Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. シビック タイプR

素のスポーツモデルに再注目! 10年前のホンダ・シビックタイプRユーロとルノーメガーヌR.S. いまこそ乗りたい200万円で狙えるFFホットハッチ!【モーターファンおすすめ中古車】

  • 2021/06/11
  • MotorFan編集部 伏木幹太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

FFホットハッチときいて、クルマ好きがまず思い浮かぶのはドイツのニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでFF市販車最速を争うホンダ・シビック タイプRとルノー・メガーヌR.S.だろう。今回の【モーターファンおすすめ中古車】では、そんなFF最速を狙う2台の10年前のモデルを紹介する。2台を比べてみると現行型のタイプRとR.S.以上に違いが多かった。いまのクルマでは当たり前になった自動ブレーキや運転支援装備などがついていない、素のスポーツモデルの魅力に迫る。

ここまで比較されるライバル関係は少ない

ドイツのニュルブルクリンクでFF市販車最速の座をめぐり熾烈な争いを繰り広げているホンダ・シビック タイプRとルノー・メガーヌR.S.。とくにこの10年は世界中でFF最速の称号をかけた大戦争が勃発しており、この2台のほかにもVWゴルフGTIやセアト・レオンなども挑戦している。しかし、ここ数年はシビックとメガーヌの独壇場。メガーヌの記録をシビックが抜いたかと思えば、次の改良でメガーヌが抜き返し、その後いつの間にかシビックがまた頂点に立つ。こんな感じで両車が切磋琢磨してタイムの更新を続けている。

両車には共通する部分が多い。どちらも究極の速さを目指して開発されたクルマで、硬派なファンが多くいる。また現行型はターボエンジンを積んでおり、5ドアで新車価格は約500万円。まさにガチンコライバルといえるだろう。本サイトはもちろん、世界中でこの2台は比較され、インプレッションされている。

一見気安いが走りに一癖あるルノー・メガーヌR.S.トロフィーMT。ホンダ・シビックタイプRは見た目に反して同乗者にも優しく頼れる走り味【ワークスチューン ワインディング試乗インプレ3本勝負】

自動車メーカー直系の社内カンパニーや関連会社が開発・販売を手掛ける「ワークスチューン」のコンプリートカーが、近年にわ...

あわせて読みたい
現行型シビック タイプR
現行型メガーヌR.S.

ただ、10年前の2台は今のモデル以上に大きく違う。シビック タイプRユーロ(FN2)がNA、3代目メガーヌR.S.がターボエンジンであったり、室内の広さであったり異なる点が多い。また現在のクルマと比べると自動ブレーキなどの快適安全装備もほぼ皆無。走りの本質を極めたモデルといえる。電動化がトレンドなっているいまこそ再注目したい素のスポーツモデルなのだ。

最近では両者とも200万円前後で状態の良いものが中古市場で出回るようになってきた(ただしメガーヌR.S.は前期、中期型に限る)。現行型の価格はそう簡単に手がとどくものではなくなってしまったが、いまでは貴重となった「10年前の素のスポーツカー」を味わって見てはいかがだろうか。

左がシビックタイプRユーロ (2010年モデル)、右が3代目メガーヌR.S.(2011年モデル)

シビックタイプRユーロ(FN2)は英国からの帰国子女!

2005年に発売されたベースモデル
タイプRといえばだれもが知るホンダのスポーツグレード。1992年に発売されたNSX-Rから始まり、インテグラ、シビックにも設定された。シビック タイプRは1997年のEK9から始まり、限定モデルも含め現行型で6代目となる。

今回紹介するシビック タイプRユーロ(FN2)は欧州で2007年に発売され、日本でも話題になったことから2009年に2010台、2010年には1500台限定で英国から輸入し販売された。限界領域での走る楽しさを目指して開発され、欧州で鍛えられた卓越した運動性能としなやかな乗り味を楽しめるスポーツモデルで、当時、日本で「サーキット・ベスト」として販売されていたセダン(FD2)と比べ少し大人でしなやかな走りが特徴だ。

ベースとなったハッチバックの標準モデルもその頃は欧州専用車だったため、それまでのホンダ車にはない欧州車のような新鮮なデザインも、当時は大いに話題を呼んだ。またフィットベースでホンダの御家芸センタータンクレイアウトを採用しているためスポーツモデルにしては、少々車高が高いがそれにより卵のようなつるっとしたワンモーションフォルムを実現している。ほかにも、三角形のフォグライトやマフラー形状など、いま見てもその独特なデザインは目を引く。

左右のリヤライトが繋がったデザインや三角のマフラーは今見てもおしゃれ。全く古臭く感じない。
このころのホンダ車によく見られる、二段分割メーター。運転席周辺にスイッチやモニターが集められておりコックピット感が味わえる。

ルノーメガーヌR.S. レーシングフィールドから生まれたデザイン

ベースとなった3代目メガーヌハッチバック
ルノーメガーヌは、1995年に初代が発売されたフランスを代表するCセグメントハッチバックだ。2代目から設定されたスポーツグレード、「ルノー・スポール(R.S.)」は、ルノーがF1などのモータースポーツで培われたノウハウを取り入れ、市販車にフィードバックさせたレーシングカー直系のスポーツモデルだ。今回紹介する3代目メガーヌR.S.はシックで流れるようなボディラインが際立つクーペスタイルと、幅広で低く構えたフォルムやボリューム感溢れるフェンダー、そしてエアロダイナミックなパーツなど「スポーツ」を最大限に表現したエクステリアデザインが採用されている。

インテリアもエクステリア同様、シックでスポーティなデザインだ。ダークカーボンカラーでまとめられた室内は、スポーツイエローで彩られたタコメーターの盤面、ステアリングホイールのセンターステッチ、シートベルトがアクセントとなり、スポーティーな雰囲気を一層高めている。

センター一本出しのマフラーが特徴的なリヤビュー。非常に傾いたCピラーはハッチバックというよりクーペに見える。
前期型(2011~2012)や限定モデルは、左ハンドルとなる。オーソドックスなデザインで、実用車ベースだということがわかる。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ