Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

ジャンプスターターおすすめ人気ランキング15選|使い方も解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、おすすめのジャンプスターターをランキング形式で紹介します。

車のキーを回す、またはスタートボタンを押したときにセルモーターの音が弱々しい。これはバッテリー上がりの前兆というか、直前状態。その後すぐにエンジンがかからなければもうアウト。JAFのお世話になるしかないのですが…。

ご安心ください。車のなかに載せられるコンパクトなジャンプスターターがあるのです。

※Amazon「車用ジャンプスターター」売れ筋ランキングを参考

ジャンプスターターとは?

Anker Roav ジャンプスターター Pro(12V/800A/8000mAh)

ジャンプスターターとは、車のバッテリーが上がってしまった(放電してしまった)とき、一時的に電力を供給できるカーアクセサリーの一種です。

以前までは1つ数キロの重さがある高価で大型のジャンプスターターが多かったのですが、近年はスマートフォンなどの充電に使うモバイルバッテリーのようなサイズの小型のジャンプスターターも増えてきました。このバッテリー部にブースターケーブルがセットになっていることが大半です。

これらの小型のジャンプスターターは価格帯も控えめで、購入しやすいものが多くあります。また万が一の災害時に活躍してくれるLEDライトが組み込まれている製品もあります。

ジャンプスターターの使い方|バッテリー上がり対策

バッテリー上がり対策として、ジャンプスターターの基本的な使い方を紹介します。

    ジャンプスターターの使い方

  • ジャンプスターターのバッテリー残量を確認する
    電源ボタンを押し、バッテリー残量を教えてくれるインジケーターやディスプレイを見て残量を確認します。もし75%を下回っているようなら100%になるまでジャンプスターターを充電します。
  • ブースターケーブルを車のバッテリー端子につなぐ
    黒いクランプを車のバッテリーのマイナス端子につなぎ、赤いクランプをバッテリーのプラス端子につなぎます。
  • ブースターケーブルをジャンプスターターにつなぐ
    ブースターケーブルのコネクターをジャンプスターターに接続します。
  • ジャンプスターターの状態が整ったら車のエンジンをかける
    ジャンプスターターもしくはブースターケーブルの状態を確認して、問題がなければエンジンをかけます。もしエンジンが1度でかからなかったら、数十秒のインターバルをおいて、改めてエンジンをかけましょう。

ジャンプスターターの種類・選び方を解説

YABER ジャンプスターター(12V/800A/12000mAh)
Anker Roav ジャンプスターター Pro(12V/1000A/12800mAh)

以下では、ジャンプスターターの種類・各特徴や選び方のポイントを紹介します。

ジャンプスターターの電池の種類と特徴

ジャンプスターターのバッテリーには、様々な種類の蓄電池が用いられています。ここでは採用例が多いリチウムイオン電池リチウムマンガン電池リチウムポリマー電池の3つについて解説します。

容量とサイズのバランスがいいリチウムイオン・マンガン電池

リチウムイオン電池はスマートフォンなどの機器にも使われている電池で、コンパクトかつ安価です。しかし大電力を一気に出力するのが難しく、主に小排気量向けのジャンプスターターで使われています。

リチウムマンガン電池はリチウムイオン電池より安全性が高いもの。しかし大電力の扱いは同じく苦手です。

コンパクトさを追求するならリチウムポリマー電池搭載モデル

リチウムポリマー電池は、蓄電池の内部はリチウムイオン電池とほぼ同じものとなります。ただし液体ではなく、ゲル状の電解液を用いています。また外側の素材がラミネートであるタイプもリチウムポリマー電池と呼ばれることがあります。こちらも瞬間的な大電力が扱いにくいのですが、他の蓄電池を用いたものより小型化できるというメリットがあります。

スマホ充電に対応したモデルなら日常で使える

近年のジャンプスターターには、USB端子を備えているモデルが増えました。これはスマートフォンやデジカメなどの機器を充電するためのポートで、別に充電用としてmicroUSB端子を持つモデルも増えました。そういったジャンプスターターのメーカーはUSBモバイルバッテリーを作り続けてきたところが多く、USBモバイルバッテリーとしても使えるようなサイズ感でまとめているため、車に乗らないときでも活用できます

トラックでも使いたいならボルト数(V)に注目

一般の乗用車に使われているバッテリーは12Vです。しかしトラックやバスなどの大型車には24Vバッテリーが使われています。12V専用のジャンプスターターでは、これらの車両のエンジンをかけることはできません。24V対応製品を使う必要があります。ジャンプスターターを選ぶ時は、ボルト数を確認するようにしましょう。

最大電流(A)値が多いセルモーターは大排気量車でも安心

大排気量車はセルモーターも強力なものが使われています。そのため大排気量車のオーナーがジャンプスターターを買う場合、強力なセルモーターを回せるだけのパワーがあるモデルを選ぶ必要があります。最大電流(A)値が多いジャンプスターターを狙うのが一般的です。対応する排気量を明記している製品もあるので、心配な人はスペック欄をよく確認しましょう。

完全放電対策には電池容量(mAh)の多いモデルを

セルモーターが回らないどころか、メーターパネル内のインジケーターや室内灯も光らないことがあります。これはバッテリーが完全放電した状態です。この状態では何度かクランキングしないとエンジンがかからないことが多いです。対策としては、電池容量が多いジャンプスターターを使うこと。低容量のジャンプスターターは数回のクランキングで電力を使い果たしてしまうことがあるためです。

ジャンプスターターおすすめ人気ランキング15選

以下では、ドライバーに人気のおすすめジャンプスターターをランキング形式で紹介します。

おすすめ1位:PHILIPS ジャンプスターター(12V/800A/12000mAh)

PHILIPS ジャンプスターター(12V/800A/12000mAh)
6.0Lまでのガソリン車、3.0Lまでのディーゼル車に対応したジャンプスターター。防水・防塵設計かつ-20℃~60℃までの環境で利用可能。100ルーメンのLEDライトを装備しており、水辺でも夜でも使用できます。スマートフォンなどを充電できる、大型・大容量のモバイルバッテリーとしても活用できます。

メーカー PHILIPS
商品名 ジャンプスターター ‎DLP8086NB/11
ボルト数(V) 12V
ピーク電流(A) 800A
バッテリー容量(mAh) 12000mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ2位:Arteck ジャンプスターター(12V/800A/8000mAh)

Arteck ジャンプスターター(12V/800A/8000mAh)
最大20回までのジャンプスタートに対応する8000mAhのバッテリー容量を持っているジャンプスターターで、対応するのは5.0Lまでのガソリン車、3.0Lまでのディーゼル車です。コンパクトに収納できるサイズですがそのぶんブースターケーブルも短いので、バッテリーに端子が見えやすい位置にある車両に向いています。

メーカー Arteck
商品名 ジャンプスターター‎ k12-JP
ボルト数(V) 12V
ピーク電流(A) 800A
バッテリー容量(mAh) 8000mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ3位:BUTURE ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)

BUTURE ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)
6000ccまでのガソリンエンジン車と、5000ccまでのディーゼルエンジン車に対応したジャンプスターターです。ショート・逆接続・過放電など、操作ミスやバッテリーの状態を見張ってくれる機能つき。クランキングは20回まで可能です。内蔵のLEDライトは点滅やSOSなどの光り方を選ぶことが可能で、見通しの悪い場所で起きたトラブルに際し、後続車に位置を知らせることができます。

メーカーBUTURE
商品名BUTURE ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)
ボルト数(V)12V
ピーク電流(A)800A
バッテリー容量(mAh)12800mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ4位:UTRAI ジャンプスターター(12V/2000A/22000mAh)

UTRAI ジャンプスターター(12V/2000A/22000mAh)
ハイパワーな作りのジャンプスターターで、8000ccまでのガソリンエンジン車と、6500ccまでのディーゼルエンジン車に対応しています。クランキング回数も満充電で30回までと多く、ジャンプスターターでのエンジンがかかりにくい寒冷地でのバッテリー上がりでも頼れる存在となります。USB機器の充電ポートはUSB Type-AとUSB Type-C。マルチに使えるモデルです。

メーカーUTRAI
商品名UTRAI ジャンプスターター(12V/2000A/22000mAh)
ボルト数(V)12V
ピーク電流(A)2000A
バッテリー容量(mAh)22000mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ5位:BRPOM ジャンプスターター(12V/3000A/26800mAh)

BRPOM ジャンプスターター(12V/3000A/26800mAh)
他製品より高めの価格帯ですが、10Lガソリン車(現行モデルで存在するのでしょうか!?)・8.0Lディーゼル車のセルスターターを60回も回せる大容量バッテリーをもっているのが同機です。充電量量が多いために、1回充電しておけば1年放置していても電力が残ったまま。万が一のバッテリーあがりのときでも安心して使えます。

メーカー BRPOM
商品名 ジャンプスターター‎ BM300
ボルト数(V) 12V
ピーク電流(A) 3000A
バッテリー容量(mAh) 26800mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ6位:UTRAI ジャンプスターター(12V/2000A/24000mAh)

UTRAI ジャンプスターター(12V/2000A/24000mAh)
まさに一台四役。ジャンプスターター、モバイルバッテリー、LEDライトに加え、タイヤに空気を入れるエアコンプレッサーとしても使える多機能モデルです。対応車は8000ccまでのガソリンエンジン車と、6500ccまでのディーゼルエンジン車。エアコンプレッサーのパワーは1035kpa(約10バール)もあるので、SUVのタイヤの空気も入れられます。

メーカーUTRAI
商品名UTRAI ジャンプスターター(12V/2000A/24000mAh)
ボルト数(V)12V
ピーク電流(A)2000A
バッテリー容量(mAh)24000mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ7位:YABER ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)

YABER ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)
対応車種は6500ccまでのガソリンエンジン車と、5000ccまでのディーゼルエンジン車満充電状態であれば、30回のクランキングが可能です。先端部に金属製のパーツがついていますが、これは万が一の水没時などにドアウィンドウを割って脱出するための脱出用ハンマー代わりとなるもの。ボディ形状も片手で握りやすいものとなっています。

メーカーYABER
商品名YABER ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)
ボルト数(V)12V
ピーク電流(A)800A
バッテリー容量(mAh)12800mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ8位:Cocypower ジャンプスターター(12V/400A/8000mAh)

Cocypower ジャンプスターター(12V/400A/8000mAh)
充電時の問題となる過電流、高電圧、過熱の保護機能や保管時の問題となる過放電、低電圧の保護機能を備えたジャンプスターター。グローブボックスやドアポケットにも入るコンパクトモデルで、バイクの充電用としても適しています。耐衝撃テストはしておらず、高い場所から地面に落とすことがないように注意する必要があります。

メーカー Cocypower
商品名 ジャンプスターター‎ ‎0100-5600
ボルト数(V) 12V
ピーク電流(A) 400A
バッテリー容量(mAh) 8000mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ9位:DINKALEN ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)

DINKALEN ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)
5.0Lまでのガソリン車または6.0Lまでのディーゼル車に対応した、使いやすいジャンプスターター。ブースターケーブルにインジケーターがあり、使用する前にジャンプスターターの状態がチェックできるので安心です。モバイルバッテリーとしても使用可能。USB Type-C入力・出力端子つきで、スマホの充電も高速に行なえます。

メーカー DINKALEN
商品名 ジャンプスターター‎ ‎DN100
ボルト数(V) 12V
ピーク電流(A) 800A
バッテリー容量(mAh) 12800mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ10位:FNNEMGE ジャンプスターター(12V/2000A/21800mAh)

FNNEMGE ジャンプスターター(12V/2000A/21800mAh)
8000ccまでのガソリンエンジン車・6500ccまでのディーゼルエンジン車に対応したジャンプスターターです。電流保護やショート保護などの機能を持ったスマートクランプを採用しており、ジャンプスターターの扱いになれていない人でも安心して使えます。特徴的なのはDC12Vの出力ポートがあること。このジャンプスターターで、シガーソケットに接続する機器の電力をまかなえます。

メーカーFNNEMGE
商品名FNNEMGE ジャンプスターター(12V/2000A/21800mAh)
ボルト数(V)12V
ピーク電流(A)2000A
バッテリー容量(mAh)21800mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ11位:UTRAI ジャンプスターター(12V/1000A/13000mAh)

UTRAI ジャンプスターター(12V/1000A/13000mAh)
ジャンプスターターの動作状態がわかるスマートクランプケーブルにはスピーカーが内蔵されており、接続部を間違えるなどのミスがあったときはアラームで警告してくれます。また自動車に積載されているバッテリーの電圧を測ることもできます。ただしスマートクランプケーブルのサイズそのものが大きい。ECサイト上の写真よりも大きいので注意が必要です。

メーカー UTRAI
商品名 ‎JS-mini
ボルト数(V) 12V
ピーク電流(A) 1000A
バッテリー容量(mAh) 13000mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ12位:YABER ジャンプスターター(12V/2000A/20000mAh)

YABER ジャンプスターター(12V/2000A/20000mAh)
パワフルな仕様で、ガソリンエンジン車は排気量を問わずクランキングできますし、ディーゼルエンジン車は8000ccまで対応しているジャンプスターターです。防水・防塵・耐衝撃性能にも優れており、自動車だけではなくバイク、ジェットスキー用のジャンプスターターとしても使えます。USBポートはQuick Charge 3.0(5V/3A)に対応しています。

メーカーYABER
商品名YABER ジャンプスターター(12V/2000A/20000mAh)
ボルト数(V)12V
ピーク電流(A)2000A
バッテリー容量(mAh)20000mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ13位:Arteck ジャンプスターター(12V/800A/12000mAh)

Arteck ジャンプスターター(12V/800A/12000mAh)
5.0Lまでのガソリン車に対応した、スタンダードなジャンプスターターです。プッシュ式の電源ボタンのほかにスライド式のスイッチも備わっており、ジャンプスタート時の手間はかかりますが安全に車のセルモーターを動かせます。USB Type-Cコネクタがありますが、これは5V/3A入力用。ジャンプスターターそのものを充電する際に使います。

メーカー Arteck
商品名 ジャンプスターター‎ ‎A7
ボルト数(V) 12V
ピーク電流(A) 800A
バッテリー容量(mAh) 12000mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ14位:YABER ジャンプスターター(12V/2500A/23800mAh)

YABER ジャンプスターター(12V/2500A/23800mAh)
12Vのみの対応ですが、ガソリンエンジン車は排気量を問わずクランキングできるジャンプスターターです。ディーゼルエンジン車は8000ccまで対応しています。ジャンスプターター側のバッテリー残量がパーセント表示されるので、自然放電状態をいつでも確認できます。コンパスや脱出用ハンマーなどの機能もついており、多機能緊急ツールとしても使えます。

メーカーYABER
商品名YABER ジャンプスターター(12V/2500A/23800mAh)
ボルト数(V)12V
ピーク電流(A)2500A
バッテリー容量(mAh)23800mAh
参考価格
公式サイト

おすすめ15位:YABER ジャンプスターター(12V/1200A/15000mAh)

YABER ジャンプスターター(12V/1200A/15000mAh)
IP68等級の防水性能を持つ数少ないジャンプスターター。雪に埋まっても、水たまりくらいの場所であれば水の中に沈んだ状態でも壊れません。もちろん使用時はすべての水分を飛ばす必要がありますが、場所を選ばずに使える性能は大きなメリットとなります。USBポートはQuick Charge 3.0に対応しており、スマートフォンの急速充電にも対応しています。

メーカー YABER
商品名 ジャンプスターター‎ ‎YR100
ボルト数(V) 12V
ピーク電流(A) 1200A
バッテリー容量(mAh) 15000mAh
参考価格
公式サイト

ジャンプスターターおすすめ製品の価格比較表

ジャンプスターター
価格
PHILIPS ジャンプスターター(12V/800A/12000mAh)
Arteck ジャンプスターター(12V/800A/8000mAh)
BUTURE ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)
UTRAI ジャンプスターター(12V/2000A/22000mAh)
BRPOM ジャンプスターター(12V/3000A/26800mAh)
UTRAI ジャンプスターター(12V/2000A/24000mAh)
YABER ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)
Cocypower ジャンプスターター(12V/400A/8000mAh)
DINKALEN ジャンプスターター(12V/800A/12800mAh)
FNNEMGE ジャンプスターター(12V/2000A/21800mAh)
UTRAI ジャンプスターター(12V/1000A/13000mAh)
YABER ジャンプスターター(12V/2000A/20000mAh)
Arteck ジャンプスターター(12V/800A/12000mAh)
YABER ジャンプスターター(12V/2500A/23800mAh)
YABER ジャンプスターター(12V/1200A/15000mAh)

【Q&A】ジャンプスターターの多い質問

以下では、ドライバーがジャンプスターターを購入・比較検討する際に多い質問・疑問に回答します。

Q.コンパクトで運びやすいハイパワーモデルはないの?

バッテリーの技術革新があるまでは難しい、というのが現状です。スマートフォン用のモバイルバッテリーの中には手で握れるほど小さなサイズのモデルもありますが、総じてバッテリー容量は5000mAhを切るものが大半です。また最大電流値も低い回路が使われています。同じようなサイズのジャンプスターターを作ると、低排気量車専用でクランキング回数も少ないものとなってしまいます。

Q.一度充電したらほったらかしでも大丈夫ですか?

現在のジャンプスターターで使われていることが多いリチウムイオン電池は比較的自然放電が少ない蓄電池ですが、それでも長期間放置していると次第に電力が減っていきます。週に1度くらいのペースでジャンプスターターのバッテリー残量を確認して、半分くらいの電力となっていたら充電し直すといいでしょう。なおドライブなどに出かけるときは、満充電にしておくと万が一のトラブルに対応できます。

Q.車用の製品でバイクのジャンプスタートは可能?

原付バイクも1000ccを超えるリッターバイクも、12Vのバッテリーが使われています。いわば小排気量車と同じような、小さなバッテリーです。こういったバッテリーが放電してしまったときも、車用のジャンプスターターでエンジンをかけることができます。さほど大きなモデルは必要ありませんが、防水・防塵対策が施されたジャンプスターターをおすすめします。

ジャンプスターターは評価・評判も参考にして購入しよう

ジャンプスターターといっても様々なモデルがあります。鉛バッテリーを使った大型のジャンプスターターは、車側のバッテリーをある程度充電する電力があったり、-40度の気温でも使えるなど、タフな性能を持つモデルがあります。コンパクトなジャンプスターターだけではなく、その他のジャンプスターターもそれぞれ価値ある機能・性能をもっているので、実際に購入する際は、ネット上の評価・評判も参考にしてみましょう。

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ