Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. S660

【ホンダS660】22年3月で生産終了! 最後の特別仕様車「バージョンZ」が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダS660の販売が始まったのは2015年4月のこと。それ以来、3万人以上のオーナーがS660とともにオープンスポーツカーライフを楽しんできた。しかしホンダはこの度、22年3月をもってその生産が終了することを発表。最後の特別仕様車となる「S660モデューロX バージョンZ」が315万400円で発売される。

ホンダS660を新車で手に入れられるのはあと1年...

S660はビート以来の軽オープンスポーツカーとして、2015年4月に発売が開始された。以来、ホンダは特別仕様車を3種類投入しつつ、20年1月にはマイナーモデルチェンジを行いながら、約3万2000台のS660を世に送り出してきた。

3万台以上が販売されたS660。
オーナーの中心は40代以上の男性だ。

しかし残念ながら、ホンダは2022年3月をもってS660の生産を終了することを発表した。

今回の生産終了の大きな要因は、法規制の強化に対応するのが困難なこと。例えば、自動ブレーキ搭載の義務化。S660はホンダのラインナップの中で、数少ない安全運転支援システム「ホンダセンシング」の非搭載モデルだ。ホンダセンシング搭載のためにS660をモデルチェンジしたとしても、その投資に見合ったリターンが見込めないということなのだろう。

ちなみに自動ブレーキ搭載の義務化は21年11月から新型車に適用されるが、既存車は25年12月からが対象。だからS660にはまだ猶予があるはず…なのだが、22年3月に生産終了が決定したのはちょっと残念だ。

S660は特殊な作りの少量生産モデルなので、ホンダオートボディー(旧八千代工業の車両組み立て部門)で生産している。そういった事情も今回の早すぎる生産終了に関係しているのかもしれない。

そんなS660の生産終了のアナウンスと同時に発表されたのが、特別仕様車「S660モデューロX バージョンZ」だ。

ホンダS660モデューロX バージョンZのフロントビュー
ホンダS660モデューロX バージョンZのリヤビュー
ホンダS660モデューロX バージョンZのインテリア

S660モデューロXは専用サスペンションや空力パーツを採用する、ホンダアクセスが開発したコンプリートカーだ。元レーシングドライバーのドリキンこと土屋圭市さんが開発アドバイザーを務め、スポーティなハンドリングと上質な乗り心地を両立した走りに仕立てられている。

今回登場するバージョンZは、そのモデューロXをベースに内外装に専用装備が施された特別仕様車だ。”Z”はアルフベットの最後の文字で、S660を締め括るという意味が込められている。そういえば、ビートの最後の特別仕様車の名前もバージョンZだった。

S660モデューロX・バージョンZは6速MTのみの設定で、価格は315万400円。特別装備の数々は、以下のとおりとなっている。

【エクステリア】
・特別色「ソニックブレー・パール」を設定
・エンブレムをブラッククローム調に変更
・専用アクティブスポイラーをブラック塗装に変更
・アルミホイールの塗装をステルスブラックに変更

ブラッククローム調のエンブレム
ブラッククローム調のエンブレム
ブラック塗装の専用アクティブスポイラー
ステルスブラック塗装のアルミホイール

【インテリア】
・メーターバイザーパネル、助手席エアアウトレットパネル、センターコンソールパネルをカーボン調に変更
・ドアライニングパネル[スエード(ブラック)×合皮(ボルドーレッド)×グレーステッチ]
・専用シートセンターバッグ(Modulo Xロゴ入り)
・専用アルミ製コンソールプレート(Verzion Zロゴ入り)

カーボン調センターコンソールパネル
カーボン調助手席エアアウトレットパネル
カーボン調メーターバイザーパネル
ドアライニングパネル
専用シートセンターバッグ
専用アルミ製コンソールプレート

なおホンダではS660の生産終了に際して、オーナーとともにつくりあげるコンテンツ「#WELOVES660」をホームページで実施する。S660との動画や写真をSNSで投稿してもらい、それらを繋ぎ合わせたスペシャルムービーを公開予定だという。また、S660のオーナー・開発者・製造者のエピソードやメッセージを「S660 History」としてホームページで公開予定なので、こちらも要チェックだ。

「#WELOVES660」 https://www.honda.co.jp/S660/WELOVES660/

「S660 History」 https://www.honda.co.jp/S660/history/

S660の発表時に大きな話題となったのは、開発責任者の椋本陵さんが20代の若さだったこと。今回、S660生産終了の発表に際して椋本さんは「私がオーナーズミーティングに参加した際は、お客様から『S660を作ってくれてありがとう』とお礼を言われることがありました。S660が生産を終了するのは残念ですが、あと1年ありますので、購入を迷われている方はぜひ後悔のないようご検討ください」とビデオメッセージを寄せてくれた。

S660の登場時に開発責任者を務めていた椋本陵さん。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ