Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

世界に1台! ランボルギーニ・イオタSVRのレストアが完了!

  • 2018/06/24
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

幻のスーパーカーとして知られるランボルギーニ・イオタ。6台製作されたランボルギーニ製イオタ・レプリカの中で唯一、張り出したリヤフェンダーなど独特のビジュアルを持つのがイオタSVRだ。ランボルギーニのレストア部門であるポロストリコにおいて、この世界に1台のスーパーカーのレストが完了したいという。

 スーパーカーに少しでも興味のある人なら、イオタという名前をご存知だろう。今やランボルギーニの伝説ともなっているイオタだが、その真実については諸説ある。だが1970年に開発責任者のボブ・ウォレスがミウラをベース(実際はシャシーも外板も別物)としたモータースポーツ用車両をワンオフ製作したことが発端となっているのは間違いないようだ。このクルマはFIAの車両規則J項からJ(イオタ)と呼ばれ、様々なテストも繰り返されたが、結局レースへの参戦は実現されなかった。そして1台だけ製作されたイオタは顧客に売却される。当時はこのようにテスト車両を売ってしまうということが行われていたのだ。

 しかし、そのイオタは何と事故によって全損してしまい、イオタはこの世から姿を消してしまう。一方イオタの話を聞きつけた裕福な顧客たちからは「自分にもイオタを作ってくれ」という要望が殺到する。そこでランボルギーニはミウラをベースにしたイオタレプリカを数台製作する。これがとりあえず現在は「本物のイオタ」と呼ばれているもの。最も正式名称はあくまでミウラSVJだ。

 ところがこのイオタの中に1台だけ、リヤフェンダーが大きく張り出したクルマがある。シャシーナンバー3781のこのクルマはイオタSVR(ミウラSVR)と呼ばれて特別な存在とされてきた。何しろオリジナルの本物イオタもリヤフェンダーが張り出していたので、このシャシーナンバー3781はイオタの姿を最も忠実に再現しているとも言えるのだ。
 この個体はランボルギーニがイオタレプリカを作製したずっと後に、あるオーナーが自らのミウラをランボルギーニに持ち込んでイオタへの改造を依頼したもの。ベースとなったのは1968年式のミウラSで、1974年から18ヵ月かけてランボルギーニ本社工場で改造された。

イオタSVRは膨らんだリヤフェンダー以外に、ルーフスポイラーやBBSホイールといった特別な装備を持つ。
 そしてこのたびランボルギーニのレストア部門、ポロストリコにおいて、このイオタSVRのレストアが完了したと発表された。
 実はこの車は40年ほど前からずっと日本にあり、そのため今回のレストア完了お披露目も岡山にある中山サーキットで行われた。

 レストア作業に19ヵ月も要したというだけあって、真紅のボディは素晴らしい仕上がりだ。リヤフェンダーが膨らんだことでさらに強調されたボディの曲面も美しい。ポロストリコのディレクターであるパオロ・ガブリエル氏によるとオリジナルと異なるのはサベルトの4点式シートベルトとバケットシート、着脱式となったロールバーだけだという。

 ポロストリコは2015年に開設。過去のモデルのレストアやパーツの供給、ヒストリックモデルの公式認定証の発行などを通じてヴィンテージモデルの維持をサポートしている。今後もこのイオタSVRのように歴史的価値のあるスーパーカーを美しく蘇らせ、我々の目を楽しませてくれるだろう。

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ