Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

トヨタもテスラも、中国製「電磁鋼板」採用へ? 日本のキー技術、電磁鋼板を中国が作れるようになったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
初代プリウス〔10型)のモーターのステーターコイル部分。薄く積層されているのが電磁鋼板だ。

電動モーターに必須の電磁鋼板が品薄になってきた。日本国内での需要は、いずれ鉄鋼メーカーの生産能力を超えるだろう……これは単なるウワサか、それとも事実か。コロナ禍でサプライチェーン寸断を体験したばかりの日本の自動車産業界にまたひとつ、中国に依存する素材が増えるのだろうか。
TEXT◎牧野茂雄(MAKINO Shigeo)

去る7月13日、日本経済新聞は「トヨタが中国・宝武鋼鉄集団から電磁鋼板を輸入する」と報じた。これが事実かどうかは定かでないが、テスラ・モータースの上海工場向けに中国の鉄鋼メーカーが電磁鋼板を供給しているという話は聞いている。また、筆者は2018年暮れに鉄鋼メーカー筋から「近い将来、電磁鋼板は足りなくなる」という話も聞いた。そうした背景から、トヨタが中国でHEV(ハイブリッド車)を大量に生産するなら中国製の電磁鋼板を採用するということもあり得る、と考えた。

しかし、トヨタは中国製電磁鋼板を日本に輸入し、日本で生産するモデル向けの素材として採用するらしい。素材や部品の調達先はほとんど開示されることはないが、トヨタが採用するとなるとトヨタの社内基準、いわゆる「Tスペック」を満たさなければならない。日本国内で生産するモデルでも、中国、北米、アジアその他で生産するモデルでも、Tスペックはシングルスタンダードであり、妥協されることはない。トヨタへの供給が事実であるなら、すでに宝武鋼鉄集団は電磁鋼板のTスペック獲得していることになる。

電磁鋼板(Electrical Steel Sheet)とは、その名のとおり「電気を流して強い磁力を得るための鋼板」であり、一般的な鋼板とは比較にならない強力な磁力を得ることができる素材だ。BEV(バッテリー電気自動車)もPHEV(プラグイン・ハイブリッド車)も、あるいはHEVも、すべて電動モーターを使う。電動モーターには永久磁石と電磁石を使うタイプと電磁石だけを使うタイプとがあるが、電磁鋼板はこの両方に必須だ。

現在、車載電動モーター用の電磁鋼板には「薄型化」「方向性化」というふたつの傾向があるが、宝武鋼鉄集団は日本からの技術移転も受けていた。日系自動車メーカーが中国での現地生産を増やす過程で、自動車業界は新日本製鐵の時代とその後の新日鐵住金の時代を通じて「自動車用薄板製造の技術を中国の鉄鋼メーカーに供与してほしい」と打診し続けた。日本から輸入していたのではコストが高くつくためだ。同様に、電磁鋼板技術についても中国の鉄鋼メーカーは部分的に日本からの技術供与を受けていた。

宝武鋼鉄集団は粗鋼生産量でアルセロール・ミッタルに次ぐ世界第2位。中国最大の鉄鋼メーカーであり世界第3位の日本製鐵を規模では上回る。2019年に馬鉄集団を吸収し、この地位を得た。この吸収合併は中国政府の演出であり、中国はいずれ宝武鋼鉄集団にほかの中国国内企業(たとえば世界第4位の河北鋼鉄集団)を吸収させてアルセロール・ミッタルを世界トップの座から引きずり下ろしたいと考えているのでは、と思う。

現行プリウス(50型)モーターのステーターコイル部分。

しかし、規模で世界一になっても総合的な技術力で日本製鐵を超えて世界一になるのは極めて難しい。素材技術はそう簡単には身に付かない。優秀な研究開発部門と経験豊富な製造現場がなければ、新技術を量産製品に落とし込むことはできない。アルセロール・ミッタルは建築用途の粗鋼では巨大な生産量を誇るが、自動車用薄板の実力はまだ低い。鋼材やアルミ合金などの素材分野ではまだ日本がリードしている。

しかし、この30年を振り返ると、前述の技術移転依頼のような例も含めて日本の技術が拡散したという事実がある。1990年代初頭のバブル崩壊以降、日本の製造業は海外での生産を拡大する道を選んだ。現地では入手できない素材を現地調達したいという大口需要家からの依頼を受け、日本の素材メーカーは海外企業への技術移転を行なわざるを得なかったのだ。自動車用薄板の技術も中国などに移転されてきた。日本の技術が拡散し、とくに中国やインドなど途上国が恩恵を受けた。

電磁鋼板については、おそらく宝武鉄鋼集団も独自の技術開発を続けていたとは思う。しかし、中国の素材産業に対しては欧米のリバースエンジニアリングを行なう企業が詳細なデータを膨大な対価で提供していたことも事実である。そして、産業スパイ事件も少なくなかった。

かつて韓国鉄鋼最大手のポスコは、新日鐵(当時)から方向性電磁鋼板の機密を不正に入手したとして2012年に提訴され、2015年に和解金300億円の支払いで和解した。ポスコと新日鐵は2000年に戦略的提携契約を結んでいたが、新日鐵の最新技術をポスコは契約条項外の手段で入手した。電磁鋼板がらみの産業スパイ事件ではこの件がもっとも有名だ。

なぜ、電磁鋼板の技術が狙われたのか。その理由は、電気の分野での電磁鋼板のポジションにある。家電製品、重電製品、大型発電機、変電施設、鉄道用電動モーターなど、あらゆる領域で電磁鋼板は使われている。これらの製品でエネルギー効率を高めようとした場合、電磁鋼板は必ずキーになる。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ