Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. ロードスター

【最高に運転が楽しいクルマ|ユーノス・ロードスター】三ツ星レストランよりも、やっぱり地元の定食屋!?(橋本洋平)

このエントリーをはてなブックマークに追加

86/BRZレースでシリーズチャンピオンに輝いた経験もある自動車ジャーナリストの橋本洋平さんが選んだ「運転が楽しいクルマ」の第1位は、ユーノス・ロードスター。6台も乗り継いだ愛着のある車種だが、何が橋本さんをそれほど惹きつけるのだろうか。

TEXT●橋本洋平(HASHIMOTO Yohei)

第3位:日産エルグランド(3代目)「高速移動主体のユーザーにオススメしたい」

子供が生まれるから、そして86レース参戦のサポートカーとしても大活躍してくれた日産エルグランド。世間じゃ押しの強さ満点なトヨタのアルベル(アルファード/ヴェルファイア)のほうが人気だが、個人的に突き刺さったのはその低重心スタイルだった。

おかげでミニバンにも関わらずハンドリングに優れ、サーキットへ向かう高速コーナーリングもかなり快適。86のタイヤや整備機材を満載にしながら、メカニックさんが運転する86と共に全国サーキット行脚できたのは、アノ安定した走りがあったからこそ。特に所有していた2.5L仕様はノーズが軽快だったことが気に入っていた。

まさかミニバンでハンドリングを愉しめるとは大誤算である。高速移動主体のユーザーには今でもオススメしたい一台だ。

2010年登場の3代目からFFとなったエルグランド。低床化が実現し、乗降性が格段に向上。ハンドリングも進化するなどFF化のメリットは小さくなかったが、ライバルと比べると押し出し感に欠けるという評価も。
3代目エルグランドのインテリア。

第2位:日産スカイラインクーペ(CKV36型)「V6エンジンの官能的なサウンドと機敏なレスポンスが絶品!」

歴代日産スカイラインを乗り継ぐ父が他界して三十数年経つが、その面影を追いかけるかの如く、いまだスカイラインに対する思いが僕の中には残っている。...というのは完全な言い訳で、一時期ハマっていたドリフトを復活したいという思いが高まり、つい最近スカイラインクーペを買ってしまった。

きっかけはYouTube。たまたま(?)オススメに出てきたニュージーランド在住の日本人ドリフターが操っていたスカイラインクーペの姿にピンときた。スカイライン最後のMT、スカイライン最後のNA、そしてスカイラインクーペとして最後のモデル。これはスカイライン一家の我が家にあるべきクルマだと妻に直談判。なんとかOKをもらった(笑)。

契約前に試乗したのだが、V6・3.7L・NAエンジンは官能的なサウンドと機敏なアクセルレスポンスが絶品! ちょっと転がしただけだが虜になってしまった。かつて乗った記憶も素直なFRのハンドリングマシンだったこともあるし、これはサーキットで面白いことになりそうだ。

2006年登場の日産スカイラインクーペは、3.7L・V6のVQ37VHR型エンジンを搭載。吸気バルブには連続可変タイミング&リフト機構を備えており、最高出力は333psを発揮する。
トランスミッションは5速ATと6速MTを用意。MTはシフトストロークの最適化、シフトレバー周りの形状見直しによるレバー振動低減を実現した。

第1位:ユーノス・ロードスター「軽快さの秘密はホイールベースとトレッドの絶妙な比率」

3年ほど前に買い戻したユーノス・ロードスターは、これでのべ6台目。様々浮気を繰り返したが、やっぱりコレだと元さやに戻るパターン? もしくは、どんな三ツ星レストランよりも、やっぱり地元の定食屋が一番だという感覚に近いかもしれない。

魅力は何といっても軽快なハンドリングに尽きる。車重1トン以下、そしてホイールベースとトレッドの比率が絶妙なのではないかと感じている。5ナンバーサイズに余裕で収まるそれは、ステアリングを切った瞬間からクルマ全体が反応を始め、ややナーバスになりながらも人馬一体感よろしくコーナーを容易に駆け抜けてしまう。操っている感覚満載なその仕立てに、ついついやられてもう一度となるわけだ。

側面衝突をクリアするためにどうしてもトレッドを広げてベタリと安定しきってしまう現代のクルマ達。いくら軽くなっても、ユーノスロードスターのようになることはないだろう。様々限界が低く危険と隣り合わせ、けれどもきちんと操れる土壌が整えられ、さらにスピードも出ないから安全。そんな造りが絶妙だ。

これは一生離れられないかもしれない。

マツダ店、マツダオート店、オートラマ店という既存の販売チャンネルに加え、新設されたユーノス店の取扱車種として華々しく登場したロードスター。ちなみに当初のユーノス店のその他の取扱車種はシトロエンBXだった。
ユーノス・ロードスターのインテリア。

『運転が楽しいクルマ・ベスト3』は毎日更新です!

クルマ好きにとって、クルマ選びの際に大きな基準となるのは、
「運転が楽しいかどうか」ではないでしょうか。

とはいえ、何をもって運転が楽しいと思うかは、人それぞれ。「とにかく速い」「速くないけど、エンジンが気持ち良い」「足周りが絶品」などなど、運転を楽しく感じさせる要素は様々です。

本企画では、自動車評論家・業界関係者の方々に、これまで試乗したクルマの中から「運転が楽しかった!」と思うクルマのベスト3を挙げてもらいます。

どんなクルマが楽しかったか。なぜ楽しいと感じたのか。それぞれの見解をご堪能ください。

明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ