Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【2021】ネット自動車保険おすすめ人気8選|補償内容や特約比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、ドライバーに人気のおすすめネット自動車保険を紹介します。

インターネット上で手軽に加入できるのがネット自動車保険の魅力ですが、保険料だけで選ぶのではなく、事故発生時の補償やロードサービス、事故対応など手厚いサービスで安心できる自動車保険を選ぶことが重要です。

ネット自動車保険の中からニーズに合わせた保険の選び方や、チェックするべき補償や特約の内容についても詳しく解説します。

ネット自動車保険とは?

ネット自動車保険とは、「通販型」や「ダイレクト型」とも呼ばれる、保険の代理店を通さずに直接インターネット上にて見積もりや申込みができる自動車保険です。

ネット自動車保険は他の自動車保険と同じく任意保険です。自賠責保険ではカバーしきれないような多額の賠償額を補うために加入します。ちなみに内閣府の調査によると、平成28年度の死亡事故での任意保険の平均賠償額は3,586万円でした。

参考:交通事故の状況及び交通安全施策の現況/内閣府

ハンドルを握る以上は誰もが事故の加害者になってしまう可能性があり、その損害額は個人では支払いきれないほど高額になることがあります。そのため、万が一の事態に備えて自動車保険に加入しておくことが大切です。

解説ポイント

  • ネット自動車保険の保険料が安い理由
  • ネット型自動車保険と代理店型自動車保険の違い
  • ネット自動車保険の事故対応・サポートに不安はない?

ネット自動車保険の保険料が安い理由

一般的にネット自動車保険の大きな特徴として挙げられるのが「保険料の安さ」です。

ただし、自動車保険は万が一の時のための“安心”を商品として購入している側面もあるため「安い保険料で大丈夫なの?」と心配する方もおられるかもしれません。

結論から先にご紹介すると、ネット自動車保険と旧来の代理店型自動車保険では、事故対応や補償の内容はほとんど変わりません。

では、なぜネット自動車保険の保険料が安いのかというと、以下の2つの理由が大きいです。

  • 直接契約で代理店手数料がかからない
  • 店舗経費などコストをカットできる

代理店で自動車保険を契約すると、総支払額には、保険料分以外に代理店手数料が含まれるため、代理店手数料のかからないネット自動車保険と比べると金額が大きくなります。

また、ネット自動車保険はインターネットや電話で契約が完了するため、必ずしも店舗を持つ必要がなく、代理店型よりも店舗経費や人件費といったコストも抑えられるため、保険料もリーズナブルに抑えることができます。

ネット型自動車保険と代理店型自動車保険の違い

ネット型自動車保険と代理店型自動車保険の違いについて、さらに表で確認してみましょう。

項目
ネット型自動車保険
代理店型自動車保険
加入方法インターネット・電話・郵便からか資料請求や見積もり、加入が可能。代理店にて加入。新車や中古車の購入時に自動車販売店にて加入することも。代理店のスタッフと対面形式で相談しながら決定できる。
保険料代理店手数料が必要ないため、代理店型よりも一般的にリーズナブル。支払う保険料には代理店の利益になる手数料が含まれているため、ネット型と比べると割高になりやすい。
補償内容不明な点は保険会社が用意している資料やカスタマーサービスなどで確認しながら決定する。不明な点は代理店の担当者と相談しながら補償内容を決定する。
ロードサービス内容キー閉じ込み、ガス欠など、基本的な車両トラブルへの対応が含まれる契約が多い。ネット型と同じく、基本的なロードサービスが含まれる契約が多い。
事故時の対応保険会社の事故対応に直接連絡する。専任担当者が最後まで事故対応してくれるネット型保険会社が多い。保険会社、または代理店に連絡する。事故対応は代理店の業務外なため、基本はネット型と同じく保険会社の専任担当者が担当する。

ネット自動車保険の事故対応・サポートに不安はない?

事故時の対応やサポートは、ネット自動車保険と代理店型ではほとんど変わりません。

ネット型自動車保険でも、事故時に専門知識を持った専任担当者が割り当てられ、示談交渉や保険金の支払いなど事故解決まで対応してくれます。

また、ネット型自動車保険の中には、事故時に警備会社のスタッフがかけつけて現場の記録や救急車の手配などをサポートするサービスを提供しているところもあります。

ネット型自動車保険を選ぶ方は、事故時の対応やサービスについても詳しく確認するようにしましょう。

ネット自動車保険のメリット・デメリットを比較

ネット自動車保険の詳しいメリット・デメリットについて確認してみましょう。

細かい点は保険会社によっても異なりますが、ネット型の保険全体に共通する長所と短所をはっきり理解しておくと、保険会社を選んだり補償内容を検討する際にもスムーズに決定できます。

解説ポイント

  • ネット自動車保険のメリット
  • ネット自動車保険のデメリット

ネット自動車保険のメリット

ネット自動車保険には大きく分けると以下の3つのメリットがあります。

  • 保険料が代理店型と比べると割安になる
  • 複数社の保険料をネットで簡単に比較できる
  • 契約内容の確認から加入までネットで完結できる

保険料が代理店型と比べると割安になる

私たちが支払う保険料には、事故時の補償に使われる原資となる「純保険料」と、店舗経費や人件費、広告費などに使われる「付加保険料」の2つの要素が含まれています。

ネット自動車保険の場合、純保険料は代理店型と変わりませんが、店舗費用やスタッフ費用など付加保険料を抑えることができるため、代理店型と同じ補償内容の契約でも保険料を安く抑えることができます。

複数社の保険料をネットで簡単に比較できる

代理店で自動車保険に加入すると、基本的にその代理店が提携している自動車保険にしか加入できません。

しかし、ネット型自動車保険なら、一括で複数の自動車保険会社の保険料を比較するようなサービスも多く、保険内容やコストパフォーマンスを比較しながら自分に合った保険会社やプランを選択できるのが代理店型にはないメリットです。

契約内容の確認から加入までネットで完結できる

代理店で自動車保険に加入する場合には、当然代理店の営業時間内に来店する必要があります。また、保険商品の説明から始まり、見積もりの案内や契約内容の確認など、保険検討から加入まで時間がかかってしまうこともあります。

その点、ネット自動車保険なら、インターネット上から24時間いつでも加入が可能で、オプションなども画面上で選択するだけで調整できるためスピーディーです。日中や平日に時間を取りづらい方でも利用しやすいのがネット型の大きな特徴です。

ネット自動車保険のデメリット

ネット自動車保険のデメリットについても確認してみましょう。

  • 補償内容やオプションを自分で選ぶ必要がある
  • 事故時の対応について不安に感じる方が多い

補償内容やオプションを自分で選ぶ必要がある

ネット型自動車保険は、基本的に補償内容やロードサービスの内容などを自分で選択する必要があります。

ほとんどの保険会社は初めての方でもわかりやすいように保険用語の説明や、各プランの補償内容の詳しい解説を用意してくれていますが、慣れていない方だとどのプランを選んだら良いのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

より詳しい説明を受けたい場合には、保険会社のカスタマーサービスに電話したり、チャットサービスでオペーレーターに確認すると詳細情報を教えてくれます。

もしもの事故の時の対応について不安に感じる方が多い

代理店型自動車保険であっても、事故時に代理店のスタッフが事故担当者になってくれる訳ではありませんが、対面して契約できるため安心感があります。

逆にネット型自動車保険だと見積もりから加入まで画面上で一人で完結できるため、事故時の対応について不安を感じる方もいます。

そんな不安を払拭するためにネット型自動車保険では、事故時の対応満足度や利用者の口コミを公開しているところが多いです。気になる自動車保険会社があれば、どんな口コミが寄せられているか確認して安心できるところに加入しましょう。

ネット自動車保険の選び方【比較ポイント】

ネット自動車保険を選ぶ時に後から後悔しないため、選び方の4つのポイントを確認してみましょう。

多くの保険会社があって迷ってしまう時には、これからご紹介する比較ポイントで保険会社を比べると選びやすくなります。

ネット自動車保険の選び方

  • 基本の補償内容で各保険会社の保険料を比較
  • 使用環境に合わせた特約サービスがあるか確認
  • ロードサービスは含まれている保証内容を比較
  • 口コミ・評判で実際のユーザーの声を確認する

基本の補償内容で各保険会社の保険料を比較

ほとんどの保険会社では、見積もりを依頼すると基本となる契約内容で保険料がいくらになるのか確認できます。

いくつかの保険会社を比較する際には、用途や車種、等級、設定する保険金額など同じ補償内容で保険料がいくらになるかを見比べると、コストパフォーマンスに優れた自動車保険会社を見つけやすくなります。

自動車保険の保険料は、自由化に伴い各保険会社が自由に決定できるようになったため、意外と同じような内容の保険でも保険料が数千円から1万円以上変わってくることがあります。

使用環境に合わせた特約サービスがあるか確認

自動車保険を販売する各保険会社は、他社と差別化するために、様々な特約サービスやオプションを用意しています。

例えば、保険会社によって、以下のような特約やオプションが選択可能です。

  • 自転車の事故にも補償が適用
  • 事故時に車の中にあったものまで補償が適用
  • 事故時に新車の場合、修理ではなく新車の再取得費用を補償
  • 事故時に警備会社のスタッフかけつけサービス

ここですべてを紹介することはできませんが、気になる自動車保険がユーザーのライフスタイルに合わせた特約やサービスを提供しているかどうかも確認してみましょう。

ロードサービスは含まれている保証内容を比較

基本的にほとんどのネット自動車保険にはロードサービスが無料で付帯しています。

ただし、そのロードサービスの補償内容は各保険会社によって異なりますので、“ロードサービスがある=安心”ではなく、どんなロードサービスが付帯するのかを確認しましょう。

例えば、以下のような点をチェックできます。

  • ロードサービスの拠点は全国に何ヶ所あるか?
  • 提携の修理工場は全国に何ヶ所あるか?
  • レッカーサービスの費用の上限はあるか?
  • 事故時に宿泊費用まで補償されるか?
  • ロードサービスの使用回数に制限はあるか?

保険会社によってロードサービスの内容も変わってくるため、契約前に確認するようにします。

口コミ・評判で実際のユーザーの声を確認する

自動車保険は試しに事故時の対応を体験してから加入というわけにはいかないため、必要な時に本当に頼りになるのかどうか確認しづらいかもしれません。

各保険会社のサービス品質については、他のユーザーの口コミ評判が参考になります。事故を起こしてしまった際の専任担当者の対応や保険内容の充実度についても口コミで詳しく紹介しているユーザーがいらっしゃるので参考になります。

いくつかの自動車保険で迷っているなら、それぞれの口コミ評判を確認して安心できるところに加入するのも一つの方法です。

ネット自動車保険おすすめ人気8選

実際に多くのカーユーザーから選ばれているおすすめのネット自動車保険をご紹介します。

各保険会社の補償内容の特徴やサービスの特色についても紹介しているので参考にしてください。

ネット自動車保険おすすめ1. ソニー損保

ソニー損保
年間の予想走行距離に応じて「走る分だけ」の保険料だけで済むソニー損保の自動車保険。

1年間無事故なら、等級分の割引に加えて「無事故割引」が適用され、よりお得な保険料になります。

万が一の事故の際には加入者全員がセコム事故現場かけつけサービスを利用でき、事故現場の記録や救急、レッカーの手配などをサポートしてくれます。

また、ロードサービスも充実しており、レッカーの牽引距離は無制限、運転者や同乗者の交通費や宿泊費までサポートしてくれます。

保険名ソニー損保
保険会社ソニー損保保険株式会社
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害補償保険
搭乗者傷害保険車両保険
条件設定年齢条件
免許証の色
使用目的
走行距離
運転者限定条件
付随可能な特約新車買替特約
事故時レンタカー費用特約
社内身の回り品特約
弁護士特約
個人賠償特約
おりても特約
ファミリーバイク特約
セコム事故現場かけつけサービス
24時間受付
公式サイトソニー損保公式サイト

ネット自動車保険おすすめ2. アクサ損害保険(アクサダイレクト)

アクサ損害保険(アクサダイレクト)
アクサダイレクトは、「基本補償」に自由に選べる「追加補償」を組み合わせてライフスタイルや自動車の使用用途に合わせた保険内容にカスタマイズできるのが特徴の保険会社です。

対人・対物・自損・無保険の4つの基本補償は手厚く、それ以外はオプションとしてニーズに合わせて省いたり加えたりできるので、本当に必要なサービスだけを選んで保険料もリーズナブルに抑えることができます。

保険名アクサダイレクト
保険会社アクサ損害保険株式会社
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
人身傷害補償
搭乗者傷害保険
社長保険
条件設定年年齢条件
免許証の色
使用目的
走行距離
運転者限定条件
住まいの地域
用途車種・型式
車齢
ノンフリート等級
付随可能な特約対物全損時修理差額費用補償特約
弁護士費用等補償特約
ファミリーバイク特約
地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約
「車両全損時一時金」特約
アクサ安心プラス
他者運転危険補償特約
被害者救済費用補償特約
24時間受付
公式サイトアクサダイレクト公式サイト

ネット自動車保険おすすめ3. SBI損保

SBI損保
SBI損保はリーズナブルな保険料で人気の高いネット自動車保険です。

利用者の年齢や補償の範囲を設定することで、よりお得に自動車保険が利用できます。

無料で付帯するロードサービスは、契約を3年継続すると「SBI損保安心ロードサービス【プレミアム】」へアップグレードされ、キー紛失時のコピー作成無料対応やレンタカーサービスなど、高い品質のサービスが受けられます。

保険名SBI損保
保険会社SBI損害保険株式会社
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害補償保険
搭乗者傷害保険車両保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両保険
条件設定年齢条件
免許証の色
使用目的
走行距離
運転者限定条件
付随可能な特約新他の自動車運転危険補償特約
被害者救済費用等補償特約
全損時諸費用保険金特約
ファミリーバイク特約
自転車事故補償特約
個人賠償責任危険補償特約
弁護士費用等補償特約
車内外身の回り品補償特約
24時間受付
公式サイトSBI損保公式サイト

ネット自動車保険おすすめ4. イーデザイン損保

イーデザイン損保
イーデザイン損保では上限である20等級の方でも1年間無事故なら「無事故割引」が適用されるため、長く安全運転してきたドライバーは保険料をさらにリーズナブルにできるのが特徴です。

本来保険会社が交渉できないもらい事故の際にも、すべての契約に「弁護士費用等保険」が付帯するため、専門家に納得のいくまで対応してもらえます。

また、必要に応じて自転車事故など日常生活のトラブルにも対応した「個人賠償特約」も選択可能です。

保険名イーデザイン損害保険
保険会社東京海上ホールディングス株式会社
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
無保険車事故傷害保険
自損事故傷害保険
車両保険
弁護士費用等保険
他者運転危険保険
条件設定年齢条件
運転者限定条件
付随可能な特約対物超過修理費用
入院時諸費用特約
育英費用特約
女性のお顔手術費用特約
車内身の回り品特約
車両全損時諸費用特約
車両新価特約
事故時レンタカー費用特約
車載身の回り品特約
ファミリーバイク特約
個人賠償特約
24時間受付
公式サイトイーデザイン損害保険公式サイト

ネット自動車保険おすすめ5. チューリッヒ保険

チューリッヒ保険
業界最高レベルのロードサービスが無料付帯するチューリッヒ保険。

車が動かなくなってしまった際の運転者や同乗者全員分の宿泊を全額補償や、車のトラブルが原因でのキャンセル費用5万円まで補償、同伴していないペットのホテル代補償などロードサービスの内容はとても手厚いです。

またロードサービスを使用しても翌年の等級や保険料には影響しないため、安心して利用できます。

保険名チューリッヒ保険
保険会社チューリッヒ保険会社
補償内容車両保険
対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
条件設定
付随可能な特約車内身の回り品特約
代車提供特約
免責ゼロ特約
地震等による車両全損一時金特約
傷害特約
原付特約
弁護士費用等特約
個人賠償責任補償特約
ファミリーケア特別見舞金特約
地震等による死亡一時金特約
他車運転時の補償
24時間受付
公式サイトチューリッヒ保険公式サイト

ネット自動車保険おすすめ6. おとなの自動車保険

おとなの自動車保険
事故率の低い40代・50代のドライバー向けに割安な保険料を設定しているのが大きな特徴。

一般的に35歳以上になると保険料は変わりませんが、おとなの自動車保険では、1歳刻みの保険料体系が組まれています。

年齢に加えて、ネット割引や早割、自動ブレーキ割引など、割引制度も豊富です。

また万が一の際にはALSOK隊員がかけつけて現場でサポートしてくれるので安心です。

保険名おとなの自動車保険
保険会社セゾン自動車火災保険株式会社
補償内容対人賠償保険
被害者救済費用
無保険車傷害
人身傷害保険
車両保険
条件設定年齢条件
免許証の色
使用目的
走行距離
運転者限定条件
付随可能な特約ロードアシスタンス
弁護士費用特約
自転車傷害特約
個人賠償責任特約
ファミリーバイク特約
車両身の回り品補償
24時間受付
公式サイトおとなの自動車保険公式サイト

ネット自動車保険おすすめ7. 東京海上日動「ちょいのり保険(1日自動車保険)」

東京海上日動「ちょいのり保険(1日自動車保険)」
親や友人の車を借りてドライブや旅行に出かける際に便利なのが東京海上日動のちょいのり保険です。

ニーズに合わせてシンプルプラン・レギュラープラン・プレミアムプランと3種類から選べます。

レギュラープランからは車両補償も付帯となるため、他の人の車でも安心して運転できます。

加入はローソンやファミリーマートなどコンビニの端末を利用する方法やスマートフォンからも手軽に加入可能です。

保険名ちょいのり保険(1日自動車保険)
保険会社東京海上日動火災保険株式会社
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
条件設定年齢条件
免許証の色
使用目的
走行距離
運転者限定条件
付随可能な特約対物超過修理費特約
搭乗者傷害特約(一時金払)
自損事故傷害特約
臨時被保険者に関する特約
ロードアシスト
事故現場アシスト
24時間受付
公式サイトちょいのり保険(1日自動車保険)公式サイト

ネット自動車保険おすすめ8. 三井ダイレクト損保

三井ダイレクト損保
三井ダイレクト損保は、ライフスタイルに合わせて自分に必要な補償だけを選ぶことで保険料をリーズナブルに抑えられるのが特徴。長期で無事故の場合、20等級の割引も含めて最大6%保険料が割引になります。

またニーズに合わせて、事故で新車が大きな損害を受けた場合に買い替え費用を補償する新車特約や、運転者や家族の自転車事故に対応する自転車賠償特約などの特約を組み合わせることも可能です。

保険名三井ダイレクト損保
保険会社三井ダイレクト損害保険株式会社
補償内容対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害補償保険
搭乗者傷害保険車両保険
条件設定年齢条件
免許証の色
使用目的
走行距離
運転者限定条件
付随可能な特約新車買替特約
事故時レンタカー費用特約
社内身の回り品特約
弁護士特約
個人賠償特約
おりても特約
ファミリーバイク特約
24時間受付
公式サイト三井ダイレクト損保公式サイト

【Q&A】ネット自動車保険について多い質問

ネット自動車保険に関してよく寄せられる質問にもお答えします。

安心・リーズナブルな自動車保険を選ぶのにお役立て下さい。

ネット自動車保険Q&A

  • 等級が上がるとどれくらい保険料が割引になる?
  • 車を乗り換えた場合、保険料が変わる?
  • 保険を解約すると、等級はリセットされる?

Q.等級が上がるとどれくらい保険料が割引になる?

等級は全部で20等級に区分されていて、初めて自動車保険に加入する際には6等級が適用されます。

1年間自動車保険を使わないと、翌年の等級は1等級上がります。

等級ごとの割引率は各保険会社によって異なりますが、大まかな目安としてスタートの6等級で約19%割引、20等級になると約63%割引となります。

等級によって保険料が大きく変わるため、保険を使わないで済む安全運転を心がけることが保険料を抑える一番のコツです。

Q.車を乗り換えた場合、保険料が変わる?

自動車保険は車両ごとに契約しますが、「車両入替」という手続きをすると、車を乗り換えても元々の等級や補償内容を引き継げます。

ただし、乗り換えた車の型式によって「型式型料率クラス」は変わるため、保険料が同じとは限りません。

例えば、型式別料率の低いコンパクトカーから盗難の可能性や修理費が高くなりやすい高級車に乗り換えた場合、同じ等級でも保険料は高くなります。

Q.保険を解約すると、等級はリセットされる?

車が不要になった場合、「中断証明書」を発行してもらうと、次回再び自動車保険を契約する際に中断時の等級を引き継げます。

また、まれに事故時に等級が下がってしまうのが嫌で、「保険を解約して他の自動車保険を6等級で新規契約しよう」と考える方もいますが、保険会社間には事故歴などを共有する「情報交換制度」というものがあるため、保険を解約して乗り換えても事故歴やなどは筒抜けとなってしまうためご注意下さい。

ネット自動車保険は口コミ・評判も比較して加入しよう

インターネット上で見積もりから契約まで完結できるおすすめのネット自動車保険をご紹介しました。

自動車保険によって補償内容や特約、ロードサービスの内容などが大きく異なるため、契約する際には自分のニーズに合った自動車保険を選ぶ必要があります。

また、事故時の対応については、試してから加入というわけにはいかないため、実際に保険会社に加入して事故対応を受けたユーザーの口コミや評判などを確認するのがおすすめです。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ