Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. N−ONE

スバル先代インプレッサ1.6ℓ AWD MT車がお勧め! 100万円以内で買える運転が楽しいクルマ5選【モーターファンおすすめ中古車】

このエントリーをはてなブックマークに追加

【モーターファンおすすめ中古車】では、これまで個性派クロスオーバーやホットハッチ、スポーツカーなど特徴的で趣味性のあるクルマを多く紹介してきた。今回紹介するのは運転が楽しい「普通」のクルマ。エンジンスペックがすごいものや超個性的なものではない。100万円以内で買える運転が楽しい「普通で良いクルマ」を選定した。

今回紹介する「普通」のクルマは、見た目が特徴的なものもなければ、エンジンの出力が大きいわけでもない。ただただ「運転が楽しい良いクルマ」だ。高性能SUVやホットハッチなど趣味性のあるクルマではなく、「普通」で良いクルマを選びたい人も少なくないだろう。今回はそんな人たちに向けて、100万円で買える運転が楽しいクルマ5選を紹介する。

(「普通のクルマ」とは色々な定義があると覆うが、ここでは過不足ないエンジンパワーを持つクルマということにする)

3代目マツダ・デミオ 軽快な走りが魅力のスタイリッシュコンパクトカー

マツダデミオは、1996年8月に初代モデルが導入され、扱いやすいサイズに優れた収納性・機能性を備えてコンパクトカーセグメントに新しい潮流を起こした。今回紹介する3代目デミオは、「環境・安全に対する関心の高まり」、「デザイン志向の高まり」という「新しい時代の価値観」を見据えてコンパクトカーを一から考えなおし、「パーソナル・スマート・コミューター」として開発されたモデルだ。

高い走行性能がこの3代目デミオのポイントだ。Zoom-Zoomを体現したそれまでのモデルで培ってきた技術やノウハウを駆使して、マツダらしいステアリング、ハンドリング、ブレーキ性能をさらに熟成しながら、「気持ち良さ」の性能である乗り心地、静粛性、意のままに操る感覚を追求。ボディ、シャシーを全て当時新開発し、旧型モデル比で約100kgの軽量化とあわせ、軽快でありながら安心感を増した走りが楽しめる。グレードはよりスポーティな走りを追求したSPORT(スポルト)がおすすめ。エンジンは1.5ℓNAエンジンが搭載され、7速マニュアルモード付CVTや専用チューンドサスペンション、専用16インチアルミホイール、専用フロントグリル、精悍なエアロパーツなどを備え、スポーティで安定感のある印象を強調している。また5MTの設定もある。

平均中古価格は約31万円。
たとえば「デミオ スポルト 2007年式、走行2万9000kmで車両本体価格25万円」というような中古車がある。
軽快な走りが魅力のコンパクトカーを選ぶなら3代目デミオがおすすめだ。

※欧州モデル

詳細スペック:スポルト

全長×全幅×全高(㎜)=3895×1695×1475
ホイールベース(㎜)=2490
エンジン:1.5ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
駆動:FF
最高出力:113ps(83kW)/6000rpm
最大トルク:14.3kg・m(140Nm)/4000rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション:5MT
車重(kg):1000
新車価格:158万円
※2007年発売当時のスペック

2代目ルノー・トゥインゴ(標準モデル) フランスのコンパクトカーは実力が高い!

今回紹介する2代目ルノー・トゥインゴは、コンパクトな車体を生かした使い勝手の良さ、そしてコンパクトな車体にもかかわらず多彩な室内アレンジによる高い機能性といった初代の特徴を引き継ぎつつ、「乗り方も、使い方も自分を表現するクリエイティブコンパクト」のコンセプトで開発されたモデルだ。フランス流の可愛いデザインが魅力だが、じつは走りが楽しいモデルなのである。

2代目ルノー・トゥインゴの標準モデルは、ベースグレードとGTのふたつのグレードが設定されている。エンジンラインアップは、ベースグレードには1.2ℓ(75ps)エンジンが、GTには新開発の1.2ℓ TCE(turbo control efficiency)(100ps)エンジンが搭載されている。おすすめはGT。GTのシャシーには、高い走行性能と高い快適性の両方を実現するために、専用のチューニングが施されている。より堅いブッシュを装備したサスペンションにより、コーナリング中の安定性をいっそう高めると同時に、アッパーストラットブッシュにより、ハンドリングの精度も高められている。また、電動パワーステアリングには専用チューニングが施され、よりダイナミックでより高いドライビングプレジャーを実現している。エンジンも低回転でもレスポンスの良い加速が楽しめるセッティングとなっている。1.6ℓエンジンを積む高性能モデル「ルノースポール」もあるが、気軽にスポーツ走行を楽しみたいならGTがおすすめだ。

平均中古価格は、約38万円。
たとえばGTだと「トゥインゴ GT 2011年式、走行1万3000kmで車両本体価格50万円」というような中古車がある。

詳細スペック:GT

全長×全幅×全高(㎜)=3600×1655×1470
ホイールベース(㎜)=2365
エンジン:1.2ℓ 直列4気筒SOHC16バルブターボ
駆動:FF
最高出力:100ps(74kW)/5500rpm
最大トルク:14.8kg・m(145N・m)/3000rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:5MT
車重(kg):1040
新車価格:240万円
※2008年発売当時のスペック

4代目ホンダ・インテグラ NAエンジンの伸びが気持ち良い

ホンダ・インテグラは、「走る・曲がる・止まる」という高い基本性能と洗練されたデザインを誇るスポーツクーペ。2001年に発売された4代目は、最高出力160馬力2.0ℓ DOHC i-VTECエンジンを搭載する「iS」と、最高出力220馬力の2.0ℓ DOHC i-VTECエンジンとクロスレシオ6速マニュアルトランスミッションを組み合わせた「TYPE R」の大きくふたつのグレードが発売当時設定された。のちに中間グレードの「TYPE S」も追加された。

今回は「iS」を紹介する。エクステリアは立体的で空力性能に優れたエアロダイナミックなフォルムを持つ、個性的で力強いデザインが特徴。インテリアも運転席を中心としたドライバー優先のスポーティーでパーソナルな空間を創出している。低回転域で1バルブをほぼ休止する吸気側のVTECと、吸気バルブタイミングの位相をエンジン負荷に応じて連続的に制御するVTCを組み合わせた最高出力160ps(118kW)、最大トルク191Nm(19.5kg・m)の2.0ℓ DOHC i-VTECエンジンを搭載。トランスミッションは5MTとダイレクト制御Sマチック付5ATが選べる。重量は約1,200kgと軽量。タイプRと比べてしまうとパワーは控えめだが、スポーティなドライブを充分に楽しめる。

平均中古価格は、約50万円。ただし走行距離が過多なものも多いので、検討の際はしっかり状態をチェックしていただきたい。
たとえば「インテグラ iS 2001年式、走行3万6000kmで車両本体価格40万円」という中古車がある。
タイプRはさすがに100万円を超えてしまうが、日常で気持ち良い運転を楽しむならiSがぴったりだ。余った予算は、メンテ代に当てよう。

詳細スペック:iS

全長×全幅×全高(㎜)=4385×1725×1400
ホイールベース(㎜)=2570
エンジン:2.0ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
駆動:FF
最高出力:160ps(118kW)/6500rpm
最大トルク:19.5kg・m(191Nm)/4000rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション:5MT
車重(kg):1200
新車価格:187万円
※2001年発売当時のスペック

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ