Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. カムリ

トヨタ・カムリ| これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は? <モーターファン会員アンケート>

このエントリーをはてなブックマークに追加
WSレザーパッケージ

トヨタ カムリはセリカのセダン版であるセリカ カムリを初代とし、現行モデルで10代目を数える高級セダンであり、世界戦略車だ。Motor-Fan TECHの会員の方々にもこのクルマのオーナーは少なくない。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところを見てみよう。

10代目 XV7型 (2017年 - )

現行型 G“レザーパッケージ”<オプション装着車>(10代目)

10代目となる現行モデルの日本仕様は2017年7月10日に登場。「TNGA」に基づきプラットフォームやパワートレーンなど、完全新開発とした点が大きな特徴。エンジンおよび乗員レイアウトを下げて低重心とし、躍動感にあふれ、スポーティな印象を与える若々しいデザインとなっている。ボディサイズは先代モデルより全長で35mm、全幅は15mm拡大。また、ホイールベースは50mm延長され2,825mmとなっている。一方、全高は25mm低くなった。パワートレーンは日本国内ではハイブリッドのみで、「ダイナミックフォースエンジン2.5」と呼ばれる完全新設計の次世代エンジンA25A-FXS型と、改良を加えたハイブリッドシステム「THS II」の組み合わせ。世界トップクラスの熱効率41%を達成しており、システム最高出力は先代より4kW(6ps)向上した155kW(211ps)を発生する。2019年9月30日以後は、 ハイブリッド専用車となってから初となる、電気式4WDシステム「E-Four」を用いる4WD車も設定された。

G 「加速は十分満足、SPORTSモードではスポーツカー並みの加速」

ニックネーム:Ryo 年式グレード:Gグレード 性別:男性(60代〜) 居住地域:大阪府

排気量:2500cc トランスミッション:CVT
平均燃費:18.2km/ℓ
長所:静かで乗り心地が良い。室内が広い、特に後席の足元。加速が良く安定感がある。
短所:最小回転半径が大きいため小回りがきかない。パワーシートにメモリー機能が欲しい。

評価
外観:★★★★★ 旧モデルに比べてスポーティーで若々しい。
室内:★★★★☆ 室内はとても広く、静寂性に優れる。
走行性能:★★★★★ 加速は十分満足、SPORTSモードではスポーツカー並みの加速。コーナーの安定性も優れている。
燃費性能:★★★★☆ 前に乗っていた3代目プリウスと同等、高速ではカムリの方が燃費が良い。
装備:★★★☆☆ クラウンに比べると見劣りするが、実用性を考えると十分な装備。パワーシートにメモリー機能は欲しかった。
満足度:★★★★★ ハイブリッド故、価格は高くなりますが、総合的に考えるとコスパに優れている。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「総合的に、静寂性、室内の広さ、燃費、加速性能、コーナリングの安定性に優れたクルマだと思います。スタイルは好みになると思いますが、アグレッシブで躍動的なデザインだと思います。ただ、車幅が1840mmと大きめなので,細い路地や駐車スペースの狭い駐車場では気を使います」

G レザーパッケージ 「狭い路地ではすれ違いが大変」

ニックネーム:ふななの 年式グレード:G レザーパッケージ 性別:男性(50代) 居住地域:東京都

排気量:2500cc トランスミッション:CVT
平均燃費:17.0km/ℓ
長所:エクステリアが素晴らしい。アクセルのつきが良い。インテリアのナビの位置が良い。
短所:取り回しが悪い。最小回転半径が大き過ぎ。

評価
外観:★★★★★ フロントフード、サイドライン秀逸。
室内:★★★★★ アンシンメトリーがカッコいい。
走行性能:★★★★★ 必要十分。
燃費性能:★★★★★ まぁ良いと思う。
装備:★★★☆☆ 改良まえのモデルなので。
満足度:★★★★★ 文句無し。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「狭い路地ではすれ違いが大変」

2017年式 「コストパフォーマンスがかなり高いが、ボディサイズが大きいので場所を選ぶ」

ニックネーム:けん 年式グレード:2017年式 性別:男性(30代) 居住地域:岡山県

排気量:2500cc トランスミッション:CVT
平均燃費:18.0km/ℓ
長所:車内が静かで、心地よい。モーターによる加速感。ドライブポジションの低さ。
短所:ブレーキホールドがエンジンをオフにする度にリセットされる。駐車場を選ぶ。

評価
外観:★★★★☆ ホイールハウスが少し大きい。
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★★☆ 
満足度:★★★★★ 

このクルマの購入を検討している人にひと言
「コストパフォーマンスがかなり高い。ただ、ボディサイズが大きいので場所を選ぶ。内装の質感は値段の割にチープな部分がある」

初代 A4/5型 (1980 - 1982年)

初代モデル 1980年型

初代モデルは1980年1月に、高級スペシャリティカーのセリカのセダン版として発売され、「セリカ・カムリ」を名乗る。2代目セリカと2代目カリーナの姉妹車であり、歴代カムリの中では最初で最後の後輪駆動モデル。販売期間もわずか2年2か月とかなり希少な車種とも言える。人によってはこの次の2代目を初代カムリと位置付けるが、現在はトヨタも本車を初代と位置付けている。

1982年式 2.0GT 「窓が大きくて見晴らしが良いため取り回しがしやすい」

ニックネーム:さかきみなと 年式グレード:1982年式 2.0GT 性別:男性(40代) 居住地域:栃木県

排気量:2000cc トランスミッション:MT
平均燃費:8.5km/ℓ
長所:窓が大きくて見晴らしが良いため取り回しがしやすい。着座位置と視点が低くてスポーティー。
短所:古い車なので安全性に問題がある。故障すると部品が出てこない。

評価
外観:★★★★☆ 近い年式のシャシー共用の車の中では一番格好良い。
室内:★★★☆☆ シートの布地やダッシュボード周りの内装は好きだが、経年劣化に非常に弱い。
走行性能:★★★☆☆ 
燃費性能:★★★★☆
装備:★☆☆☆☆ 
満足度:★★★★☆ 錆や前オーナーの事故痕以外は非常に満足。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「錆がない車は、存在しないと思った方が良い。フロアが無事で、室内側にサビ穴が原因の雨漏りがなければOK。過去の事故歴は確認が必要。あとになって事故痕から腐食してくる。エンジンのオイル漏れや水漏れのチェックは必要。油圧が高いエンジンは、ライン詰まりを起こしているので要OH」

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ