Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. Honda e(ホンダ・イー)

【2020年の推しカー|ホンダe】雪上で走らせたら楽しいかも!?という妄想でいっぱい(まるも亜希子)

このエントリーをはてなブックマークに追加

サハラ砂漠ラリーやレースにも参戦するなど、アクティブなまるも亜希子さんが選んだ「2020年の推しカー」はアウディe-tron スポーツバック、プジョーe-208、ホンダ eと、すべて電気自動車。特にホンダeは愛嬌のあるデザインやRRならではの小回り性能などがお気に入りだ。

TEXT●まるも亜希子(MARUMO Akiko)

第3位:アウディe-tron スポーツバック「『急がず・慌てず・のんびり行こう』のEVドライブもいいもんだ」

「2020-2021 テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したアウディe-tron スポーツバック。デジタル式の「バーチャルエクステリアミラー」や前後輪の電気モーターによる強力な駆動力、実用的な405kmの航続距離などが高く評価された。

年に一度、長野県白馬村で開催されている「Japan EVラリー」に初めて参加し、その往路の相棒となってくれたのが、このe-tron スポーツバック。

東京から約300km、しかも夜間で娘を後席に乗せてのドライブでしたが、EVであることを忘れるほど「クルマらしい」乗り味と、EVであることを心の底から感じられるスカッとした加速やハンドリングが、とてもバランスよく共存していることに感心。デジタルサイドミラーもオートハイビームもすごく賢くて、暗い山道まで安心して走れたんです。

途中、諏訪湖SAでの充電タイムでは、「急がず・慌てず・のんびり行こう」のEVドライブらしい感覚を思い出し、こういう旅もいいものだなと再認識。私に1300万円オーバーがポンと出せる甲斐性があったら、欲しいなぁと思った1台でした。出せる人は、ぜひ(笑)。

アウディe-tron スポーツバック

第2位:プジョーe-208「楽しさはガソリンモデルの2倍!」

ガソリン車の208とともに 「2020-2021 インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したe-208。イニシャルコストは高くなるが、3年3万キロでのおおよその所有コストはガソリンモデルと同等というコスト感でも注目を集めている。

ガソリンモデルの208で300km以上のロングドライブをさせてもらって、久々に元気で快適で奥が深いフレンチコンパクトの魅力に惚れ惚れしてたんですが、のちに少しだけe-208に試乗したら、もうその楽しさが2倍になったくらいの感動があってビックリ。

そもそも、デザインにすごく華があるし、インテリアも「3D i-コクピット」など先進性がありつつ、アルカンターラを使った上質で心地いいシートで骨抜きにしてくれる。フレンチスタイルのおもてなしが溢れているコンパクトカーなんですよね。

急速充電も使えるし、500万円を切る価格もなかなか現実的ですが、もう一声お手頃になったら飛びついちゃう人が増えそうです。

プジョーe-208

第1位:ホンダe「愛嬌のある顔を見ているだけでハッピーな気分に」

「ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー」を日本車で初めて受賞したホンダ e。そのほか、優れたプロダクトデザインに贈られるドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」も受賞するなど、海外での評価は高い。

自分でも驚くことに、今年推したいと思ったクルマのベスト3はすべてEVになっちゃいました。自宅が賃貸で、充電器の設置ができないので自分では購入にはいたってないんですが、それだけ2020年は魅力的なEVがたくさん登場したということでしょう。

でもこのホンダ eは、EVかどうかという以前に、あんなに愛嬌のあるにっこり顔が自宅の駐車場にいたら、それだけで毎日がハッピーだろうなと妄想しちゃいますね。

運転席に座って、世界初のワイドビジョンインストルメントパネルが広がった時の驚きや、いろんなことができるコネクテッド機能、マルチタスク機能もワクワク。車内で熱帯魚を飼えるクルマってのも楽しいですよね。

また、苦労してまでRRレイアウトにしたエンジニアたちの心意気と、面白いように小回りが効く操りやすさ、乗り心地の良さも美点。

今は、雪上でホンダ eを走らせたら楽しいんじゃないか!?という妄想でいっぱいです(笑)。

最小回転半径4.3mで、前後のオーバーハングも短いため、小回り性能は抜群。
5つのディスプレイが並ぶダッシュボード。さまざまな情報を同時に閲覧できる。

2020年に買って良かったモノ:Cuisinartの全自動コーヒーメーカー

昔から毎日飲まないといられない、コーヒー中毒の私。おうち時間が増えて、好きなカフェにもなかなか行けなくなったので、念願だったCuisinartの「豆から挽いてくれる全自動コーヒーメーカー」を導入! 部屋中にアロマが広がって大満足です。

『2020年の推しカー』は毎日更新です!

いよいよ2020年もラストスパート! ということで、今年(2019年12月〜2020年11月)に発表・発売されたクルマ(マイナーチェンジ・一部改良・追加モデルなどすべて含みます)のなかから、「他人はどうかわからないが、個人的に大好きだ!」という"推しカー”を3台、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ