Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車カタログ
  3. 日産
  4. セレナ

日産 セレナ 新型自動車カタログ|新車価格157~419万円[試乗インプレ/燃費/技術開発]

  • 2020/12/27
全長:4770mm、最小回転半径:5.5~5.7m

日本国内の5ナンバーワンボックスセグメントに最適化されたミニバンで、基本的には日本専用車。五代目となる現行型は2016年にフルモデルチェンジされたばかりで、トヨタとホンダとともに3社が競合する同セグメントでは、現時点で最新モデルとなる。骨格設計やパワートレーンなど基本メカは先代改良型だが、高速単一車線での半自動運転を実現した“プロパイロット”を搭載。これは日産では史上初の市販自動運転システムとなった。パワートレーンは、2.0ℓガソリン直4直噴エンジンと12VのISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせるマイクロハイブリッド(日産はスマートシンプルハイブリッドと呼ぶ)と1.2ℓ直3エンジンを発電用に使うe-POWERの2種類を設定する。

自動運転技術搭載は英断。だがシャシーは不満だ 総合評価:6点

フルモデルチェンジを受けた日産セレナの一番の注目ポイントと言えば、自動運転技術を活用した「プロパイロット」に他ならない。自動運転というと大げさで、要するに従来からある低速域での車両の完全停止、再発進にまで対応したアダプティブクルーズコントロールに、ステアリング操舵機能をプラスしたものと見れば、ほぼ間違いない。おやっと思ったのはステアリングの中立付近がブラブラなことだ。ビシッと真っ直ぐ走っている感触が得られず、実際に進路がヨタヨタとしてしまう。セレナのシャシーにはまだだいぶやるべきことが残っていそうである。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

最新刊『2018年版間違いだらけのクルマ選び』島下泰久著〔草思社刊〕

日産セレナ 2021年1月発売モデル

e−パワー ハイウェイスターV アーバンクロム

価格 367万円
排気量 1200cc
駆動方式 FF
最高出力 84 ps(62 kW)/6000rpm
最大トルク kg・m(103 Nm)/3200〜5200rpm
乗員 7名
燃費 -

ハイウェイスターV アーバンクロム

価格 313万円
排気量 2000cc
駆動方式 FF
最高出力 150 ps(110 kW)/6000rpm
最大トルク kg・m(200 Nm)/4400rpm
乗員 8名
燃費 -

日産セレナの歴代モデル

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ

日産 セレナ バックナンバー