Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. イベント
  3. イベント

エンジンはバイク用、ボディはアルミ製! 6輪タイレルこと「ティレルP34」の精巧レプリカ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ティレルP34をアルミで再現。

2021年6月20日に群馬県の「道の駅おおた」でクラシックカーとスーパーカーが展示されるイベント、サンブレフェスタが開催された。クルマ好きなら目移りしてしまう展示車ばかりだったが、今回の目玉は1970年代に活躍したF1の6輪タイレル(ティレルP34)。これがアルミ製のレプリカだというのだから驚きなのだ!

イベント「道の駅おおた」サンブレフェスタに6輪タイレルのレプリカが登場

道の駅おおたで開催されたサンブレフェスタの模様。群馬県「社会経済活動再開に向けたガイドライン」に基づいて消毒アルコールの設置やマスク着用などの感染予防対策が実施されたなかでの開催で、見学は無料ということで多くの来場者が見られた。

関東地方で梅雨入りしたばかりの6月20日、梅雨空はどこへ?というくらいの晴天に恵まれた群馬県太田市。この日、道の駅おおたを舞台にクラシックカーとスーパーカーが展示されるイベント「道の駅おおた」サンブレフェスタが開催された。

ティレルP34のレプリカ。

200円の募金で運転席に座れた。
道の駅おおたの建屋手前にズラリと並んだ名車たちが壮観だったが、今回の目玉はアルミで作られたティレルP34、いわゆる6輪タイレルと呼ばれた往年のF1レプリカだ。製作したのは、やはりアルミでランボルギーニ・イオタのレプリカを作り話題となったカスタムビルド&レストレーションWATAHIKIという日本の工場。そのアルミ板金の技は写真からも判断できるよう、まさに職人芸だ。

前4輪の特徴的なスタイル。
足周りもしっかり機能する。

ティレルP34最大の特徴であるフロント4輪のサスペンションも再現。完全な手作りだが、今の仕様は暫定的なもので将来的に変更されるかもしれないとのこと。オリジナルでは10インチの小径ホイールが採用されたが、レプリカを製作するために選ばれたのは旧ミニ用のハブだとか。タイヤはイギリス・エイボン社のものが手に入ったようだ。サスペンションは

市販車のパーツを流用したメーター周り。
アルミで製作されたシート。

もちろんコクピットも再現されているがバイク用のエンジンを搭載する都合上、メーターなどは市販車のものを流用している。そのため本物とは若干風情が異なるものの、アルミを叩いて成型したシートなどは圧巻の出来栄えだ。

インボード式リヤディスクブレーキ。
別仕様のカウルを製作中。

市販車のパーツを流用したのはリヤのサスペンションも同様。それなのにインボード式ディスクブレーキを再現するなど、試行錯誤の繰り返しだったろうことは想像に難くない。この完成度の高さは称賛に値するだろう。

また、1976年から1977年にかけて何度か仕様変更されたティレルP34らしく、形状の異なるカウルも製作中。今後の進化が楽しみだ。

6輪タイレル以外の展示車も見どころ満載だった。ここからは写真で当日の模様をお伝えしよう。

日独伊と様々な国籍の名車たち。
会場にはやはりスポーツカーが多かった。
ランボルギーニ・ミウラやフォードGT40も!
幅広い年式のモデルが集まった。
フォード・マスタング(左)とフェラーリ・テスタロッサ 。
スバル360(右)と日産スカイライン。
手前はジャガーCタイプ。
3台並んだロータス・ヨーロッパ。
ズラリと並んだフィアットX1/9。
ランチア・ベータ・モンテカルロ(右)とランチアY10。
参加者にはビンゴゲームで景品が贈られた。
道の駅おおた内に展示されたスバル360。
茨城のクラブ「バックヤードつくば」の石川会長がブース出展。

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ