Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

アウトドア用マルチツールのおすすめ携帯スコップの実力を試す 【スズキ・ジムニーでアウトドアへ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアで力を発揮する「マルチツール」。スイス・アーミーナイフの「ビクトリノックス」や「ウェンガー」が有名だが、吾がチームは、アメリカ製「レザーマン」を愛用する。今回は、マルチツールとして「携帯スコップ」を試してみる(携帯スコップはレザーマン製ではありません)。ダッチオーブンで鶏の丸焼きにもチャレンジだ。

TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ。金属のルーフもエアコンも当然ない。「4WD→2WD→4WD」と手動で切り替えるパートタイムの四輪駆動車である。錆も進みあちこちが凹んでいるので、ゆっくりと余生を送ろうとしていたが、週に1回、アウトドア・フィールドにでかけることとなる。

今回の主役はこれ。マルチ・パファース・シャベル。スコップとして、また角度を変えると鋤(スキ)にもなる。その他の機能も数多く搭載されている。

高校受験の面接でよく聞かれる質問のひとつ。「あなたが無人島に行くとしたら、何を持って行きますか?」という定例文がある。「愛読書を持って行きます」とかが名回答だ。「スマホです」なんて回答したら、多分受験に失敗する。そんななかで「マルチツールです」と答えたらどうなのだろう。

「それはどういうものですか?」とでも聞かれたら、時代の移り変わる現在なら、かなり好印象を与えるかもしれない。余計な前置きはこのぐらいにして、今回はマルチツールを使ってみる。

マルチツールと言えば、「ビクトリノックス」や「ウェンガー」のスイス・アーミーナイフ。吾がチームはプライヤーが付いている「レザーマン」を主に携帯。

マルチツールの代表格はスイス・アーミーナイフだ。「ビクトリノックス」や「ウェンガー」だが、ウェンガーは「ビクトリノックス」に買収されて、今やひとつの会社になった。他方で、アメリカ製の「レザーマン」という製品があり、こちらは少し大きめで無骨だ。プライヤーを装備、より実戦的で人気がある。吾がチームは、今はこちらを愛用している。

さて、「ビクトリノックス」や「レザーマン」でできないことは穴を掘ることだ。そこでスコップを主とした目的のマルチツールをテストすることにする。

柄の部分は3分割とコンパクトに収納できる。ナイフ等の各パーツも柄の中に収納できるようになっている。

今でこそやらないが、昔はテントを張ったら、テント中に浸水させないためにテントの周りに溝を掘った。そのため、小型の折りたたみのスコップは必要品であった。オリーブドラブの米軍放出品の折りたたみのスコップはちょっとした憧れ品。おっと今はキャンプ場で穴を掘ってはいけません。最新のテントなら、浸水はまずあり得ないので必要なし。

ではどうして手に入れたかと言うと、キャンプシーンに単純作業を入れ込んでやると楽しさが倍増するからだ。たとえ購入した薪であっても、自ら割って、より燃えやすくするのは楽しい。ライターやマッチを使わず、ファイヤースターターで火を起す。火口を用意、フェザーステックに火を移して火を大きくしていく。普段の生活でめんどくさいことを楽しむのも、アウトドアの醍醐味である。燃えやすくしたり、手間を増やしたり変ではあるが楽しいのだ。

スコップ部にはスケール、のこぎり、缶切り、スパナ等が装備されている。

焚き火だけに限らず、わざと整地されていないキャンプ場を選び(たいがいはお安い)、テントスペースを平坦にしたり、直火が許可されているキャンプ地なら、かまどを作ったりする。石を組みながら下も掘る。そんな楽しみ方を増やすのもよい。普段やらないことをする、これが良い。

まずはもっとも重要なスコップとしての機能。これは満足。
昔のキャンパーやボーイスカウトに所属していた人は、この風景はよく憶えていると思う。 ただし、今は許されない。
スコップの刃を固定する部分は逆ねじ。柄側は正ねじとなっている。角度調整は2カ所。途中で固定はできない。

結果、やはりマルチツールは、専用のツールに比べると、使い難く、効率も悪い。でも、このふたつのマルチツールを使えば、シェルターを作ることも充分可能だ。

たとえシェルターを作らなくても「やろうと思えばできる」そんなツールを揃えておくのもアウトドアの楽しみ方だ。

鋤(スキ)としての性能も満足できる仕上がりだ。
のこぎりとして使ってみる。刃が短いのでなかなか切れない。また、刃がスコップとしての強度を保つためだろう、厚くて切り口が太くなる。他に手段がない時以外は使うのはためらう。
収納されているドライバー。こちら側はプラス。差し替えるとマイナスドライバーとなる。
「Fire bar」と説明書には書かれているパーツ。調べてみると「火格子棒」ということらしいが使用方法がよくわからない。アルミ製の部分を外すと非常用のホイッスルとなる。
ナイフの部分。のこぎりと缶オープナーを備えている。

実はこのスコップを鍋として、「すき焼き」をやってみようと考えていたのだが、スパナの機能も足されていて穴が空いている。これでは「割り下」が漏れてしまう。ボルト・ナット・ワッシャーで塞ぐか、それともネギでも詰めてみるか。

—吾輩はスズキ・ジムニーである。型式はM-JA71C。名前はまだない—

ダッチオーブンで鶏の丸焼きを作る

「サバイバルを気取る!」なので、中抜きと呼ばれる鶏を用意する。鶏の丸焼きは、なんとも野性味が溢れる食材、ウキウキ感満載だが今まで成功したことはない。10インチの小さいダッチオーブンなので、コンパクトに足の関節はぐりぐりと外す。
タレの味を分析。赤みそ、すりごま、ごま油、砂糖、中国の香辛料、写真にはないがこれに日本酒、おろしニンニクと思う。
赤みそベースの「三重の味」を目指して調味料をブレンドする。
保冷袋に入れ冷蔵庫で一晩。調味料をしみ込ませる。
多めのオリーブオイルをダッチオーブンに入れる。
鶏肉に小麦粉をまぶしてダッチオーブンに入れる。卵でコーティングすると焼き目がきれいに仕上がると考えていたが、忘れてしまう。
上からも加熱する。ダッチオーブンの中の温度を上げすぎないように気を配る。高温になってしまうと表面は焦げて中まで火が通らない。
1時間ほど焼く。ダッチオーブンに接触した部分は焦げてしまう。
出来上がり。ナイフで切りながらどうぞ。見た目は野性味が溢れているが、残念ながら硬い。バナナがサバイバル感アップでしょ?
See you! Next week!

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ