Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. スカイライン

日産スカイラインだけじゃない、スズキ・キザシもある! 100万円で狙えるGTセダン5選【モーターファンおすすめ中古車】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、セダンの人気が急速に下火になりつつある。ここ最近でもホンダ・シビックセダンやトヨタ・マークXなどの伝統モデルがラインアップから消えてしまった。しかし、クルマの基本的なシルエットといえばセダン。4人がしっかり乗れる、重心が低く走行性能が高いなどセダンには多くの魅力がある。そこで今回の【モーターファンおすすめ中古車】では、100万円で狙える中古のGTセダンを5選ご紹介しよう。

セダンはクルマの基本であり、低重心から得られる安定した走行性能など、他のカテゴリーにはない多くの魅力がある。

今回はそんな魅力あるセダン、そのなかでも運転の楽しいGTセダン5選を紹介する。発売当時、高価だったクルマも、現在、中古となれば100万円程度で狙える魅力的なモデルも少なくない。ぜひ自分に合う一台を見つけていただきたい。

スバル先代インプレッサ1.6ℓ AWD MT車がお勧め! 100万円以内で買える運転が楽しいクルマ5選【モーターファンおすすめ中古車】

【モーターファンおすすめ中古車】では、これまで個性派クロスオーバーやホットハッチ、スポーツカーなど特徴的で趣味性のあ...

あわせて読みたい

13代目トヨタ・クラウン アスリート さすがはクラウン!スポーティなのに乗り心地がいい

2008年発売当時の価格は374〜567万円。3.5ℓモデルのエントリーグレードは487万円だった。写真は後期型。

クラウンは、1955年の誕生以来、半世紀以上にわたり日本の高級車をリードする伝統モデルだ。今回紹介する13代目クラウンは、「安心」「信頼」といったクラウン伝統の資質を受け継ぎながら、当時の先進技術を積極的に取り入れ、日本人の感性と調和する魅力を備えた高級セダンを目指して開発された。またこのモデルからクラウンにもハイブリッドモデルが登場したことも大きな話題を呼んだ。今回紹介するのは、ガソリンエンジンのスポーティグレードのアスリート。一目でクラウンとわかる伝統あるデザインのなかにもクリーンな表情と存在感のあるフォルムを両立したスタイルが魅力だ。

アスリートのパワートレーンは3.5ℓ、2.5ℓの2種類のV6エンジンが設定された。2.5ℓモデルはアスリートでも非常に上質で静かなエンジンだ。最高出力215ps、最大トルク260Nmを発揮しパワーも充分でゆったりとしたドライブを楽しめる。ただGTセダンとしておすすめなのは3.5ℓモデル。315psを発生するパワフルなエンジンは、非常にスポーティで自然吸気らしい吹け上がりが気持ちいい。またスポーティグレードなのに乗り心地がめちゃくちゃいいのは、さすがはクラウン。後席も広いため大人4人がドライブを楽しめる快適なGTカーだ。

平均中古価格は約99万円。
たとえば「クラウンアスリート 3.5 2008年式、走行4万2000kmで車両本体価格92万円」というようなところが標準的な中古相場だ。
3.5ℓモデルは2.5ℓモデルよりも相場が高めだが、それでも3.5ℓエンジンを選ぶ価値はその価格差以上にあるだろう。

詳細スペック:3.5アスリート

全長×全幅×全高(㎜)=4870×1795×1470
ホイールベース(㎜)=2850
エンジン:3.5ℓ V型6気筒DOHC
駆動:FR
最高出力:315ps(232kW)/6400rpm
最大トルク:38.4kg・m(377Nm)/4800rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:6AT
車重(kg):1650
新車価格:487万円
※2008年発売当時のスペック

スズキ・キザシ じつは完成度の高い優等生 隠れた名車だ!

2009年発売当時の価格は278.7〜299.7万円。FFと4WDの価格差は約20万円だ。

「キザシ」は、2009年から2015年まで販売されたスズキのフラッグシップセダンだ。Dセグメントに属し、一世代前のBMW3シリーズなどと同サイズとなる。スポーティで力強いスタイリングや丹念な作り込みによる上質なインテリア、快適な装備に加え、感性に応える爽快な走りを目指し開発された。また欧州・北米で走行テストを重ね、スポーティーなハンドリングと快適な乗り心地の両立させている。とくにエクステリアデザインはリヤバンパーの一部に取り込んだマフラー後端にはステンレス製のカバーがさりげなく施されているなど、大人しめながらもスタイリッシュで品のあるデザインを採用。18インチの大柄なホイールも含め、いま見ても魅力のあるデザインだ。また、クルーズコントロールや雨滴感知フロント間欠ワイパーなどオーディオ関連を除き標準装備が充実していることも中古を選ぶ際に嬉しいポイントだ。運転席パワーシートにはシートポジションメモリーまでついている。

エンジンは2.4ℓ直4エンジンを採用。当時のエスクードと同じものだが、こちらは22psのパワーアップが図られ、より高速域で余裕のある走りを楽しめる。またサスペンションもフロントはマクファーソンストラット式、リヤはマルチリンク式のため高い操縦安定性と快適な乗り心地を両立させている。中古市場でもタマ数が非常に少ないが、GTセダンを100万円前後で探す際は、是非キザシをショッピングリストに入れてみてはいかがだろうか。

平均中古価格は約100万円。
たとえば「キザシ 2.4 2010年式、走行3万9000kmで車両本体価格85万円」というようなものがある。
世界市場で戦うために開発されたキザシは、スズキの本気を感じられるGTセダンだ。

詳細スペック:ベースグレード(FF)

全長×全幅×全高(㎜)=4650×1820×1480
ホイールベース(㎜)=2700
エンジン:2.4ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
駆動:FF
最高出力:188ps(138kW)/6500rpm
最大トルク:23.5kg・m(230Nm)/4000rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション:CVT
車重(kg):1490
新車価格:278万7750円
※2009年発売当時のスペック

先代アウディA4 嫌味のないすっきりとした乗り味が魅力!

2008年発売当時の価格は419〜645万円。2011年に追加された売れ筋の2.0TFSIは440万円。写真は前期型。

アウディA4は、1972年にデビューした初代(当時のモデル名はアウディ80)以降、約50年にわたりプレミアムミッドサイズセダンのカテゴリーにおけるスポーティでエレガントなモデルとして世界中で支持されてきた。今回紹介する8世代目のアウディA4は、当時革新的だと話題になったアウディのシンプルかつスポーティなエクステリアデザインや新設計されたシャーシレイアウトによる嫌味のないすっきりとした走りによって日本でも大人気となったモデルだ。

パワートレーンは豊富で、3.2ℓNAエンジンと1.8ℓ、2.0ℓターボエンジンが設定された。おすすめは2.0ℓのFFモデル。最高出力180psのこのエンジンはバランスが良く、ロングドライブもまったく疲れない。また街乗りでは乗り味が非常にすっきりしており、扱いやすい。悪く言えば、メルセデスやBMWと比べて味気ないとも言えるが、毎日乗るクルマなら逆にこの方が長く付き合えるのではないだろうか。またFFモデルはCVTが採用されており滑らかな加速が心地いい。ただし、急加速時にはターボエンジン特有のラグが感じられる場面もあるので慣れが必要だ。また、よりスポーティに走りたいなら2.0ℓクワトロ(四駆)モデルをおすすめする。こちらはCVTではなく、7速のSトロニック(DCT)となりダイレクトな加速が味わえ、エンジンも211psとパワーアップしており余裕のある走りが魅力だ。ワインディングでも四輪がぐっと地面に張り付くような感覚はクワトロならではの持ち味だ。

平均中古価格は約103万円。100万円以内となると前期型がほとんどだ。
たとえば2.0ℓFFモデルだと「A4 2.0TFSI 2012年式、走行4万6000kmで車両本体価格76万円」というような中古車がある。
爽快に走れるGTセダンを探すなら先代A4はぴったりだ。

アウディA4 | これがオーナーの本音レビュー !「燃費は?長所は?短所は?」<モーターファン会員アンケート>

アウディA4は、BMW3シリーズ、メルセデス・ベンツCクラスと並んでプレミアム・セダンの一角をなす人気モデルだ。ワゴンとセ...

あわせて読みたい

詳細スペック:2.0TFSIクワトロ

全長×全幅×全高(㎜)=4705×1825×1440
ホイールベース(㎜)=2810
エンジン:2.0ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
駆動:フルタイム4WD
最高出力:211ps(155kW)/4300~6000rpm
最大トルク:35.7kg・m(350Nm)/1500~4200rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:7AT
車重(kg):1680
新車価格:495万円
※2009年発売当時のスペック

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ