Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. モータースポーツ
  3. モータースポーツ

2018 Global Mazda MX-5 Cup Challenge / Sebring International Raceway 米国セブリングで開催! マツダ・グローバルMX-5カップ「世界一決定戦」で日本人ドライバーが大活躍!! ワンメイクレースの魅力を探る【レースレポート】

このエントリーをはてなブックマークに追加

参加者たちが語る、グローバルMX-5カップの魅力とは?

 日本からは、シリーズチャンピオンの堤優威、シリーズ2位である吉田綜一郎のふたりに、米国シリーズにフル参戦したレーサー鹿島が加わり、日本人選手3名が挑戦した。

 リザルトは欄外にあるとおりだが、とくに堤の第1レースで決めた優勝は本当に素晴らしい内容だった。

 堤は、グローバルMX-5カップの魅力について「イコールコンディションが徹底されているところが凄い。ドライバーは安心してレースができる」と説明している。

 そして、世界一の座は第2レースの結果も踏まえて決まるのだが、第2レースは45分後の最終コーナーでトップに立ったネザニアル・スパークスが優勝。なんと2度目のグローバルMX-5カップ世界王者の座を射止め、5万ドル(邦貨で約560万円)の賞金を獲得した。

「来年もこのクリーンでイコールコンディションのグローバルMX-5カップにチャレンジしていくつもりだ」とスパークスは世界一の喜びを語った。

 第2レースで吉田は8位入賞、堤はレース序盤で接触を受けたが15位で完走を果たした。

 日本でグローバルMX-5カップに参加する選手のアドバイザーを務める山田英二氏は、ふたりの活躍について次のように分析する。

「彼らは速いですよ。優威は、マツダのロードスター・パーティレースからステップアップした生え抜きですし、吉田くんも初めての海外挑戦でしっかりと結果を出していることが凄いと思います。優威は対応力があり、2016年の世界一決定戦(エキシビションマッチ)で3位表彰台を獲得し、国内の他のワンメイクレースでも優勝しています。吉田くんは慎重で、少しずつステップアップしてくタイプですね。このようにグローバルMX-5カップはドライバーを育てるカテゴリーだと思います」

 また、グローバルMX-5カップ米国シリーズのスカラシップ制度は、シリーズチャンピオンになると奨学金として20万ドル=約2200万円が進呈されるため、ステップアップを目指すドライバーには大きな魅力となっている。その一方で、ビジネスとして成功している人が趣味として楽しむ、いわゆる“ジェントルマンドライバー”の参戦が多いのも特徴である。

 2018年、その米国シリーズにフル参戦した鹿島は「グローバルMX-5カップのような海外レースに参戦することはハードルが高いと思っている人が多いと思いますが、スポット参戦でも良いので挑戦してほしいですね。ボクでも参戦できるのですから(笑)」と話している。

 これほど大きな魅力に溢れるグローバルMX-5カップ。心から「楽しい!」と思える、素晴らしい体感をするために皆さんもチャレンジしてみてはいかがだろうか。

■世界一決定戦の「ダイジェスト動画」はコチラ
MX-5カップ公式サイト内のギャラリーページに掲載!!

https://mx-5cup.jp/archives/gallery/3065

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ