Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMWアルピナ|BMW ALPINA
  4. B3

【最高に運転が楽しいクルマ|BMW アルピナ B3】このクルマなら鈴鹿サーキットの130Rにも飛び込める!(松田秀士)

このエントリーをはてなブックマークに追加

F3000やインディ500などのレースで活躍した松田秀士さんが選んだ「運転が楽しいクルマ」の選択の基準は、なうての高速コーナーである130R(鈴鹿サーキット)を走って楽しいかどうか。BMW アルピナ B3ならば、「エイヤァ―!」って飛び込んでみたくなったという。

TEXT●松田秀士(MATSUDA Hideshi)

最近の記憶がイチバン印象的という人間の脳の性質もあるけど、昨年裏磐梯で試乗したBMW アルピナB3のハンドリングは素晴らしかった。

乗る前から心して(自分に言い聞かせてという意味)ステアリングを握らなきゃならないクルマってあるじゃない。ボクは1991年までF3000でレースしてたから、あの当時の鈴鹿130Rというコーナー。今はずいぶんと安全に様変わりしたけど、当時はブラインドで狭くてキツくて危険極まりない高速コーナーだった。雨なんか降ったら、アクセル踏み込んで出口のアウト側に水溜まりがあったし。スピンしてイン巻きしたらほぼ全損! 身体もヤバイ。身体は放っておけば治るけど、クルマは金かけなきゃ直らない。って冗談よく言ってたなぁ。

で、なんで昔の130Rを引き合いに出したかというと、そんなコーナーだからチャレンジのし甲斐があった。

ドライビングでクルマをねじ伏せるチャレンジと、行けるクルマに仕上げるチャレンジ。この2つがあった。どちらもピッタリくればもうサイコウに気持ちいいのが鈴鹿の130Rだったんだ。

実はワタクシ、1990年だったか? 1989年だったか? まだ誰もF3000で1分50秒を切れない時代、テストデーで予選用タイヤ履いて1分48秒1というタイムを叩き出して、鈴鹿で最初に50秒を切った男なのです。ま、ちょっとご自慢話。あの時のヨコハマタイヤは素晴らしかった。まず130Rを全開で行けるような時代でもなかったけど、アクセル、チョイ戻しですぐ全開でクリアできた。吸い付いてたクルマが路面に。

今回のテーマ『史上最高に運転が楽しかったクルマ』だから、前述した『行けるクルマに仕上げるチャレンジ』の『行けるクルマに仕上がっているクルマ』になる。

そこで、あの頃の鈴鹿130Rをこの3台のクルマで走ったらさぞかし楽しいことだろうなぁ!という基準で選んでみた。

第3位:ポルシェ911 GT2(993型)「スゴイじゃじゃ馬。だけどそれを乗りこなすのがメチャメチャ楽しかった」

実際、ポルシェ993GT2はあの頃に近い130Rで経験済み。スゴイじゃじゃ馬なクルマだったけど、フロント:バンプトーアウト/リヤ:バンプトーインというポルシェの基本ジオメトリーを最大限生かすためにソフトに足を動かすサスセッティング。アンダーステアーにクルマを仕上げ、タイトコーナーではそれをオーバーにするドライビング。

で、130Rでは入口可能な限りニュートラルで、出口はとにかく早くアクセル全開にして弱アンダー。考えて、あの手この手使って毎周すべてのコーナーでの挙動を記憶して、そういう運転がメチャメチャ楽しいクルマだった。今は中古でウン億円してるんだって? 壊したら金かかけなきゃ直らないんだから、もうそんな楽しみはチャレンジできないね。だから3位。

430psを発生する3.6L空冷ツインターボエンジンで後輪を駆動する、993の最強モデル。生産台数はわずか192台で、現在の中古車市場では高値で取引されている。

第2位:アルピーヌ A110「こんなにコントロール性重視のクルマはこれが最後かも!?」

アルピーヌA110ピュアはこの手のスポーツの中ではサスが良く動く。ドライブしているとホイールトラベル感がメチャメチャある。その動きを自分のドライビングでマネージメントして走らせれば、アンダーもオーバーも手のうちに入る。オーバーもコントロール性がスゴク良くて、滑りを止めるカウンターステアのタイミングも分かりやすい。

近年、ここまでコントロール性を重視したクルマは無いね。もしかしたらA110が最後かもしれない。2位だ。

オリジナルのA110はRRだったが、2017年にデビューした新生A110は1.8L直4ターボをミッドに搭載。ピュアはラインナップの中で最軽量モデルとなっている。

第1位:BMW アルピナ B3「運転が楽しいって、こういうこと」

1位のBMW アルピナB3。これは路面を問わない。常にドライバーが求めるスタビリティーを与えてくれる。

じゃぁグリップしすぎてつまらない? それが違うんだよ、グリップしているスタビリティーの最中にアクセルやブレーキといった前後左右荷重移動で旋回弧を変えられる。独自の4WDセッティングもあるだろう。スタビリティーが高いから冷静でいられる。だから自分のドライビングを俯瞰的に見つめることができる。運転が楽しいって、こういうことだよね、って思える。

B3なら、あの頃の130Rにエイヤァ―!って飛び込んでみたいよ。

BMWから公式に供給された車両をもとにマイスターの手で組み立てられたエンジンを搭載するアルピナ。B3は3シリーズをベースとしているが、その乗り味はBMWとは異なる、アルピナ独自の世界を築き上げている。エンジンは3L直6ターボで最高出力は462ps。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ