Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. メガーヌ

「GT」と「GTライン」の2グレードに試乗した from editor's room R.S.の登場間近! ということで今こそ乗りたいルノー・メガーヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノーの主力Cセグメントといえばメガーヌである。ニュルブルクリンク北コースでFF最速を争うようなハイパフォーマンスグレード、R.S.の登場を間近に控えて、今さらながら標準グレードを試乗した。

 フランス車らしいどこかとぼけた、しかし洗練されたデザインを感じさせるCセグメントの実用車、メガーヌがフルモデルチェンジしたのはすでに昨年の話だ。
 
 最近スポーツグレードの「R.S.」が導入され、メディアでの露出が賑やかになっているが、その試乗会はMotorFan編集部でも選りすぐりの精鋭が参加することになっており、ここは涙を飲んで、とりあえず日本に導入されたのは1.2ℓターボ(132ps)を搭載する「GTライン」と1.6ℓターボ(205ps)の「GT」という2グレードを試乗してみた。

 いずれも湿式7速DCTが組み合わされる。だが話題はなんといっても、4コントロールシステムという後輪操舵だ。最近ポルシェやフェラーリ、AMGなどスポーツカーでの採用が相次いでいたが、このクラスでは世界初となる装備である。

 試乗すると最初の交差点で驚いた。よく曲がるのだ。低速域は逆位相に2.7度、60km/h以上(スポーツモードでは80km/h)では1度同位相に制御されるがステアリング舵角に対して素早くリニアに反応するためまったく違和感がない。
 
 最小回転半径は40cm短い5.2m。日常域で4WSの恩恵に与れる。この日は晴天の箱根が渋滞していたが、渋滞回避のUターンすらも楽しい。思わずドアミラーで何度もリアホイールの動きを確認してしまったほどだ。

 残念なのは本国で用意される追従クルコン(ACC)が備わらないこととナビが標準装備されないことくらい。ただしACCは開発テスト済みとのことで日本への導入は時間の問題だろうし、ナビはアップル・カープレイなどが装備されるから、こちらもスマホさえ持っていれば問題ないだろう。いずれにせよ今後のR.S.モデルの試乗が楽しみな1台となっていた。

SPECIFICATIONS
ルノー・メガーヌGT
■ボディサイズ:全長4395×全幅1815×全高1435mm ホイールベース:2670mm ■車両重量:1430kg ■エンジン:直列4気筒DOHC+ターボ 圧縮比:10.5 総排気量:1618cc 最高出力:151kW(205ps)/6000rpm 最大トルク:280Nm(28.6kgm)/2400rpm ■トランスミッション:7速DCT ■駆動方式:FWD ■サスペンション形式:Fマクファーソン Rトーションビーム ■ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク Rディスク ■タイヤサイズ(リム幅):F&R225/40R18(7.5J) ■車両本体価格:334万円

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ