Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ダイハツ|DAIHATSU
  4. アトレーワゴン

スバル・サンバーバン/ディアスワゴン、トヨタ・ピクシスバンも同時に進化。ダイハツ・ハイゼットトラックとそのOEM車も一部改良 ダイハツ・ハイゼットカーゴ/アトレーワゴンが大幅改良で内外装の質感が劇的アップ!「スマートアシスト3」も設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイハツ・アトレーワゴン

ダイハツ工業は11月13日、軽1BOX商用車「ハイゼットカーゴ」および同乗用車「アトレーワゴン」をマイナーチェンジ。同日より販売開始した。

ダイハツ・ハイゼットカーゴ

今回のマイナーチェンジでは、小型ステレオカメラとソナーセンサーにより対歩行者の緊急ブレーキにも対応する「スマートアシスト3」に加え、リヤコーナーセンサー、エマージェンシーストップシグナル、VSC&TRC、ABSを「SA3」全グレードに標準装備し、ヒルホールドシステムをAT車に採用。「セーフティ・サポートカー(サポカー)S・ワイド」に適合している。

また、内外装をハイゼットカーゴ、アトレーワゴンともに刷新した。

ハイゼットカーゴでは、フロントマスクのフード位置を上げ、下部にボリューム感を持たせることで安定感を表現するとともに、末広がりのグリル形状により安心感を表現した。

さらに、フロントバンパー左右下端を従来に比べ20mm切り上げるとともに、左右下部に着脱可能な「コーナーピース」を設定。縁石などで擦り、傷つく恐れを低減するとともに、傷がついた場合でもバンパーごと交換する必要を省き、修理費用や交換作業の低減を図っている。

ダイハツ・ハイゼットカーゴ

そのほか、LEDヘッドランプおよびフォグランプを「LEDパック」としてメーカーオプション設定し、視認性と省電力性、上質感を向上させ、マルチリフレクターハロゲンヘッドランプもデザインを変更しシャープさを表現。リヤコンビネーションランプもデザインを変更するとともに、LEDテール&ストップランプを採用した。

ボディカラーは標準色のホワイトおよびブライトシルバーメタリックのほか、カラードドアアウターハンドル、カラードコーナーピース、トップシェイドガラス(デラックス以外は標準装備)とセットにした「選べるカラーパック」として、ファインミントメタリック、パールホワイト3、ライトローズマイカメタリック、ミストブルーマイカメタリック、ブラックマイカメタリックを設定している。

ダイハツ・ハイゼットカーゴの運転席まわり

室内は、インパネをブラック基調で上質感あるデザインへ刷新し、マルチインフォメーションディスプレイ付メーターを採用しつつ、メーターを大型化して視認性を向上。間口が広く使いやすい助手席トレイ/センタートレイ、メッシュ形状に変更したことで置いたものが一目でわかるオーバーヘッドシェルフ、マルチユーティリティフック、AC100V電源などを新たに採用し、使い勝手を向上させた。

ダイハツ・ハイゼットカーゴの室内

上級グレード「クルーズターボ」「クルーズ」「デラックス」ではさらに、ファブリックシート表皮を撥水加工タイプに変更し、グリップ径が太く握りやすいステアリングホイールや、クリーンエアフィルター、キーレスエントリー(キー一体式)を標準装備して、快適性を高めている。

ダイハツ・アトレーワゴン

アトレーワゴンもハイゼットカーゴと同様、各ランプ類のデザインを変更するとともに、LEDフォグランプにはサイドへ向かう2本のメッキ加飾を装着。さらに、切れ長のメッキフードガーニッシュによりワイド感を表現するとともに、ピアノブラック調加飾とのコントラストで上質感を表現した。

ダイハツ・アトレーワゴンの運転席まわり

室内も、ハイゼットカーゴと同様に使い勝手を改善しつつ、プレミアムシャインブラックを中心にメッキやシルバー塗装による加飾で質感を高めたインパネ、黒基調のシート表皮、自発光式メーター(カスタムターボRS“リミテッドSA3”に標準装備)などにより質感を向上。

ダイハツ・アトレーワゴンの室内

さらに、スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)、スーパークリーンエアフィルターをセットにして、紫外線・赤外線・花粉などを防ぎ快適性を高める「ビューティーパック」をメーカーオプション設定している。

そのほか、ハイゼットカーゴ、アトレーワゴンとも、アイドリングストップシステム「eco IDLE」、電動式パワーステアリング、新開発145/80R12タイヤ(ハイゼットカーゴのみ)を採用して燃費を改善。ハイゼットカーゴのFR・NA車でJC08モード燃費17.8km/L、アトレーワゴンで同15.2km/Lを達成している。

価格はハイゼットカーゴが934,200~1,495,800円、アトレーワゴンが1,533,600~1,787,400円。

スバル・サンバーバン
スバル・ディアスワゴン

トヨタ・ピクシスバン
併せて、福祉車両および特装車、スバルのOEM車「サンバーバン」「ディアスワゴン」、トヨタのOEM車「ピクシスバン」も同様のマイナーチェンジを行っている。

ダイハツ・ハイゼットカーゴ・デッキバン
スバル・サンバーバン・オープンデッキ

ダイハツ・ハイゼットカーゴ/スバル・サンバーバンのオープンデッキ特装車「デッキバン/オープンデッキ」はさらに、ガードフレームの標準装備化やガードバーの形状変更により、積荷をロープ等で固定しやすくしたことでオープンデッキの使い勝手を向上。また、助手席シートスライドを固定式から120mmのスライド式に変更した。

ダイハツ・ハイゼットカーゴ・デッキバン
デッキバンG、G“SA3”はさらに、フロントマスクをアトレーワゴンと共通のものにしたほか、カラードドアアウターハンドル、カラードコーナーピースと専用ボディカラーをセットにした「カラーパック」をメーカーオプション設定。ライトローズマイカメタリック、ファインミントメタリック、パールホワイト3、ブラックマイカメタリック、オフビートカーキメタリックから選択可能としている。

ダイハツ・ハイゼットカーゴ・デッキバン
ダイハツ・ハイゼットカーゴ・デッキバンの価格は1,209,600~1,617,840円、スバル・サンバーバン・オープンデッキの価格は1,520,640~1,655,640円。

ダイハツ・ハイゼットトラック
同時に、軽トラック「ダイハツ・ハイゼットトラック」を一部改良。軽商用トラックとして初めてLEDヘッドランプを設定したほか、ABSを全車に標準装備。ガードフレームのT字フックを全グレードに標準装備し、リヤ牽引フックの取り付け構造を全車に設定することで、使い勝手を高めている。

またボディカラーは、従来はオプションだったブライトシルバーメタリックが標準色化され、ファインミントメタリックが「選べるカラーパック」に追加された。価格は680,400~1,344,600円。

ダイハツ・ハイゼットトラック・カラーアルミ保冷車
そのほか、特装車に「カラーアルミ保冷車」を新設定。保冷庫の開発から生産までを一貫してダイハツ九州で実施するほか、一部の特装車シリーズの細部の仕様を変更している。価格は1,263,600~1,512,000円。

スバル・サンバートラック
トヨタ・ピクシストラック

併せて、スバルのOEM車「サンバートラック」、トヨタのOEM車「ピクシストラック」も同様の一部改良を行っている。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ