Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

【このキャンピングカーが欲しい!】ソロキャンプにピッタリ! 老舗ビルダーが手がけた軽キャンパー|リンエイ・マイクロバカンチェス ひとり旅

このエントリーをはてなブックマークに追加
リンエイ・マイクロバカンチェス ひとり旅(車両本体価格:229万3500円/展示車価格:266万3100円)

一人で出かけるソロキャンプならば、コンパクトな軽キャンパーに注目だ。機動力が高く、普段使いもこなせるし、維持費も安い。「マイクロバカンチェス」は、そんな軽キャンパーの代表モデルだ。

気軽なひとり旅の相棒にふさわしい、大人の隠れ家

ここ数年、多くのキャンピングカーのユーザーさんにお会いしたが、家族3〜4人でオートキャンプ...という方達に出逢ったのは意外と少なかった。ほとんど方が夫婦ふたり、もしくはひとりで来ている方がほとんどなのである。

もちろん、僕のサンプルはごく僅かだとは思うが、実はキャンピングカーを大人数で使っているケースは少ないのではないだろうか。

巷ではソロキャンプがムーヴメントとなっているが、人のいない山奥に入りたいソロキャンパーの中には、熊やイノシシの害獣を避けるために、車中泊をする人が増えていると聞く。そうなると今後、ソトメシや焚火はタープで楽しみ、寝る時はコンパクトキャンパーで...という層が増えてくるのではないかと、個人的には予想しているのだが。

コンパクトキャンパーと言えば、やはり軽ワンボックスをべースにしたバンコンがオーソドックスだ。軽のバンコンのメリットは、なんといってもその汎用性だ。ベッドマットを家に置いておけば、使い勝手はほぼ軽ワンボックスだし、近所への買い物も難なくこなしてくれる。家族が同乗しても、いちいち靴を脱ぐ必要がない。

また、税金やランニングコストが安く、駐車場の確保もしやすいなど、居住空間の広さを除けばメリットは多い。

老舗ビルダー・リンエイが造る「マイクロバカンチェス」は、そんな軽キャンパーの代表モデルだ。

マツダ・スクラム(スズキ・キャリイのOEM車)をベースとした、マイクロバカンチェス ひとり旅。ベース車はダイハツ・ハイゼット系もチョイス可能。

同モデルには、「ひとり旅(写真のモデル)」と「ふたり旅」がラインナップされているが、その違いは家具の配置と就寝スペースの広さ。

「ひとり旅」は電子レンジと冷蔵庫が別々に配置されるが、「ふたり旅」はひとつの家具の上下に収納される。それにより就寝定員が変わるのだが、僕のように身長180cm、体重85kgもあるような大柄人間が2人寝るには少々きつい。どちらかというと、小柄なシルバーカップル向けといった感じだ。

一方、「ひとり旅」は身体の大きな人間でも快適に過ごせる。しかも、電子レンジと冷蔵庫が別々になっており、しかも手を伸ばしたら届く範囲にあるのだから、ラクのひと言。TVもテーブルもあるので、車内はまさに大人の隠れ家状態。この中でゴロゴロと暮らしていたら、きっとダメ人間になるほど、ミニマルな快適性を持っていると思う。

リンエイ・マイクロバカンチェス ひとり旅の車内。
一人がくつろぐことに特化したレイアウト。寝転びながらテレビを楽しめて、すぐ近くに冷蔵庫が備わる。

ちなみに両モデルの共通装備として、100Wソーラーシステム、走行充電+サブバッテリー、100V電子レンジ、40L冷蔵庫、DVDプレーヤー付き大型TVがインストールされている。あとはFFヒーターとサイドオーニングでも追加すれば、かなり快適なオートキャンプができるのではないだろうか。

左側のキャビネットには収納棚(上段)と100V電子レンジ(下段)が備わる。その前方には40L冷蔵庫とテレビが配置される。

名前は、ひとり、ふたりと付いているが、まあ1人旅(プラス愛犬)に使うのがやはり快適なのではないだろうか。最初は物珍しいいし、楽しいので多少狭くても気にならないだろうが、その内に雨の日や雪国でもっと広いパーソナルスペースが欲しくなってくる。この空間で2日以上ベッタリしていられるのは、よほどラブラブなカップルではないだろうか。

事実、軽キャンを夫婦で使っているユーザーの多くが割と早くランクアップして、バンコンやキャブコンに買い替えるケースが多い。

これが1人なら話は別だ。1人であれば、狭さはそれほど気にならない。むしろ広すぎると落ち着かないということがある。手を伸ばせば何でも取れる空間は、実に快適なのである。

「ひとり旅」はベッドマットの一部を外せばソファーにできるので、家具に付いているテーブルを使って、釣りのポイントで道具の手入れをしたり、空気のきれいな場所で仕事...なんていう使い方が可能だ。

移動する場合も、後部のベッドはそのままでOKだし、助手席のテーブルも片付ける必要がない。まさに物ぐささんにピッタリなのである。

助手席のテーブル。

もちろん「ふたり旅」も、ダイネット状態では対面シートにすることが可能で、助手席テーブルを使えば差し向かいで食事をすることができる。ただ、イマドキの日本人の体型を考えれば、やはりちょっと狭い感じがするかもしれない。

最後になってしまったが、リンエイでは「ひとり旅」のオプションとして、スポットクーラーを設定している。これは停車中にエンジンをかけずに使えるクーラーで、サブバッテリーから電力を得る。満充電状態で約6時間ほど稼働するというから、夏の寝苦しさを避けるには十分ではないだろうか。外気ダクトの取り回しも非常によくできているので、マイクロバカンチェスと併せて、チェックしていただきたい。

オプションのAC100Vスポットクーラー。
車外側の排気ダクト。
左側にはペットボトルホルダーと傘立てを装備。
後部にはカーゴを装備(アタッチメントが2万2000円、サイクルキャリアが8万300円のオプション)。

リンエイ http://www.rinei.jp/

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ