Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 508

PEUGEOT 508L プジョー508のロングボディがデビュー!【2018広州国際モーターショー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

これぞ中国! ハイエンドサルーンのみならず、D〜Eセグメントにもロング仕様のセダンが求められる中国マーケット。まだ日本へ導入されていない新型プジョー508だが、広州モーターショーでは早くもロング仕様が登場した。これがまた意外にカッコよくて……。

ミドルクラスでもロングバージョンは必須!

 メルセデス・ベンツであればSクラス、BMWであれば7シリーズに、それぞれロングと呼ばれるストレッチ仕様があるのはみなさんご存知の通り。日本にも導入されている。だがしかし、中国市場では何年も前からEクラスや5シリーズにもストレッチ仕様がラインナップされているのだ。

 これはミドルクラスでもショーファーリムジンとして使われることが多い……というわけではなく、ドライバーズカーでも「どうだ! 広いだろう」と自慢したいから、という中国人の嗜好によるものだそうだ。

 そんなわけで広州モーターショーで早くも登場したプジョー508のロングバージョン、その名も「東風(DongFeng)プジョー500L」をとくとご覧あれ!

相変わらずカッコイイ! まったくバランスも崩れていない。これはアリですね。
広角レンズで画像が歪んでいるからわかりにくいが、これが標準ボディと言われても違和感はない。

 全長は標準ボディよりも100mm伸びて4856mm、ホイールベースは55mm伸びて2848mmとなった。標準ボディを基準に絶妙なバランスでデザインされたはずの508のエクステリアだが、こうして見るとこれはこれで妙にカッコイイから不思議だ。

 肝心のリヤシートの写真がまだ入手できていないが、伸ばされたホイールベースの恩恵はほぼすべてリヤパッセンジャーの足元スペースの拡大に充てられている模様だ。

 508の日本上陸はもう少し待つ必要がありそうだが、一方の中国では専用ボディまで登場。なんだかちょっと羨ましい。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ