Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

マツダMX-30と日産キックス、トヨタC-HR、VW T-Rocを徹底比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイズやジャンル、価格はすべて不問の上で「とにかく新しい価値を創造せよ」というオーダーの元に開発されたマツダMX-30。ゼロベースで開発されたモデルだが、結果として、コンパクトSUV市場に身を投じることとなった。人気と実力を兼ね備えた競合車の多い激戦のマーケットで、どんな存在感を見せるだろうか。
REPORT・佐野弘宗(SANO HIROMUNE) PHOTO・神村 聖(KAMIMURA SATOSHI)

MAZDA MX-30 100周年特別記念車

全長とホイールベースは4車のなかで最長。その一方で全幅は1800mm以下に抑えられ、全高は機械式の立体駐車場に対応する1550mmと、日本の環境で使いやすいサイズを実現している。

8.8インチセンターディスプレイを操作するコントローラーはフローティングコンソールに集約。空調の操作にはタッチパネルを採用し、メーターにも液晶ディスプレイを備えるなど、運転に集中できる心地良いインターフェースが整う。

リヤシート高:640mm
フロントシート高:590~640mm

自然と頭部が安定し、最適なドライビングポジションを実現できるシートを採用。オプションで上質なクロス+合成皮革トリムも用意される。後席は膝前が約100mm、頭上が約50mmのスペースだが、前席下が広くて足を伸ばしやすい。

2.0ℓの直噴ガソリンエンジンに6.9psのモーターを加えたマイルドハイブリッドシステムを採用。ブレーキ回生の独自制御でスムーズな乗り味も実現する。
100周年特別記念車は高輝度ダーク塗装の18インチアルミホイールを装備。タイヤはTURANZA T005A。
荷室フロアは奥行きが810mm、高さが760mmと見た目以上に広く、収納力に優れる。後席シートは6対4分割可倒式で、フラットで使いやすい拡大フロアを実現することも可能。

日産キックス X ツートーンインテリアエディション

全長が4300mmなのに対して、全高は1610mmと高く、MX-30やC-HRよりも背高なディメンションとなっている。高さ上限が1550mmの機械式立体駐車場は利用することができない。

「X ツートーンインテリアエディション」にはオレンジタンのインパネが採用され、軽快な雰囲気を演出。e-POWERならではのパワーメーターも先進的だ。ナビゲーションは販売店オプションで、フルオートエアコンは標準装備となる。

リヤシート高:650mm
フロントシート高:620~670mm

「X ツートーンインテリアエディション」はオレンジタンの合皮シートを採用。前席のシートバックが中折れ形状となっており、背骨をしっかりと支えてくれる。後席スペースは膝前が約210mm、頭上が約80mmと開放感のある広さだ。

129psの駆動モーターを搭載したフル伝導駆動システムのe-POWERを採用。1.2ℓ直3エンジンは発電機として働き、リチウムイオン電池の充電を担う。
全車17インチのアルミホイールを標準装備。タイヤはヨコハマのブルーアースE70が装備されている。
フロアの位置が低く、手前側の最大幅も約1270mmと広いので、かなりの大容量を確保する。後席シートには6対4分割可倒機構を備えるが、格納時にはフロアとの間に段差が生じる。

トヨタC-HR HYBRID G

ボディ外寸がMX-30に最も近いのがC-HR。全幅と全高の値は完全に一致している。ただし、デザイン性はまったく別のベクトルを向いているので、好みははっきり分かれることだろう。

インパネも曲線を多用した有機的なデザインで、MX-30とは対照的な印象だ。8インチディスプレイオーディオが標準装備され、撮影車には販売店オプションのT-Connectナビキットも備わる。左右独立オートエアコンも全車の標準装備。

リヤシート高:630mm
フロントシート高:620~650mm

直近の一部改良で多くのグレードに前席シートヒーターや運転席の電動ランバーサポートを標準装備。撮影車はオプションの本革シートも備わり、上質感が高められている。後席スペースは膝前が約160mm、頭上が約50mmとMX-30に近い。

ハイブリッド車は1.8ℓの直4エンジンと72psの駆動モーターを備えたフルハイブリッドシステムを採用。WLTCモード燃費は最良25.8km/ℓを誇る。
「G」は切削光輝+ブラック塗装の18インチアルミホイールにミシュラン・プライマシー3を装着する。
通常時のフロアはMX-30よりも少し狭いが、6対4分割可倒式の後席シートを格納した際の最大奥行きはCH-Rの方が広い。フロアと開口部の段差も小さく、荷物の載せ降ろしが楽だ。

Volkswagen T-Roc TDI Style Design Package

全長とホイールベースは四車の中で最も短い反面、全幅は1825mmと広くてワイドな印象。それでも最小回転半径は5.0mと短く、小回りが利く。全高はキックスに次いで高い1590mmだ。

基本デザインはゴルフなどで見慣れたものだが、T-Rocはタイプ別にカラフルなダッシュパッドを採用。デジタルメーターやナビ機能付きインフォテインメントシステム、2ゾーンフルオートエアコンを備え、機能性と見た目を両立する。

リヤシート高:650mm
フロントシート高:620~650mm

シートもタイプ別に数多く設定。写真は「TDI Style Disign Package」のラヴェンナブルーメタリック専用トリムだ。国産車よりカチッとした座り心地で、背もたれが直立気味の後席は膝前が約130mm、頭上が約80mmといったところ。

TDIの愛称でも知られるディーゼルターボエンジンを搭載。排気量は2.0ℓで、34.7kgmの最大トルクを1750~3000rpmという低中回転域で発揮する。
「TDI Style Design Package」は17インチアルミホイールを装備。撮影車はTURANZA T001を装着する。
一部を除いてパワーテールゲートが標準装備される。フロアは高さを上下二段階で変えることも可能。6対4分割可倒式の後席には中央席を貫通させるセンタースルーローディングも装備。

※本稿は2020年12月発売の「マツダMX-30のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ