Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ポルシェ|PORSCHE
  4. タイカン

0-100km/h加速は1.2G! つまり室内に寝そべっていたら立てるほど! という性能のポルシェ・タイカンが登場 ポルシェ・タイカンがついに日本デビュー! EVになってもポルシェらしさはあるのか?

  • 2019/11/20
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

欧米のプレミアムメーカーから続々とEVが発表されているが、ポルシェから登場したEV、タイカンが東京で正式発表された。フロントとリヤにモーターを搭載し、0-100km/h加速2.8秒、最高速度260km/hというスーパースポーツEVの誕生である。

ポルシェ初のEV、タイカンが日本で発表された。フロア下に搭載されるバッテリーは93kWhで、パワーはターボSが761ps、ターボが680ps。トルクは同じく850Nm/1050Nmとなる。ちなみに、タービンがないのになぜターボというグレード名を使うのかというと、それがポルシェのパフォーマンスの違いを表すのに最もわかりやすいワードだからだという。0→100km/h加速はターボSが2.8秒、ターボも3.2秒という凄まじい速さを誇る。

 量産車初の800Vのシステム電圧(通常は400V)を採用するタイカンは、充電容量270kWhを実現。充電は家庭のAC電源でできるので、夜中の間に満充電とすることが可能。急速充電のCHAdeMOにも対応しているので、各地の急速充電スポットが使用できる。

 150kWhの場合、30分以内に80%の容量まで充電できるという。またポルシェは独自の急速充電システムをABBと共同で開発しており、これを使うと100km走行できる電力をわずか10分で充電できる。この急速充電システムはポルシェの各正規ディーラーの他に、東京・名古屋・大阪の公共施設に設置する予定だという。

 満充電での走行距離は最長463km(WLTP)で、また0→200km/h加速を26回繰り返しても、初回と最後のタイム差は1秒以内という性能持続性も自慢だという。

 充電口は左右のフロントフェンダーにあり、フラップ直後の突起の下側に触れるとモーターにより内側にフラップが収納されるという凝ったシステムが採用されている。

リッド手前にある突起の下に触れるとリッドが開く。
左側が家庭用充電、右側が急速充電用だ。
ターボSはカーボンコンポジットローターのPCCBを標準装備。
展示された車両はスポーツパッケージを装着しているため、ライト下のスリットが大きい。

 インパネは、ダッシュボードより少し高い位置にレイアウトされたメーターが昔の911を思わせる雰囲気。このセグメントでは初となるパッセンジャーディスプレイもオプションで用意される。室内は4人乗りが基本だが、5人乗りもオプションで用意される。

 フロアにバッテリーを搭載するEVは床が高くなるが、タイカンはリヤ席足元にはバッテリーを載せずに居住性を確保。リヤのラゲッジスペースは366Lで、フロントにも81L、トータル446Lの荷物を積載できる実用性も魅力だ。

エアコンの風向き調整はルーバーではなく内部の2つのフラップを制御して行う。
直射日光が当たっても見やすいというメーターは、ドライバーに向かって湾曲している。
パッセンジャーディスプレイ(右側)が助手席に人が座っている時のみ表示される。
フロントのラゲッジスペースは81L。
リヤのラゲッジスペース は366Lで、トランクスルーも備わる。

 プレゼンテーションを行ったポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュ氏は「タイカンは自動車の将来に向けた新しいスタンダードとなります。エクスクルーシブでありながら社会に受け入れられるクルマとして、新しいビジネスモデルにの提案にもなるでしょう」
 とコメント。

 日本での納車は2020年の9月と、まだもう少し待たなければいけないが、期間限定で予約プログラム専用ページが開設されたので、興味のある人はそちらにアクセスしてみてほしい。
https://www.porsche.co.jp/sp/taycan/

今年の8月に新たに社長に就任したキルシュ氏にとって、初の新型モデルの発表となった。

SPECIFICATIONS
ポルシェ・タイカン・ターボS
■ ボディサイズ:全長4963×全幅1966×全高1378mm ホイールベース2900mm ■車両重量:2295kg ■モーター:永久磁石同期式×2 最高出力:560kW(761ps) 最大トルク:1050Nm(107kgm) ■トランスミッション:フロント1速/リヤ2速 ■駆動方式:AWD ■サスペンション形式:F4リンク Rマルチリンク ■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ:F265/35ZR21 R305/30ZR21  ■0-100km/h加速:2.8秒 ■最高速度:260km/h

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ