多額の現金が用意されていないことなどがあるためです。

ローン残債がある場合は、ローン会社への一括返済が完了してから振り込まれるといったケースも多いため、自動車の引き渡しから数日~10日程度を見ておくと安心です。

少数ではありますが、現金買取を行っている業者もあります。しかし、査定からの即日買取といった性質上、万が一の不具合見落としや査定ミスなどのリスクマネジメントの一環として査定額が下がる傾向にあることに注意が必要です。

車買取・査定会社は口コミ・評判も参考に選ぼう

車買取や査定会社は数多くありますが、実際の自動車売却は頻繁に行われるものではありません。

だからこそ、他のオーナーの口コミや評判などを参考にしながら、愛車を高値で気持ちよく買い取ってもらえる業者を選びましょう。

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ