Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【2022年】車用ワックスおすすめランキング15選|かけ方も解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、車用ワックスのおすすめ人気商品15製品を紹介します。

車用ワックスは、ボディー表面に塗布することで、まるで新車のような輝きを放たせることから愛用するドライバーが多いアイテムです。

とはいえ、製品選びや使い方を間違ってしまうと愛車を傷つけてしまったり十分な効果を得られなかったりといった一面も持っているアイテムでもあります。

そこで、愛車に合ったワックスの選び方に加え、正しいワックスがけの手順を紹介します。

※ランキングはAmazon「車用ワックス」売れ筋ランキングを参考

車用ワックスとは

車用ワックスとは、自動車のボディー表面に塗布することで新車のような輝きを持たせるためのアイテムです。蝋などの油脂成分を主な成分としているため艶を出すだけでなく、雨などの水をはじきやすくすることで水垢汚れの防止にも一役買っています。

ボディー表面に塗布するといった性質上、選び方や使い方を誤ると十分な効果が得られないほか、逆に愛車に傷をつけてしまう可能性もあるため、正しく選んで使う必要があります。

車用ワックスの基礎知識

  • 車用ワックスが必要な理由
  • 車用ワックスの効果・メリット
  • 車用ワックスと車用コーティング剤の違い

車用ワックスが必要な理由

基本的に自動車のボディーやバンパーは、金属や樹脂などの素材に塗装が施されていますが、その塗装面が傷んでしまったり水垢などの汚れが付いてしまったりすると本来の輝きを失ってしまいます。

車用ワックスは、ボディーやバンパーとなどに塗布することで塗装面に艶を出したり細かな傷を埋めたりして目立たなくすることに加え、水をはじくことで水垢などの付着から愛車を守ってくれるアイテムです。塗装面を保護するといった役割もありますが、傷そのものから守るわけではなく、あくまでもツヤを出すため塗布する油分となります。

車用ワックスの効果・メリット

車用ワックスを塗布することによって得られる効果は、愛車のボディーに艶を出して新車のような輝きを持たせることに加え、水はじきをよくすることによって得られる水垢の付着防止が主となります。また、ワックスに含まれる油脂性の成分がホコリの付着を防いでくれることや紫外線、酸性雨といった塗装面を傷つけてしまう原因から愛車を守ることも可能です。

さらにカーワックスは、カー用品店やホームセンターなどでも手軽に購入することができ、自分で容易に施工できるためコストを抑えられるといったメリットもあります。

車用ワックスと車用コーティング剤の違い

塗装の表面に薄い油脂性の成分を塗ることで雨やホコリなどの付着を防止する車用ワックスに対し、近年注目を集める車用コーティング剤は、塗装面上に硬い保護層を作り出すことで塗装面を保護するといった仕組みを持っています。

主にガラスやポリマーといった成分によって塗装面全体を覆うようにカバーするため、微細なホコリや砂などによる傷から塗装面を保護することができるうえ、長期間に渡って愛車の輝きを維持してくれるなどのメリットがあります。

ただし、施工にはコツがいることに加え、ボディー表面に汚れが付いたまま施工してしまうと汚れをコーティング内に閉じ込めてしまうといった恐れもあるため、業者に依頼するのが一般的。コーティング剤そのものが車用ワックスよりも割高なことに加え、施工の工賃も発生するため効果になりがちなのがデメリットです。

車用ワックスの選び方|主な3種類の特徴比較

以下では、車用ワックスの選び方のポイントを紹介します。

車用ワックスには、主に「固形タイプ」「半練りタイプ」「スプレータイプ」の3種類があります。それぞれの特徴を確認し、愛車に最適なタイプを選びましょう。

車用ワックスの選び方

  • 固形タイプはツヤや光沢感にこだわる人におすすめ
  • 半練りタイプはツヤ出しの他に水垢除去の効果もアリ
  • スプレータイプは塗布しやすい&価格も安い

固形タイプはツヤや光沢感にこだわる人におすすめ

車用ワックスと言えば、まず固形ワックスを思い浮かべる人が多いと言っても決して過言ではないほどポピュラーなタイプです。

この固形タイプは、塗装面に付いた汚れを落としたり細かな傷を目立たなくしたりするためのコンパウンドは含まれず、主に塗装面の艶出しと保護を目的とした製品が多いのが特徴です。

施工前にしっかりと塗装面の汚れを落とす必要があるほか、均一に塗布するにはややコツが必要となりますが、深い艶を出せるほか、他のタイプと比べて効果も長続きします。

半練りタイプはツヤ出しの他に水垢除去の効果もアリ

ペースト状となる半練りタイプは、ワックスがけの作業がしやすく比較的拭き取りも簡単なのが特徴。

ワックスとしての効果はもちろん、コンパウンド剤が配合されている製品が多いため、塗装面の汚れを強力に落とすことができるほか、表面の細かな傷を目立たなくするといった効果も期待できます。

艶出しや効果の持続性といった点では固形タイプには及びませんが、作業がしやすく手軽に利用できるといったバランスの良さから選ぶドライバーが多いタイプです。

スプレータイプは塗布しやすい&価格も安い

サッとひと拭きするだけでワックスがけができるといった手軽さから人気を集めているのがスプレータイプです。

艶出しや効果の持続性といった面では固形タイプや半練りタイプに及びませんが、作業時間が非常に短く済むため、ワックスがけに時間が取れないけど愛車に輝かせたいといったドライバーにおすすめ。

ドライやウェットタイプのシートにワックスが染み込ませてある製品も存在していますが、ホコリを巻き込んでしまうと塗装面に傷をつける恐れもあるので注意が必要です。

車用ワックスのかけ方【基本解説】

以下では、車のワックスがけに準備が必要な物やワックスがけの方法について解説します。

車用ワックスのかけ方

  • 車のワックスがけに必要な物
  • 車のワックスのかけ方・使い方
  • 車のワックスがけの注意点

車のワックスがけに必要な物

車のワックスがけは、基本的に塗布用のスポンジやクロスと仕上げ用のクロスさえあれば行うことができます。

しかし、塗装面に傷をつけないため、作業前には入念な洗車を行っておくことが重要です。

スポンジやカーシャンプー、拭き上げ用のクロスなど一般的な洗車道具に加え、微細な鉄粉を除去するための洗車用粘土などを使って塗装面を綺麗し整えておきましょう。

▼洗車に必要なもの

  • カーシャンプー
  • 柔らかなスポンジ
  • 洗車用粘土
  • 吹き上げ用クロス

▼ワックスがけに必要なもの

  • ワックス
  • ワックス塗付用スポンジ
  • 吹き上げ用クロス

車のワックスのかけ方・使い方

車のワックスがけは、塗装面を擦りながらワックスを塗布していくといった作業を伴うため、微細なホコリや砂粒、鉄粉などを塗装面に残したまま作業すると愛車に傷をつけてしまうことになります。そのため、ワックスがけを行う前は入念な洗車を行うことが大鉄則となります。

柔らかなスポンジとカーシャンプーで入念に洗車を行うと、見た目こそ綺麗になりますが実は塗装面には目には見えないほどの小さな鉄粉が刺さっていることも珍しくありません。こういった鉄粉は、洗車用の粘土を使うことで大半が除去することができるため、洗車用具にひとつ入れておくのがおすすめです。

ここでは、ワックスがけを行う前の下準備から実際のワックスがけの手順を紹介します。

  • 車全体を綺麗に洗車する
    ワックスがけの大鉄則は、車が綺麗な状態で作業すること。まずは、カーシャンプーを柔らかなスポンジに染み込ませて車全体を入念に洗車します。
  • 粘土を使って鉄粉をしっかりと取る
    カーシャンプーによる洗車が完了したら、洗車用の粘土を使って塗装面全体に付いている鉄粉を除去します。粘土を手のひら半分くらいまでの大きさに伸ばしたら、水を掛けながらやさしく粘土を塗装面になぞります。
  • 車体を綺麗に拭き上げる
    鉄粉除去が完了したら柔らかなクロスを使って車体全体を丁寧に拭き上げます。糸くずなどのホコリが付かないように拭き上げ専用のクロスを使うのがおすすめです。
  • ボディーにワックスを掛ける
    車体が十分に乾いたら、ワックスがけの作業を行います。車体の目立たないところに少量塗って薄く伸ばし、要領をつかんだら車体全体にワックスがけを行います。小さなホコリや砂などを巻き込んでしまうと車体に傷が付いてしまうため、細心の注意を払いましょう。
  • ワックスが適度に乾くまで待つ
    ワックスを塗ったら適度に乾くまで待ちます。温度や湿度によって乾き具合はまちまちですが、季節ごとの大まかな目安が製品の注意事項などに書かれているので参考にしてみてください。
  • ワックスを柔らかいクロスで拭き取る
    ワックスが乾いたら傷が付かないよう、優しく拭き上げます。この作業も車体を傷つけないように細心の注意を払いましょう。ワックス拭き上げようなどの専用クロスを使うのがおすすめです。

車のワックスがけの注意点

愛車をピカピカに魅せるためのワックス掛けですが、ひとつ間違ってしまうと逆に愛車の傷を増やしてしまうこともあります。そこで、ここではワックスがけを行う際の注意点について解説していきます。

注意点1. 車体が汚れているときは絶対NG

ワックスがけ最大の敵は“汚れ”にあります。ワックスがけはもちろん、拭き上げる際に小さな汚れを巻き込んでしまうと傷が付く原因になります。必ず洗車を行なってから作業を行ないましょう。

注意点2. 全体を一気にではなく狭い範囲ごとに作業する

ワックスは、塗ったその瞬間から乾き始めるため、全体を一気に塗るのではなく狭い範囲ごとに区切って塗っていくと乾きすぎや塗り残しを防げるのでおすすめ。

また、狭い範囲ごとに区切って作業をすることでワックスを厚く塗りすぎたり逆に薄く塗るといった具合に不均一になることを防ぐことができます。

注意点3. 円を描くように磨かない

ワックスがけのコツは、タテ方向とヨコ方向にそれぞれに薄く塗る“重ね塗り”にあります。この重ね塗りによってワックスの効果が持続しやすくなります。

また、円を描くように磨くといった人も見られますが、力が一定方向に原いないため、塗りムラが発生しやすくなります。また、細かな砂ぼこりなどが混入した場合、円を描くように磨いてしまうと塗装面に目立つ傷が付いてしまうこともあります。必ず一定方向に塗るように心がけましょう。

注意点4. 曇天を狙うとギラつかない

ワックスは、塗布したその瞬間から乾き始めますが、ボディーが熱くなる晴天時は、乾きすぎて拭き上げにくくなるケースも珍しくありません。

厚く塗りすぎてしっかりと拭き上げられないと、ぎらつきの原因となるため、ボディーが熱くなりにくい曇天時を狙って作業するのがおすすめです。

注意点5. 拭き上げは必ず柔らかいクロスで行う

いくらワックスを綺麗にかけても拭き上げに失敗しては、すべての苦労が水の泡となります。ワックスの拭き上げは、塗装面へ傷をつけることを防止するため、必ず柔らかなクロスを使って行いましょう。

車用ワックスおすすめランキング15選

以下では、人気の車用ワックスおすすめ製品をランキング形式で紹介します。

おすすめ1位:シュアラスター カーワックス マンハッタンゴールド ワックス ジュニア

シュアラスター カーワックス マンハッタンゴールド ワックス ジュニア
世界でもっとも上質と言われるブラジル産のカルナバ蝋のなかでも希少で最高級と言われるコスメティックグレードをふんだんに使った本格派カーワックス艶消し塗装を除く全色に対応した固形タイプとなっており、内容量は100gと中型車なら約6台分とたっぷりと塗布することができます。

メーカーシュアラスター
製品名マンハッタンゴールド
タイプ固形タイプ
成分純植物性天然カルナバ蝋(主成分)
用途・塗装塗色ボディ用
内容量100g
参考価格2,340円
公式サイトシュアラスター 公式サイト

おすすめ2位:ソフト99 光鏡面WAX ダーク&ブラック車用

ソフト99 光鏡面WAX ダーク&ブラック車用
ブラックやダーク系の塗装色専用の固形タイプ。

新開発の超微粒子パウダー配合でワックスがけと同時に塗装面の傷も目立たなくしてくれます。乾燥や拭き取りといったワックスがけ時の面倒な作業は不要で、専用クロスにワックスをとりボディーに塗り込むだけで新車のような輝きが取り戻せます。

メーカーソフト99コーポレーション
製品名光鏡面ワックス ダーク&ブラック車用
タイプ固形タイプ
成分ワックス・シリコーンオイル・樹脂・超微粒子パウダー・石油系溶剤
用途・塗装塗色自動車ボディの塗装・ブラック車専用・細かい部分のキズ消し
内容量200g
参考価格オープン価格
公式サイトソフト99コーポレーション 公式サイト

おすすめ3位:シュアラスター カーワックス マスターワークスシリーズ

シュアラスター カーワックス マスターワークスシリーズ
上質な仕上がりと施工性を追求したシュアラスターの最上級固形ワックスがこちら。天然のカルナバ蝋の中でも最高級のコスメティックグレードを原料とし、1缶ずつ職人が手作業で充填。均一な塗布と滑らかな施工を実現する天然セルロースを使用した専用スポンジが同梱されているのも嬉しいポイントです。

メーカーシュアラスター
製品名マスターワークスシリーズ
タイプ固形タイプ
成分
用途・塗装塗色ノーコンパウンド・全塗装色対応
内容量100g
参考価格4,400円
公式サイトシュアラスター 公式サイト

おすすめ4位:シュアラスター カーワックス インパクト

シュアラスター カーワックス インパクト インパクト(S-03)
シュアラスター カーワックス インパクト インパクト(S-07)

カーワックスの老舗、シュアラスターの名を世に知らしめたベーシックグレードの固形タイプワックス。天然のカルナバ蝋の持つ自然な輝きを十分に堪能できるロングセラーモデルとして位置づけられる製品です。コンパウンドは含まれておらず、艶消し塗装を除くすべての塗装色に対応しています。

メーカーシュアラスター
製品名インパクト(S-03)
インパクト(S-07)
タイプ
成分天然カルナバ蝋
用途・塗装塗色自動車ボディの塗装・全塗装色対応
内容量インパクト(S-03):280g
インパクト(S-07):100g
参考価格インパクト(S-03):1,800円
インパクト(S-07):860円
公式サイトシュアラスター 公式サイト

おすすめ5位:シュアラスター カーワックス クイックワックス

シュアラスター カーワックス クイックワックス
天然カルナバ蝋を配合したブレンド技術で深みのある艶と輝きを演出するスプレータイプの車用ワックス。洗車不要でサッとひと拭きするだけで施工できるため、場所を選ばず、簡単に洗車とワックス掛けが行なえます。固形ワックスのメンテナンスとして利用するのもおすすめです。

メーカーシュアラスター
製品名クイックワックス
タイプスプレータイプ
成分
用途・塗装塗色自動車ボディの塗装・全色対応・撥水保護
内容量400ml
参考価格1,540円
公式サイトシュアラスター 公式サイト

おすすめ6位:シュアラスター カーワックス スーパースター

シュアラスター カーワックス スーパースター(S-14)
シュアラスター カーワックス スーパースター(S-19)

スーパースターは、シュアラスターの代名詞とも言える4つのロングセラーカルナバワックスの中で、上級グレードにあたるモデルです。

最上級のカルナバ蝋に、酸性雨からボディを守る耐久性の高い強化剤を組み合わせ、深みのある美しい愛車のツヤを長期間キープできます。

専用スポンジ付きで、100g缶と210g缶がラインナップされています。

メーカーシュアラスター
製品名カーワックス スーパースター
タイプ固形タイプ
成分純植物性天然カルナバ蝋
用途・塗装塗色ボディ用
内容量S-19:100g
S-14:210g
参考価格S-19(100g):2,750円
S-14(210g):4,510円
公式サイトシュアラスター 公式サイト

おすすめ7位:リンレイ コンパウンドワックス

リンレイ コンパウンドワックス(ホワイト&シルバーメタリック車用 180g)
リンレイ コンパウンドワックス(ダーク&メタリック車用 180g)

リンレイのコンパウンドワックスは洗車後の愛車のケアを簡単に済ませたい方におすすめのキズ消し・鏡面仕上げ・ワックスが同時完了できる固形ワックスです。

超極細マイクロセラミックパウダーが従来のキズ消しワックスでは落とせなかったような洗車キズまで消して、ボディを鏡面に仕上げてくれます。

ダーク&メタリック車用とホワイト&シルバーメタリック車用の2種類がラインナップされているので、愛車のカラーに合わせて選びましょう。

メーカーリンレイ
製品名コンパウンドワックス
タイプ固形タイプ
成分アクリル系ポリマー・合成ろう・石油系溶剤・研磨剤
用途・塗装塗色塗装の保護・艶出し
内容量180g
参考価格1,519円
公式サイトリンレイ 公式サイト

おすすめ8位:ソフト99 ミラーシャインWAX固形 ダークカラー車用

ソフト99 ミラーシャインWAX固形 ダークカラー車用
ミラーシャインWAXは、塗り込むだけで施工が完了できる手軽さで、鏡のようなクリアなツヤを長期間キープできる固形タイプのワックスです。

付属の専用マイクロファイバーで塗り込むだけで、当たり前だった乾燥待ちや拭き取り作業が不要のため、ワックス施工の時間を大幅に短縮できます。

簡単施工にも関わらず、強固な被膜を形成してツヤを3ヶ月キープできます。

メーカーソフト99
製品名ミラーシャインWAX固形 ダークカラー車用
タイプ固形タイプ
成分ワックス・樹脂・石油系溶剤
用途・塗装塗色艶出し・ダークカラー車用
内容量200g
参考価格オープン価格
公式サイトソフト99 公式サイト

おすすめ9位:シュアラースター カーワックス ザ・シュアラスター

シュアラースター カーワックス ザ・シュアラスター(S-01)
シュアラースター カーワックス ザ・シュアラスター(S-12)

シュアラスターの代表的な4つのロングセラーモデルの中で、特に被膜の美しさと施工の簡易性の両立にこだわったアッパーグレードのワックスです。

固形タイプとは思えないほど滑らかに伸び、拭き取りやすいため、初めての固形ワックスとしても難易度が低く、カルナバ蝋ならではの深みのあるツヤにボディを仕上げられます。

ポリマー・コーティング車への定期的な施工にもおすすめです。

メーカーシュアラースター
製品名カーワックス ザ・シュアラスター
タイプ固形タイプ
成分純植物性天然カルナバ蝋
用途・塗装塗色自動車ボディの塗装全般
内容量S-12:100g
S-01:280g
参考価格S-12(100g):2,310円
S-01(280g):5,060円
公式サイトシュアラースター 公式サイト

おすすめ10位:リンレイ ジャパンワックス 固形

リンレイ ジャパンワックス 固形
「日本車のための日本の気候に適した固形ワックス」がキーワードのジャパンワックス。

カルナバ蝋と日本で江戸時代から使われるハゼノキから作られる木蝋を組み合わせることで、より長期間光沢が持続します。

また雨の多い日本の気候に合わせて撥水性が高められているため、固形ワックスながら液体コーティングのような水弾き効果も期待できます。

メーカーリンレイ
製品名ジャパンワックス 固形
タイプ固形タイプ
成分カルナバろう・合成木ろう・石油系溶剤
用途・塗装塗色塗装の保護・艶出し・白色~濃色のパール・マイカ・メタリック及びソリッド塗装
内容量200g
参考価格734円
公式サイトリンレイ 公式サイト

おすすめ11位:ソフト99 激防水ダーク&メタリック車用(固形)

ソフト99 激防水ダーク&メタリック車用(固形)
定期的な愛車メンテナンスはもっぱら洗車機という方におすすめの超ハードコートが魅力の固形ワックスです。

新開発の耐久防水樹脂「耐水FSIレジン」を配合することで、雨・水・酸性雨をシャットアウトし、被膜は洗車10回にも耐えられる強さを誇ります。

高い防水&撥水機能を発揮してくれるので、水垢の付着予防にも効果があります。

メーカーソフト99
製品名激防水ダーク&メタリック車用(固形)
タイプ固形タイプ
成分ワックス・樹脂・石油系溶剤
用途・塗装塗色撥水・防水
内容量300g
参考価格オープン価格
公式サイトソフト99 公式サイト

おすすめ12位:カーオール 車まるごとワックススプレー(晴香堂)

カーオール 車まるごとワックススプレー(晴香堂)
ボディーはもちろん、窓ガラスやホイール、ミラー、レンズにも使えるスプレータイプ。

サッとひと噴きするだけで洗車からワックスがけまでできる手軽さが大きな特徴です。全塗装力に対応しており、スプレータイプでありながら約2カ月も効果が持続するなど、手軽さと耐久力の両立を果たしています。

メーカー晴香堂
製品名カーオール 車まるごとワックススプレー
タイプスプレータイプ
成分
用途・塗装塗色全塗装色対応
内容量500ml
参考価格1,045円
公式サイト晴香堂 公式サイト

おすすめ13位:シュアラスター カーワックス エクストラプレミアムフォーミュラ

シュアラスター カーワックス エクストラプレミアムフォーミュラ
愛車ケアのためワックス品質にこだわるシュアラスター・ブラックレーベルの基本性能に、持続耐久性をプラスしたカーワックスです。

カルナバ蝋の深みのあるツヤはそのままに、アミノファンクショナルとの結合で皮膜の耐久性・持久性を大幅に高めているのが大きな特徴です。

さらにこだわる場合には、別売りの鏡面仕上げクロスで拭き上げると、より一層ツヤと光沢感が増します。

メーカーシュアラスター
製品名カーワックス エクストラプレミアムフォーミュラ
タイプ固形タイプ
成分カルナバ蝋・石油系溶剤
用途・塗装塗色塗装の保護・艶出し・全色対応
内容量200g
参考価格4,400円
公式サイトシュアラスター 公式サイト

おすすめ14位:リンレイ BLACX TYPE:H 黒専用 超耐久WAX

リンレイ BLACX TYPE:H 黒専用 超耐久WAX
ブラックカラー車専用に設計・開発され、被膜の耐久性に優れた固形ワックスです。

高純度のプレミアム天然カルナバ蝋と愛車のブラックカラーに寄与するDeepGlossWaxのW配合で、愛車のボディに今までにない重厚なツヤを与えてくれます。

また、高撥水MQレジンを配合することで転がるような水弾き効果もあり、雨からボディを強力に守ります。

メーカーリンレイ
製品名BLACX TYPE:H 黒専用 超耐久WAX
タイプ固形タイプ
成分石油系溶剤・シリコーン・カルナバロウ・合成ロウ
用途・塗装塗色塗装の保護・艶出し・黒色のパール・マイカ・メタリック及びソリッド塗装
内容量180g
参考価格1,980円
公式サイトリンレイ 公式サイト

おすすめ15位:ソフト99 極WAX(銀の極 固形)

ソフト99 極WAX(銀の極 固形)
極WAXは、透明感のあるツヤを重視する方向けにSOFT99が開発したプレミアム固形ワックスです。

愛車のカラーに応じてハイグロスポリマーとカルナバワックスを専用配合することで、鏡のようなクリアで透明感のあるツヤを実現しています。

耐久性にもすぐれ、一度の施工で最大約3ヶ月美しい仕上がりをキープしてくれます。

メーカーソフト99
製品名極WAX(銀の極 固形)
タイプ固形タイプ
成分ワックス・樹脂・石油系溶剤
用途・塗装塗色塗装の保護・艶出し
内容量200g
参考価格オープン価格
公式サイトソフト99 公式サイト

車用ワックスおすすめ製品の価格比較表

ワックス
参考価格
シュアラスター カーワックス マンハッタンゴールド ワックス ジュニア2,340円
ソフト99 光鏡面WAX ダーク&ブラック車用オープン価格
シュアラスター カーワックス マスターワークスシリーズ4,400円
シュアラスター カーワックス インパクトインパクト(S-03):1,800円
インパクト(S-07):860円
シュアラスター カーワックス クイックワックス1,540円
シュアラスター カーワックス スーパースターS-19(100g):2,750円
S-14(210g):4,510円
リンレイ コンパウンドワックス1,519円
ソフト99 ミラーシャインWAX固形 ダークカラー車用オープン価格
シュアラースター カーワックス ザ・シュアラスターS-12(100g):2,310円
S-01(280g):5,060円
リンレイ ジャパンワックス 固形734円
ソフト99 激防水ダーク&メタリック車用(固形)オープン価格
カーオール 車まるごとワックススプレー(晴香堂)1,045円
シュアラスター カーワックス エクストラプレミアムフォーミュラ4,400円
リンレイ BLACX TYPE:H 黒専用 超耐久WAX1,980円
ソフト99 極WAX(銀の極 固形)オープン価格

【Q&A】車用ワックスについて多い質問

以下では、ドライバーから車用ワックスについて多い質問・疑問に回答します。

Q&A

  • コーティグ車にワックス塗っても効果ある?
  • ボディー以外に塗っても大丈夫?
  • どれくらいの頻度でワックス掛けするのが正解?

Q. コーティング車にワックスを塗っても効果ある?

塗装面をガラスやポリマーでコーティングされた自動車にワックスを重ねて塗りたいと考えるドライバーも少なくありません。

しかし、これは逆効果。ワックスは紫外線に弱く劣化の原因となりますが、ワックスの劣化と同時にコーティングも劣化させてしまう恐れがあるため、コーティングの上にワックスを塗るのは避けるのが基本となります。

ただし、スプレータイプを中心にコーティング車対応の製品が存在しているので、コーティング車にさらなる艶と撥水効果を持たせたい場合に利用しましょう。

Q. ボディー以外に塗っても大丈夫?

スプレータイプを中心にガラスや樹脂パーツにも利用可能な製品が存在していますが、それ以外の車用ワックスをボディー以外のガラスや付属品などにワックスを塗るのも基本的にはNG。とくにガラスに塗布すると油膜によるぎらつきの原因となるので避けましょう。

あくまでもワックスは塗装面に艶を出すためのアイテム。ボディーやバンパーなど、塗装されている部分のみに塗布しましょう。

Q. どれくらいの頻度でワックス掛けするのが正解?

ワックスの効果は、一般的に固形タイプなら2~3カ月程度、半練りタイプなら1~2カ月程度、スプレータイプは1~2週間程度持つと言われています。ただし、最近は技術の進歩によって持続期間が長くなっている傾向にあります。

ワックスの再塗布は、それぞれの持続期間にあわせて行うのが基本。ただし、ワックスはシャンプー洗車に弱く効果が薄れてしまうため、洗車を行う場合は水洗いにとどめておくのが無難です。シャンプーを使って洗車したい場合は、ワックスをかけるつもりで行いましょう。

車用ワックス選びは口コミ・レビューも参考にしてみよう

車用ワックスには、様々な種類が存在しており、すべてを試すのは現実的ではありません。とはいえ、愛車に合ったワックスを選ばなければ、せっかく塗布しても逆効果に繋がりかねません。

賢い車用ワックス選びの第一歩は、実際に使っているユーザーの口コミやレビューを参考にすること。作業のしやすさや持続期間の長さ、艶の状態などの評判を参考に選んでみましょう。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。

これが本当の実燃費だ!ステージごとにみっちり計測してみました。 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ