Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【このキャンピングカーが欲しい!】日本の道路事情にもドンピシャリ。牽引免許不要のキャンピングトレーラー|エフェクトメイジ・Xキャビン 300

このエントリーをはてなブックマークに追加
エフェクトメイジ・Xキャビン 300(車両本体価格:473万円/展示車価格:682万9900円)

ヘッド(クルマ)と切り離せるため自由度が高く、居住空間も広いなど、バンコンにはないメリットがたくさんあるキャンピングトレーラー。その中でも、こだわりのデザイン&装備で所有欲をくすぐられるのが、エフェクトメイジ・Xキャビン 300だ。この外観を見ただけで「欲しい!」と財布の紐を緩めてしまう魅力がある。

憧れのエアストリームを彷彿させるキャンピングトレーラー、Xキャビン300

男、とぶち上げると現代のモラルでは問題があるかもしれないが、あえて言わせていただきたい。世の男とのいうのは、大抵は硬質感のあるソリッドなモノを好む傾向にあるようだ。硬くて丈夫そうな道具に、かつて本能的に戦った太古の頃の武器を連想するのだろうか。最近は殊にタフでラギッドなイメージのモノが流行しており、この傾向が強まっている感がある。

キャンピングカーにもそのきらいがあり、男が好みそうなデザインのモデルが多くなっているようだ。その際たる例が、エフェクトメイジの「Xキャビン300」である。

展示車はエアコン(65万4500円)、シャワーシステム(2万8600円)、サイドオーニング(13万2000円)、ソーラーシステム(24万2000円)、ルーフキャリア(21万4500円)などのオプションが搭載されていた。入り口ドアは二重で、内側は網戸(下側は犬がガリガリやっても大丈夫なように金属ネット付き)。

このエフェクトイメイジという会社、元々は照明を本業としている企業で、クリスマスイルミネーションなどの商業照明を手がけているという。そんな光を扱っている美意識の高い企業が作ったからか、Xキャビン300は突き出た美しさを持つキャンピングトレーラーだ。

キャンピングトレーラーの最高峰と言えば、やはりアメリカのエアストリームを思い浮かべる人が少なくないだろう。ジェラルミン製で丸みを帯びたボディは、絶対的なアイデンティティを持っており、唯一無比のものである。所有することに、あれほどのステイタスを感じられるキャンピングカーはそうそうにない。

Xキャビン300はエアストリームに似ている部分があるが、ある部分でそれを越えた美を持っている。まずその質感だ。ドイツ「AL-KO社」製のシャシーの上に、こだわりのボディが載った同モデルだが、とにかく形状や質感が素晴らしい。リベットやアルミの造形にこだわり、どこを見てもまるで隙がないのである。デザインもハードケースの名門「ゼロ・ハリバートン」や「リモア」を彷彿とさせるもので、男心にビンビン響いてくる。

角の複雑な部分やオーバーフェンダーは「ヘラ押し」という日本の伝統技術が使われている。

外観でやられた後は、インテリアで打ちのめされていただきたい。ヨットのキャビンをイメージしたという車内は、木肌が美しいウッドがふんだんに使われ、スカンジナビアテイストの落ち着いた空間になっている。まさにシンプルモダン。何より、間接照明が絶妙で、リラクゼイション効果が抜群だ。さすがは照明を本業とする会社だなと感嘆させられる。

室内高は1620mm。床や壁を照らすLEDの間接照明がおしゃれ。

一部家具を除いて、基本はフリーレイアウト方式で、ベッドと収納を兼ねた「キューブボックス」というオプションを追加するようになっている。サブバッテリーや充電システムなど、豊富なオプションをライフスタイルに合わせてインストールすることで、自分流の1台ができあがるという仕組みだ。

ベッドのように見えるのがキューブボックス。蓋を開けて中に荷物を収納できる。3個標準装備で、6個までオプションで追加可能。

Xキャビン300は車重が750kg以下なので、牽引免許を必要としない。ソリッドなデザインのSUVとかでコレを牽引したら、さぞかし溜飲が下がるに違いない。正直言えば、同じ750kg以下のカテゴリーでもっと快適装備のトレーラーは多い。夫婦水入らずで、ゆっくり日本を周りたいなんていう場合は、ヨーロッパ製のトレーラーを購入した方がいいと思う。しかし、Xキャビン300は男の浪漫なのである。

アルミのカーゴボックスは電装系の機器が収納されている。前のクルマから電気をもらってバッテリーに充電することも可能となっている。

所有感を満たす硬質なデザイン、リア充な生活そのもののようなミニマルなインテリア、そしてキャンピングトレーラーというライフスタイル。これ以上、男心をくすぐるファクターはない。価格は470万円〜と、トレーラーにしては高めだが、やはりいいモノは高い。懐に余裕がなくても、「やはり一生モノだから少々高くても…」なんて言い訳して買いたい、魅力ある1台だ。

エフェクトメイジ・Xキャビン 300の室内。

エフェクトメイジ https://x-cabin.jp/

【このキャンピングカーが欲しい!】ベースは軽パネルバン。本物のウッドパネルが暖かい雰囲気の軽キャンパー|三島ダイハツ・クォッカ

新型コロナ禍において、ますます注目を集めているキャンピングカー。興味が出てきたら、まずは手頃な軽キャンパーから楽しん...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】目からウロコの室内レイアウト! 適度な距離感で2人がくつろげる|レクビィ・プラスMR

4月に開催されたジャパンキャンピングカーショーで見つけた注目のキャンピングカーをご紹介しよう。レクビィ・プラスMRは、大...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】安く、早く手に入れたいならリノベーションキャンパーはいかが?|U-BASE湘南・U-BASE ONE

U-BASE湘南(横浜トヨペット)とトイズファクトリーが手を組んで送り出した、U-BASE ONE。車両自体の魅力はもちろんだが、「...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】いま、軽トラックがベースの簡易型キャンパーが熱い!|コイズミ・かるキャン ナゲット

世情によって、ますます活況を呈しているキャンピングカー市場だが、昨今あるムーブメントが見え始めている。それは「軽トラ...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】女子力高めの軽キャンパー。モザイクタイルがおしゃれな雰囲気|ダイレクトカーズ・AMAHO

ハイエースをベースにしたキャンピングカーを得意とするダイレクトカーズが軽キャンパーを投入した。注目の第一弾はモザイク...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】憧れのキャブコンが身近に。コスパよし、使い勝手上々なニューモデル! |ダイレクトカーズ・伊勢志摩

バンコンや軽キャンで満足できなくなったら、キャブコンが視野に入ってくるだろう。そんなとき、キャブコンの第一歩を踏み出...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】畳や障子が織り成す「和」の空間でゆったり過ごせる軽キャンパー|岡モータース・ミニチュアクルーズ 遍路

やはり日本人は和室!と再認識させてくれるのが、岡モータースのミニチュアクルーズ 遍路だ。「四国八十八カ所を巡るお遍路に...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】キャブコンの弱点を解消! NV350キャラバンがベースだから軽量で走りがいい|バンテック・アストラーレ CC1

高いユーティリティと引き換えに、動力性能で不利な面があるキャブコン。バンテック・アストラーレ CC1はベース車に日産NV350...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】4ナンバーにダウンサイジングで機動力を増したミリタリールックの新バンコン|レクヴィ・ホビクル オーバーランダーIV

男心をくすぐるミリタリー調のキャンピングカーとして大きな注目を集めたホビクル・オーバーランダー。そのテイストはそのま...

あわせて読みたい

【このキャンピングカーが欲しい!】ファミリーにおすすめ! オートキャンプにも普段使いにも「ちょうどいい」|オーエムシー・ツアーズ ワイド SGL

数多くのキャンピングカーをラインナップするオーエムシーだが、ファミリー向けのキャンピングカー選びで迷ったらこれ、とお...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ