Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

北米ホンダの2月販売はSUVが牽引! 顔が変わったリッジラインとアキュラの新型MDXが絶好調スタート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

北米ホンダ(American Honda)が発表した2021年2月の販売台数は、10万6328台。前年同月比−11.4%とふるわなかったが、トラック(SUV)のカテゴリーは5.7%増と好調。パスポート、パイロット、リッジライン、MDXが販売を牽引した。

北米でも電動化車両も急増中。CR-Vハイブリッドが好調

北米ホンダ(American Honda)は2021年2月の販売台数を発表した。ホンダ部門は9万4775台で前年同月比−12%、アキュラ部門は1万1553台で前年同月比−5.8%、そして北米ホンダ全体では10万6328台で前年同月比−11.4%という結果だった。

ホンダに限らず、2月の北米の自動車販売は低調だった。前年同月より2日少なかった営業日数と記録的寒波のせいで、全体では−12.7%となった。

もう一つ、自動車業界を苦しめているのが半導体不足だ。ホンダは米国とカナダの5工場で生産調整を行った。

そんな中、好調だったのがSUVだ。北米ホンダではトラックとカテゴライズしているが、フェイスリフトして2月から販売が始まったばかりのピックアップトラック、リッジラインが3873台(前年同月比+20.7%)と好スタート。そしてCR-Vよりも上級のSUV、パスポートが1万台を超える好調ぶり(1万0689台で前年同月比+18.6%)。さらに北米ホンダのフラッグシップSUV、パイロットも3686台(前年同月比+10.3%)を販売した。

ホンダ・リッジライン
ホンダ・パスポート
ホンダ・パイロット

また、新型に生まれ変わったアキュラMDXも2月の最高記録を更新する5379台(前年同月比+40%)を記録。これらのおかげで、北米ホンダのトラック(=SUV)販売は前年同月比+5.7%を達成することができた。

アキュラMDX

北米ホンダの2月のトピックとして触れておきたいのは、電動化車の販売が急増していること。前年同月比で96.2%というから驚きなのだが、特に20年3月から販売が始まったCR-Vハイブリッドが好評のようだ。

ホンダCR-Vハイブリッド

北米ホンダ(ホンダ部門)・車種別販売台数【2021年2月】
アコード:1万3293台(−27.0%)
シビック:1台5906台(−37.9%)
クラリティ:420台(−24.9%)
フィット:1724台(−39.6%)
インサイト:1217台(−24.6%)
CR-V:3万0249台(+7.0%)
HR-V:8181台(+0.8%)
オデッセイ:5537台(−14.7%)
パスポート:3686台(+18.6%)
パイロット:1万0689台(+10.3%)
リッジライン:3873台(+20.7%)

北米ホンダ(アキュラ部門)・車種別販売台数【2021年2月】
ILX:819台(−24.4%)
NSX:4台(−55.6%)
RLX:43台(−48.8%)
TLX:1788台(−21.0%)
MDX:5379台(+40.0%)
RDX:3520台(−29.3%)
※( )内は前年同月比

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ