Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【2021年】中古車おすすめ車種人気ランキング10選|選び方も解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、ドライバーに人気のおすすめ中古車をランキング形式で紹介します。

街乗りに使い勝手の良い軽自動車から、省燃費のハイブリッド自動車、家族でのアウトドアで活躍してくれるミニバンまで人気の中古車をピックアップしています。

安心して購入できる中古車の選び方や、多くの方が悩む中古車に関する疑問の答えも交えつつご紹介しているので中古車選びの参考にしてください。

※グーネット「月間中古車人気検索ランキング」を参考

中古車とは?

中古車とは、自動車メーカーにて生産された後、人や企業などによって所有された自動車のことを指します。また一般的には、陸運局でナンバーの交付を受けたことのある車を「中古車」と呼びます。

一口に中古車といっても、陸運局でナンバー交付を受けただけの新車同様のものから、何年か乗られて年式が古くなったものまで様々です。

中古車のメリット

中古車のメリットには以下のようなものがあります。

中古車のメリット

  • 新車よりも購入価格が安い
  • 納車までの期間が短い

まず、中古車の大きなメリットとなるのが「価格の安さ」です。実際には未使用のような新古車も含めて、ナンバーを一度付けると中古車として扱われるため、販売価格は新車よりも安くなります。

また、人気車種を新車で購入すると、納車まで数ヶ月から1年以上待たなければいけないこともありますが、中古車の場合、早いと3,4日で車に乗り出せます。

中古車のデメリット

中古車のデメリットには以下のようなものがあります。

中古車のデメリット

  • 細かい条件を満たす1台を見つけるのが難しい
  • 保証制度などが店舗によって異なる

中古車を選ぶ際には、すでにある在庫の中から探すことになるため、車体色やグレード、装備など細かい条件や好みがあると、全てを満たす1台を見つけるのに時間と手間がかかることが多いです。

また、販売店では保証制度を設けているところが多いですが、保証内容は千差万別なので契約前に確認が必要です。

中古車と新古車の違い

中古車の中には「新古車」と表記されたものがあります。

新古車とは、正しくは「登録済未使用車(軽自動車は“届出済未使用車”)」と言います。展示用や試乗用として用意された車や、カーディーラーが自社で購入(登録)した車が新古車にあたります。

新古車は未使用もしくは未使用に近い状態で、新車の保証内容をそのまま継承できますが、中古車区分となり車両価格は新車よりも安くなる場合が多いです。

中古車の選び方や比較のポイント

以下では、中古車を購入時の選び方・比較方法のポイントを紹介します。

まず予算を決めて中古車を探そう

中古車を選ぶ際には、まず予算を決めます。

中古車は、同じ車種でも年式やグレード、状態などによって価格が大きく変わってくるため、予算を明確にしておくと、インターネットで車を探したり、中古車販売店で相談したりするのにもスムーズになります。

また、中古車は購入時に車両代以外にも各種税金などの費用がかかるため、予算を決めておくことで予想以上の出費になるのを防げます。ローンを組む場合の目安ともなるため、中古車購入後のランニングコストも含めて、どれくらいの予算を出せるのか予め考えておきましょう。

年式や走行距離で中古車を絞り込む

中古車選びで次に確認したいのが「年式」と「走行距離」です。

車は走ればその分だけ部品が摩耗し故障の可能性も高くなります。そのため一般的に中古車相場は、高年式(年式が新しい)・低走行距離なほど価格が高い場合が多いです。

ほとんどの中古車販売サイトでは、年式と走行距離で情報を並び替えられるようになっているので、希望する予算でどの年式や走行距離が選択肢に入ってくるのか候補を絞るようにすると、条件にあった車が見つけやすくなります。

一般的には、車検のタイミングでもある3年・5年・7年落ちを目安に中古車価格は安価になる傾向があります。

外装と内装のチェックポイント

オーナーの乗り方によって中古車の状態は様々なので、気になる中古車が見つかったら外装と内装は実車で確認するようにしましょう。

外装ではキズや凹みなどに目が向きがちですが、事故歴の有無やパーツの摩耗も外装の状態で確認することが重要です。

外装のチェックポイント

  • ボンネットやライトなどの隙間が均一か
  • ドアの開閉でガタツキがないか
  • ボディ下部に塩分や融雪剤によるサビがないか

内装は修理や交換が難しい部分もあるため、コンディションをよく確認しましょう。

内装のチェックポイント

  • シートやエアコンの風にタバコやペットのニオイがしないか
  • 天井にタバコによる染みなどはないか
  • ゴムや樹脂部品にヒビ割れなどの劣化はないか

タイヤの状態を溝と劣化具合で判断

中古車選びで見落としがちなのがタイヤの状態です。

ほとんどの中古車には、もともとのタイヤが装着されていますが劣化したタイヤだと購入後すぐに交換が必要になり、数万円の出費となります。

タイヤは溝が1.6mm以下になるとスリップサイン(タイヤの溝が途切れる)が出ます。溝がなくなると雨の日にスリップしやすいなど安全性に大きく影響するため、溝にどれくらい余裕があるのか確認しましょう。

また、タイヤは経年劣化するため、溝があっても劣化の進んだタイヤは注意が必要です。タイヤ脇に刻印された数字4桁(例:2417)が製造年週を示しています。左2桁が週(24週=6月)を、右2桁(17=2017年)が年を表しています。タイヤメーカーでは10年経過したタイヤは溝が残っていても交換を推奨しています。

参考:長期経過タイヤの点検・交換|ブリジストン

修復歴やワンオーナー車の注意点

中古車の中には「修復歴あり」と提示されている車があります。

日本自動車査定協会によって定められた「骨格(フレーム)部位等を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したもの」には“修復歴あり”と表記されます。

参考:日本自動車査定協会

修復歴ありの車は価格が安くなる傾向のため、どんな損傷があり、どんな修理がされたのかよく販売店にて確認して納得できるようならリーズナブルに中古車が手に入ります。

ワンオーナー車」とは、文字通り所有者が1人だけである中古車です。言い換えると「中古車市場に初めて出た車」です。比較的状態の良い中古車の場合が多いです。

車検の残り期間の有無や長さを確認

中古車には、車検が切れている車と、有効期限が残っている車があります。

車検が切れている場合、購入時に新たに車検を通す必要があるため、その分の費用が車両価格とは別にかかります。新たに車検を通した中古車は、購入後2年間は車検を取り直す必要がありません。

有効期限が残っている車の場合、フロントガラスに貼られたステッカーで、車検の残り期間を確認するようにしましょう。車検は有効期限満了の1ヶ月前から受けることができます。

中古車の保証プラン内容をチェック

保証プランを設定している販売店だと安心して中古車を購入できますが、保証プランの内容は販売店によって異なるため、どんな保証内容なのかしっかりと確認が必要です。

特に車が動作するのに必要な以下の部品の保証内容・期間をチェックしましょう。

ポイント

  • エンジン系統の部品
  • ミッション系統の部品
  • ブレーキ系統の部品

保証内容によって、1年保証や3年保証など保証期間は異なります。また、交換部品のみ無料で修理工賃は有償の場合や、ブレーキパッドやエンジンオイルといった消耗品までサービスとして保証内容に含まれている場合もあります。

保証内容が充実した販売店だと、中古車でも安心して購入できます。

中古車おすすめ車種人気ランキング10選|予算100万円以下も!

以下では、ドライバーに人気の中古車おすすめ車種をランキング形式で紹介します。

中古車おすすめ1位:トヨタ アルファード

トヨタ アルファード
ヴェルファイアの姉妹車にあたり、従来にはない高級車の概念を創造するために「大空間高級サルーン」をキーワードに開発されたトヨタのフラッグシップミニバン

広い室内空間と最大シートスライド量1160mmを実現したロングスライドシートの採用によって多彩なシートアレンジや高い移動快適性が魅力です。

安全性へのこだわりも強く、第2世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しています。

メーカートヨタ
車名アルファード
グレード種別S・X・SC・Executive Lounge・HYBRID Executive Lounge・HYBRID SR・HYBRID X・HYBRID G・HYBRID S
ボディサイズ4950×1850×1935mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員7〜8名
排気量2.5L・3.5L・2.5L+モーター・3.5L+モーター
燃料消費率(WLTC)9.9〜14.8km/L
中古平均価格262.5万円(税込)
公式サイトトヨタ アルファード公式サイト

中古車おすすめ2位:トヨタ プリウス

トヨタ プリウス
世界的に人気の高いトヨタのハイブリッドを代表するセダン。圧倒的な省燃費性と優れた環境性能はモデルチェンジ毎に磨かれ、全グレードがエコカー減税の免税対象となっています。

トヨタの新しいクルマづくりの取り組みであるTNGAが採用され、環境性能だけでなく、乗り心地の良さや走りの楽しさといった基本性能も底上げされています。

メーカートヨタ
車名プリウス
グレード種別S・A・E
ボディサイズ4,575×1760×1470mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員5名
排気量1.8L+モーター
燃料消費率(WLTC)27.2~32.1km/L
中古平均価格124.1万円(税込)
公式サイトトヨタ プリウス公式サイト

中古車おすすめ3位:トヨタ クラウン

トヨタ クラウン
トヨタの伝統として「進化し続けるフラッグシップ」であるクラウン

FRらしいロングノーズのプロポーションや、6ライトウィンドウの採用でルーフからラゲージにかけても流麗なサイドシルエットなど磨かれたエクステリアデザインが魅力です。

また、トヨタ次世代アーキテクチャTNGAに基づく低重心パッケージで、コーナリングや減速・加速時にも自然でなめらかな車両挙動を実現し、ドライバーとクルマが一体となったような“人車一体”の走りに仕上げられています。

メーカートヨタ
車名クラウン
グレード種別RS・G・B・S
ボディサイズ4910×1800×1455mm
駆動方式FR・4WD
乗車定員5名
排気量2.0L・2.5L+モーター・3.5L+モーター
燃料消費率(WLTC)12.4~20.0km/L
中古平均価格114.2万円(税込)
公式サイトトヨタ クラウン公式サイト

中古車おすすめ4位:スズキ ジムニー

スズキ ジムニー
1970年の登場以来、世界的に愛される本格軽クロスカントリー。

フルモデルチェンジでも伝統のラダーフレームやFRレイアウト、3リンクリジッドアクスル式サスペンションといったジムニーらしさはしっかりと継承されています。また、スズキセーフティーサポートを搭載するなど、安全装備を充実させています(一部オプション設定)。

メーカースズキ
車名ジムニー
グレード種別XG・XL・XC
ボディサイズ3395×1475×1725mm
駆動方式4WD
乗車定員4名
排気量0.66L
燃料消費率(WLTC)13.2~16.2km/L
中古平均価格120.3万円(税込)
公式サイトスズキ ジムニー公式サイト

中古車おすすめ5位:ダイハツ タント

ダイハツ タント
軽とは思えないような広い室内空間や視界の良さが大きな特徴。特にセンターピラーレスになった「ミラクルオープンドア」の採用で、子供からお年寄りまで乗り降りがしやすくなりました。

ダイハツの新アーキテクチャであるDNGAに基づき、基本となるプラットフォームから見直され、基本の走行性能の向上はもちろん、クラストップレベルの静粛性を備えることで、移動時間を会話がはずむ居心地の良い空間に変えてくれます。

メーカーダイハツ
車名タント
グレード種別X・L・RS
ボディサイズ3395×1475×1755mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員4名
排気量0.66L
燃料消費率(WLTC)18.8~21.2km/L
中古平均価格90.2万円(税込)
公式サイトダイハツ タント公式サイト

中古車おすすめ6位:日産 スカイライン

日産 スカイライン
常に時代の最先端の技術を採用して進化を続ける日産を代表するスポーツセダン

世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」をハイブリッド車に標準装備しており、高速道路の本線走行中、一定の条件下において同一車線内にてハンズオフが可能です。

Vモーショングリルを採用したスポーティネスなフロントフェイスなど先進的なエクステリアデザインの中に、伝統である丸目4灯リヤコンビネーションランプを採用することで、ひと目で「スカイライン」とわかる“らしさ”も継承されています。

メーカー日産
車名スカイライン
グレード種別GT・Type P・Type SP
ボディサイズ4810×1820×1440mm
駆動方式FR・4WD
乗車定員5名
排気量3.0Lターボ・3.5L+モーター
燃料消費率(WLTC)10.0~12.4km/L
中古平均価格265.3万円(税込)
公式サイト日産 スカイライン公式サイト

中古車おすすめ7位:トヨタ ハイエースバン

トヨタ ハイエースバン
ビジネスカーとして抜群の信頼性・機能性から高い支持を受けるハイエースバン。4ナンバーサイズながら、荷室長クラストップレベルとなる3,000mmを持ち、様々なニーズに応える荷室空間を確保しています。

ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた自動ブレーキやパノラミックビューモニターなど安全性能も追求しています。

本来のビジネスユースとしてだけでなく、アウトドアや車中泊といった用途でも人気の高い車種です。

メーカートヨタ
車名ハイエースバン
グレード種別スーパーGL・DX
ボディサイズ4690×1690×1980mm
駆動方式FR・4WD
乗車定員3~6名
排気量2.0L・2.8Lディーゼル
燃料消費率(WLTC)9.0~9.4km/L
中古平均価格258.1万円(税込)
公式サイトトヨタ ハイエースバン公式サイト

中古車おすすめ8位:トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー
ヴォクシーはトヨタの5ナンバーサイズであるミディアムクラスのミニバン。箱型の広くて使いやすい利便性に加えて、上下2段構成の精悍なマスクでクールな印象が特徴です。

インテリアでは、メーターパネルフードが低く設定されることで、運転する際に見晴らしが良く、室内空間も広々と感じます。駆動方式は2.0Lエンジンに加えて1.8Lのハイブリッドモデルも用意されています。

メーカートヨタ
車名ヴォクシー
グレード種別ZS・HYBRID ZS
ボディサイズ4710×1735×1825mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員7~8名
排気量2.0L・1.8L+モーター
燃料消費率(WLTC)13.2~19.0km/L
中古平均価格169.0万円(税込)
公式サイトトヨタ ヴォクシー公式サイト

中古車おすすめ9位:MINI(ミニ) MINI

MINI(ミニ) MINI
MINIは英国BMWによって開発・製造されています。大きなLEDを搭載したセンターディスプレイやマルチディスプレイメーターパネルなど、先進技術が組み合わされることでイメージが刷新されています。

また、MINIの伝統である丸形ヘッドライトや六角形のグリルなど、ひと目でMINIとわかるデザインアイコンはしっかりと継承されています。

メーカーMINI(ミニ)
車名MINI
グレード種別ONE・COOPER・COOPER D・COOPER S
ボディサイズ3835×1725×1430mm
駆動方式FF
乗車定員4名
排気量1.5Lターボ・1.5Lディーゼル・2.0Lディーゼル
燃料消費率(WLTC)13.2~19.4km/L
中古平均価格180.2万円(税込)
公式サイトMINI(ミニ) MINI公式サイト

中古車おすすめ10位:日産 セレナ

日産 セレナ
広い室内空間と自由自在なシートアレンジでファミリー層から人気の高い日産のミディアムクラスミニバン。

2018年3月発売のモデルからはエンジンで発電してモーターでEV走行を行う「e-POWER」が採用されました。*EVとは“Electric Vehicle(電気自動車)”の略

モーター駆動ならではの力強い加速性や静粛性で快適なロングドライブが楽しめます。また、「e-POWER」グレードはWLTCモードで18.0km/Lと高い省燃費性も魅力です。

メーカー日産
車名セレナ
グレード種別e-POWER X・e-POWER XV・X・XV・G
ボディサイズ4,770×1,740×1,875mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員7~8名
排気量1.2L+モーター・2.0L
燃料消費率(WLTC)13.2〜18.0km/L
中古平均価格156.3万円(税込)
公式サイト日産 セレナ公式サイト

中古車おすすめ人気車種の価格比較表

中古車
中古平均価格(税込)
トヨタ アルファード262.5万円
トヨタ プリウス124.1万円
トヨタ クラウン114.2万円
スズキ ジムニー120.3万円
ダイハツ タント90.2万円
日産 スカイライン265.3万円
トヨタ ハイエースバン258.1万円
トヨタ ヴォクシー169.0万円
MINI(ミニ) MINI180.2万円
日産 セレナ156.3万円

車種別の人気中古車おすすめ10選

以下では、ドライバーに人気のおすすめ中古車を車種別に紹介します。

ミニバン・ワンボックスおすすめ中古車:トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

メーカートヨタ
車名アルファード
グレード種別S・X・SC・Executive Lounge・HYBRID Executive Lounge・HYBRID SR・HYBRID X・HYBRID G・HYBRID S
ボディサイズ4950×1850×1935mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員7〜8名
排気量2.5L・3.5L・2.5L+モーター・3.5L+モーター
燃料消費率(WLTC)9.9〜14.8km/L
中古平均価格262.5万円(税込)
公式サイトトヨタ アルファード公式サイト

軽RV系おすすめ中古車:スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

メーカースズキ
車名ジムニー
グレード種別XG・XL・XC
ボディサイズ3395×1475×1725mm
駆動方式4WD
乗車定員4名
排気量0.66L
燃料消費率(WLTC)13.2~16.2km/L
中古平均価格120.3万円(税込)
公式サイトスズキ ジムニー公式サイト

セダンおすすめ中古車:トヨタ プリウス

トヨタ プリウス

メーカートヨタ
車名プリウス
グレード種別S・A・E
ボディサイズ4,575×1760×1470mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員5名
排気量1.8L+モーター
燃料消費率(WLTC)27.2~32.1km/L
中古平均価格124.1万円(税込)
公式サイトトヨタ プリウス公式サイト

コンパクトカー・ハッチバックおすすめ中古車:トヨタ アクア

トヨタ アクア

メーカートヨタ
車名アクア
グレード種別L・S・G
ボディサイズ4,050×1,695×1,445mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員5名
排気量1.5L+モーター
燃料消費率(WLTC)27.2〜29.8km/L
中古平均価格90.8万円(税込)
公式サイトトヨタ アクア公式サイト

SUV・クロカンおすすめ中古車:トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

メーカートヨタ
車名ランドクルーザープラド
グレード種別TX・TZ-G
ボディサイズ4825×1885×1850mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員5~7名
排気量2.7L・2.8Lディーゼル
燃料消費率(WLTC)8.3~11.2km/L
中古平均価格144.6万円(税込)
公式サイトトヨタ ランドクルーザープラド公式サイト

クーペおすすめ中古車:日産 フェアレディZ

日産 フェアレディZ

メーカー日産
車名フェアレディZ
グレード種別ST・S・T・NISMO
ボディサイズ4260×1845×1315mm
駆動方式FR
乗車定員2名
排気量3.7L
燃料消費率(WLTC)8.4~8.8km/L
中古平均価格175.3万円(税込)
公式サイト日産 フェアレディZ公式サイト

ワゴンおすすめ中古車:スバル レガシィツーリングワゴン

スバル レガシィツーリングワゴン

メーカースバル
車名レガシィツーリングワゴン
グレード種別GT・i
ボディサイズ4790×1780×1535mm
駆動方式4WD
乗車定員5名
排気量2.0L・2.5L
燃料消費率(WLTC)
中古平均価格75.2万円(税込)
公式サイト

軽自動車おすすめ中古車:スズキ アルトラパン

スズキ アルトラパン

メーカースズキ
車名アルトラパン
グレード種別X・L・G
ボディサイズ3395×1475×1525mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員4名
排気量0.66L
燃料消費率(WLTC)25.2km/L
中古平均価格66.6万円(税込)
公式サイトスズキ アルトラパン公式サイト

オープンカーおすすめ中古車:マツダ ロードスター

マツダ ロードスター

メーカーマツダ
車名ロードスター
グレード種別S・RS
ボディサイズ3915×1735×1235mm
駆動方式FR
乗車定員2名
排気量1.5L
燃料消費率(WLTC)16.8~17.4km/L
中古平均価格121.7万円(税込)
公式サイトマツダ ロードスター公式サイト

ハードトップおすすめ中古車:スバル インプレッサスポーツ

スバル インプレッサスポーツ

メーカースバル
車名インプレッサ スポーツ
グレード種別L・S・Advance・STI sport
ボディサイズ4475×1775×1480mm
駆動方式FF・4WD
乗車定員5名
排気量1.6L・2.0L・2.0L+モーター
燃料消費率(WLTC)14.1~15.2km/L
中古平均価格119.9万円(税込)
公式サイトスバル インプレッサ スポーツ公式サイト

車買取・中古車査定・見積もりはグーネットがおすすめ

もし中古車購入でお手持ちの車の下取りも考えているなら、グーネットの車買取・中古車査定がおすすめです。

インターネットで申し込めば、その場でグーネットならではの30万台の分析データから導き出した買取相場がわかります。WEBで完結するので、いろいろな業者から営業の電話がかかってくるようなこともありません。

申し込み方法は、お手持ちの車のメーカーと車種、年式、グレードを選択して「無料買取相場検索を開始」をタップするだけです。近所でお手持ちの車種の買取を強化しているお店を紹介してくれるので、何件も査定見積もりを取る必要がなくスピーディーです。

期待していた以上の買取価格で買い取ってもらえれば、ワンランク上の車種やグレードの中古車にも手が届く可能性があります。

グーネット中古車情報はコチラ

モーターファンサイト内のグーネット中古車情報ページへ遷移します。

【Q&A】中古車選び・購入時に多い質問

以下では、中古車選びや購入時に多い質問・疑問に回答します。

Q. 中古車の値引きは可能?

値引きが可能かどうかは、販売店によって異なります。ただし、新車よりも値引き幅は小さくなりますが、交渉次第で値引きに対応してくれる販売店はあります。

特に不人気車や不人気カラーの車を狙っている場合は、値下げ交渉してみると良いかもしれません。逆に人気車の場合は、値引きの相談をしている間に他の人が即決で購入してしまうこともあるので注意しましょう。

Q. 信頼できる中古車販売店の見分け方は?

まず、ディーラー系の中古車販売店は、メーカーの看板を背負っているため、整備が整った車を見つけやすく、保証制度もしっかりしているため中古車でも安心して購入できます。

その他にも個人から大手まで沢山の中古車販売店がありますが、一般の方が信頼できるところを見つけるのは簡単ではありません。一つの見分け方として、例えばグーネットには「グー鑑定」があります。第三者機関のプロの鑑定師が車両状態をチェックした鑑定書付きの中古車なので安心して購入できます。

参考:グー鑑定車について

Q. 車両価格以外にどんな費用がかかる?

新車の購入時と同じく、中古車も車両価格以外に様々な費用がかかります。

主なものには以下のようなものがあります。

車両価格以外の主な費用

  • 自動車取得税
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 車庫証明費用
  • 登録手続費用
  • リサイクル法関連費用

実際にトータルでどれくらいの費用がかかるかわかりにくいため、乗り出しにかかる総額表示を用意している中古車販売店もあります。グーネットでは中古車情報を「支払総額」で絞り込んだり、並べ替えたりできるので、実際にかかる費用を確認するようにしましょう。

中古車は口コミ・評判も参考にして購入しよう

中古車は新車購入よりも安い価格で、狙っている車種やグレードの車を手に入れやすいのが魅力です。新車のように契約から数ヶ月待たなければいけないということもありません。

車はある程度の期間乗ってみないと、本当の走行性能や乗り心地、機能性がわかりにくいですが、中古車販売サイトでは実際のドライバー達からの口コミ評判なども確認できるので、参考にしながら自分のニーズに合った中古車を見つけましょう。

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ