Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車カタログ
  3. トヨタ
  4. プリウス

トヨタ トヨタ プリウス 新型情報|グレード/性能/新車・中古価格

  • 2020/11/24
※三面図はマイナーチェンジ前の2016年モデルです。

北米や欧州を含む世界中の市場で販売されるハイブリッドカーの代名詞。トヨタのハイブリッド車の累計販売台数は2017年1月末までに1000万台を超えたが、言うまでもなく累計398万4600台という圧倒的台数で貢献したのがプリウスだ。四代目となる現行モデルはTNGAの第一弾モデルとして登場し、日本では2015年12月に発売。1.8ℓ直4エンジンの最大熱効率は40%を達成し、システム全体の小型軽量化などもあり、最良40.8km/ℓという世界トップレベルの低燃費を誇る。2018年12月にマイナーチェンジを実施、少々飛びすぎていた内外装デザインをリファインしている。4WD仕様もラインアップ、後輪はモーターによるE-Four(電気式4輪駆動方式)をとる。

燃費だけじゃない、真っ当なクルマになった 総合評価:8点

トヨタの新しい共通車体構造であるTNGAを使った4代目。アクセル操作に対する力の出方が、とてもナチュラルになったのが好印象だ。ブレーキのタッチも劇的に良くなり、今までの動かすだけで神経を使うものではなくなった。それ以上に驚かされるのが俄然高まったフットワークの質だ。ボディがしっかりしたおかげでサスペンションは動きがスムーズになり、乗り心地から突っ張ったようなところが無くなっている。コーナリングもスムーズで、狙ったラインをきれいにトレースしていく。4世代目にしてプリウスは、ようやく燃費だけじゃない、真っ当なクルマになったと言っていい。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

最新刊『2018年版間違いだらけのクルマ選び』島下泰久著〔草思社刊〕

トヨタプリウス 2021年6月発売モデル

Aプレミアム ツーリングセレクション

価格 344万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Aプレミアム ツーリングセレクション

価格 364万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Aプレミアム

価格 333万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Aプレミアム

価格 353万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Aツーリングセレクション

価格 317万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Aツーリングセレクション

価格 337万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

価格 300万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

価格 320万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Sツーリングセレクション

価格 290万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Sツーリングセレクション

価格 310万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

価格 273万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

価格 293万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

価格 260万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

SセーフティプラスII

価格 281万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

SセーフティプラスII

価格 301万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Aツーリングセレクション・ブラックエディション

価格 322万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Aツーリングセレクション・ブラックエディション

価格 341万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Sツーリングセレクション・ブラックエディション

価格 295万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

Sツーリングセレクション・ブラックエディション

価格 315万円
排気量 1800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

口コミ・レビュー

ニックネーム:サーやん|性別:男性(60代〜) 居住地:愛媛県

車種・グレード名:平成20年式 排気量:1500cc トランスミッション:CVT 平均燃費:20Km/L 長所:燃費は結構良いが、アクセルワークは最新の配慮が必要   短所:空力特性の為かバックが難しい、車庫入れ時に真直ぐにならない。 地道を走る時は良いが、高速に入ると悪くなる。

  • 外観
  • ★★★3点
  • 室内
  • ★★★3点
  • 走行性能
  • ★★★★4点
  • 燃費性能
  • ★★★3点
  • 装備
  • ★★★3点
  • 満足度
  • ★★★3点
  • このクルマの購入を検討している人にひと言
"此れだけガソリン価格が上がって来るとコストパフォーマンスは上がって来ると思う。¥200円/Lになっても倍走れば¥100円/Lになる。但し、信号は二つ前のを見る必要がある&PCをだます為の微妙なアクセルワークが必要である。 嫁と私では5Km/L程燃費の差が出ます。"
ニックネーム:MARS|性別:男性(40代) 居住地:愛知県

車種・グレード名:2016/Sツーリング 排気量:1800cc トランスミッション:AT 平均燃費:26km/L 長所:ボディ剛性が高い 足回りがしっかり動く 価格の割に装備が良い 短所:販売台数が多いので所有しても特別感はない 内装に樹脂やプラスチックが多い

  • 外観
  • ★★★★★5点
前期型は好き嫌いがはっきりするが私は個性的で好き
  • 室内
  • ★★★3点
プラスチック多用で安っぽい
  • 走行性能
  • ★★★★4点
エコカーと言われるがボディ剛性足回りがしっかりしていて、少しサスを固めるとけっこう楽しい
  • 燃費性能
  • ★★★★★5点
世界トップクラスの燃費はやはり凄い 騙されたと思って一度試乗してみることをオススメします。"
  • 装備
  • ★★★★4点
今となっては普通だがデビュー当時はコストパフォーマンスに優れていた
  • 満足度
  • ★★★★★5点
細かな不満しか出てこない本当に良く出来た車で全然飽きない
  • このクルマの購入を検討している人にひと言
"販売台数が多いので個性を求めるのは無理ですが、性能を考えると本当にバーゲンプライスだと思います。 当然ながら燃費が良く、ボディ剛性がしっかりしていて足回りもよく動く。 ただのエコカーではないです。
ニックネーム:加納大地|性別:男性(20代) 居住地:東京都

車種・グレード名:ZVW30 排気量:1800 トランスミッション:AT 平均燃費:25 長所:普段使いでは十分なパワー 圧倒的燃費 壊れない 短所:シフトノブが使いにくい 

  • 外観
  • ★★★3点
  • 室内
  • ★★★★4点
  • 走行性能
  • ★★★★4点
  • 燃費性能
  • ★★★★★5点
  • 装備
  • ★★★3点
  • 満足度
  • ★★★★★5点
  • このクルマの購入を検討している人にひと言
最初の1台にどうぞ
ニックネーム:YxJ|性別:男性(50代) 居住地:神奈川県

車種・グレード名:2016/Aプレミアムツーリング 排気量:1800 トランスミッション:CVT 平均燃費:17 長所:暖房の温度が上がるまで時間がかかると言われているが、シートヒーターが瞬時にシートを温めてくれるので快適。 50系になって、パワーモードにしなくても快適なドライブができるようになった。 50系からTNGAになり、ドライブフィールが格段に向上した。 短所:30系より初速が劣化した。 30系と比べインパネ周りが平凡で未来感がなくなった。30系が初採用し2021型LEXUSNXに転用されたTouchTrace機能が50系にはない。

  • 外観
  • ★★★★4点
世間では評判が悪い時期があったが、50系前期のバックビューが、お気に入り。
  • 室内
  • ★★2点
スターウォーズの劣化版って感じ。
  • 走行性能
  • ★★★★4点
ツーリングで17インチだからノイズは拾うが、自分的には気持ち良い走行フィーリング。
  • 燃費性能
  • ★★★★4点
問題ない。
  • 装備
  • 1点
先進性が薄れ普通の装備しかない。
  • 満足度
  • ★★★3点
30系後期から50系前期に買い替えたが、TNGA以外の変化に乏しいため、50系後期への買い替えは見送った、次に期待してる
  • このクルマの購入を検討している人にひと言
"TNGAは良くできていて快適なのでオススメする。 先進性を求めるなら、50系は足踏み状態だったので、次期型を待ったほうが良い。"
ニックネーム:web|性別:男性(50代) 居住地:大阪府

車種・グレード名:16年式 A 排気量:1800 トランスミッション:その他 平均燃費:25km/L 長所:抜群の燃費 ワゴン並みの積載性 しっかりした足回り 短所:短距離での燃費悪化 地上高が低くて、よく擦る暖房の効きが遅い

  • 外観
  • ★★★★★5点
慣れると前期のデザインの方がモダン。後期は無難すぎる。
  • 室内
  • ★★★★★5点
前方視界がいい。後方も実際の視界は広く、下の窓は雨天でもクリア。
  • 走行性能
  • ★★★★4点
飛ばさないので不満はないレベル
  • 燃費性能
  • ★★★★★5点
期待通り
  • 装備
  • ★★★★★5点
ACコンセントは災害時の備えとして心強い
  • 満足度
  • ★★★★★5点
中古で割安で購入できたので満足
  • このクルマの購入を検討している人にひと言
"デザインの評判など気にせず、自分がいいと思ったのなら、所有して満足できるクルマ。 カローラツーリングよりも後席に余裕があり、荷室も100L以上広いので、使い勝手は抜群です。"
ニックネーム:手押し車|性別:男性(60代〜) 居住地:東京都

車種・グレード名:ハイブリッド エントリーモデル 排気量:1,800cc トランスミッション:AT 平均燃費:20.0km/L 長所:燃費性能が旧型式から確実に進化 車体重量が旧型式よりは軽くなり、運転しやすく  短所:付属のジャッキが小型になり、使用上の支障ありそう ガソリン車に比べれば、登板時の重量感は否めず

  • 外観
  • ★★★★4点
  • 室内
  • ★★★★4点
  • 走行性能
  • ★★★★4点
  • 燃費性能
  • ★★★★★5点
高速道路走行では30km/L程度で走れる
  • 装備
  • ★★★3点
  • 満足度
  • ★★★★4点
  • このクルマの購入を検討している人にひと言
HEVのベストセラーとして安心感があり、今後とも進化を続けていくものと期待
ニックネーム:荒舩 浩二|性別:男性(60代〜) 居住地:埼玉県

車種・グレード名:2012 / G 排気量:1797 トランスミッション:AT 平均燃費:22.5~24.0 長所:環境に配慮出来ている車だとつくづくと思える   短所:突如、補器バッテリー容量不足の為、エンジンが掛からない 販売台数が多い為、マナーの悪い人に見られる

  • 外観
  • ★★★★★5点
  • 室内
  • ★★★★4点
  • 走行性能
  • ★★★★4点
  • 燃費性能
  • ★★★★4点
  • 装備
  • ★★2点
  • 満足度
  • ★★★★4点
  • このクルマの購入を検討している人にひと言
今後、EV化が進む中HVは、 まだまだ 需要が伸びると思います。環境問題を考えるとトヨタのHVは素晴らしいと思います。

トヨタプリウスの歴代モデル

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ

トヨタ プリウス バックナンバー