Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. アバルト|ABARTH
  4. アバルト595

Stile×ABARTH 595 COMPETIZIONE スティーレが製作したアバルト595コンペティツィオーネは、モアパワーで国際サーキットも楽しめる痛快なベビーギャング

  • 2019/07/27
  • レブスピード編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
Stile×ABARTH 595 COMPETIZIONE (Car Owner:相良幸宏さん)

軽量かつコンパクトなボディを武器に、S耐や全日本ラリーでポテンシャルの高さを示したアバルト。この595コンペティツィオーネは、アルファロメオなどイタリア車のプロショップとして知られるスティーレで手を入れ、サーキットスペックに仕上げられた。

ひさしぶりのサーキットでチューニングを決意

 オーナーの相良幸宏さんは以前からK11マーチでスポーツ走行を楽しんでいたが、この595に乗り換えてからは「壊したくない」という思いが強く、チューニングもサーキットを走る予定もなかった。ところが、何年かぶりにスポーツ走行をしたところ思ったようなタイムが出ず悔しい思いをし、本格的に走るようになるとともにチューニングすることを決意した。

スピリット製がベースとなるリア全長調整式のオリジナルスペック車高調で、弱点となるストローク不足を解消。また、HAL スプリングを採用したことが特徴。リアのスプリングは2.8 ~7 ㎏ / ㎜のバリアブルだが、サーキット重視のため最も軟らかい部分はプリロードを掛けてつぶしている。ブレーキはキャリパーこそノーマルだが、初期制動を抑えてコントロール性を重視したオリジナルパッドと、スリーハンドレットのローターに交換済み。

 この595の場合、いちばんのポイントは足まわり。スピリットの車高調はリアも全長調整式のスティーレオリジナルスペック。これは、車高を落とすとリアのストロークが不足する595の弱点を克服するための仕様だ。さらに、サーキットやストリートでのテストで得たデータをもとに独自の減衰力セッティングを施し、HALスプリングのF12㎏/㎜、R2・8~7㎏/㎜のバネを採用。そしてスティーレの上松淳一代表は「HALスプリングは初期の当たりがソフトなので、レートほどの硬さを感じないんです」と話す。

エンジンはノーマルだが、ハイフロータービンと大容量インタークーラーで約200ps までパワーアップ。効果的なのがロムチューンとマフラー交換で、ECU はPPS(プアマンズパーツストアー)のロムをインストールし、マフラーはダウンパイプからリアまで60 φのワンオフを装着。ちなみに本来はエンブレム両サイドに加飾パーツが付くが、グリル状にすることで冷却性能が高まった。また、ファイナルギアはTC2000 やFSW にマッチするよう3.75 に変更。

 一方、エンジンは純正IHIタービンをハイフロー加工し、スリーハンドレッドの大容量インタークーラーを装着。最近主流のサブコンではなくPPSのロムチューンを行うことで、約200㎰のパワーとともに中間域でのトルクアップも達成。ただし、スポーツ走行では水温、油温ともに厳しいので、スリーハンドレッドのオイルクーラー内蔵ラジエーターで対処している。また、ファイナルギアを純正の3・35から3・75に変更することで、TC2000の最終コーナーを4速のまま、FSWの第3セクターを3速のまま走りきることが可能となった。

 このように足まわり、エンジン、駆動系と手を入れた595は、筑波2000で1分7秒8のベストをマーク。そしてオーナーは「苦労してここまできましたが、これ以上手を加えるとトラブルが起こりやすくなると思うので、ひとまず終了です」。今後は走り込みでタイムアップを目指すそうだ。

旋回性能を高めるアライメント調整がポイント

 スリーハンドレットのリップやカーボンボンネットなどを装着し、よりレーシーなスタイルに。ガンメタのTE37 SAGA は595 に合わせたスティーレオリジナルサイズで、タイヤはRE-12D をチョイスする。アライメントに関しては、リアはトーションビームのためシムで調整するのが一般的だが、この車両はあえて行わず、フロントのキャンバーを4°、トーアウトを15’つけることで旋回性能を高めている。

追加メーターでエンジンのコンディションを把握する

 ロールケージなどは装着されていないものの、レカロのフルバケとデフィの追加メーターがサーキットスペックらしさを感じさせるインテリア。スポーツ走行時は水温/ 油温ともに厳しくなるため、「安心して走りたいのであれば、追加メーターは装着したいですね」と上松代表。フロントウインドウ右側には、SOLO のラップタイマーも設置されている。

THE SPECIFICATION

■スティーレ ワンオフマフラー ■ BMC OTA ■スリーハンドレッド ハイパフォーマンスインタークーラー ■純正タービンハイフロー加工 ■スリーハンドレッド オイルクーラー内蔵ラジエーター ■ PPS ロムチューン ■ ATS メタルL.S.D. ■ ORC 強化クラッチ ■ 3.75 ファイナルギア ■スリーハンドレッド リアタワーバー ■スピリットレーシング オリジナルスペック車高調(HAL スプリングF:12 ㎏ / ㎜ R:2.8 ~7 ㎏ / ㎜) ■フロントロアアームピロボール化 ■スティーレ オリジナルスポーツパッド(F/R) ■スリーハンドレッド ローター(F/R) ■ポテンザRE-12D(F/R:215/40R17) ■レイズ TE37 SAGA オリジナルサイズ(F/R:17 × 7.5J 35) ■レカロ RS-G ■デフィ 追加メーター(油温、油圧、水温) ■オートゲージ A/F 計 ■ AIM SOLO ラップタイマー ■スリーハンドレッド リップスポイラー/ ドライカーボンボンネット ■グリル加工

■スティーレ 埼玉県川口市峯216-1 TEL 048-229-2280

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ