Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. フェアレディZ

これはカッコいい! 車高を上げた「Z ADVENTURE」日産フェアレディZ(Z34)の車高アップ。横浜ゴムのGEOLANDARを履かせてみた【東京オートサロン2021】

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オートサロン2021に出展予定だった横浜ゴムの「Z ADVENTURE」は、ここ最近、アメリカ西海岸で流行り始めたトレンドに合わせたスポーツカーを本格的なオフロード仕様にしたモデル。これがじつにカッコいいのだ。

こちらがポルシェ959のダカール仕様(PHOTO○PORSCHE)
「本来であれば車高が低いクルマを車高を上げて、っていうスタイルがアメリカ西海岸で流行り始めているです。たとえばスープラやポルシェの車高を上げてラリー仕様っぽくして、昔のポルシェ959みたいなイメージにする。それをフェアレディZでやったらどうだろう、と。そういう意味でボディの形状が一番似合うんじゃないかということで、開発をスタートしました」

確かに、見た瞬間、「パリ・ダカ仕様のポルシェ959みたいでカッコいい」と感じた。開発陣は、「Z34はルーフの形状がよかったで、似合うはずだと思っていました」という。

装着タイヤはGEOLANDAR M/T G003 サイズはフロントが255/75R17LT リヤが33×12.50R17 LT
ホイールはADVAN Racing RCⅢ フロント:17×7.0J 114.3-5 +45 リヤ:17×8.0J 114.3-5 +38

「リアルな東京オートサロンは中止になってしまいましたが、我々はいつも日産自動車さんの隣で出展していたので、このZ ADVENTUREは企画の段階で日産さんにはお伝えしました。現行モデルですからね」
ということだったそうだ。

マフラーはHKS SUPER SOUND MUFFLER

製作はパリダカやBaja(バハ)1000で活躍してきたラリードライバーの塙郁夫氏にお願いした。開発コンセプトの「スポーツカーをベースとしながらも本格的で魅力のあるオフロードマシン。2WDながら4WD並の走破性は道を選ばずどこでも最速で走れるマシン」を見事に体現したモデルに仕上がっている。

強度的にも問題ないので、今後はナンバーの取得を予定しているという。ドライブ・フィールは「乗った感じは意外と普通です。違和感があるのは、降りるとき。Zだと思ってドアを開けると車高が高いので(笑)」とのことだ。

エンジンはZ34型が搭載する3.7ℓV型6気筒DOHC。Z ADVENTUREは7速AT仕様である。「あえてATを選んだ」という。
ウィングのようにくっついているのが、スタックしたとき用の脱出用ラダー。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ