Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

激レア車を発見! あなたは三菱ミニカ72を覚えていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1972年式ミニカ72スーパーデラックス。

梅雨の晴れ間を見透かしたかのように晴天に恵まれて盛況だった「道の駅おおた」サンブレフェスタ。会場に展示された旧車やスーパーカーは30台前後と決して多くはなかったが、粒揃いの名車たちが多かった。その中には、旧車イベントでも滅多に見かけることのない激レア車「三菱ミニカ72」も展示されていた。

三菱を代表する軽、ミニカ。その2代目モデルは貴重な存在

ハッチバックスタイルのミニカ72。

10インチの小径タイヤ。
前回はデメキンと呼ばれる初期型スバル360を紹介したが、ある意味スバル360はメジャーな存在。生産期間が長く人気も高かったため、今でも残存数が多いし愛好家やクラブも存在している。ところが同じ360cc規格の軽自動車でもマイナーな存在になってしまう例だってある。

例えば今回紹介する三菱ミニカは前開きドアを採用した初代の人気が高いものの、2代目以降はめっきり姿を見かけない。というのもスバル360やホンダN360の人気が突出していたことや、中古車としての人気があまり高くなったせいもある。だからこの日、ミニカの姿を見かけて迷わずオーナーの鈴木さんに声をかけたのだ。

木目調のメーターパネル。

お手製カバーがかけられたシート。
鈴木さんとミニカの出会いは今から40年ほど前のこと。親戚の家で乗っていたクルマだったそうだが、鈴木さんのお母さんが買い物用として譲ってもらうことになる。それが小学2年生の時のことで、以来長く鈴木家のアシとして活躍してきた。ところが鈴木さんが中学2年生の時に乗らなくなってしまう。けれど廃車になる運命を避けることができた。というのも、鈴木さんが気に入っていて、将来自分で乗るつもりだから「保管して欲しい」と頼んだというのだ。だからナンバープレートも古い「群」ナンバー。なんとも心温まるエピソードなのだ。

2G10型エンジン。

ヘッドに359ccの文字がある。
三菱らしいしっかりした作りや合理性、それにデザインがお気に入りだそうで、できるだけオリジナルのまま乗り続けていくという鈴木さん。これまでトラブルらしいトラブルといえばキャブレターのダイヤフラムが損傷したくらいで、あまり深刻な事態になったことはないという。それも長く乗り続けられてきた理由の一つかもしれない。また、鮮やかなボディカラーは過去に一度、全塗装をしているそうだ。

ちなみにミニカは1969年にフルモデルチェンジして2代目になり、車名がミニカ'70になる。1971年にはミニカ71へ、同年9月のマイナーチェンジでミニカ72へ、さらに翌年にはミニカ73と毎年のように車名を変えた。

混合用のオイルタンク。
初代から継承したエンジンは空冷と水冷の2種類があり、どちらも2ストローク方式。水冷の2G10型エンジンはシングルキャブレター仕様で28ps、ツインキャブレター仕様が38psとリッター当たり100psを超える高性能ぶりだった。シングルキャブがレッドエンジン、ツインキャブがゴールドエンジンと名付けられ、ゴールドエンジンだとシリンダーヘッドやエアクリーナーが金色に塗装されていた。
 

夏冬でエアインテークを切り替える。
2ストロークエンジンは今や4輪だけでなく2輪でも絶滅寸前になった。特に4輪の場合、1970年代に段階を経て厳しくなった排出ガス規制に適合させるのが困難だったため、早い時期に姿を消している。ガソリンにオイルを混合させて燃焼と潤滑を同時に行うため、排出ガスをクリーンにするのが構造上難しいのだ。このミニカ72もエンジンルームの運転席側に2ストロークオイルを入れるタンクがある。

ミニカは1972年のフルモデルチェンジで3代目になると、2ストロークエンジンから4ストロークエンジンへと切り替わる。そのため、古い2ストロークエンジン車が敬遠されたともいえるわけで、残存数が少ない理由の一つでもある。だが鈴木さんは現車のほかに部品取り用のミニカも所有されているそうだから、まだまだ現役で走り続けられることだろう。

エンジンはバイク用、ボディはアルミ製! 6輪タイレルこと「ティレルP34」の精巧レプリカ

2021年6月20日に群馬県の「道の駅おおた」でクラシックカーとスーパーカーが展示されるイベント、サンブレフェスタが開催され...

あわせて読みたい

コンディション抜群のホンダS800M! フルオープンボディと4気筒DOHCエンジンは健在

6月20日に群馬県で開催された「道の駅おおた」サンブレフェスタ。会場には地元の名車乗りたちが駆けつけ、来場者を楽しませて...

あわせて読みたい

ポルシェ912のエンジンに載せ替えた極上のフォルクスワーゲン・ビートル(タイプ1)

群馬県太田市にある「道の駅おおた」サンブレフェスタで見つけた名車を紹介する第二弾は、キレイにレストアされたVWタイプ1、...

あわせて読みたい

世界遺産級の希少車! 「デメキン」こと初期型スバル360を発見

道の駅を舞台として旧車やスーパーカーを対象としたイベントが開催されることが多くなった。「道の駅おおた」で開催されたサ...

あわせて読みたい

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ