Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

DS7クロスバックにプラグインハイブリッドを搭載した四輪駆動モデル「E-TENSE 4×4」が追加設定! EVモード航続距離は56km

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月10日、グループPSAジャパンはDSオートモビルの旗艦SUV「DS7クロスバック」のラインナップに、プラグインハイブリッドパワートレーンを搭載した四輪駆動モデル「DS7クロスバックE-TENSE 4×4グランシック」を追加設定し、同日発売した。税込車両価格は732万円だ。

1.6ℓターボエンジンに前後2基のモーターを組み合わせ、システム総合で300ps/520Nmを発揮

パワートレーンは、200ps/300Nmを発揮する1.6ℓ直列4気筒ガソリンターボエンジンに、110ps/320Nmのフロントモーターと112ps/166Nmのリヤモーター、電動化モデル専用の8速AT(e-EAT8)を組み合わせたプラグインハイブリッド。システム総合では300ps/520Nmを引き出す。ガソリンエンジンの低速トルクを前後のモーターが補うことで、5.9秒の0-100km/h加速タイムを実現する。

前後のモーターはまた、緻密な協調制御により路面状況に応じたアクティブな駆動力制御を行う。SUVならではの行動範囲の拡大と、より高い走行性能を、DSオートモビルならではの極めて洗練されたライドフィールで提供する。

E-TENSE 4×4には5つのドライブモードが用意されている。効率の最大化を図る「ハイブリッド」モード、DSアクティブスキャンサスペンション(※)を作動させる「コンフォート」モード、内燃機関のポテンシャルを最大限に引き出す「スポーツ」モード、前後のモーターを独立して制御しトラクションを最大化する「4WD」モード、そしてデフォルトの電動モーターのみでゼロエミッション走行をする「エレクトリック」モードだ。そしてこれらのモードとは別に、フォーミュラEからインスパイアされた「Dモード」と「Bモード」のふたつのエネルギー回生システムが実装されており、ドライバーは好みに応じてシフトレバーの操作により随時選択できる。
※マルチファンクションカメラの画像解析で、前方の路面状況をセンシングしてフィードフォワードでサスペンションを自動制御するサスペンション

リヤシート下部に配置されるリチウムイオンバッテリーのエネルギー容量は13.2kWhで、WLTCモードで56kmのEVモード航続距離をマーク。ハイブリッド燃費は14.0km/ℓと発表された。

バッテリーの充電はコンセント型とウォールボックス型の普通充電に対応。100%充電にはコンセント型(3kW/15A/200V)の場合で約5時間、ウォールボックス型(6kW/200V)で約2.5時間を要する。なお、車両には専用電源ケーブルが付属する。

ユーザーは無料のスマートフォン用アプリ「MyDS」から、充電予約と状況の確認、そしてエアコンのプリコンディショニングの遠隔操作が可能だ。

内外装のデザインは基本的に純エンジン車と変わらずDSモデルらしいフレンチエレガンスが表現されているが、フロントフードやリヤゲートに「E-TENSE」のエンブレムが装着され、電動化モデルであることをさりげなく主張する。

●DSオートモビル公式WEBサイト「DS7クロスバックE-TENSE 4×4グランシック」

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ