Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. エクストレイル

日産、新型エクストレイルを上海モーターショーで発表! エンジンは可変圧縮比ターボ 日産の新型エクストレイル、VCターボ搭載で中国デビュー! e-POWERは搭載するのか? VCターボの排気量は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
上海モーターショーで発表された日産の新型エクストレイル

日産が新型エクストレイルを上海モーターショーで発表した。中国市場への投入は2021年下期を予定している。新型エクストレイルは、日産にとって重要なグローバルモデルだ。北米・欧州・中国それぞれの仕様について考察してみよう。新世代e-POWERは、どうなるのか?

中国仕様の新型エクストレイルは、全長は4681mm、ホイールベースは2706mm

上海モーターショーのプレスデー(4/18-29)で、日産は新型エクストレイルを発表した。日産は、最新のe-POWERを中国における最量販セダンであるシルフィを皮切りに2025年までに6車種搭載することも明らかにした。


これで、新型エクストレイルは北米(ROGUE=ローグ、すでに販売)、欧州(エクストレイル 2022年夏投入、キャシュカイはすでに投入済み)、そして今回の中国(2021年下期)となり、残すはいよいよ日本市場投入である。
キャシュカイは、エクストレイル(ローグ)のショート版である。

先代やローグ、三菱アウトランダーと写真で比較! 日産、欧州で新型「キャシュカイ」を発表 欧州初となるe-POWERも搭載!

日産自動車株式会社は18日、クロスオーバーSUV新型「キャシュカイ」を本年夏より、欧州市場に投入すると発表した。初代は日本...

あわせて読みたい

欧州に殴り込みをかけるe-POWER 次期エクストレイルにも搭載される(はず)の1.5ℓ直3可変圧縮比ターボ+e-POWERは日産反攻の足がかりとなるか 間もなく登場の新型キャシュカイ

2月18日に欧州で発表される日産キャシュカイは、北米ではローグスポーツ(ROGUE SPORT)、そして日本のエクストレイルとも関...

あわせて読みたい

ちょっと復習しておくと

■北米のエクストレイルは2.5ℓ直4(PR25DD型 184ps/245Nm)を搭載している。
■欧州のキャシュカイは、1.3ℓ直4ターボ(DiG-T)+12VのBSGのマイルドハイブリッド。1.3ℓ直4ターボは、ルノー・ルーテシアやメルセデス・ベンツAクラスも搭載するエンジンで、138ps/240Nm、
156ps/270Nmの仕様が設定される。
 また、今後、MR15型1.5ℓ直3VC(可変圧縮比)ターボ+e-POWERのパワートレーンが追加される。

北米仕様(ROGUE=ローグ)
欧州のキャシュカイ キャシュカイの生産は英国サンダーランド工場だ。
2022年夏に欧州にもエクストレイルが導入される。生産は九州工場。
発表された中国仕様エクストレイル

中国仕様のエクストレイルで、今回の会見で明らかになったのは
・VCターボ搭載
・スペックは150kW(204ps)/300Nm

ということだけ。
ちなみに、欧州仕様の1.5ℓ直3VCターボのスペックはエンジンが157ps、システムのファイナル出力(つまりモーター出力)が140kW(187ps)/330Nmである。

ということは、モーターの仕様が
欧州:140kW(187ps)/330Nm
中国:150kW(204ps)/300Nm
ということで、やはり中国仕様の新型エクストレイルもe-POWERなのか?

日本仕様の次期エクストレイルは、おそらくMR15型1.5ℓ直3VCターボ+e-POWERがメインになるはず。中国では結局どうなるのか?

じつは、中国にはすでにVCターボが導入されている。
アルティマが搭載する2.0ℓ直4KR20ターボである。これは可変圧縮比ターボだ。スペックは
最高出力:179kW(243ps)/5400rpm
最大トルク:371Nm/4400rpm
である。

さすがに2.0ℓのKR20とはだいぶスペックに違いがある。
ということは、やはり1.5ℓ直3VCターボ・150kW(204ps)/300Nmを搭載するということか。

日産、中国でも可変圧縮比エンジンVCターボ搭載の新型アルティマを発表

日産と東風汽車の中国合弁である東風汽車有限は、広州モーターショーで東風日産ブランドの上級セダン、アルティマの新型をデ...

あわせて読みたい

e-POWER用、つまり発電用に特化したVCターボが1.5ℓMR15型だと思われていたが、発電用ではなく、いわゆるコンベンショナルな仕様もあるのか?

プレスカンファレンスでは、燃費=5.8ℓ/100kmと紹介されていた。17.2km/ℓということになる。
東風日産のホームページを見ると
超变擎(超可変エンジン)と書いてある。
さらに、「第2世代4×4iインテリジェントフルモード4WD、VCターボ150kW/300Nm、5.8ℓ/100kmの燃料消費量、より高いトルク容量でダイレクトなレスポンスを備えた新世代CVT」とある。

ということは、やはり中国仕様の新型エクストレイルは、e-POWERではなく、VCターボ+CVTということになる。

あとは、このVCターボの排気量がどうなるか?
・欧州(とおそらく日本)に投入される新開発MR15型1.5ℓ直3VCターボの別仕様
・KR20型2.0ℓ直4VCターボの1気筒落としの1.5ℓ直3VCターボ
・KR20型2.0ℓ直4VCターボのデチューン(燃費志向)版
・それ以外のまったく新しいVCターボエンジン
のどれかということになる。

果たして、どれなのか?
次期日本仕様の新型エクストレイルも含めて、いろいろ面白くなってきた。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ