Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. シルビア

日産シルビア(1965)常に華麗であれ【週刊モーターファン ・アーカイブ】

このエントリーをはてなブックマークに追加
決して大排気量でもなく、サイズが大きいわけでもないが、とにかく高級車のオーラが。1965年のハイウェイでは、まさに稲積のような閃光を放っていたに違いない。

日産車の中で、工芸品的な美しさを備えたクルマとして初代シルビアが挙げられる。鋭角的な外観と、本革を使った上質な内装。先進的なラグジュアリークーペであった。

週刊モーターファン・アーカイブでは、これまでのモーターファンの懐かしい秘蔵データから毎週1台ずつ紹介していく。

解説●渡辺 陽一郎(60年代国産車のすべて より 2012年刊)

【コンパクトなのに強い存在感】全幅は僅か1510mm。そして全長は4mを切る小ささ。それなのに、極めて伸びやかで安定感のある佇まいを見せる。おそらくは、バンパー、テールランプ、その他の要素が、必要な大きさのバランスを保っているからかもしれない。

日産は62年に2代目フェアレディ(初代モデルは輸出仕様)を投入。モータースポーツにも参戦し、技術指向のメーカーとしてイメージを高めていた。

65年にこの2代目フェアレディとシャシーを共通化して発売されたクーペが初代シルビアだ。刑式は「CSP311」とされ、シャシーの基本は59年に登場した310型の初代ブルーバードと同じだ。ホイールベースの数値も2代目フェアレディを含めて2280mm。外観を見ても前輪と後輪の間隔が短く感じる。

それでもなお、外観をカッコ良く感じさせるのは鋭角的なデザインだろう。フロントフェンダーからドア、リヤフェンダーにかけてナイフで削ぎ落としたようなラインが貫通し、4灯式ヘッドランプを備えたフロントマスクも上質なデザイン。ラジエターグリルはアルミ材を削り出して成形され、手作りの部分も多い。65年当時では際立って美しいクルマであった。丸みのある初代プルーバードとは次元の違うスタイルだ。

整然としたメカニカルな魅力に溢れるインテリア。それでいてシンプルな雰囲気は、イタリアともやや違うテイスト。大きな2連メーターは左がスピー ドメーター、右がタコメーター。その中央には時計が配置される。

この凝った外観からも分かるように、シルビアは2ドアクーペでもスポーツ指向ではない。ラグジュアリーな性格が与えられ、内装も上質に仕上げた。シートの生地には本革を使い、ステアリングホイールはグリップの部分がウッド、スポークはクロームメッキになる。

エンジンは直列4気筒の1.6ℓで、OHV方式を採用。SUツインキャブレターを装着し、最高出力は90ps(6000rpm)、最大トルクは13.5kgm(4000rpm)だ。このエンジンは発売時点ではシルビア専用だったが、数力月遅れでフェアレディ、さらに2代目の410型に発展していたブルーバードSSS(スーパースポーツセダン)も搭載した。当時のクルマ好きには、お馴染みのエンジンであった。

サスペンションはフロント側がダブルウイッシュボーン式、リヤ側はリーフリジッドで、基本的な造りは初代ブルーバードと同じだ。

東京地区の店頭売り渡し価格は119.1万円。同じエンジンを搭載するフェアレディ1600が92.4万円、プルーバードSSSが76万円だったから、価格も相応に高い。

生産台数が少なかったので、街中ではほとんど見かけなかったが、個人的には薄手の簡易カタログを人手できた。表紙にはゴールドにペイントされたシルビアが掲載され、ささやかな宝物になっている。

動と静の微妙なデザイン・バランスが、初代シルビアの魅力。

SPECIFICATIONS(2000GT 1967)

〈寸法重量〉
全長×全幅×全高:3985×1510×1275mm
ホイールベース:2280mm
トレッド前/後:1270/1198mm
車両重量:980kg
乗車定員:2人
〈エンジン〉
R型 直列4気筒OHV
ボア×ストローク:87.2×66.8mm
総排気量:1595
圧縮比:9.0
最高出力:90ps/6000rpm
最大トルク:13.5kgm/4000rpm
燃料供給装置:SUツインキャブ
〈トランスミッション〉
4MT
〈駆動方式〉
RWD
〈ステアリング型式〉
カム&レバー式
〈サスペンション〉
前・ウイッシュボーン式、後・リジッド
〈ブレーキ〉
前・ティスク、後・リーディングトレーリング式ドラム
〈タイヤサイズ〉
5.60-14
〈最高速度〉
165km/h
〈価格・当時〉
119.1万円

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ