Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. クラウン

トヨペット・クラウン2ドアハードトップ(1968)あのクラウンに2ドアなんて!【週刊モーターファン ・アーカイブ】

このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウンという、当時でも歴史あるプレミアムな厳正モデルが2ドアモデルを出すというのは、非常に衝撃的な出来事だった。それだけ、日本市場でもラグジュアリーを求めるユーザーが増えてきたということでもある。

クラウンの豪華さと、2ドアクーペのスポーティな感覚を融合させたのがクラウン ハードトップ。「成功を勝ち取ったカッコイイ男のクルマ」という雰囲気が濃厚で、憧れの存在だった。

週刊モーターファン・アーカイブでは、これまでのモーターファンの懐かしい秘蔵データから毎週1台ずつ紹介していく。

解説●渡辺 陽一郎(60年代国産車のすべて より 2012年刊)

 クラウンハードトップ(HT)の登場は、当時のクルマ好きにとって衝撃的な出来事だった。クラウンといえば、日本車を代表する高級セダン。大人4名が乗車して、豪華な装備に囲まれながら快適に長距離ドライブを楽しむイメージだ。

 一方、2ドアHTは積極的なスポーテイドライブを楽しむクルマ。クラウンと2ドアHTは、対極に位置する印象があった。

 ところが68年、3代目クラウンに設定されたHTは、クラウンでありながら2ドアボディになる。大きくて豪華なクルマに2枚のドア。広い車内を2名で占有する発想が、とても贅沢に感じられたものだ。

 ヘッドランプはセダンの4灯式とは異なり、角型が装着される。さらにハードトップの名がイメージさせるとおり、センターピラー(天井を支えるボディ中央の支柱)を持たないサイドビューはスッキリした仕上がり。リヤウインドウは当時のクルマとしては大きく寝かされ、クラウンならではの堂々とした風格と、2ドアHTのスポーティな雰囲気を巧みに融合させていた。

 ボディサイズは、全長が4610mm、全幅が1690mm、全高が1420mm。ベースとなった3代目クラウンに比べると、55mm短く、25mm低い。それでも当時の日本車としては、フルサイズと呼べる大きさになる。

セダンが丸4灯だったが、ハードトップでは当時2例目となる角形ヘッドライトを採用する。ラジエターグリルを低めにした、セダンと同じテーマでまとめられている。
基本的にセダンと同様のインパネまわりながら、3本スポークのウッドステアリングなど、スポーティな装備を施す。

 エンジンは直列6気筒シングルカムのM型で排気量は2ℓ。上級グレードのSLにはSUツインキャブレターが装着され、最高出力は125ps(5800rpm)、最大トルクは16.5kgm(3800rpm)となる。ノーマルエンジンに比べると20ps/0.5kgmの上乗せで、加速性能と高速巡航能力を向上させた、セダンの「クラウンS」と共通のエンジンだ。トランスミッションは、4速MTとトヨグライドと呼ばれる3速ATを選択できた。

 内装はクラウンとあって豪華な仕上がり。SLのシートは肌触りの良いファブリックで、パワーウインドウももちろん装着されている。インパネには油圧計を組み込んだタコメーターを備えた。

 豪華なクラウンでありながら、アクティブな2ドアハードトップボディ。この世界観には、子供だった私も強い憧れを抱いたものだ。成功を勝ち取ったカッコイイ男のクルマ。今でも資料が並ぶ本棚の一角には、40年以上の歳月を経たクラウンハードトップのミニカーが飾られている。

シングルキャブの直列6気筒エンジン。出力はクラウンSと変わらないが、燃焼室、キャブレターに改良が加えられたという。

マイナーチェンジで外観もやや変更

 1969年にははやくもマイナー チェンジを実施。セダン同様にグリルサイズを大きく して、ヘッドライトを完全にグリルに収める形としている。こうした大幅変更は、当然ながら不評が招くケースが多い。人気となるデザインとは非常に難しく、あまり先進的になりすぎると、ユーザーが離れてしまう傾向があったようだ。またクラウン全車として、パワーステアリング、コプラシブル・ステアリング、前輪ディスクブレーキなどを標準装備化し、快適&安全性を高めた。

SPECIFICATIONS(Crown Hardtop SL 1968)

〈寸法重量〉
全長×全幅×全高:4610×1690×1420mm
ホイールベース:2690mm
トレッド前/後:1370/1380mm
車両重量:1295kg
乗車定員:5人
〈エンジン〉
MB型 直列6気筒OHC
総排気量:1988
圧縮比:8.8
最高出力:125ps/5800rpm
最大トルク:16.5kgm/3800rpm
〈トランスミッション〉
4MT
〈駆動方式〉
RWD
〈ステアリング型式〉
ボールナット式
〈サスペンション〉
前・ダブルウイッシュボーン式、後・4リンク式
〈ブレーキ〉
前・ティスク、後・デュオサーボ式ドラム
〈タイヤサイズ〉
6.95-14-4PR
〈価格・当時〉
120.0万円(東京地区)

モーターファン別冊 その他のシリーズ 60年代国産車のすべて

「00年代国産車のすべて」「90年代国産車のすべて」「80年代国産車のすべて」「70年代国産車のすべて」と10年刻みで製作してきた雑誌ですが、こちらは60年代版。60年代とは日本車がオリジナルに目覚めた時代といってもいいでしょう。トヨタ2000GTを頂点として、いすゞ117クーペや日産スカイラインGT-R、日野コンテッサ、日産ブルーバード410,510そして2代目、3代目コロナと、様々な名が生まれたのも60年代です。これらのクルマを60年代のモーターファン誌の写真と記事をベースとして紹介しています。知らなかった事実に出会えるかもしれません。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ