Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【注目キャンピングカー紹介】これぞキャブコンの王道。1人旅から家族旅行まで対応してくれる、理想の1台「AtoZ アンソニー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AtoZ アンソニー(車両本体価格:568万円 ※税別)

好きな人であれば、“キャンピングカーはこうあって欲しい”という理想があると思う。間取りや装備で、これぞ日本のキャブコンだ!と僕が思っているのが、AtoZの「ANTHONY(アンソニー)」だ。

TEXT●山崎友貴(YAMAZAKI Tomotaka)

使いやすい間取りがAtoZ アンソニーの人気の理由

AtoZはキャブコンでは業界の老舗で、すべてのモデルにAから始まる名前が付けられている。ラインナップのフラッグシップとなっているのが、このアンソニーである。同モデルは、トヨタのキャンピングカー専用車であるカムロードをベースにしている。

カムロードにはガソリン車とディーゼル車が用意されており、さらにディーゼル車には2WDと4WDが設定される。ライフスタイルによって異なるとは思うが、アクティブに使いたい人はやはりディーゼルに4WDをチョイスした方がいい。特に雪国に行く機会が多いならなおさらだ。パワー&トルクのスペックも、ディーゼル車が勝っている。

キャブコンバージョンのベース車として人気のトヨタ・カムロード。一般ユーザーは購入不可で、キャンピングカーのビルダー向けに販売されている。

さて、なぜアンソニーが理想形なのかというと、その間取りだ。中央からエントリーすると、まず4人でくつろげるダイネット、そしてギャレーがある。

ギャレーはW1360×D490㎜と実用的なサイズで、シンクに蓋をすればかなり広い調理台になる。コンロはカセット式を使うのだが、設置型よりも自由が利くので、使いやすいと思う。

AtoZ アンソニーのダイネット
AtoZ アンソニーのキッチン

前方を見上げると、キャブコンのメリットのひとつであるバンクスペースがある。ここは荷物や衣服などを置けるので、実際に使ってみると重要なスペースだ。バンクは仕切り板を倒すとベッドになるが、W1700×D1950×H720という大人3名分の就寝スペース。大人2名なら余裕で寝ることができる。

AtoZ アンソニーのバンクスペース

ダイネットももちろんベッド化することが可能で、こちらはW1240×D1900㎜と大人2名分就寝スペースになる。アンソニーにはこの2か所の就寝スペースに加えて、車両の最後部に常設2段ベッドが設けられている。こちらはW1800×D650(750)×下段:H590 / 上段:H710mmというサイズだ。基本的には子供用となるが、大人でも十分に寝ることができる。

AtoZ アンソニーのリア常設2段ベッド

このアンソニーの間取りは、実際に使用してみると分かるが、長旅派やシルバーエイジには最適だ。

まずダイネットをいちいちベッドにするというのは、意外と面倒。くつろぐスペースと寝る場所は別々、いわゆる寝食分離の生活がキャンピングカーでは理想なのである。4人であっても、2人はバンク、2人は二段ベッドに寝れば、ダイネットを崩す必要がない。

これが2人ならもっと多様な使い方ができる。1人はバンク、1人は二段ベッドにいずれかに寝るパターン。2人でバンクに寝て、二段ベッドはマットを外して収納スペースにするパターン。2人で二段ベッドに寝て、バンクを収納にするパターンなどなど。使い方はいろいろだ。

AtoZ アンソニーのマルチルーム
マルチルームが付いているのも、アンソニーの魅力だ。その名の通り、多用途な部屋だが、収納かトイレにすることが一般的。トイレにしておけば、宿泊地になくても安心して寝泊まりすることができるだろう。

トピックスとしては、インテリアが3タイプから選べること。インテリアコーディネイターが考えた「橙香(とうか)」「朱夏(とうか)」「銀花(ぎんか)」3タイプのインテリアの中から好みを選ぶことができる。キャブコンは家みたいなものだから、やはり好みのインテリアが選べるのは嬉しい。特に、女性は特別なこだわりがあるようなので、家族を納得させるためにも、こういったメニューが大切だ。

こちらは「橙香」と名付けられたコーディネート。春・秋をイメージしている。夏をイメージした「朱夏」、冬をイメージした「銀花」も選べる。

ちなみに、アンソニーの兄弟車には「アンソニーLE」「アンソニー スペンド」という2モデルがある。

アンソニーLEはリアエントリーにして、家具を後部に集約。どちらかという2人旅向きだ。アンソニー スペンドがユニークなモデルで、アンソニーの2段ベッドとマルチルームの代わりに、大きなラゲッジルームが確保されている。このラゲッジルームには常設のベッドマットを置くこともでき、この場合も上はベッド、下は収納という使い方ができる。またリアに大型のハッチを設けることで、自転車などを車内に入れることができるのも魅力だ。

気になる価格だが、アンソニーは568万円から。これに欲しい装備を加えていくと600万円台にはなるが、ベースのままでも使えなくはない。標準装備を考えれば、キャブコンとしては買いやすい価格設定になっている。

キャブコンも様々なモデルがあるため、いざ買うとなるとどれを選ぶか迷うところだが、そんな時はまずアンソニーをチェックしてみてはいかがだろうか。多くの人の琴線に触れる1台なのではないかと思う。

AtoZ アンソニー

AtoZ https://atozcamp.com/

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ