Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【このキャンピングカーが欲しい!】4ナンバーにダウンサイジングで機動力を増したミリタリールックの新バンコン|レクヴィ・ホビクル オーバーランダーIV

このエントリーをはてなブックマークに追加
レクヴィ・ホビクル オーバーランダーIV(車両本体価格:404万8000円/展示車価格:492万8000円)

男心をくすぐるミリタリー調のキャンピングカーとして大きな注目を集めたホビクル・オーバーランダー。そのテイストはそのままに、ベース車を4ナンバー(商用バン登録)として機動力を大幅に向上させたニューモデル「オーバーランダーIV(フォー)」が新登場した。

全長4695mm×全幅1695mm。4ナンバーで取り回ししやすいバンコン

昨今の自動車市場のトレンドは、アースカラーやミリタリールックがキーワードになっている。これはアウトドアブームの影響かと思われるが、とかくミリタリーというカテゴリーは男性諸氏に人気がある。戦争は嫌なものだが、戦場で使われる道具から香る雰囲気が、なぜか男心を掴むのである。

2020年に発売された、レクヴィの「ホビクル・オーバーランダー」もまた、ミリタリールックで人気を集めるバンコンだ。アースカラーのボディカラーにバンパーガードやルーフラックを装着した様は、どこかミリタリーヴィークルを思わせる趣味車に仕上がっている。さらにインテリアにもミリタリー系のアースカラーのトリムにつや消しパイプが使われており、内外装の雰囲気の統一が図られている。

このホビクル・オーバーランダーは大好評を博しているが、ベース車がハイエース・スーパーロング。全長5380mm、全幅1880mmというサイズは、普段使いには少々持て余してしまう。そのため、ユーザーから「ナローハイエースベースで出して欲しい!」という声が多かったようだ。

そしてその要望に応えて登場したのが、ホビクル・オーバーランダーIVというわけである。IVというから、“もうバージョン4か”と思いきや、ナローロングボディが4ナンバーであることにかけてのネーミングらしい。

ハイエースのロングバン標準ボディ・標準ルーフがベースのホビクル オーバーランダーIV。

オーバーランダーIVは全長4695mm、全幅1695mmなので、ホビクル・オーバーランダーよりもかなりコンパクトだが、都市部のユーザーにはたしかにこちらの方が何かと都合が良さそうだ。当然ながら居住空間は狭くなるが、二人旅なら十分。男の隠れ家として使うなら、むしろこちらの方が落ち着く。

車内の装備は本家よりもシンプルで、ギャレーは装備されない。ダイネット用のテーブル、バタフライ式のセカンドシート、そして後部ベッドマットが主な装備となる。車内レイアウトは2タイプ可能で、中央のダイネットを使ったまま、後部にベッドを作るレイアウト。そして、セカンドシートをフラットにして、ベッドマットと連結させるレイアウトが可能だ。

基本装備では2名の就寝が可能だが、オプションでベッドマットを買い足せば、2段ベッド状態で4名の就寝に可能になる。

セカンドシートは前向き・後ろ向き・フラットにと三変化するREVOシート。
テーブルは脱着&高さ調整が可能で、カップホルダーも備わる。
アイアンパイプヘッドレストでアレンジされたREVOシート。その後ろに見えるのは、運転席の背面に装着されたシートバックダイネットマット(4万4000円のオプション)。
リヤベッドは3段階に高さを変更可能。一番上側にセットすれば、ご覧の通り、たっぷりの荷物を収納するスペースも生まれる。
クォーターウインドウはパネルで塞ぎ、アイアンバーを装着。アイデア次第で様々な使い方が可能だ。

その他、断熱材やリアヒーター移設などは標準装備だが、サブバッテリーなどの電装系はほぼオプションになっている。さらに外装パーツやデカールなどもすべてオプションだ。写真の外装色はライトイエローだが、こちらはベース車両にバン・ロングDXにのみ設定のあるカラーとなる。

JAOSのワイルドキットIVでエクステリアをアレンジ。オプション価格は31万9000円。
ユーティリティを向上させるルーフキャリアセットは12万9800円のオプション。

ちなみに一番安いガソリン・2WDを選んだ場合の価格は404.8万円なので、写真の仕様を真似して、電装系オプションを搭載すると大体500万円くらいになる。バンコンとしてはやや高めの価格設定になるが、その分だけ夢は膨らむ。サバゲの拠点などで使ったら、きっとアガるのではないだろうか。

レクヴィ・ホビクル オーバーランダーIVの室内。

レクビィ https://recvee.jp/

【このキャンピングカーが欲しい!】ベースは軽パネルバン。本物のウッドパネルが暖かい雰囲気の軽キャンパー|三島ダイハツ・クォッカ

新型コロナ禍において、ますます注目を集めているキャンピングカー。興味が出てきたら、まずは手頃な軽キャンパーから楽しん...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】目からウロコの室内レイアウト! 適度な距離感で2人がくつろげる|レクビィ・プラスMR

4月に開催されたジャパンキャンピングカーショーで見つけた注目のキャンピングカーをご紹介しよう。レクビィ・プラスMRは、大...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】安く、早く手に入れたいならリノベーションキャンパーはいかが?|U-BASE湘南・U-BASE ONE

U-BASE湘南(横浜トヨペット)とトイズファクトリーが手を組んで送り出した、U-BASE ONE。車両自体の魅力はもちろんだが、「...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】いま、軽トラックがベースの簡易型キャンパーが熱い!|コイズミ・かるキャン ナゲット

世情によって、ますます活況を呈しているキャンピングカー市場だが、昨今あるムーブメントが見え始めている。それは「軽トラ...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】女子力高めの軽キャンパー。モザイクタイルがおしゃれな雰囲気|ダイレクトカーズ・AMAHO

ハイエースをベースにしたキャンピングカーを得意とするダイレクトカーズが軽キャンパーを投入した。注目の第一弾はモザイク...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】憧れのキャブコンが身近に。コスパよし、使い勝手上々なニューモデル! |ダイレクトカーズ・伊勢志摩

バンコンや軽キャンで満足できなくなったら、キャブコンが視野に入ってくるだろう。そんなとき、キャブコンの第一歩を踏み出...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】畳や障子が織り成す「和」の空間でゆったり過ごせる軽キャンパー|岡モータース・ミニチュアクルーズ 遍路

やはり日本人は和室!と再認識させてくれるのが、岡モータースのミニチュアクルーズ 遍路だ。「四国八十八カ所を巡るお遍路に...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】日本の道路事情にもドンピシャリ。牽引免許不要のキャンピングトレーラー|エフェクトメイジ・Xキャビン 300

ヘッド(クルマ)と切り離せるため自由度が高く、居住空間も広いなど、バンコンにはないメリットがたくさんあるキャンピング...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】キャブコンの弱点を解消! NV350キャラバンがベースだから軽量で走りがいい|バンテック・アストラーレ CC1

高いユーティリティと引き換えに、動力性能で不利な面があるキャブコン。バンテック・アストラーレ CC1はベース車に日産NV350...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】ファミリーにおすすめ! オートキャンプにも普段使いにも「ちょうどいい」|オーエムシー・ツアーズ ワイド SGL

数多くのキャンピングカーをラインナップするオーエムシーだが、ファミリー向けのキャンピングカー選びで迷ったらこれ、とお...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ