Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニーシエラ

オーナー目線で勝手にインプレッション 連載第13回『よろしく! スズキ・ジムニーシエラ』燃料残量警告灯を考えるⅡ ~バカ実験・旧シエラ、C11ティーダ、Z34フェアレディZの3車比較~

  • 2019/07/02
  • MotorFanアーカイブ編集部 山口 尚志
このエントリーをはてなブックマークに追加

■だれかがやらなきゃわからないバカ実験、また!

 それはさておき、1月すえの第10回で旧シエラの燃料残量警告灯をテーマにしたとき、燃料計のドット増量と給油量の関係を動画を交えて解説した。

 実はあのあと、同じ旧シエラで2回目の撮影を行っているのでそれをお見せしたい。


 この2回目は燃料切れギリギリまでがんばったら、燃料タンク容量40Lのところ、いくらかオーバーする40.01L入った。

 要するにタンクはからっぽで、給油所数十メートル手前でエンスト気味になって車体がいくらかシェーキング(車体の前後揺動)を起こしたから、ガス欠寸前だったわけだ。

 その直後の給油で燃料タンク容量ぶんの燃料をタンクが飲みこんだわけだから、ガス欠=タンクカラッポを実証したわけで、まさに誰かがやらなきゃわからないバカ実験だった。

 でもちょっとやりすぎた。

 わかってやっていることではあるにせよ、ほんとうにバカなことをしていると思うが、まあ、ひとつの収穫にはなるだろうと、無理矢理自分を納得させることにしている。

 表を見てみると、2ドット目からの給油量に対するドットの増え方は、前回とおおよそ同じである。


●今回、第2回目の給油映像から見た燃料計ドットの増加と給油量の関係
●前回第10回に載せたときの表をもういちど。

 
 2ドット目点灯時の量をしっかり決めてあって、その決定量以下のときはカラッ欠であろうとなんであろうと、とにかく1ドットとしているのかもしれない。

 私の旧シエラではたった2回でのバカ実験ではあるが、第10回で私が「そのときによって違うようだ」「曖昧」といっていたのが間違いだったことが証明された。

 やはり給油機と燃料計のふたつを目で追っていたからそのように錯覚していたのである。

 それにしてもこの映像の録画のときは、たった0.01Lとはいえ、給油計がタンク規定量40Lを超える「40.01」を示したときはびびった。

 というわけで、燃費の計算。

 給油量が40.01Lでそのときの走行距離が401.3km。

  401.3 km ÷ 40.01 L = 10.0299925 ・・・ ≒ 10.0 km/L

 ・・・低燃費を語るクルマでないことをわかったつもりで買ったクルマだが、それにしてもATとはいえ、もうちょい何とかならぬものか・・・?

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ