Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−5

3代目スバル・フォレスターはターボがおすすめ!マツダCX-5もいい! 150万円で買える走りが楽しいSUV5選【モーターファンおすすめ中古車】

このエントリーをはてなブックマークに追加

SUVブームが止まらない。車高が高く、見た目がかっこいいということだけでなく、多くの荷物を積めるユーティリティやドライバーの視点が高く運転しやすいという理由で幅広い年齢層から支持を得ている。そこで今回の【モーターファンおすすめ中古車】では150万円で買える走りが楽しいSUV5選を紹介する。

世界中で今や空前のブームとなっているSUV。見た目のかっこよさだけでなく、多くの荷物を積めるユーティリティやドライバーの視点が高く運転しやすいなどの理由から、幅広い世代に支持され、各メーカーも次々とブランニューモデルを市場に投入している。

ただSUVは車高が高いゆえ、一般的にセダンなどの車高の低いクルマと比べると走行性能は劣ると言われている。それでも走行性能が高いSUVは国産、輸入車を含め少なくない。そこで今回は、150万円で買える走りが楽しいSUV5選を紹介する。

初代マツダCX-5 ディーゼルターボエンジンのスポーティな走りが気持ちいい!

初代マツダCX-5は、初めて「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」をガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーのすべてに採用し、上質で気持ちいい走りと、優れた燃費性能を両立させ、現在のマツダの商品群の原点となったモデルだ。またユーザーに「魅せる歓び」「意のままに操る歓び」「使い切る歓び」「永くつきあう歓び」を感じられるよう、デザイン、ダイナミック性能、機能性、環境・安全性能などあらゆる面でこだわり開発された。エクステリアデザインはいまではマツダデザインの象徴となっている「魂動-SouL of MOTION」を初めて採用。それまでの国産車にはないスポーティかつ堂々としたスタイルを実現した。

パワートレーンは、ディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 2.2」と直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」の2種類が用意された。おすすめはディーゼルモデル。最大トルク420Nmによる4.0ℓV8ガソリンエンジン並みの力強い走りが持ち味で、走行安定性も高く、コーナーでの「踏ん張り」はSUVとは思えないほどしっかりしている。また6ATもロックアップ領域の拡大により、MTのようなダイレクトフィールでスポーティな味付けとなっている。

平均中古価格は137万円。
たとえばディーゼルモデルだと「CX-5 2.2 XD 2014年式、走行2万6000kmで車両本体価格136万円」というようなものがある。
初代CX-5のディーゼルエンジンが150万円以内で狙えるようになってきたことは朗報だ。

詳細スペック:XD

全長×全幅×全高(㎜)=4540×1840×1705
ホイールベース(㎜)=2700
エンジン:2.2ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ (ディーゼル)
駆動:FF
最高出力:175ps(129kW)/4500rpm
最大トルク:42.8kg・m(420Nm)/2000rpm
使用燃料:軽油
トランスミッション:6AT
車重(kg):1510
新車価格:258万円
※2012年発売当時のスペック

初代BMW・X1 FRベース車ならではのスタイルと安定した走りが魅力

初代BMW・X1はBMWのXモデルのさまざまな特長を備えながら、スタイリッシュでBMWならではの「駆けぬける歓び」を表現したモデルだ。高いアイ・ポイントがドライブ時に安心感をもたらすセミ・コマンド・シート・ポジション、開放感のあるインテリア・スペース、多彩な収納機能、自由自在にアレンジ可能なリヤ・シートなど、アクティブなライフスタイルにも柔軟に対応する使い勝手のよさと、BMW特有の俊敏で爽快な走りを兼ね備えた、コンパクトSUV(BMWではSAV、スポーツ・アクティビティ・ビークルと呼んでいる)である。

特に魅力なのはFRベース車ならではのロングエンジンフード、ショートオーバーハングの伸びやかなプロポーション。現行型の2代目はFFベースなので、これは初代にしかいない魅力だ。

パワートレーンのおすすめは、2.0ℓ直列4気筒ターボエンジン。2種類の仕様があり、そのなかでも最高出力245ps、最大トルク350Nmを発生するトップモデル(X1 xDrive28i)は、低回転から広い回転域(1250〜4800rpm)で最大トルクを発生させる力強いエンジンだ。またFRベースのためスポーティで安定した乗り味が魅力の一台だ。

平均中古価格は105万円。
たとえば「xDrive28i」だと「X1 xDrive28i 2012年式、走行4万7000kmで車両本体価格112万円」というような中古車がある。ただしタマ数はほかのグレードと比べて少ないので注意が必要だ。
初代X1はFRベース車特有のスタイルとスポーティで安定した走りが魅力のSUVだ。

詳細スペック:28i スポーツ

全長×全幅×全高(㎜)=4485×1800×1545
ホイールベース(㎜)=2760
エンジン:2.0ℓ 直列4気筒DOHCターボ
駆動:フルタイム4WD
最高出力:245ps(180kW)/5000rpm
最大トルク:35.7kg・m(350Nm)/1250~4800rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:8AT
車重(kg):1680
新車価格:495万円
※2011年発売当時のスペック

3代目スバル・フォレスター ターボモデルはじゃじゃ馬!走りに特化したい人向け!

3代目スバル・フォレスターは、「Best Balance for Active Life」を実現するため、使いやすさを追求した「パッケージング」、シンメトリカルAWDによる安心感に裏打ちされた「走り」の楽しさ、そして社会性に充分に配慮した「環境」という3つの要素をバランスしひとつに凝縮することを重要ポイントとして開発された。

スバル得意の水平対向エンジンは2.0ℓNAエンジン、2.0ℓターボエンジン、2.5ℓターボエンジンを設定。今回は走りに特化した高性能モデルとして2.0ℓターボ、2.5ℓターボエンジン搭載モデル紹介する。2.0ℓターボエンジンは、最大出力230ps/最大トルク319Nmを発生する名機の誉れ高いEJ20型。NAエンジンと比べて走りの余裕が感じられ、運転していて楽しいエンジンだ。3種類のスロットル特性を選べる“SI-DRIVE”が搭載されており、「S#(スポーツシャープ)」モードにするとレスポンス良くトルクが湧き出してくるたのしいモデルだ。ATだけでなくMTモデルも用意されている。

さらに走りを楽しみたい人には2.5ℓターボエンジンがおすすめだ。こちらのエンジンは256ps/347Nmを発生するインプレッサWRX STI Aライン譲りのもの。0-100km/h加速は国産SUVとしては驚きの6.5秒というハイパフォーマンスを誇る。脚周りも専用チューニングされており、国産SUVのなかでも1、2を争うじゃじゃ馬なモデルだ。

平均中古価格は68万円(ターボモデルは85万円。)
たとえば2.0ℓターボモデルだと「フォレスター 2.0 XT 2008年式、走行4万2000kmで車両本体価格79万円」というような中古車がある。
走りに特化したSUVを求める人におすすめだ。

詳細スペック:2.0XT

全長×全幅×全高(㎜)=4560×1780×1675
ホイールベース(㎜)=2615
エンジン:2.0ℓ 水平対向4気筒DOHC16バルブICターボ
駆動:フルタイム4WD
最高出力:230ps(169kW)/5600rpm
最大トルク:32.5kg・m(319Nm)/2800rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:4AT
車重(kg):1430
新車価格:312万9000円
※2007年発売当時のスペック

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ